Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月29日 (金)

デジタル偏重、デジタル絶対時代の終焉ーインターネットは「旧メデイア」に実は「完敗」したという事実

インターネットの黎明期から現在でもそうだが多くの人々はIT企業家の宣伝する「インターネットはあらゆるメデイアを凌駕し社会に革命をもたらす」という文言を鵜呑みにした。いわゆるお暇な「ネット住民」からネトウヨ、またいわれるリア従になりたくてもなれない人たちはそのことを信じて疑わなかった。
今でも彼らは「ネットの方がすぐれている」「ネットメディアがそれ以前のメディアをすべて駆逐する」という言質にこだわっている。それはひとことでいえば彼らにはネットでしか自分を表現できないし、自分の力を誇示できない、勿論この手段でしか他人を攻撃できないからである。

だからこれからここに紹介する記事はそんな「ネット住民」、ITギーグ、やたらにネット万能論をまきちらすエセIT起業家、ネトウヨたちが読んだら(そもそも彼らにまともな文章読解力があるか疑問だが)卒倒するか激昂するかのどちらかだろうと思う。彼らが死んでも認めたくない事実が書いてあるからだ。

そればインターネットは結局「既存のメデイア」であるテレビに完敗している、という事実だ

Img_804530d15c7098f108b15befa2d98d3

息切れするネットメディア、真の勝者は結局「テレビ」だった!
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47559

(ルパート・マードックが息子)ジェームスが父親のサテライト放送会社のBSkyBを経営していた時に行った辛辣なインタビューで、この落差を指摘したことがある。すると彼はマードック特有の口調でそれをあっさり切り捨てこう答えた。

「全然分かってないんじゃないかな。よく周りを見回してくださいよ。テレビの時代なんですよ!」

マードック一族は古い時代のメディアの遺物と信じ込んでいた私は、周りを見回してみた。すると確かに、インターネット時代であるにもかかわらず、BSkyBが強大な地位を確立している事実にたじろいでしまった。実際、それはヨーロッパ最大の企業の一つだった。

<中略>

どんなにデジタル企業の評価額が急騰し、誇大宣伝されてメディアが騒ごうと(もっとも、その大半はデジタル・メディア自体から発信されるものだが)、いまだに人々はインターネットよりテレビ視聴に多くの時間を費やしているということだ。 そして、テレビを見るためにインターネットを使う時間が増えていたのだ。

オンライン・メディアの革命家たちは当初、より多くの無料コンテンツと、より多くの広告というテレビのビジネス・モデルを盗むことで、やすやすとテレビの旨みを手に入れられるものと踏んでいた。

ところが、今やオンライン・メディアは「無料」の中で溺れかかっている。あらゆるもののアグリゲーターであるグーグルとフェイスブックがトラフィックを支配し、実質的に広告料金を設定する形となっている。

この両者のトラフィックが驚異的に拡大したことで広告市場は過剰供給となり、広告料金を押し下げる結果となった。ガーディアンからバズフィードに至るまでのメディアは、トラフィックを増やすことによってしか競争に勝つことができない。

トラフィックというのは、愛読者ではなく単に通り過ぎてゆく何百万というウェブページの訪問者で、それは、あまりにも瞬時であるため、当然ながら支払われる広告料はどんどん安くなっている。

一方テレビ業界は、あたかも中毒から回復するように、着実に広告離れを進めてきた。ケーブル会社からの料金や、毎月消費者のクレジットカードから引き落とされる料金に基づく新しいビジネスを始めているのだ。

<中略>

皮肉なことに、かつてもっぱらニールセンの視聴率に振り回されていたテレビが高級化し、オンライン・メディアは、ばかげたトラフィック・ゲームに成り下がっている。テレビは、名声と影響力を収益化する方法を見出したのだ。大衆市場のテレビが高級化に向かったのに対し、リスティクル(リスト記事)や過剰に感傷的なバイラル動画(や記事)などを提供するデジタル・メディアは、低レベルのマス(層向け)路線を追う形になった。

続きを読む "デジタル偏重、デジタル絶対時代の終焉ーインターネットは「旧メデイア」に実は「完敗」したという事実"

| | コメント (0)

2016年1月24日 (日)

デビッドボウイ"BlackStar" レビューー死を目の前にしたアーチストの生き様とファンへのダイイングメッセージ

この記事にはデビッドボウイ"Blackstar" のネタバレの内容が含まれています。同アルバムを聴いていない方はなるべくご遠慮下さい。

先日のデビッドボウイの衝撃の訃報から2週間余り
オーダーが集中したのだろう。なかなか商品が到着しなかったが昨日ようやく商品が到着した。

Blackstar_bowie

デビッドボウイが癌の告知を受けたのは2014年
誰でもそうだががんの告知を受ければ「死」というものを連想する。そして自分が余命いくばくもないことを悟ると「死ぬまでに自分は何をしなければならないか}ということを考えるだろう。そしてこの"Blackstar"はまさに稀代のアーチスト デビットボウイのダイイングメッセージである。

そして率直な感想をいうと実に凄まじい。聴いていて戦慄を覚えた。

特に最後の二曲は泣けた。アーチストの思い、自分の生き方についての思いを感じることができて涙が出た

私なりにアルバムのレビューを書くが当然ながらかなりネタバレの内容を含んでいるのでまだ聴かれていない方はなるべくお読みにならない方がいいと思う。各トラックについてわかる範囲で若干解説も加えてレビューを述べる

続きを読む "デビッドボウイ"BlackStar" レビューー死を目の前にしたアーチストの生き様とファンへのダイイングメッセージ"

| | コメント (0)

2016年1月19日 (火)

SMAP謝罪ショーは「公開処刑」-騒動と収拾の仕方は今の日本社会の縮図をみたようで気持ち悪い

この件に関しては私も「どうでもいい」と発言したので書こうかどうか迷っていたが、昨日の「スマスマ」での「謝罪会見」を見て思った。(家族がテレビつけていたので嫌でも見てしまった)

はっきりいわせてもらう

これは「公開処刑だ」

そもそもSMAPの5人が一体何に対して謝罪しているのか、全くわからない。
今回の騒動に対する謝罪ならSMAPが謝罪するのではなく副社長のメリー氏とチーフマネージャーの飯島氏が謝罪すべきであり、SMAPの5人ではない。彼らメンバー5人に謝罪を要求するのは全くのお門違いである。それを5人に謝罪させて一件落着というのは彼らをさらし者にして事態を収拾させようという思惑なのは明らかである。

だから「公開処刑」といったのだ

実際昨日の会見についてBPOが問題視始めているという

■SMAP解散のフジテレビ謝罪生放送がパワハラ的で問題視 / BPO放送倫理番組向上機構で審議入りが濃厚に
http://buzz-plus.com/article/2016/01/19/smap-kaisan-bpo/

この騒動で非常に気持ち悪いのは今の日本社会の病んだ部分が嫌が上でも見えてしまった点だ。

ざっと見ただけでも次の4つある

続きを読む "SMAP謝罪ショーは「公開処刑」-騒動と収拾の仕方は今の日本社会の縮図をみたようで気持ち悪い"

| | コメント (0)

2016年1月11日 (月)

追悼ーデビッドボウイ最後のアルバム発表直後に死去ーR.I.P.

今ネットによくあるデマの1つとして有名人の訃報が流れるケースがよくある。先日もRプラント逝去のデマが流れたばかりだ。よくあるネットのアクセスを稼ぐための「釣り」の手法である。

だから今日流れたD.Bowie(デビッドボウイ)の訃報は正直デマであってほしかった
嘘であって欲しかった。
しかし... 残念だ。

■Legendary Artist David Bowie Dies at 69
http://www.hollywoodreporter.com/news/david-bowie-dead-legendary-artist-854364

■英歌手デビッド・ボウイさんが死去 がん闘病の末に
http://www.asahi.com/articles/ASJ1C5FF0J1CUHBI00M.html

ひとこと  言葉にならないほどショックだ

D_bowie91_2

ご存じのように先日アルバムBlackstarを1月8日に発売させたばかりだが、何とその2日後に家族に見守られて静かに息を引き取ったという情報が入っている。

12417995_943987275656587_2268877462

がんのために一年半以上も闘病生活を続けたというが、それでは結果的に「白鳥の歌ー最後のアルバム」となったBlackstarは闘病しながら制作したのだろうか?

日本ではデビッドボウイというと坂本龍一と共演した「戦場のメリークリスマス」か大ヒットした「レッツダンス!」が有名だが個人的には"Low"とか"Heroes"の方が好きである。

音楽もロックだけでなく、R&B Jazz、Funkなど多彩なサウンドを取り入れ絶えず新しいサウンドを追求したアーチストだった。さらに音楽だけでなく、元々アートスクール出身ということもあってアートや舞台芸術、映像にも多大な影響を与えたアーチストである、

今や金字塔ともいえるジギースターダストの映像である、

現代の音楽だけでなく文化の面でさまざまな貢献をしてくれたデビッドボウイの作品に対して最高の敬意を表し心から冥福を祈るものであります。

Rest in Peace.  And would like to express my deepest condolence to family of David Bowie

| | コメント (0)

2016年1月 8日 (金)

イベント主催者交流会に参加しました

昨日Facebookを通じてある人から招待を受け「イベント主催者交流会」に出席しました。

Event_party0

私も知らなかったんですがこういう団体があったんですね。日本イベント協会の主催の交流会です。

Event_party1

協会のトップは皆若い人で何でも一般社団法人を目指しているようです。
主旨としては私が管理しているFacebookのグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」と同じく横のつながりとビジネスマッチングとかを目的としているようです。イベント主催者、企画者、会場を提供する人(店舗)そしてパフォーマーですね。
やはりどの業界もやろうとしていることは同じだと感じました。

音楽の世界は非常に縦割り的な性格が強いんですが、イベントや他の業界も同じようです。これだけニーズが多様化している現代では積極的に横のつながりを作らないとどの業界も駄目だ、ということには気が付いているようです。

正直、参事や協会の代表を見ると失礼ながらあまり社会経験があるように見えないんですが、主旨は十分に理解できます。

Event_party2

Event_party3

会員でないとパフォーマンスのデモンストレーションできないそうなんですがヨーヨーとジャグリングが行われました.

名刺交換した人の数、名刺交換した人と今後どのようなおつきあいや案件が発生するかわかりませんが、まあとにかく我々のようなフリーランスは

人脈は財産

ということはいえますね。

演奏とかの仕事もやっていますので、今後何かでおつきあいする可能性はあるでしょう

| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

新春コラムーデジタルミュージックの時代で音楽が売れなくなったではない。コンテンツのビジネスモデルが根本から変質したのが理由(長文注意)

新春になるといつも音楽業界や音楽のことその他諸々についてコラムを書いているが今回はASCII でこういう記事を目にしたので今回はデジタルミュージック、そして音楽のありかたについて改めて検証してみたい。

■なぜ音楽は無料が当たり前になってしまったのか
http://ascii.jp/elem/000/001/097/1097764/index-3.html

だいたいこの手の記事を書く人間は音楽が実はたいして好きでもない輩で(口では好きだというでしょうけどね)IT技術やデジタル時代における音楽配信やデジタルメデイアの優位性と可能性を中心に述べ、音楽はそのプラットホーム、システムに委ねるべきであり、これによって万事うまくいくはずだ、という類のことを書いていることが多いが、この記事の筆者は違う

おそらくはかなり音楽好きの筆者がデジタル時代において音楽の現状をみて、音楽がアルバムというくびきから「解放」され音楽が楽曲ごとにバラ売りされる時代に突入するのを見て「音楽のモジュール化」と捉え「音楽と人々との関係」はその時代の社会状況などを反映しているという観点から論じているのは興味深い。

そんな中で音楽が売れなくなった理由はおそらく無数にあって、音制連やレコード会社のトップのいうように「ネットが音楽が売れなくなった諸悪の根源」などという簡単な図式で原因を規定するのは間違いである、という指摘は私も同意する。

そんな中でこのコラムの記者は考察の糸口で以下の点を挙げている。かなり現状の本質をついていると思うので以下に揚げておく

「音楽の生産/消費のされ方は時代によって劇的に変化している」ということ。

②「テクノロジー(特に録音技術)によって音楽はときに可能性を開かれ、ときに可能性を閉ざされてきた」ということ。

③「音楽に対する報酬という観念自体が実はかなりいい加減なもの(=小生の注:曖昧であるという表現の方が適切)」。つまり「音楽ビジネスという商業活動はまことに危うい経済基盤の上に成り立っている」ということ。

ここでいうポイントは全く正しい。まずは実は今回の記事の主要ポイントになるので後述するがについてはまたITギーグや音楽配信やデジタルメデイアを推進する人間から総スカンを食らうことを覚悟の上でいえば実はデジタルミュージックの少なくとも現在のプラットホームは残念ながら「音楽の可能性を閉ざすもの」であるという点は確かに否定できない。その根拠は当ブログで既に何回も論じているように情報化社会では「プラットホーム」を確立した人間が支配をし、コンテンツプロバイダーはその「プラットホーム」の支配者に管理されてしまう、というメカニズムがあるためである。このようなシステムではコンテンツはプレミアムコンテンツ(付加価値のあるコンテンツ)までコモデイテイ(セール品)の扱いとなり、かくしてこのシステムではいかなる商品もいずれは単なる消耗品になってしまうという我々クリエーターにとっては死活問題となる問題を内包している。

デジタルミュージック推進者は認めたくないかもしれないが、現在のプラットホームは残念ながら「音楽の可能性を閉ざすもの」であるという点は否定できないのである。

そしてについてはそもそもコンテンツビジネスには物品と違い「定価」というものが存在しないビジネスモデルであり、ネットサイバー空間のように情報やコンテンツがあふれているー供給過剰な状況ーでは「定価」というものが存在しないものは自動的にタダかタダ同然の状況になる。それがデジタルミュージックのビジネスモデルが全て100均(もしくはそれ以下)のコモデイテイ(セール品)=消耗品になってしまうという構図である。

デジタルカルチャーだけの観点のみで音楽を始めとするコンテンツ産業を論じると、音楽も映画も産業としても文化も最終的には破滅しかなくなるのではないか、と思ってしまいそうだが、しかし私のようなクリエーターやコンテンツ産業の人間は決して悲観する必要はない。

なぜなら実は最近あることが見えてきているからである。

それはまたITギーグや音楽配信やデジタルミュージック推進者を激昂させることを承知で書くが

実はインターネットというのは補完メデイアの域を出ない

という点だ

続きを読む "新春コラムーデジタルミュージックの時代で音楽が売れなくなったではない。コンテンツのビジネスモデルが根本から変質したのが理由(長文注意)"

| | コメント (0)

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年2016-私の音楽制作、ソーシャルネット、コンテンツ制作の取り組み方、基本的な考え方

2016年になりました。日本の状況はいろんな意味で難しい状況ですが、本年もどうぞよろしくお願いします。
近くの橋から富士山が見えましたので縁起ものということで.. 今年も皆さんにとって素晴らしい一年になりますように

10346453_993149560732161_5020142705

今年は昨年より仕込んだ映画、劇伴音楽におけるレベルアップ、を始めプロジェクトチームやいくつかの事務所との提携等、ただでさえ厳しい業界環境を生き残るべく精進していきます。またFacebookでのグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」の内容もさらに充実するべく業界のツールとして活用していこうと思っております。

その中でどのような考え方で取り組んでいくか、どのような方針で作曲や制作活動、制作会社としての方針をやっていくかについて述べて行こうと思います。いささか抽象的な内容ではありますが...

1.既存の枠組み、ジャンル、ビジネスモデルその他の「かたち」に一切こだわらず、オープンな考え方で取り組むこと

音楽業界というのはご存じ非常に「カタチ」というものに固執する傾向が強いということは既に述べました。そのために思考が硬直化した人間が多いというのが現実。だが思考が硬直化したらそれはもはやクリエーターではありません。最近は「パクリ」の仕方とか、流行のサウンドはこう作るとか、音楽をクリエイテイブではなくマニュアルで作るパターンが多く、そのやりかたを若い人に指導したりしていますが、こういうのは感心しませんね。

続きを読む "謹賀新年2016-私の音楽制作、ソーシャルネット、コンテンツ制作の取り組み方、基本的な考え方"

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »