Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月23日 (土)

また訃報、プリンス57歳若すぎる死

今年はまだ3分の一も終わっていない。

しかし今年に入って一体何人の訃報に接しただろうか

デビッドボウイ、グレンフライ、モーリスホワイト、キースエマーソン
そして昨日は何とプリンスの訃報に愕然とした。前出の4人は60代ー70代だがプリンスはまだ50代である。あまりに若すぎる

■プリンス、57歳で逝去:ペイズリー・パーク・スタジオのエレベーターにて発見
http://www.rollingstonejapan.com/articles/detail/25780

 

Prince01

プリンス、本名:Prince Rogers Nelsonはいわずとしれた現代を代表するミュージシャンであり、その独自の個性とカリスマ性、またロック、ファンク、ソウル、ブルース、ゴスペル、ジャズ、ハード・ロック、ヒップホップ、ディスコ、サイケデリック・ロックを自在に取り込んだ唯一無二のスタイルで音楽を創造しつづけた芸術性と共に高く評価されてきた。最近ではネット時代に入り、大手新聞と提携してノベルテイのCDを読者に無料(実際には新聞社が「買っている」のだが)やコンテンツのありかた(自作のyou tube itunesその他のネット配信制限(についてもさまざまな試みをおこなってきた。レコード会社とのトラブルからアーティスト名「プリンス」を返上して、自分を「元プリンス」というアーチスト名で出したこともある等、さまざまな話題も提供した

個人的に興味があったのはプリンスの「インターネットは終わっている」という発言だ

関連リンク 

■Inside Prince's bizarre life at Paisley Park: This is what happened when we visited the music
http://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/inside-princes-bizarre-life-paisley-233220

関連部分を翻訳すると

「インターネットは完全に終わった。なぜ自分の音楽をi tunesや他の配信サイトに提供しなければならない理由がわからない。全くたいした収入にならないくせに、私が音源提供しないと世間から叩かれる。 とにかくデジタルメデイアはミュージシャンに何の恩恵ももたらさない。

まあちょっと前なら「ネット住民」が憂さ晴らしにアーチストを叩く⇒炎上 という事に日本ならなるだろうが、実際あえて「ネットに自分の情報を流さない」という選択肢もあるし、その選択肢を選ぶアーチストを非難するのはおかしなことである。

音楽に関する鋭い感性と誰にも代えがたい個性、そして現代社会に対する問題意識 私たちはまた偉大な才能を失ってしまったという現実を受け入れなければならない。

そして受け入れるのは辛い

Dear god.please stop summoning another great musician.I've heard enough obituaries.Enough is enough.
神よ これ以上の偉大な音楽家を召さないで欲しい。もう訃報は充分過ぎるほど聞いた

Rest in Peace
ご冥福をお祈り申し上げます

最後にプリンス本人は嫌がるかもしれないが、追悼の意味で私の好きなプリンスの楽曲を紹介する

| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

私のソーシャルネット観とFacebookグループでの今後の活動について

熊本地震の件が心配だが、先日の私が管理するFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」の第三回の交流会、超満員の中で行われ手前味噌だが成功したといっていいと思う。

私はmixiの時も含めていうとソーシャルネットというツールで多大の恩恵をもらったといっていいと思う、

元々私は持っている人脈がそれほど豊富な人間ではなかった。音楽の仕事を始めた時も音楽業界とのコネクションはほぼ0に等しかった。

その状況を大きく変えたのがソーシャルネットだった。mixiも黎明期では大きな恩恵を受けたがご存じの通り2009年から2011年の頃のmixiの酷い状況(荒らし、炎上が日常的に頻発)に伴いFacebookに主軸を移して行った。今ではmixiに殆どアクセスすることはなくなった。残念ながらmixiが以前のような状態に戻ることはもうないだろう。

だが私はネット万能論者ではない。またそういう見解に固執している人たちを正直軽蔑している。というのもネットというのは所詮はマスメデイアの補完メデイアの域を出ない、ということを実感しているからだ。ソーシャルネットといえどもネットの中のツールの1つに過ぎない。

自動車が便利であると同時に運転操作を誤れば人命を奪う凶器になりうるように、ソーシャルネットも使い方を誤れば逆に危険なツールにもなりうる。ソーシャルネットは有益な人脈を構築する可能性があると同時に「望ましくない」人間ともつながる可能性があるからだ。それは私はmixi時代に苦い経験をしたので実感している

Facebookは実名主義なのでまだ無責任な発言等がない、という話もあるが経験上必ずしもそうともいえない。成りすましも多いし、複数アカウントを取って悪さをする人間やいわゆる「ネット業者」も少なくないからだ。

そのため私は少なくともソーシャルネットを使う時に次の方針を持っている

続きを読む "私のソーシャルネット観とFacebookグループでの今後の活動について"

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

音楽家&音楽及び関連業界キャステイング第三回業界交流会 超満員の中無事終了

交流会のレポートをする前に交流会の最中に九州、熊本を中心に震度7の地震の報があり大変驚きました。既に9人の方が亡くなったようで被害状況も心配です。被害に遭われた方お見舞い申し上げます。
幸いFB等、ソーシャルネットでつながっている九州方面在住の方の全員の無事が確認されました。よかったです。まだ余震等があると思いますのでくれぐれもお気をつけください

私が管理するFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」の第三回の交流会、音楽関係者だけでなく音楽を使う関連業界の方を始め、音楽もジャンルに全く関係なく新たなコラボレーションを誘発できるような環境作りを目的としています。

今回は参加予約があらかじめ会場のキャパを上回るくらいに来ていました。

Koryukai00c

交流会は勿論通常の歓談もあるんですが、やはり目玉は参加アーチストによるライブショーケース 今回はおそらく今まででもっとも内容が充実していたように思います。
今回は今までと違い少しライブショーケースの趣向を変えました。
管理人の私の「なんちゃってーバンド」であるジャンブルというユニットで交流会とライブショーケースのイントロダクションの演奏を行いました。

Jumble

今回は入場者が多くかなりドタバタしてかなり仲間に助けられました、感謝です。

Utensei01

トップバッターは台湾と日本のハーフの張愛ちゃんのユニット雨天晴(うてんせい) 愛ちゃんは台湾でモデルもやっており、現在ボーカリスト、女優として修業中です。今後の活動に期待です。

Tani01

シンガーソングライターだけでなく映画俳優としても活躍の谷洋幸君。 彼と私とはニューヨークつながりでもあり、映画の世界にもお互い近いことから身近な存在でもあります。(^^)

続きを読む "音楽家&音楽及び関連業界キャステイング第三回業界交流会 超満員の中無事終了"

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

日中文化交流公演で二胡のコンサートに行ってきました。

さる人のお誘いで東京亀戸のカメリアホールにて東京中国文化センター主催の中国民族楽器による「二胡縁」というコンサートに行ってきました。実は映画関係のつきあいなのですが、最近不思議なことに音楽関係のつながりよりも映画関連の人経由で音楽のコンサートに行ったり、音楽制作の案件が来たりします。

Niko_concert01

Niko_concert02

二胡というのはご存じの方もいらっしゃると思いますが、中国の民族楽器で2本の弦を間に挟んだ弓で弾く楽器です。よく胡弓と混同される方がいますが、胡弓は日本の伝統楽器として定着したもので、二胡に似てはいますが直接のつながりはないようです。文字通り2本の弦で奏でる楽器です。

2012110810870606

非常に繊細な楽器で音の強弱もかなり幅広くあり、表現力がある楽器だと思いました。実際に本物を目の前で見たのは初めてですが、非常に音色、音質、いろんな面で興味深い楽器だと思いました。

続きを読む "日中文化交流公演で二胡のコンサートに行ってきました。"

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

4月1日はエイプリルフール、だけでなくラグタイム王「スコットジョっプリン」の命日でもあります。来年は没後100周年

本日4月1日は勿論「エイプリルフール」の日ですが(笑)
実は日本ではあまり知られていませんがラグタイム王といわれたスコットジョっプリンの命日でもあります

Scottjoplin

スコットジョっプリン(1868-1917)

そして今日はそのスコットジョっプリンの99回目の命日にあたります。そうです。来年が没後100周年、そして再来年が生誕150周年になります。

日本ではラグタイムというとあまりなじみのない音楽という風に言われますが、映画「ステイング」のテーマである「ザ・エンタテイナー」という曲はたぶん一度はどこかで聴いたことがあるのではないかと思います。

ラグタイムといいますとジャズ系のピアニストがよく演奏しますのでジャズとよく勘違いされますが、ジャズの前身の音楽で19世紀末から20世紀初頭にアメリカで流行った音楽で、タバーンと呼ばれるアメリカの居酒屋でよく演奏されていました。西部劇に出てくるような酒場でこれらのタバーンは通称ホンキートンクと呼ばれていました。

そのホンキートンクと呼ばれてたタバーンには必ずアップライトのピアノが置いてありました。多くは埃をかぶり、調律もあまりされていないピアノでした。特に19世紀末から20世紀初頭のアメリカではピアノの調律師が極端に不足しており、大都市のピアノの調律はできてもちょっと田舎のタバーンにまで足を運ぶということは殆どありませんでした。

続きを読む "4月1日はエイプリルフール、だけでなくラグタイム王「スコットジョっプリン」の命日でもあります。来年は没後100周年"

| | コメント (0)

アニメ・マンガ・ゲーム・エンタメ業界親睦会に参加しました

ご当地ソングの案件も終わり、すべてが一段落したこともあり今回初めてアニメ・マンガ・ゲーム・エンタメ業界親睦会」に参加させていただきました。

Animekoryukai01

会場が代々木アニメliveステーションということもあり、アニメ、ゲームの業界関係者、声優、ライターそして私のような音楽関係者が多数出席していました。

しばらく実写の映画やドラマの仕事ばかりでゲーム、アニメ系とは離れていたのですが、やはりアニメ業界もゲーム業界も活気がありますね。どこかの某音楽業界とはえらい違いです。

この様子を実感して再びこちらの分野のお仕事もさせていただければ、と思い今回参加させていただきました。

他のブログ記事にも書きましたが21世紀は間違いなく映像コンテンツが主役の時代、それもシロウトのような低クオリティの映像コンテンツではなくプロフェッショナルな映像コンテンツがこれから重要になってきます。日本という国の持っている強みとしてやはりマンガ文化ーアニメ、ゲームコンテンツが世界的に評価されているという点は21世紀に入りやはり大きな武器になりうると思います。

続きを読む "アニメ・マンガ・ゲーム・エンタメ業界親睦会に参加しました"

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »