Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 司馬遼太郎Nスぺ「この国のかたち」-「日本人は今無感動体質」になってしまっている | トップページ | ラグタイムコンサート@名曲喫茶ヴィオロン ご来場ありがとうございました »

2016年2月16日 (火)

グラミー2016 トリビュート多くこの一年で亡くなったアーチストの多さを実感

今日は今年度のグラミー 
日本のレコ大との比較云々は既に昨年の記事に述べたので改めてここでは書かない

興味ある方はこの記事を参照されたい
■まだこだわる、グラミー2015を見た上での日本の音楽業界の現状と「音楽の価値」について
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2015/02/2015-0192.html

今年のグラミーのノミネートされたアーチストと受賞者はこちら

http://www.grammy.com/nominees

20160215_731343

ここ一年、改めて見ると本当に偉大なアーチストの訃報が多かった、そのため今年のグラミーはトリビュートばかりあったような気がする。記憶に新しいデビッドボウイを始め、モーリスホワイト(Earth wind & fire)  グレンフライ(イーグルス)レミーキルミスター(モーターヘッド)そして昨年5月に亡くなった「ブルース王」のBB キングのトリビュートが行われたが、それ以外にも本当に著名なアーチストが亡くなった一年でもあった。

ちなみに当初から計画されていたのだろう、ライオネルリッチートリビュートもあったが、ライオネルリッチーはまだ健在、本人も会場にいて最後の曲の"All night long"では観客席から引っ張り出されて自ら歌った。

そして事前にかなり話題になっていたレデイ―ガガによるデビッドボウイトリビュートです

Grammy201601

この画像を見てヒーローズのジャケットを連想した人はデビットの立派なファンです。

Grammy201602

ナイルロジャースとレディガガ

レッツダンスやってます。(^^)

BBキング トリビュート

Chrisstapletonbbkingtribute

改めて思うのはこのブルース12小節のコード進行がなぜ麻薬のようにこんなに気持ちよくさせるのか、という点。
増4度音程がグルグルと永遠に解決されないサウンドが演奏する人間も聴く人間も虜にする。

本当に素晴らしい音楽の宝を残してくれた偉大な音楽家に感謝
R.I.P. to the Great BB King

そして昨年亡くなったモーターヘッドのレミー・キルミスターへの追悼の意味もこめたハリウッドヴァンパイア

何とアリスクーバー(!!)

Grammy201603

このバンドはアリスクーパーにエアロスミスのジョーペリー、そしてなぜかジョニーデップが加わったバンド<./p>

ジョーペリーいわくジョニーデップはいいギタリストだそうです。(^^)

Grammy201604

グラミー賞での「メモランダム」
本当に今年はポピュラーからクラシックまで名だたるアーティストの訃報が多いこと。このストを見て改めて思った。全員の名前を揚げるのは大変だが、上記のトリビュートされたアーチスト以外で主だったアーチストを揚げると"Stand by me"Ben E. King"When a man loves a women"のパーシー・スレッジ
またジャズの大御所のオーネットコールマン、映画音楽ではジェームスキャメロンと名コンビを組んだ「タイタニック」のジェームスホーナー。クラシックではピエールブーレーズ、指揮者のクルトマズーア、ジャズとクラシック双方で活躍したガンザーシュラ―(アメリカ音楽教育でも重要な働きをした)
そしてこの「メモランダム」ー"In Loving Memory ..."の結びは早すぎる死を迎えたナタリーコールが父親の「ナットキングコール」とデユエットした"Unforgetable"ーそうみんな忘れられない、忘れてはならない偉大な功績を残した人ばかりである。

In Loving Memory ...
http://www.grammy.com/news/in-loving-memory-2

WOWOWび中継でジョンカヴィラ”Too many”
ナイルロジャース”difficult year”
重鎮を多く失いすぎた一年に改めて愕然

ナイルロジャースも「これほど多くの偉大な音楽家の訃報に接するとそれを受け入れるのが難しい」と話していたが同感だ。

さて詳しい受賞者は上記リンクを英語だけどご参照いただくとして、今回のアルバムオブザイヤーの受賞者は

Ap_788177954120

この人でした。テイラースイフト 何度目の正直でしょうか?

ちなみにMUSIUM編集部からこんな写真がtwitterで流れてました

Cbtmixpuuai4bgj

「今の若いもんは」なんていう言い方はしたくないけど、本当に若い人洋楽聴かないみたいですね
歌詞が英語、というだけで聴かない。という傾向を感じます。
映画でも字幕でなく吹き替えでしか見ない人間が今大多数のようですが、 これほど英語の勉強に有効なツールはないんですよ。
英語を覚える、英語が上達したいという気持ちがあるのなら、洋楽を聴いて映画は字幕で見ましょうよ。そして俳優の生の声から言葉を覚える。そういう努力はしてもバチは当たらないと思いますが..

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。