Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月30日 (月)

音楽ビジネスの基本ー「ブッキング」というものについて

ご存じの通り私はFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」の管理人をしているが、来月からComCafe音倉の女将の庄野真代さんのご厚意もあって、隔月で音楽イベントを開催することになった。

その第一弾として「Facebookグループ「音楽キャステイング」Music Session Vol1」と題して6月21日から23日の3日間ComCafe音倉にて行われる

Otokura2

いずれも

チャージ: 前売り 2500円+1ドリンク(500円
       当日  3000円+1ドリンク(500円

■Facebookグループ「音楽キャステイング」Music Session Vol1 初日

6月21日 Open 18;30 Start 19:00

1.田口彰太
2.本田幸子
3.式 紗彩
4.たてようこ

■Facebookグループ「音楽キャステイング」Music Session Vol1 2日目

6月22日 Open 18;30 Start 19:00

1. 一谷敏毅
2. 鵜沼武弘
3. Opuchi misin
4 堀川直裕貴

■Facebookグループ「音楽キャステイング」Music Session Vol1 3日目

6月23日 Open 18;30 Start 19:00

1. 岡秀年
2. RENA
3. 亜衣&ひーちゃん
4 Uno Project

イベントページ https://www.facebook.com/events/857610897676838/

こういうイベントを開催する時に、よくあるトラブルとして「ドタキャン」をするバンド、ユニットが時々出てくるという点だが、当たり前だが出演者に対しては以下の注意事項を記している

1.集客の努力を自発的に行って下さい
(主催者や他共演者へのおんぶんに抱っこ出演は止めましょう)

2.ドタキャン等は絶対にしないで下さい。
(参加者はプロであるという意識でお願い致します。)

当たり前の話なのだが、実はこの当たり前なことを理解しない人間も少なくない。また参加するミュージシャンだけでなく、イベント主催者や出演を依頼する方でも時々意識が低い人がいて出演者の出演をキャンセルさせたり、といったトラブルも後を絶たない。また一方ではよく芸能ニュースで芸能人、タレントとイベント主催者の間で発生するトラブルの殆どはこのブッキングにからむトラブルであることが多い。ここの部分を理解していない人が日本社会に非常に多いため、よくトラブルが発生するのだ

ここで日本社会でとりわけきちんと認識、理解されているとは言い難い「ブッキング」というものに関してここで述べようと思う

続きを読む "音楽ビジネスの基本ー「ブッキング」というものについて"

| | コメント (0)

2016年5月23日 (月)

拙映画音楽担当「涙の数だけ笑おうよ」9月3日角川シネマ新宿を皮切りに全国へ劇場公開!!

拙映画音楽の劇場公開ドキュメンタリー映画「涙の数だけ笑おうよ」の情報です。

詳細がわかりましたのでお知らせいたします

Nkw01_thmb

Nkw02_thmn

気っぷのいい語り口で将来を嘱望されていた林家かん平が、脳溢血で倒れたのは、1990年の10月、師匠林家三平(先代)の追善興行の打ち上げの夜でした。症状はかなり重くて、右半身付随と落語家の命とも言える言語に障がいが残りました。

3年に及ぶ厳しいリハビリの入院生活を繰り返し、高座に復帰します。
元気な時のような滑らかな口調の落語は出来なくなっていましたが、好きな古典落語はそれなりに味のある喋り口調で演じていました。

しかし25年の歳月は、いくらリハビリに励んでいても体力、気力の衰えは隠しようがなく、高座も座布団から車椅子に変わり、得意としていた古典落語も、思うように喋れなくなってきていました。

なんとか噺家を続けたい…

そんなある日、朝のテレビドラマを見ていたかん平は劇中の主人公が言った台詞に強く胸を打たれます。それは…

頑張っていれば、きっと神様がご褒美をくれる

感動を与えられる映画、だと勝手に考えております

http://www.nkw-kanpei.com/

  • 監督・出演

    ナレーター:津川雅彦
    企画・製作:萩野和仁
    プロデューサー:安西志麻
    製作補:原田雅昭
    撮影:大杉 誠
    音楽:大野恭史
    トランペット演奏:牧原正洋
    監督・編集:竹藤恵一郎

  • 配給会社

    オフィス・シマ

  • 上映時間

    85分

予告編です。

9月3日 角川シネマ新宿1 皮切りに全国へ劇場公開開始!!

http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/movie/30515next.html

大阪 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930
名古屋 名演小劇場 052-931-1701
厚木(神奈川) アミューあつぎ映画.comシネマ 046-206-4541
福岡 KBCシネマ 092-751-4268
札幌 ディノスシネマズ札幌劇場 011-221-3802
神戸 元町映画館 078-366-2636
仙台 櫻井薬局セントラルホール 022-263-7868
京都 京都みなみ会館 075-661-3993

| | コメント (0)

2016年5月22日 (日)

アーチスト、音楽家、芸術家には二通りのタイプがいて両者は相容れない

もう結構音楽の分野でも映像だけでなくアート、その他様々な分野でも一定の仕事をしてきたので経験上あることがいえる、と自分では考えている。

これは音楽に限らないが、芸術家、アーチストには大きく分けて2通りのタイプがいるということだ。

1つはある特定の分野を狭く、深く追求するタイプで音楽でいえば、スタンダードジャズの正当派、アカデミックな背景のクラシック音楽等で徹底的に機能美、構造美、表現の形にこだわるタイプだ。基本的に自分が取り組んでいる音楽の形式、表現語法以外は興味を示さず、いわゆる「正当派」といわれる音楽語法の追及にこだわる人たちである。クラシック、ジャズ以外に演歌、ヘビーメタル系のハードロックもこのタイプに入る、機能美、構造美、形式美に徹底的にこだわる人たちだ。

そしてもう1つは前者とは全く逆、広く、浅く音楽語法を扱うタイプで前者とは逆で音楽の形式には全くこだわらず、新しい音楽のありかたを追求するタイプ。基本的に既成概念の音楽を破壊し、音楽語法の新たなる可能性を追求するタイプ。勿論、ベースとなる各音楽のジャンルはあるものの、必要なら全く違う音楽の世界とのコラボレーションや音楽語法の導入を厭わないタイプ

私の音楽をご存じの方ならわかるだろうが、私は明らかに後者のタイプである。そして音楽に限らず、私のやることなすこと全てがそうした考えの基で進められている。

しかしそうであるがゆえに私のやりかたを気に食わない、理解できないという人たちも少なくない、ということも感じている。いわゆる音楽業界でメインストリートを歩いている人たちの業界関係のトップの一部からあまりよく思われていないことは風の噂で聞いているが、同じ音楽家でも狭く、深く追求するタイプの人たちもどうも私のやりかたを理解できないらしい。

このブログで既に何回も書いているが、私はFacebook の「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」というグループの管理人をしている。そのグループで先日、とりわけ音楽の分野の募集において参加している音楽家の人たちに対して苦言を呈した。それは当ブログのこの記事のリンクを貼り、是非皆さんに読んでほしいと思ったからである。

ミュージシャンも意識改革を 受け身の姿勢でなく自分からどんどん働きかけましょう
http://
kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2016/05/post-265f.html

続きを読む "アーチスト、音楽家、芸術家には二通りのタイプがいて両者は相容れない"

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

ライブハウスで映画イベントー「フールジャパン鉄ドンへの道」凱旋上映会に参加

私は本来は映画音楽作家なんですが、なんとある映画でいい歳こいて俳優デビューしました(笑)  短いですが台詞もありました。その映画がおバカ映画オムニバス映画「フールジャパン鉄ドンへの道」 なんと夕張国際ファンタスティック映画祭でイベント賞受賞した作品です。(^^)

http://tetsudon.com/

3分以内のおバカ映画が22作品あるオムニバス映画ですが、私はその中の岩崎友彦監督の"BOOB SLINGER"<にバーテンダー役で出ています(笑)

映画「フールジャパン鉄ドンへの道」 全22作品紹介

http://tetsudon.com/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%80%80%E9%89%84%E3%83%89%E3%83%B3%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93/

凱旋上映は阿佐ヶ谷のライブハウス、ロフト、ライブハウスで映画って初めての体験です

Tetsudon1

大盛況立ち見が出ました。

Tetsudon2

続きを読む "ライブハウスで映画イベントー「フールジャパン鉄ドンへの道」凱旋上映会に参加"

| | コメント (0)

2016年5月10日 (火)

ミュージシャンも意識改革を 受け身の姿勢でなく自分からどんどん働きかけましょう。でしゃばりで何が悪い!!

当ブログでは今更、という話だが音楽業界が低迷して長い。
しかし音楽業界のトップはいまだに改革を頑なに拒否し、いまだに過去のビジネスの形、慣習に固執している。そのため「従来の形」から少しでも逸脱したビジネス形態は非難の対象にすらなり、拒絶反応に近い反応がかえってくる。

しかしそれは業界トップではなくミュージシャンに対しても同じことがいえる場合がある。

結論からいって今昔の音楽事務所におんぶにだっこ、事務所に全てまかせっきりという意識でやっていてはダメだ。実際もはや音楽事務所だってミュージシャンをそんなに支えきれない。しかしミュージシャンの多くはまだそういう意識のままでいることも少なくないようだ。

ご存じの通り私はFacebookで「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」というグループを運営しているがそのグループでは音楽の仕事の募集案件を掲載している。他には俳優、女優、映画関係者も多数参加しているので映画、CMの出演案件も掲載している。(正直「音事協」関係者から見れば「けしからんサイト」ということになるであろう(笑))

その中で先日スポンサー名は守秘義務があるためいえないがこんな案件があり、グループ内の募集記事として投稿した。

CM出演案件 リゾート地での結婚式のCM  (全国OA)を始め全てのメデイアで放映

女性
▽オペラ歌手(新婦役)・・・オペラが歌える。(ほぼプロ並みが好ましい) 20代後半~30代前半 1名

男性
▽ピアノ伴奏者(新郎役)・・・楽譜を見てピアノが伴奏できる。20代後半~30代前半 1名

ギャラが女性が20万、男性10万 

続きを読む "ミュージシャンも意識改革を 受け身の姿勢でなく自分からどんどん働きかけましょう。でしゃばりで何が悪い!!"

| | コメント (0)

2016年5月 8日 (日)

シンセサイザーの先駆者、日本の至宝の訃報ー冨田勲先生ご逝去

今年はまだ半分も過ぎていないのに一体どうなっているのだろう。

デビッドボウイ、グレンフライ、キースエマーソン、プリンス (特にプリンスなんか若すぎる!!) 
そしてまだ神様は満足されていないらしい

今度は日本を代表する音楽クリエーターが天に召されてしまった。

13164229_597545520402122_7895969289

このブログの記事にも投稿しているが昨年の11月に先生の国際交流基金受賞記念講演会を拝聴して83歳という高齢にも関わらずクリエーターとしてチャレンジ精神を忘れず、新しい試みを次々と行う様子を見て感動したことを書いた。昨今の若いクリエーターは「売れセンのパクリ」なんていうくだらないことしか考えない風潮を見て、並居る若手サウンドクリエーターは全員先生の足元にも及ばないレベルであることを痛感した。昨今の日本のクリエーターの現状を見ると本当に情けないレベルであるといわざるを得ない

冨田勲先生といえば映画、ドラマ、アニメの音楽の作家として手塚治虫作品のジャングル大帝やリボンの騎士やNHKの「新日本紀行」そして多くの大河ドラマの音楽も担当されていたが(個人的には大河ドラマの「勝海舟」の音楽がすごく好きだった)、いうまでもなく月の光やホルストの惑星(プラネッツ)のシンセサイザー編曲でアメリカでグラミーでノミネートされた実績を持ってる点は特記すべきだろう。まだシンセサイザーが単音(^_^)しか出なかった時代にこれだけのサウンドを作るのは気が遠くなる手間だったはずである。(シンセサイザーって昔単音しか出なかった、ということを知らない人が殆どかもしれない)

 

日本国内にとどまらず世界レベルで活躍した数少ない日本人の一人である。そして新しいことに果敢にチャレンジする精神を最後まで失うことはなかった。

続きを読む "シンセサイザーの先駆者、日本の至宝の訃報ー冨田勲先生ご逝去"

| | コメント (0)

2016年5月 6日 (金)

当事者でもないくせに当事者面する不謹慎厨など吹き飛ばせ!! イベント交流会に参加

少しキツイ表現がこの記事に出てきます。そういう表現が苦手な方はスルーして下さい

熊本大地震から3週間経ったが、別ブログでも書いたが今回のネットのバカによる不謹慎厨、不謹慎狩りには本当に心の底から腹を立てている。ボランテイアや寄付行為をしている芸能人(一般人まで)を「売名行為」などと難くせをつけて叩くなどもはや狂気の沙汰である。このネットの暇人バカ連中は今回は超えてはならない一線を越えたと考える。特に紗栄子を始め井上晴美など芸能人に「荒らし」行為を行った輩はIPを記録⇒通報し、プロバイダー契約解除等を含むネットから追放する措置を取るべきである。

こいつらは現代のネット社会、情報社会にとって極めて有害百害あって一利ない連中であるからだ。

こういう「荒らし」の常習犯である「ネットのバカ暇人」はネトウヨと同じで卒業することを知らない、自らの責任も非も絶対認めない(したがって反省しない)輩である。問うて話す相手ではないので、このような輩はネット社会を健全化する意味でもこういう有害なユーザーをネットから永久追放することを提言する。

そして昨日日本イベント協会の定期的な交流会に参加した。前回の東日本大震災の時にもネット暇人バカ連中による不謹慎厨が吹き荒れ、多くのイベントが「自粛」の名目で中止に追い込まれた。だがそれらの「自粛」というのは実際の被災者の声に基づいた動きではなく、被災者とは全く無関係の第三者によって判断されたものである。実際の被災者は励ましてもらいたいのであり、明るい気持ちになりたいのである。元気になりたいのである。これは実際に被災者に接した人からの声である。

それゆえ災害時にイベントを行うのは不謹慎という不謹慎厨は当事者でもなんでもないバカが当事者面して、それに難くせをつけて他人を叩くという、挙句の果てはボランテイアや寄付行為をした芸能人や一般人まで「売名行為」などといって攻撃するというエセ正義の味方面して極めて非道な行為を行っているのだ。もはや偽善者などというレベルではない。どちらが被災者のことを本当に考えているかいうのもバカバカしいくらいだ

Eventkoryukai

実際それはイベントの現場にいる人たちのほぼ一致した見解である。

ちなみに今回の「日本イベント協会」(JEA)の会長は熊本出身であり、今回の交流会では被災者への募金活動も行われた。私も本当にささやかではあるが募金させてもらった。

続きを読む "当事者でもないくせに当事者面する不謹慎厨など吹き飛ばせ!! イベント交流会に参加"

| | コメント (0)

2016年5月 4日 (水)

映画「第九条」公開決定!! 憲法九条について考える機会に 無関心に決してならないで下さい。

私自身は映画音楽等の仕事をしているもののこの映画には関わっていないのだが、7月に行われる参議院選挙は安倍晋三が実現しようとしている改憲の動きを本格的に誘発する可能性があるだけにここでもお知らせをしておく。

この映画の公開が決まったのはなんと憲法記念日の昨日である。自民党は7月の参議院選挙にて憲法を争点にすることを嫌がっているが、当の安倍晋三は改憲を公約にしたがっているのは周知の事実である。だからこそこの夏に公開されることに意味があると思う。皆さんに憲法の意味を理解してもらう意味でも是非皆さんに見ていただきたい。

3c96a0703d4f573e1084bd73eb8802fb_88

公式サイト 
https://dai9jo.localinfo.jp/

安倍首相が憲法改正の意思を明確に示し、
その一つの分岐点になるであろう夏の参議院選挙に合わせて、
今の日本社会に痛烈なる一撃を加える衝撃の映画が誕生した。
タイトルそのままに日本国憲法第九条に真正面から挑んだ力作。
どのような成り立ちでこの条文が出来たのか?
大東亜戦争、日本国憲法成立の歴史、朝鮮戦争、米ソ冷戦、
沖縄の米軍基地問題、拉致、核など、多角的に九条の存在に切り込む。

果たして、九条は維持すべきか?破棄すべきか?

ハリウッド不朽の名作『12人の怒れる男』のごとく12人の若者が熱い議論を交わす。

激しい意見の格闘の末、彼らの出した結論は?

予告編

7月2日よりブリリアショートショートシアター(横浜みなとみらい)にて公開 http://www.brillia-sst.jp/

こんな問題 おれには関係ねえよ、
なんて決して思わないで下さい。 日本の未来がかかっている時期です。

だからこそ真剣にこの映画をみて皆さんに考えていただきたい、と思う次第

| | コメント (0)

2016年5月 2日 (月)

日本の映画界は面白くなり始める? 4月の公開された高質な2本の映画を見て

GWに入った。

4月はおかげさまで仕事やFacebookの交流会その他でめちゃくちゃ忙しかった。

昨日の朝、未明にようやく作業を終えて、今ようやく一息入れられる状態である。

そんな中でも映画関係の仕事をしていることもあり、知り合いの監督さんや女優さんから促されてインデペンデントな映画を2本見に行った。

実その映画が二本とも素晴らしかったのだ。
日本の映画、今後の展開次第では面白くなるぞ、そんな印象を受けた映画だった。

まず最初みたのは内田英治 監督の「下衆の愛」

818915e68969b1e5175da5feff0e078b

昨年の東京国際映画祭のプレミア作品として上映されたそうだが、基本的にはコメデイー、しかもネタバレになるので詳細は書かないが最後はめちゃくちゃブラックなコメデイである。ギャグも下ネタまじりが多いのだが、まあ結構笑わせてもらった。ただ人によっては「だんだん笑えなくなってきた」(とりわけ監督をやってきた人)というのも理解できる。私も自主映画に関わってきたから、わかるが。映画というのは金がかかる。そのため泥臭い、汚いものもついてまわる場合があるのだ。

「下衆の愛」という題名どおり、登場人物、とりわけ監督やプロデユーサーは人間的にどうしようもない奴しか出てこない。まあ監督に関しては私の周囲にはこういう人物はいないかな、と信じたいが(笑)とにかく人間的にはどうしようもないが映画への愛だけは持ち続けている、その意味での「下衆の愛」(笑)
とまあ自主映画で這い上がろうとしている人たちの悲惨な現実も描いているが、それだけ映画に関わっている人からすれば身につまされる話というのもあるのだ。まあ私はキャストではなくクルーの方なのだが、キャスト(女優さん、俳優さん)の人たちの特に厳しい現実が描かれていただけに現場の人ほど笑えないかもしれない、我々クルーは「職人」に徹すればいいのでまだ楽かもしれない。「職人に徹する」と割り切るところまで行くのが大変だが..

いずれにせよコメデイとして、お色気もたっぷりだし見ていて楽しい映画である。4月30日からキネカ大森にて2016/4/30-5/13 上映

http://www.gesunoai.com/

もう一本の映画「つむぐもの」はコメデイではなく感動のヒューマンドラマである。日本映画で久々に泣いた作品だ、

12241474_1808827056010814_593673159

続きを読む "日本の映画界は面白くなり始める? 4月の公開された高質な2本の映画を見て"

| | コメント (0)

Facebookグループ運営に関して感じる事ーFacebookグループの表示方法に大きな問題が

ここ二週間ばかりメチャクチャ多忙でブログ更新もままならなかったが、既にご存じのとおり私はFacebookで音楽業界関係のグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」なるグループの管理人をしている。

交流会が終わって半月ばかりで参加者はまだ増え続けており、今日現在で1895名、2000名突破はもはや時間の問題だろう。正直ここまで参加者が増えるとは思っていなかった。ミュージシャンはあまりこういったグループへの参加は積極的でないといわれるが、おそらくは「音楽を使う人」、管理人が「これからは映像の時代」という位置づけをしている関係で音楽関係者だけでなく映画関係者、映像関係者の参加をも推進していることが参加者が増えている原因とも思われる。

以前は管理人以外にグループ参加者も参加承認できるようにしていたが、現在一部の参加者によるスパム行為も報告されているので当面は私が参加承認することにしているので、参加者増加のペースはやや落ちていくだろう。

それと最近、著しくなってきたのだがグループの参加申請で気になっていることがある

それは明らかにグループの説明も全く読まないで参加リクエストを送信してくる人が多いのだ。特に先週はかなり酷かった。音楽関係や関連のコンテンツ制作関係者が参加対象なのに明らかに不動産関係、ファイナンシャルプランナー、IT会社の経営幹部等、無関係の業界の人がリクエスト送信してくる。音楽の趣味のグループではないので、明らかに音楽をプロフェッショナルレベルでやっていない人に参加申請されても困る、というのが正直なところ。

おそらくは単に参加人数が多いからとか、友達が参加してるから、という理由だけで参加リクエスト送信する人が多いんだろうと思うのだが、それにしてもネットには今そんなにも文盲が多いのだろうか、とも思ってしまうが....

どうも原因がわかったような気がする。それはFacebookのグループの紹介の表示方法である。Facebookのグループ紹介ページを開くと以下のように表示される

続きを読む "Facebookグループ運営に関して感じる事ーFacebookグループの表示方法に大きな問題が"

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »