Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« あの日から五年ー「祈り、悲しみ、政府行政や原発再稼働強行勢力への怒り」 忘れずに 風化させてはならない | トップページ | ドキュメンタリー映画テーマ曲でトランペットのレコーデイングを行いました »

2016年3月12日 (土)

追悼 キースエマーソン シンセサイザーの素晴らしさを教えてくれたミュージシャン

ここ一年もう十分すぎるほどの訃報を聞いた。
しかし今朝聞いたのは極め付きだ。

シンセサイザーの大先駆者のキースエマーソンの訃報。あまりにも私には重すぎる訃報だ。

Keith Emerson, Emerson, Lake and Palmer Keyboardist, Dead at 71
http://www.rollingstone.com/music/news/keith-emerson-emerson-lake-and-palmer-keyboardist-dead-at-71-20160311

アメリカの芸能ゴシップニュースは状況からキースが自殺の可能性があると書いているがどこまでも正確な情報かわからない。だが、キースエマーソンという人物がもはやこの世にいない、というのは残念ながら事実のようである。

KEITH EMERSON'S DEATH Gunshot to the Head ... LOOKS LIKE SUICIDE

http://www.tmz.com/2016/03/11/keith-emerson-death-suicide/

この報道が正しければ、だがキースの頭に銃創があったという。もしそうならば、なぜ?
という思いがある。自殺する理由などないはずだ。

かなり精神的に動揺していて精神的に立ち上がるのに時間がかかりそうだ。

まだmidiという規格が生まれる遙か前、まだシンセサイザーというものが珍しかった時代からシンセサイザーの可能性を追求し、ロック音楽に新たな新風を吹き込んだのはエマーソン レイク & パーマー(通称ELP)である。

代表作の一つ展覧会の絵

Elp203

チャイコフスキーの「くるみ割り人形」をロック風にしたナッツローカー
今ではクラシックをロック風に、というのは割とありますが当時は珍しかった。
同じ「展覧会の絵」に収録されている。

これらはクラシック少年だった私をロックに目覚めさせるのに充分だった。このアルバムがなかったら今の私はなかったといっても過言ではない。

実はFacebookページでキースとやりとりした経験がある。ソーシャルネットというのは本当にすばらしいツールで、ファンとアーチストの距離を縮めてくれる。

先程非常に残念なことに公式Facebookページでもキースの訃報を伝えていた。

https://www.facebook.com/EmersonLakePalmer/

Keith Emerson (1944 - 2016)

We regret to announce that Keith Emerson died last night at his home in Santa Monica, Los Angeles, aged 71. We ask that the family’s privacy and grief be respected.

For any other enquires, please contact management@qedg.co.uk

1936389_989836571052914_11019458981

そして私がELPの最高傑作だと考えるのは数年前、大河ドラマ「平清盛」で吉松隆氏がオーケストラにアレンジした「タルカス 」である。

81uahqiqkql_sl1417_

 

いわゆるプログレッシブロックとしてYes ,ピンクフロイドなどと共にその走りとなったバンドである。
私にシンセサイザーの素晴らしさを教えてくれた人である。
心からご冥福をお祈り申し上げます


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。