Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

オスカー2016 授賞式 モリコーネ先生初受賞おめでとう。そして最後に意外な展開

今年も恒例のオスカー授賞式がドルビーシアターにて行われた。

50798940731dca35fc01f30237e05454a02

詳細な受賞者はオスカーの公式サイトを参照されたい。

http://oscar.go.com/

今年のオスカーはノミネート者に「白人」が集中している、という人種問題まで出てきたのが何とも困ったものだが、アカデミー会員擁護派からは「アフリカ系が目立つ作品が少なかった」という説明も出ているが果たして本当にそうなのだろうか?

確かにロシアを舞台とした「ブリッジオブスパイ」とか「レヴエナント-蘇えりしもの(アメリカ開拓時代北西部の極寒の地が舞台)などではアフリカ系の俳優が出るチャンスはないだろう。しかしタランテイーノの新作「ヘイトフルエイト」はアフリカ系のサミュエル L ジャクソンが主役である。タランテイーノ映画の常連でもあるジャクソンのベテランの演技はもっ評価されてしかるべきで、少なくともノミネートされてもおかしくはなかったのではないか? とも思う。

あと笑われるかもしれないが、「スターウオーズーフォースの覚醒」の主役となっているジョン・ボイエガもいる

だが何よりも映画『ストレイト・アウタ・コンプトン(Straight Outta Compton)というラッパーグループを描いた伝記映画のようなものがありながら、この映画の俳優から一人もノミネートされていなかった、という背景もあるだろう。この『ストレイト・アウタ・コンプトンは脚本賞にノミネートされた。受賞はできなかったが.. (脚本賞は「スポットライトー世紀のスクープ」)

要するに「アフリカ系」が映画で活躍していない、と断じるは短絡的すぎるということだ。

ただ2013年公開の「それでも夜は明ける-12 years a slaveのようなアフリカ系をテーマとしたヒューマンドラマの映画がなかったのは確かだ。この映画はケニア人だがルピタ・ニョンゴをスターダムに押し上げたが、逆にアフリカ系の役どころが映画でまだまだ限られているというのが問題かもしれない。

確かに今ドナルドトランプでもない限り、ロコツに人種に対する偏見を大っぴらにいう人間はアメリカ社会では少ないがトランプがあれだけ支持を集めているところを見ると人種のるつぼのアメリカの人種問題はやはり残念ながら根が深いといえるだろう。こういう問題ーissue, 議論- controversy がでなくなる日は果たして来るのだろうか?

続きを読む "オスカー2016 授賞式 モリコーネ先生初受賞おめでとう。そして最後に意外な展開"

| | コメント (0)

2016年2月22日 (月)

久々の「映画人交流会」@お台場ー参加者の皆さんお疲れ様でした

昨年はなかったので何と一年三か月ぶりになるお台場「東京カルチャーカルチャー」での「映画人交流会」に行ってきました。

Odaiba_koryukai1

Odaiba_koryukai4

場所はお台場の大観覧車の真下にあります。Zepp Tokyoの二階です

Odaiba_koryukai2

以前も書きましたようにこの交流会は映画に携わるスポンサー、プロデューサー、監督、スタッフ、キャストが総勢100人以上集まりわいわいやる「映画人交流会」です。交流会は数多くあっても映画関係でこれだけの関係者が揃う交流会は他にないと思います。

実は映画音楽作家として本格的に活動することを決意して6年、おかげさまで現在は劇場公開の映画を定期的にさせていただくところまで来ました。この交流会に出席していなかったら現在の自分はなかったといっていいと思います。
この私にとっていわば「恩人」に近いということもあるので非公式なボランテイアをかなりやりました。具体的には私が管理するFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」でも告知し、音楽関係の人でも映画関係に関わりたい人への参加を呼びかけました。そのせいかたぶんいつになく音楽関係者が多かったと思います。

会場には映画プロデユーサー、監督、女優、俳優、カメラ、メイクさん、プロダクション関係 キャステイング関係者、そして今回当グループで告知した関係でしょうか? 音楽プロデユーサー、作曲家、声楽家、その他ミュージシャンも参加しました。

音楽の世界もそうですが映画の世界もどんどん良くなってほしいと思いますからね。

続きを読む "久々の「映画人交流会」@お台場ー参加者の皆さんお疲れ様でした"

| | コメント (0)

2016年2月19日 (金)

ラグタイムコンサート@名曲喫茶ヴィオロン ご来場ありがとうございました

今や恒例となりました。東京阿佐ヶ谷にある名曲喫茶ヴィオロンでの「ラグタイムコンサート」

Cbfcvl1uuaaorhv

Rgtime02181602

アンティークがいっぱいあるこんな感じのお店です。

Violon01

今や恒例化しましたこのアンテイークな空間でラグタイムでの演奏。ラグタイムは以前も書きましたが1890年頃から1910年末くらいまでアメリカで流行した音楽ジャンルでジャズやブルース、ブギウギの前身といっていい音楽です。こういう空間だからこそ20世紀初頭にタイムスリップした体験ができます。

Rgtime02181601

続きを読む "ラグタイムコンサート@名曲喫茶ヴィオロン ご来場ありがとうございました"

| | コメント (0)

2016年2月16日 (火)

グラミー2016 トリビュート多くこの一年で亡くなったアーチストの多さを実感

今日は今年度のグラミー 
日本のレコ大との比較云々は既に昨年の記事に述べたので改めてここでは書かない

興味ある方はこの記事を参照されたい
■まだこだわる、グラミー2015を見た上での日本の音楽業界の現状と「音楽の価値」について
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2015/02/2015-0192.html

今年のグラミーのノミネートされたアーチストと受賞者はこちら

http://www.grammy.com/nominees

20160215_731343

ここ一年、改めて見ると本当に偉大なアーチストの訃報が多かった、そのため今年のグラミーはトリビュートばかりあったような気がする。記憶に新しいデビッドボウイを始め、モーリスホワイト(Earth wind & fire)  グレンフライ(イーグルス)レミーキルミスター(モーターヘッド)そして昨年5月に亡くなった「ブルース王」のBB キングのトリビュートが行われたが、それ以外にも本当に著名なアーチストが亡くなった一年でもあった。

ちなみに当初から計画されていたのだろう、ライオネルリッチートリビュートもあったが、ライオネルリッチーはまだ健在、本人も会場にいて最後の曲の"All night long"では観客席から引っ張り出されて自ら歌った。

そして事前にかなり話題になっていたレデイ―ガガによるデビッドボウイトリビュートです

Grammy201601

この画像を見てヒーローズのジャケットを連想した人はデビットの立派なファンです。

Grammy201602

ナイルロジャースとレディガガ

レッツダンスやってます。(^^)

続きを読む "グラミー2016 トリビュート多くこの一年で亡くなったアーチストの多さを実感"

| | コメント (0)

2016年2月15日 (月)

司馬遼太郎Nスぺ「この国のかたち」-「日本人は今無感動体質」になってしまっている

ご存じの通り私は歴史小説が好きで司馬遼太郎の作品も好きである。

その司馬遼太郎没後20年にあたり香川照之がホストとなっていた「この国のかたち」

非常に面白かった。と同時に司馬遼太郎が我々に残した未来の言葉を聴いていずれもドキッとした。二十年前といえばまだ日本がバブルにうかれてまもない頃、その頃に既に現在危機的な状況にある日本をある程度予見していたような部分を感じた。

第一回の第1集  “島国”ニッポンの叡智(えいち)

ここでは「島国」をキーワードに日本文化をどうかたち作ったのかに焦点を当て、境ゆえに海の向こうから来る普遍的な文化に憧れ続け、とりわけ江戸時代の鎖国政策が外国に対する好奇心を高め明治維新の「奇蹟」につながった点を揚げた。→日本人の感動体質

第二回の第2集  “  “武士”700年の遺産

鎌倉時代の武士が育んだ、私利私欲を恥とする“名こそ惜しけれ”の精神で江戸時代には広く下級武士のモラルとして定着したという。そして幕末、司馬が「人間の芸術品」とまで語った志士たちが、この精神を最大限に発揮して維新を実現させた。明治時代に武士が消滅しても、700年の遺産は「痛々しいほど清潔に」近代産業の育成に努めた明治国家を生みだす原動力となった、と指摘している。

いずれも司馬遼太郎らしい的確な分析をしているが、冷静に考えてみて愕然としたことがある。なぜならいずれの点に関しても「現代の日本人が忘れつつある、いや既に忘れている」ことを指摘しているからである。

続きを読む "司馬遼太郎Nスぺ「この国のかたち」-「日本人は今無感動体質」になってしまっている"

| | コメント (0)

2016年2月10日 (水)

映画「アンブロークン」鑑賞ー不屈の精神を描いた良質の作品ー映画を見もしないで反対運動していた奴らは恥を知れ!!

