Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« オスカー2016 授賞式 モリコーネ先生初受賞おめでとう。そして最後に意外な展開 | トップページ | あの日から五年ー「祈り、悲しみ、政府行政や原発再稼働強行勢力への怒り」 忘れずに 風化させてはならない »

2016年3月 3日 (木)

Facebookグループ参加者増加ーしかし一方では課題が

既にご存じの通り私はFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」での管理人をしている。昨年の12月23日の記事の時点では参加者1276名だったが今日現在では参加者は1639名
二か月ちょっとで370名も増えたことになる

これは普通に考えれば喜ばしいことなのだ  ...

実は多くの課題も抱えている

そもそもこのグループの主旨は音楽家と音楽を発注する側(音楽を業務で「使う方」)の双方を参加させ、しかも音楽のジャンル等は一切不問、そのことによってミュージシャンの新たなビジネスチャンスを作る点、その他ジャンルが違うミュージシャン同士のコラボレーションの機会、その他とかく縦のつながりしかできない音楽家の「横のつながり」を作ることを目的としたグループである。よって誰でも参加できるグループではない。だから音楽が単なる趣味だったりする人や「友達が参加している」という理由での参加はお断りしている。

基本的に「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」の参加者の対象者は以下の人たちになる、
1.音楽家(作曲,編曲,作詞)及び演奏家,及び音楽事務所や音楽制作関係者(音楽プロデユーサー、デイレクター、エンジニアetc etc)

2.音楽を業務で使う方(映画,映像,CM,テレビ,イベント,演劇,ゲームその他音楽配信、ストリーミング等いかなる形でも音楽を業務に使う方)または広告関係者

3.映画、映像制作関係者(監督,デイレクター,女優,俳優,その他撮影関係のクルー)

一応参加者を信用して管理人の私以外でも参加リクエストがあれば参加者でも参加承認していいことにはなっているのだが、ここ数か月、とりわけここ一週間くらいに大量の新規参加者の中で上記の3つに「公開プロフィールをみた範囲では該当しないのではないか、と思われる人間が何名か見つかった(「投資関係者」とかイベントでもあまり音楽を使わなそうな分野の方とか、「全体の公開」のプロフィールを見た範囲では音楽関係なのかわからない人等)

参加者の方には例えどんなに親しいFB友人でも上記3つにあてはまらない方の参加承認はしないようにお願いしているが、過去に「望ましくない」人間も参加した経緯もあり、参加者の動向には神経をとがらせている。

というのも残念ながら全ての参加者がよい参加者とは限らないからだ。特にソーシャルネットでは「成りすまし」も可能だし、ネットというのは結局本当の顔が見えにくいからだ。

私はmixi時代に酷い目にあった苦い経験があるため、スパムや迷惑行為に対しては極めて厳格な考え方を持っている。音楽や映像、映画等のコンテンツ関係以外の話題や他の参加者への迷惑行為が確認された場合は問答無用で強制退会→ブロックを行う。

過去に強制退会→ブロックした例は3つあり、アダルトコンテンツを投稿した者、ネットワークビジネスの勧誘をした者、さらにはグループの女性参加者に迷惑行為を働いた者の3名、うち二名は既にfacebookを退会(たぶん強制退会)をしている

あと以前にも書いたが新規希望者の中に

1.明らかにグループの説明を読まずに参加申請してくる人

2.プロフィールを見てもどういう人、何をしている人か全くわからない人

の二種類の参加申請が跡を絶たない。

前者は「参加者が多い」ということで参加申請した人か何か勘違いして参加申請した例だと思うが問題は後者の例である。後者はおそらく9割以上の確率で業者である。

つまり、アダルト系、出会い系、MLM ネットワークビジネス系、もしくは手当たり次第友人申請してFacebookアカウントの個人情報を盗み取り名簿業者に売る、といった類の連中だ

これらの業者のアカウントの特徴には以下のようなものがある

1. 写真しかなく投稿が殆どない、あっても内容のない投稿しかない

2.友人が殆どいない、もしくは少ない。また友人に「国籍不明」の人間が複数いたりする

あと上記の変形だが、たいして友達の数はいないのに参加しているグループがやたらに多いアカウント、というのもおかしい。

最近は手がこんできて何か「音楽」にからんだプロフィール写真だったり、等まあ涙ぐましい努力をしていたりするが、同じ名前のアカウントをFacebookで検索すると全く同じものが沢山でてきたとか(笑)
あるいは簡単かつもっともらしい投稿を1つ2つ残していかにも「音楽関係者」に見せよう、などといった「工夫」もしてくる業者がいる

まあよほどうちのグループに入りたいらしい(笑) でもシロウトは騙せてもプロは騙せない、というかバレバレな工夫をしたって無駄だ、ということだけは云っておこう。

業者が大きなグループを狙うのは参加者に手当たり次第友人申請して、承認されたらアカウントの中身を精査して個人情報を吸い上げようという目的があるからだ。大きなグループほどそれらを効率よくやることができる。だから大人数のグループ参加に業者はこだわる。(ちなみに個人情報を名簿業者に売る行為自体は立派な個人情報保護法違反である)

その背景にはいまだに「ソーシャルネットでは例え知らない相手でも友人申請や承認を行うべきだ」などという無責任なITコンサルタント(という名の詐欺師)が少なくないためであろう。知らない人間でもゆるくつながるのがFacebookのようなソーシャルネットのありかただ、などと云っていた人間もいたが、私はその考え方には賛同しない。

ネットを始めとするソーシャルネットはリアルな生活にどれだけ反映させるかが、ポイントであってリアルなメリットにつながらない利用方法は意味がない、Facebookグループは同じ関心を持っている人間の集まりだから、それは参加者一人一人が各自にとって有益な情報や出会いにむすびつけるものであるべきだと考える。

いずれにせよ千名単位のグループの管理人になる、ということは必然的にそういう業者とのイタチゴッコ的な戦いを強いられる、ということなのかもしれない。しかし極めて有害な連中なのでやはり神経はとがらせておかないといけない

まあ業者とか「グループ説明を読まない」参加申請はすぐにわかるのでたいした問題ではないが、実はもっと重大な問題がある。

この「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」というグループはその性格上、仕事の案件の作曲、作詞、演奏家、の募集、イベントの参加募集等の記事が頻繁にアップされるグループである。いつぞやもとある通販化粧品メーカーのサウンドロゴのボーカル募集はこのグループ以外でも募集した関係もあって応募者数が殺到した。このレベルの仕事でもそれだけ殺到するくらい今の音楽業界はチャンスが少ないし、仕事も少ないのである。

にもかかわらずこのグループで音楽家の募集の投稿を行っても、なんか食いつきが悪い、反応がとても鈍いことを兼ねてから気になっていた。

そして先日、現在私が手掛けている劇場公開の長編ドキュメンタリー映画でジャズトランペット奏者を募集した時にあることが判明した。グループ内でジャズトランペット奏者が複数いるのはあらかじめ把握していたが、何と一人も応募者も来なかったのである。

結局知り合いの事務所にかけよって該当者がみつかり事なきを得たが、この件で私の中にある疑念が生じた。それは今までの募集の中でも一人の応募者もいなかった案件があったのではないか、という懸念である。

つまりこれは何を意味するかというとグループ参加者の大半がグループの投稿をロクにみていない、あるいは見てもスルーしている、ということを測らずも証明してしまっている点だ。

せっかく仕事の募集案件を投稿しても、誰もみていないのではグループが機能していないことになる。日本人の「無関心病」はどうやら政治だけではなく、こうしたFacebookグループに対するスタンスにも現れているようである。おそらくグループの投稿をマメに見ている人は全参加者の1/4もいないのではないか、と思われるのだ。大半は「取りあえず音楽のグループらしいから参加だけしておこう」とか「参加者が多そうだから参加しよう(長いものにまかれるといういかにも日本人らしい習性)」という理由だけでよく考えもせず参加している、という人が多いようである。

まあ愚痴をいっても仕方ないので、うちのグループは普通のグループとは違うんですよ、ということをもう少し理解してもらうしかないか、ということでその一環というわけではないが、当グループの主旨をより理解し実感してもらうために「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング第三回業界交流会」を来月にまた開催する予定である。

ひとことでいえば「音楽家の異業種交流会」ということもでき、先程も書いたようにミュージシャンの新たなビジネスチャンスを作る点、その他ジャンルが違うミュージシャン同士のコラボレーションの機会、その他とかく縦のつながりしかできない音楽家の「横のつながり」を作ることを目的とした交流会である。

日時:4月14日(木)   18:30 開場  19:00ー Start

場所;Com Cafe 音倉(下北沢)

http://www.otokura.jp/

会費 ¥2500(予約) 1ドリンク付
   ¥3000(当日ー当日予約なしでいきなり来られた方)1ドリンク付

ライブショーケース 6ステージと参加者のお知らせタイム

ライブショーケース出演者
・雨天晴
・マキタマシロ
・Hibiki Yamamura
・佐藤 智恵
・谷 洋幸
・八月 真澄

前回の出席者の方々はこういう職業の方達です。
ミュージシャン、シンガーソングライター、作曲家、作詞家、アレンジャー 演奏家、女優 俳優 音楽プロデユーサー、レーベル主催者 プロダクション社長 音楽制作会社社長、インペグ業者(音楽家登録) エンジニア、映画監督、映像デイレクター 映画キャステイング関係者 フラメンコダンサー、モダンダンサー 音楽コミュニテイネットワーク主宰者(作曲作詞コンペ)、日本音楽ソムリエ協会

Facebookイベントページ(Facebookアカウントがある方はこちらで参加表明して下さい)

https://www.facebook.com/events/536132393227099/

もしくは私の事務所の御問い合わせページからご参加申し込みをなさって下さい。

よろしくおねがいします

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。