Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 虫プロ主催の清水マリさん、橋本一郎さんの鉄腕アトム関連本の出版記念会に出席しました。 | トップページ | 謹賀新年2016-私の音楽制作、ソーシャルネット、コンテンツ制作の取り組み方、基本的な考え方 »

2015年12月29日 (火)

2015年仕事納めと総括そして来年の目標

うちも今日で事実上全ての仕事が終わった。

今年は事業的には前半はやや苦戦したものの後半はまずまずの成果も収めることができた。また手掛けたテレビドラマ「鉄子の育て方」のオンエア、や以前てがけた短編「この坂道」Short Short Film Festival Asia(米映画アカデミー公認映画祭)の入選という思いがけない成果もあった。特に後者の影響は大きく今後の大きなはずみとなった。

今年の初めに書いたブログにて今年の私のテーマはいかに自分の価値を高めるか、だった。「価値を高める」というのはケースバイケースなのでどういうのが「価値を高める」ことになるのか議論があるところだが、映画音楽の作家という立場で考えれば、従来の「第一段階」から「第二段階」に進むことができた、という点が大きい。「第一段階」は主に自主や独立系の仕事を中心とする段階であるのに対し、「第二段階」とは商業映画、いわゆるメジャーの仕事が中心となることを意味する。勿論自主や独立系を一切やらないという意味ではないものの、従来と比べると必然的にハードルが高くなる。基本的にノーギャラの仕事は一切受けないし、短編も教育映画等の仕事を除いては原則としてよほど高いクオリテイのもの(カンヌ、ベネチア、ベルリンで入選できるレベル)でない限りはやらない。

これは自動的に自らの映画作家の価値をたかめることにもなるので、事実上今年の目的は達成できたことになる。勿論まだ始まったばかりで、本格的に「第二段階」に定着できるかどうかはこれから次第である。

もう1つ、今年の自分の課題として今後は各仕事において「チーム」を作り進めて行くという目標もたてた。そのために気をつけなければならない点も自戒した。

■これからチームを作って仕事したり取引する際に避けるべきタイプの人
http://d.hatena.ne.jp/KyojiOhno/20150125

「チーム」といっても必ずしも会社組織を大きくする、とかそういうことではない。

ただ人ともっと組んで協力関係を広げて行こう、ということに我々フリーランスの場合なるだろう,ということで今年は「提携」関係を広げて行った。既にとある音楽事務所と提携関係を結んでいるし、近々もう1つの会社とも提携関係を結ぶことができる見通しである。

少しでも自分の営業チャンネルを広げる、という意味もある。ネットとかいろいろ使ってるがやはり一人でやっていくには限界がある。

同時に映画関係のプロジェクトでも大きな仕事に結び付けるためにプロジェクトチームを形成した。そのことによってかなりいろんな可能性が広がったと思う。

その意味では今年は贅沢をいえばきりがないが、今年の初めに設定した目標をほぼ達成できたといっていいと思う。

問題はこの体制を維持し、具体的な成果、結果を出していくこと。それが来年の課題になるだろうと思う。

いずれにせよ今年の様々な出会いに対して感謝するとともに、来年はみんなでハッピーになるような結果が出るように鋭意努力をし続ける、という目的を設定して今年の業務を終了することにする。

引き続き来年もよろしくお願いします

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。