Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« アーチスト、音楽家、芸術家には二通りのタイプがいて両者は相容れない | トップページ | 音楽ビジネスの基本ー「ブッキング」というものについて »

2016年5月23日 (月)

拙映画音楽担当「涙の数だけ笑おうよ」9月3日角川シネマ新宿を皮切りに全国へ劇場公開!!

拙映画音楽の劇場公開ドキュメンタリー映画「涙の数だけ笑おうよ」の情報です。

詳細がわかりましたのでお知らせいたします

Nkw01_thmb

Nkw02_thmn

気っぷのいい語り口で将来を嘱望されていた林家かん平が、脳溢血で倒れたのは、1990年の10月、師匠林家三平(先代)の追善興行の打ち上げの夜でした。症状はかなり重くて、右半身付随と落語家の命とも言える言語に障がいが残りました。

3年に及ぶ厳しいリハビリの入院生活を繰り返し、高座に復帰します。
元気な時のような滑らかな口調の落語は出来なくなっていましたが、好きな古典落語はそれなりに味のある喋り口調で演じていました。

しかし25年の歳月は、いくらリハビリに励んでいても体力、気力の衰えは隠しようがなく、高座も座布団から車椅子に変わり、得意としていた古典落語も、思うように喋れなくなってきていました。

なんとか噺家を続けたい…

そんなある日、朝のテレビドラマを見ていたかん平は劇中の主人公が言った台詞に強く胸を打たれます。それは…

頑張っていれば、きっと神様がご褒美をくれる

感動を与えられる映画、だと勝手に考えております

http://www.nkw-kanpei.com/

  • 監督・出演

    ナレーター:津川雅彦
    企画・製作:萩野和仁
    プロデューサー:安西志麻
    製作補:原田雅昭
    撮影:大杉 誠
    音楽:大野恭史
    トランペット演奏:牧原正洋
    監督・編集:竹藤恵一郎

  • 配給会社

    オフィス・シマ

  • 上映時間

    85分

予告編です。

9月3日 角川シネマ新宿1 皮切りに全国へ劇場公開開始!!

http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/movie/30515next.html

大阪 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930
名古屋 名演小劇場 052-931-1701
厚木(神奈川) アミューあつぎ映画.comシネマ 046-206-4541
福岡 KBCシネマ 092-751-4268
札幌 ディノスシネマズ札幌劇場 011-221-3802
神戸 元町映画館 078-366-2636
仙台 櫻井薬局セントラルホール 022-263-7868
京都 京都みなみ会館 075-661-3993

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。