Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« ミュージシャンも意識改革を 受け身の姿勢でなく自分からどんどん働きかけましょう。でしゃばりで何が悪い!! | トップページ | アーチスト、音楽家、芸術家には二通りのタイプがいて両者は相容れない »

2016年5月17日 (火)

ライブハウスで映画イベントー「フールジャパン鉄ドンへの道」凱旋上映会に参加

私は本来は映画音楽作家なんですが、なんとある映画でいい歳こいて俳優デビューしました(笑)  短いですが台詞もありました。その映画がおバカ映画オムニバス映画「フールジャパン鉄ドンへの道」 なんと夕張国際ファンタスティック映画祭でイベント賞受賞した作品です。(^^)

http://tetsudon.com/

3分以内のおバカ映画が22作品あるオムニバス映画ですが、私はその中の岩崎友彦監督の"BOOB SLINGER"<にバーテンダー役で出ています(笑)

映画「フールジャパン鉄ドンへの道」 全22作品紹介

http://tetsudon.com/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%80%80%E9%89%84%E3%83%89%E3%83%B3%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93/

凱旋上映は阿佐ヶ谷のライブハウス、ロフト、ライブハウスで映画って初めての体験です

Tetsudon1

大盛況立ち見が出ました。

Tetsudon2

ヒドイ映画には「カネ返せ」コールと共に豆を監督に投げつけます(笑)

Tetsudon4

Tetsudon3

本当は夕張とか行ったことがないので行ってみたかったのと、試写会兼打ち上げもあったのですが2-4月と超多忙だっただめ参加できませんでした。(このこと自体はありがたいことなんですが) 今日ようやく自らの出演作を見ることができました。該当シーンは結構ウケたようなので安心しました(笑)

ライブハウスなので劇場のようなかしこまった雰囲気ではなく結構気楽に映画を見れる、という利点はありますが、上映中に地震!! (そんじょそこらじゅうから携帯の「地震警報」が鳴りました) というハプニングもありました。

面白かったですけど、さすがに一時間以上の作品をライブハウスの椅子で見るとお尻が痛くなりました。やはりライブハウスでの映画というのはキツイかな(汗) 第三部ではもはやお尻が限界でした(^^;)

今回の「フールジャパン鉄ドンへの道」 は自主映画なんですがこの手のイベントだと知った顔によくでくわします。同じ映画の関係者以外にも知り合いは多数いましたので話ははずみました。

一方では最近音楽関係のイベントは昔と違って知った顔に会うことが少なくなりましたね。それだけ私が映画の世界にどっぷり浸かってきてこうなったのか、それだけ音楽業界から手を引いた人間が多いのか、両方かもしれません。

私もこの夏、音楽を担当した二本の映画が劇場公開されます。もうすぐ詳細な情報が発表できると思いますので、よろしくです。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。