当ブログでもこの件に関しては何回か書いた。

先週の6日から公開になっていたのだが、業務の関係でようやく本日見ることができた。

Unbroken1

上映会場の渋谷イメージフォーラム

Unbroken2

ネトウヨ連中が見もしないで反日映画などと決めつけた映画、本当にそうなのか見てみよう、ということで見に行ったが、反日映画かどうかはこの記事のタイトルを見ればわかるだろう。一体誰がこの記事を「反日映画」などというデマを流したのか知らんが、そもそも捕虜収容所のシーンは映画全体で半分くらいしかない。しかもネトウヨ連中が騒いだ、「南国の収容所」は全体でも20分も描かれていない。いわんや人肉シーンなどどこにもない

ひとことでいえばベルリンオリンピックに出場したオリンピック陸上選手、ルイサンベリーニの生涯を描いた作品であり、映画の大半がザンベリーニの生涯を描くのに割いている。

これだけいえば、この映画は反日を目的とした映画ではないのは明らかであろう。わざわざいうのもバカバカしいくらいだ。

もっともここで実際に映画を見た私が「アンブロークンは反日映画ではない」などといったところでたぶん愚か者のネトウヨ連中は聞く耳を持つまい。奴らはチャンネル桜あたりのネトウヨデマサイトが「カラスの頭は白い」などといっても「そのとおりだ」などといいそうな連中だ。ネトウヨが好む情報にしか耳を傾けず、それ以外の人間がどんなに証拠を見せようが見ようともしない(もっともまともに文字すら読めないかもしれんが)

映画を見てこの程度の日本が太平洋戦争が関係した映画も公開できない今の日本って何なんだ? と思った。同時にどこかのバカネトウヨが流したデマを鵜呑みにして拡散したネトウヨやあろうことか、それに便乗した産経、文春に対してもの凄い怒りが込み上がってきたのと同時に日本人としてとてつもない恥ずかしい思いがした。
先日の映画「ジョンラーベ」のケースでもそうだが、海外では「日本人は戦争の歴史を正視するを拒否する国民」という評判が定着していて、ナチスのような負の歴史があるドイツ人ですら冷静に取り組んでいるのに、日本人はどうもそれと違うようだ」という評価をされてしまっている。

このような国が諸外国から尊敬される国、になると今の日本人は本気で思っているのだろうか?

とまあ、かなり頭にきているが、一応映画関係の仕事をしている手前、まずは冷静になって映画のレビューを書こうと思う。

この映画の公式予告編

続きを読む "映画「アンブロークン」鑑賞ー不屈の精神を描いた良質の作品ー映画を見もしないで反対運動していた奴らは恥を知れ!!"

| | コメント (0)

2016年2月 1日 (月)

SMAP「公開処刑」を見てー日本のアーチスト、ショウビズのの世界に「エージェント制」導入を提唱する

日付の上では2月に入った。1月は著名なアーチストの訃報が相次いだりSMAPをめぐるジャニーズ事務所のゴタゴタ等が話題になったが、特にいまだ記憶に新しいSMAPの「公開処刑」を見てあえてここで提唱しようと思うことがある。というのもこれからの芸能人、アーチストとにっておそらくいずれ避けられない流れになる可能性を感じているためである。

お断りしておくが私は音事協(一般社団法人 日本音楽事業者協会)も音制連( 一般社団法人 日本音楽制作者連盟)にも加盟していない。そして将来にわたっても加盟するつもりはない。(音楽出版の事業部はあるが)
理由はいろいろあるがこの両者に加盟することによって余計なしがらみや、自由に動けなくなる、という事情があるためである。それゆえ私がこれから提唱する「エージェント制」などは音事協からみれば「とんでもないことをいう奴」という風に見られてしまうだろう。これも音事協に加盟していないからできることである。

エージェントをつける、ということと事務所に所属する、というのは一見似ているが実は全く違う。どちらもギャラの交渉とかするが、仕事の進め方は根本的に違う。

日本ではプロ野球が一部の選手がエージェントをようやく置くようになったが、これも既存のプロ野球球団の激しい「抵抗」によってなかなか実現しなかった。おそらく日本の芸能事務所も同じスタンスを取るだろう。

事務所に所属してマネージメントをしてもらうことと、エージェントがどう違うか。わかりやすく表にしてみよう

事務所に所属 エージェント
人材の種類 仕事の斡旋やギャラの交渉も行うが同時にアーチストの身辺の世話、雑用も行う 弁護士の資格を持った交渉人、知財や権利に関して高度な法律的知識を有する
原則アーチストの雑用はしない
(但し大手エージェンシーだと雑用の担当者がいる場合もあり)
ギャラや出演条件の交渉
アーチストのプロモーション宣伝 ×
コミッション 事務所によって違うが最低ギャラの半額は事務所が持って行く 法定で交渉したギャラの5%(これはスポーツの機構やユニオンとの協定で決まっている)

続きを読む "SMAP「公開処刑」を見てー日本のアーチスト、ショウビズのの世界に「エージェント制」導入を提唱する"

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »