Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 日中文化交流公演で二胡のコンサートに行ってきました。 | トップページ | 私のソーシャルネット観とFacebookグループでの今後の活動について »

2016年4月15日 (金)

音楽家&音楽及び関連業界キャステイング第三回業界交流会 超満員の中無事終了

交流会のレポートをする前に交流会の最中に九州、熊本を中心に震度7の地震の報があり大変驚きました。既に9人の方が亡くなったようで被害状況も心配です。被害に遭われた方お見舞い申し上げます。
幸いFB等、ソーシャルネットでつながっている九州方面在住の方の全員の無事が確認されました。よかったです。まだ余震等があると思いますのでくれぐれもお気をつけください

私が管理するFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」の第三回の交流会、音楽関係者だけでなく音楽を使う関連業界の方を始め、音楽もジャンルに全く関係なく新たなコラボレーションを誘発できるような環境作りを目的としています。

今回は参加予約があらかじめ会場のキャパを上回るくらいに来ていました。

Koryukai00c

交流会は勿論通常の歓談もあるんですが、やはり目玉は参加アーチストによるライブショーケース 今回はおそらく今まででもっとも内容が充実していたように思います。
今回は今までと違い少しライブショーケースの趣向を変えました。
管理人の私の「なんちゃってーバンド」であるジャンブルというユニットで交流会とライブショーケースのイントロダクションの演奏を行いました。

Jumble

今回は入場者が多くかなりドタバタしてかなり仲間に助けられました、感謝です。

Utensei01

トップバッターは台湾と日本のハーフの張愛ちゃんのユニット雨天晴(うてんせい) 愛ちゃんは台湾でモデルもやっており、現在ボーカリスト、女優として修業中です。今後の活動に期待です。

Tani01

シンガーソングライターだけでなく映画俳優としても活躍の谷洋幸君。 彼と私とはニューヨークつながりでもあり、映画の世界にもお互い近いことから身近な存在でもあります。(^^)

そして今回私がもっとも将来性があると考える女性アーチスト、今回彼女のステージを個人的に一番楽しみにしていました。マキタマシロちゃんです。

Mashiro01

マシロちゃんは私がお世話にもなった海援隊のベーシスト牧田和男さんの姪御さんになります。ビジュアルよし、声よし、あとはプロデユースをきちんとすればかなり強力なアーチストになると思います。

Mashiro02

歌う時の表情がとてもいいです。これをもっと磨けば人の心をうつ歌い方ができると思います。
そして今回はベテランのアーチストがライブショーケースに参加して下さいました。

Yamamura02

前回も参加いただきました声楽家の山村響さん。声楽で歌謡曲を歌うというユニークな活動をされています。

Hazuki01

そしてこんなすごいキャリアの方にライブショーケース出演をお願いしていいのだろうか?とすら思いました、大ベテランの八月(はづき)真澄さん。劇団四季を多くの人気ミュージカルの初演時に出演。その鍛え抜かれた歌唱力はもうさすがとしかいえませんでした。

Hazuki02

ラストは本日のプリマドンナ、佐藤智恵さん なぜか私がピアノ伴奏してますが(笑)

Chie04

計算どおりプリマドンナが出ると会場は盛り上がりますね。(^^)

Chie03

さらにこの交流会はライブショーケースだけではありません。
「お知らせタイム」というものももうけております。

ライブショーケースの前半と後半の間に毎回もうけているもので、これは会場の皆さんへの告知であると同時に会場にどういう人がいいるか、ということが皆さんにもわかるようになりますので、名刺交換や交流がしやすくなる、という意味もあります。

今回はCom Cafe音倉の女将で今年で歌手生活40周年になる庄野真代さんから、グループメンバー特別優待のお知らせを始め、11月に公開予定のマーチンスコセッシの「沈黙」に出演で現在とあるプロジェクトで一緒に動いていて、ハリウッドと中国両方にパイプを持つ鈴木誠克君

Koryukai00b

Koryukai02

もう長いつきあいのMPJことミュージックポートジャパンの面子のお知らせ

Koryukai06

Koryukao03

その他多くの方が「お知らせタイム」を活用しました。

Koryukai04

Koryukai01

締めは一応私のピアノ演奏です。

Koryukai00

このいわば音楽の「異業種交流会」、とりわけ映画、映像関係と音楽関係との交流を重視していますのは私が映画やいわゆる劇伴音楽をやっているからだけではありません。

最も大きな理由は私は21世紀は映像コンテンツが主役の時代である、という位置づけをしているからです。そして何よりも音楽も演劇も映像というメデイアなくしてはこれからは広がって行かない、という現実があるからです。

その理由は以前このブログ記事でも書きました。そして今水面下で映像を中心にいろんなことが水面下で動いております。それに関しては近日中に改めて書こうと思います。

取りあえず関係者、そしてライブショーケース出演者の皆さん お疲れ様でした、

そして予想以上の多数の皆さんにご来場いただきありがとうございました。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。