Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月26日 (木)

なぜ「あさが来た」がヒットして「花燃ゆ」がコケたかに関する考察

たぶん歴史がらみなので私のもう1つのブログKyojiのよろずひとりごとに書いたのだと思われますが今年の大河ドラマ「花燃ゆ」は高杉晋作が没した時点で見るのをやめました。

まだ放送終了していませんが、大河ドラマ史上最低視聴率更新は避けられそうにないです。
大河ドラマというととかく視聴率云々という話が必ずでますが、私は基本的にはことNHKの番組に関してはそういう議論は興味ありません。過去「低視聴率」といわれながらも質のいい大河ドラマもありましたし、そもそも民放のように広告収入とは無縁のNHKにはあまり視聴率で云々することにあまり意味を感じないからです。個人的には視聴率と騒ぎ過ぎ、とすら思います。

とはいえ、今回の「花燃ゆ」の低視聴率はやはりこういう結果になるべくしてなったといわざるを得ません。
対照的に今オンエア中の「あさが来た」は前の「まれ」があまりにもクオリテイが低かったという面はあるにせよ、まだ放送開始二か月とはいえ、朝の連ドラとしてはヒットしているといっていいと思います。あまり視聴率について書きたくはないのですがビデオリサーチの第5週の週間平均視聴率が、22.8%、10月28日には自己最高となる23.7%を記録したそうです。

2658540941442141503_l

実はよく見ると「花燃ゆ」「あさが来た」には共通点があります。

1.どちらも知名度の低い女性が主人公であること

2.幕末から明治が舞台であること

にも関わらずこの両者の違いは何なのか、
私なりに勝手に分析してみましたが、やはり両者には根本的な違いがありました。

続きを読む "なぜ「あさが来た」がヒットして「花燃ゆ」がコケたかに関する考察"

| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

アンブロークンに続きネトウヨの反対で上映禁止となっていた「ジョンラーベ」が先週より全国で上映会開始

不覚にも気づいたのは今日だったのだが、映画「アンブロークンー不屈の男」(2016年2月公開決定)と同じくネトウヨの反対で上映できなかった「南京のシンドラー」を描いた「ジョンラーベ」が先週から全国で上映会という形で公開されている。

<

12243570_905442559504481_6505497681

;いわゆる正式な劇場公開でないのが残念だが何はともあれ一般公開されている。

http://johnrabe.jp/


自主上映会

南京・史実を守る映画祭実行委員会以外の団体への貸し出しによる自主上映会の予定です。チケット購入・アクセスなどにつきましては各団体へ直接お問い合わせください。

2015.12.2(水) 東京・町田市民フォーラム3Fホール

◎「ジョン・ラーベ」上映実行委員会
◎第1回目 10:00~
 第2回目 14:00~
 第3回目 18:30~
◎JR横浜線町田駅ターミナル口 徒歩5分
 小田急線町田駅東口 徒歩8分
◎お問い合わせ:

メールアドレス:machida.jiji.baba@gmail.com
電話:090-1258-9088
 

2015.12.6(日)東京・葛飾 かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール

◎映画「ジョン・ラーベ」葛飾上映会
◎第1回目 14:00~
◎京成線青砥駅 徒歩5分
 京成線立石駅 徒歩7分
 京成バス(新小52・53系) JR新小岩駅 ⇔ JR亀有駅「文化会館」下車
◎お問い合わせ:映画「ジョン・ラーベ」葛飾上映会(木下)

 メールアドレス:uu3a-knst@asahi-net.or.jp
 電話/FAX:03-3697-6459
 Mobile:090-1854-3249

2015.12.12(土) 京都・京田辺市社会福祉センター3階 第1研修室

◎第1回目 13:30~
◎JR学研都市線京田辺駅 徒歩15分
 近鉄線新田辺駅 徒歩20分
 奈良交通バス同志社方面 田辺中学校前下車 徒歩1分
◎お問い合わせ:「ジョン・ラーベ〜南京のシンドラー〜」京田辺上映実行委員会

電話:0774-63-5555(本田)

2015.12.13(日) 静岡・アイセル21

◎「ジョン・ラーベ」上映会
◎第1回目 14:00~
 第2回目 17:00~
◎JR東海道線静岡駅北口 徒歩30分
 静岡鉄道静岡駅 徒歩20分
 静岡鉄道日吉町駅 徒歩15分
 JR静岡駅北口10番のりば 県立病院高松線(県立総合病院) アイセル21下車
 駿府浪漫バス 中央公民館前下車
◎お問い合わせ:戦後70年連続講座実行委と静岡YWCA

 メールアドレス:m.m120223@cy.tnc.ne.jp
 電話: 054-263-0989(森)

2015.12.13(日)石川・金沢 石川県教育会館3階

◎第1回目 14:00~
◎JR金沢駅東口7,8,9番のりば 香林坊大和前下車
 高速バス小松空港 香林坊大和前下車
◎お問い合わせ:映画『ジョン・ラーベ』上映会

 メールアドレス:mitsuaki@ka2.so-net.ne.jp
 電話:076-222-3710 / 090-7743-9581(田村)

Nankin_a4_s2

「どこの国の歴史というのも全て見ていて「心地よい」歴史などありえない。「見たくない」歴史を描いたからといってその表現を抹殺しようという動きは文明人の行為ではない。

私は映画を仕事として関わるものとしてこの映画を1つの作品としてじっくり鑑賞したいと考えている。それが文化というものに対する正しい態度だと思う。

ちなみに賛同金協力を同委員会は募集しているという

実行委員会では「ジョン・ラーベ」上映活動の為の賛同金を募集しています。皆様のご協力をお願いいたします。

ゆうちょ銀行 【店名】〇〇八 【店番】008 【預金種目】普通預金 【口座番号】1777911

郵便振替   【口座番号】00140-9-695547 【加入者名】「南京・史実を守る映画祭」実行委員会

おかげさまで多くの方に賛同金をいただいております。ご協力いただきました皆様に厚くお礼申し上げます。

お問い合わせ

Mail: info@jijitu.comまでご連絡ください。

DVDも発売しています


| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

ツタヤ 独自の映像制作と配信強化でアメリカNetflixに対抗か?

当ブログでも既に何回か紹介したアメリカ映像配信最大手のネットフリックス。年内に国内サービス開始の話があるが以前も話をしたようにネットフリックスが映像配信のhuluと根本的に違う点があることも指摘した。

それは以下の点である

1.ネットのストリーミング配信のみならず、DVDレンタル(配達含む)の実店舗の運営も併用

2.レンタルだけではなく劇場公開のシステムも構築

2.単に映像コンテンツの配信ではなく映像そのものを制作

日本のITギーグやネット住民はいまだにネットがリアルを凌駕する、とかネット、ウエブサイト関係さえ充実していれば大丈夫、であるかのようなネット万能論、ネット優越主義のような考え方に固執する向きがあるのだが世界的に見てもそういう考え方はもはや時代遅れである。

記憶に新しいが先日アマゾンがニューヨークに実店舗をオープンしたというのが話題になっているが、

01img_6803980x653
02img_7006980x653

これに関してE-コマースが限界なのか? などという記事が見られたが、それは現在の時代の本質を全く理解していない見解である。

ひとことでいえばこれからはリアルとバーチャル(ネット)の双方を充実させないとダメなのだ。リアルにこだわってネット対策を全くしていないのは論外だが、かといってネットだけでのバーチャルだけでもダメ ということだ

アマゾンがリアルな店舗を作ったのもこれが理由だし、Googleがソフトや本の宅配をしたのもそれが原因。ネットさえあればすべてが大丈夫とか、E-コマースが普及すれば世の中の全ての店舗は不要になる、などと大真面目に論じている輩がいまだにいるがそういう考え方ではこれからの時代は生き残ることができないのである。まあその手の言質にこだわる輩は要するにこの人たちにはネットしかないからそういういいかたになるんだろうが。

ネットフリックスhuluと違いバーチャルとリアルの二本立てで成長して、配信とレンタル両方で大きく成長してきた企業である。つまりネットフリックスは元々ビデオのレンタル宅配業者からスタートしたこともあり映画、映像コンテンツの第一次(劇場) 第二次(DVD パッケージ) 第三次(ストリーミング配信)の全てを自前でできる点が従来の事業モデルと大きく違う点だ。

当ブログの記事にも書いたが、今年七月のクリエーターズEXPOにおける基調講演で株式会社KADOKAWAの角川歴彦会長も指摘していたがアメリカのApple  Google  Amazon といった会社の1つの傾向として

IT バーチャル       リアルな業態、リアルな世界を志向

既存のリアルな業態  バーチャルな世界、IT技術導入を志向

という傾向がみられるという、角川歴彦会長もドワンゴを買収したというのはそういう背景があると思われる。

実はそのネットフリックスと極めてよく似た企業が日本国内にあるのをご存じだろうか?

そうCCC(カルチャーコンビニアンスクラブ)が運営するTSUTAYAである。

続きを読む "ツタヤ 独自の映像制作と配信強化でアメリカNetflixに対抗か?"

| | コメント (0)

Interbeeープロオーデイオ2015年に行ってきました

毎年恒例ですが、INTER BEE 2014年のプロオーデイオに今年も行ってきました。

毎年同じことを言っていますが家から幕張まで遠い(汗) どうがんばっても二時間以上はかかります(汗)

Interbee2015_00

プロオーディオってだいたい会場の端の方にあるんですよね(汗) 結構中央の受付口からも遠いんです(^^;)

Interbee2015_01

Interbee2015_02

Interbee2015_03

やはりメインはpro toolsのAvid 。まずはここに行かないと始まりません。

Interbee2015_04

Interbee2015_05

相変わらずすごい人です。

プロオーデイオ部門の主役であることは間違いありません。

もっとも最近MA(マルチオーデイオ) ポストプロダクションは最近pro toolsではなMERGING Pyramixを使うスタジオも増えていますが...

ちょうど会場に入ってAvidのブースに行った時にスターウォーズ「フォースの覚醒」の録音ミックスを担当したウィル ファイルズのデモンストレーションが始まっていました

Interbee2015_06

続きを読む "Interbeeープロオーデイオ2015年に行ってきました"

| | コメント (0)

2015年11月18日 (水)

相変わらず続く表現の自由を奪う安価な「正義」を武器としたナンセンスクレーム

既にご存じの方も多いだろうが新しい公開中の『劇場版 MOZU』に出演している俳優の伊勢谷友介が10日、同シリーズの喫煙シーンが大飯ということで問題視、批判の声が大きく上がっていたことに対してインタビューに答えた

■伊勢谷友介「MOZU」喫煙シーン批判に反論 ネット上では賛同の声
http://www.cinematoday.jp/page/N0078017

劇場版からシリーズに参加した伊勢谷はこの日、フォロワーからそのことについてどう思うかと尋ねられると、「本当にどうでも良いと思ってる。そういう所やーやー言われても、無視していくべきだと思う」と回答。

 続けて「映画の空気や、キャラクターのバックグラウンドを作る小道具捕まえて社会的な是非とか、本当に無駄だと思う。悪役の言葉使いが悪いとかと同じ範疇の話」と持論を展開した。

 さらに、別のフォロワーからの質問に答える形で伊勢谷は「論点が違うのよ。映画の小道具責めてもしょうがない」と自身の見解を明かし、「タバコが嫌いなのを映画に当てつけてる。映画の時代背景やキャラクターのバックグラウンドは善悪ではない」とつづっている。

 これまでもたびたび話題になってきた映画やドラマの喫煙シーン問題。おととし公開された宮崎駿監督の映画『風立ちぬ』が問題視されたことも記憶に新しいが、伊勢谷の意見にネット上では「正論。例えも素晴らしい」「タバコ吸わないが、全くその通りだと思う」「小道具いとかまで含めて映画なんだから。別に喫煙をすすめる意図はないでしょ」などと賛同する声が目立っている。

伊勢谷自身が云っているとおり、「正論」を武器として重箱の隅をつつき、クレームを正義の味方気取りで映画やドラマ等のケチをつける愚か者が多すぎる。

映画で女性の裸が出たらレイプを奨励することになるのか?
映画の悪役が暴力を振るっているのを描いたら暴力を奨励していることになるのか?

違うでしょ? 

よって映画で喫煙シーンが多い=喫煙を奨励することにはならない。
そう主張するのは全くのナンセンス
ドラマ上の演出と現実の差がわからない人間が多すぎる。

私の別のブログ記事にも書いたが

攻撃の武器としての「正論」「正義」で攻撃を正当化する狂気社会
http://d.hatena.ne.jp/KyojiOhno/20150829

おかしな「正義」おかしな「正論」というものがこの国を非常に不健康な社会にしていると思う。こういうエセ正義をまかりとおらせる風潮には恐ろしさすら感じる。過剰に禁欲的な世界を作ることが精神衛生上悪く腐敗のもとになっていくのは中世ヨーロッパの歴史が証明しているだろう。

「正論」「正義」で自分の行為の全てが正当化できる、などと考えて表現や言論の自由に対して圧力を加える輩が多いのは本当に困ったものである。


| | コメント (0)

冨田勲先生 国際交流基金受賞記念講演会ー高齢ながら最先端に飽くなき挑戦する真の意味の「クールジャパン」アーチスト

本日は日本のシンセサイザーの先駆的存在の作、編曲家の冨田勲先生が国際交流基金賞を受賞されたということでその記念講演会があるとのことで竹橋まで行ってきました。

Tomita_lecture01

Tomita_lecture02

冨田勲先生といえば映画、ドラマ、アニメの音楽の作家として手塚治虫作品のジャングル大帝やリボンの騎士やNHKの「新日本紀行」そして多くの大河ドラマの音楽も担当されていましたが(個人的には大河ドラマの「勝海舟」の音楽がすごく好きでした)、いうまでもなく月の光 ホルストの惑星(プラネッツ) のシンセサイザー編曲でアメリカでグラミーでノミネートされた実績を持っていらっしゃる方です。まだシンセサイザーが単音(^_^)しか出なかった時代にこれだけのサウンドを作るのは気が遠くなる手間だったと思います。どんなお話が聞けるか楽しみでした、

いろんなお話を聞きましたが結論から先いいますと、もの凄く感動した。今日は本当に来てよかった。というのが感想です。

と同時に今の日本のクリエーターの現状を見ると自分を含めて本当に情けない、という気持ちでしたね。

結論からいいまして日本じゅうの殆どのサウンドクリエイターは83歳のお爺さんにクリエイティブな面で完璧に負けているという点。今のクリエイターはどこから上手にパクるとかくっだらないことばっかり考えてますが富田先生はあの年齢でも果敢に新しいことに挑戦しようとしているという点に感心しました。

どう果敢に挑戦したかを説明しましょう

続きを読む "冨田勲先生 国際交流基金受賞記念講演会ー高齢ながら最先端に飽くなき挑戦する真の意味の「クールジャパン」アーチスト"

| | コメント (0)

2015年11月 7日 (土)

通販向け化粧品会社のサウンドロゴジングルのレコーデイングを行いました

先々月から着手している通販専用の化粧品メーカーの新商品のサウンドロゴ(商品名や企業名等を音楽で表現するジングル) いろいろと難産だったのですが本日ようやくそのレコーデイングが行われました。

30分のインフォマーシャル(通販商品の説明やデモンストレーションのため30分間の番組形式のCM)に数回使われルサウンドロゴジングルで、ボーカルは岩澤あゆみさん(写真)で偉大なギタリストの寺内タケシとブルージーンズのボーカルを担当されている方です。

Rec110600

クライアントに対するサウンドロゴサンプルは17パターン作りましたが、結局レコーデイングしたのは4パターンです。ボーカルのテークは最低3テークどのパターンも録りました、

Rec110601

今回のレコーデイング、どれだけ時間がかかるのかわかりませんでしたが思ったより早く終わりました。

とはいえ、ボーカルのダビング(録音)が終わっただけでボーカリストやクライアントが返ったあと、本当に大変な作業、ミックスが控えています。

Rec110603

これが結構孤独で大変な作業です。我々のような音屋の宿命で一人黙々と仕事場で作業を行います。

Rec110604

クライアントさんも満足された、ようです

今回のクライアントさんのインフォマーシャルはNHKやWOWOWを除くBS.テレビ神奈川、テレビ埼玉等のローカル地上波(旧UHF、と言ってもわからないですかね? もうwww)で流れます。まあとにかくこのジングルによって商品が売れるようになるといいですが...

オンエア開始されたら当ブログでもお知らせします。


続きを読む "通販向け化粧品会社のサウンドロゴジングルのレコーデイングを行いました"

| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火)

パッケージ衰退期における会社のCD DVDプレス事業に関するつぶやき

ご存じのとおり私の会社は音楽制作だけでなくCD DVDのパッケージ事業も行っている。しかし以前の記事にも書いたように先々月に長年のつきあいのあるプレス業者からCD,DVD等のパッケージ製作事業を廃業する旨の連絡を受けた。この会社はJASRAC指定工場で経営も比較的安定していた、と思うし、昨年の段階ではかなりの数の受注を受けていて多忙にしていたと思うのだが、やはり業界というのは一寸先は闇ということなんだろう。

■長年つきあいの国内プレス業者が廃業決定ーいよいよ来るべき時が来たかも

http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2015/09/post-f8af.html

このあと取りあえず代替えの業者をみつけ、当面はまだ国内プレスにも対応できるようになったが、やはりこのことはいろんなことを考えさせられた。

そして本日それに伴い大量のマスターとスタンパーが返送されてきた。その関係で自宅の倉庫を大幅に整理せざるをえなくなり午前中ほぼこれにかかりきりになった。このパッケージ製作事業に市場としての将来性があまりないのは自分でやっていて嫌が上でもわかるが、この仕事でやっかいなのは一度始めたら社会責任上簡単にはやめられない点だ。それはモノによっては再版しなくてはならないものがあるからである。

こうしてみるとたいしてもうかった記憶はないのだけれどずいぶんと多くの受注をしたんだな、と改めて思う。内容はインデイーズバンドものから学校の校歌、童謡の学芸もの、からCD-ROMまで幅広い。

このうちCD-ROMは再版の可能性は0である。5年前10年前のデータCDなどもはや価値はないし、実行ファイルのあるアプリケーションものも時代遅れ、いや時代錯誤のものですらあるので100%再版することはありえない

しかし学校の校歌、あるいは童謡(うちは童謡協会がクライアントにいる)などは再版の可能性があるのでスタンパー、フィルム、印刷物データはしっかり保存しておかないといけない、これは事業者としての責任である。

正直先日のできごとでうちの会社のパッケージ製作事業もたたもうか、と考えなくもなかった。しかしいくらパッケージの需要が減るとは言っても、CD DVDが一部のIT系論客がいうように完全になくなるとは思えない。

実際CDが普及した時にアナログレコードはもはや無用の長物といわれた。しかし現在起きているのはアナログレコードの復活である。今や老舗の東洋化成だけでなく、コロンビア、ビクターもアナログプレスのラインを復活させている。

だから何が出てきたから何が無用、 人はそう考えがちだが決して世の中はそちらの方に動くようにみえて動かないのだ。デジタルも同じ、デジタル万能主義こそ時代遅れの考え方である。

それを考えると制作会社としてそういうパッケージ製作のオプションも維持していかないといけない。例え受注回数が今後そんなに増えるという見込みがなくても、だ。

というわけで国内プレスに関しては新規事業者が見つかり当面はそこに発注し製作体制を確立したので引き続きやっていきます。そのため国内盤の再版にも対応可能にしていく。但しパッケージ製作は現在の受注頻度で現在の価格体系を維持するのは商売として考えたら非常に難しい、というのが正直な所。というわけで近々価格リストを見直すと思います。


| | コメント (0)

2015年11月 2日 (月)

新人監督映画祭「退屈な休日」主役のさんみゅーたちと共にレッドカーペット歩きました

かねてからお知らせのとおりさる10月31日に新人監督映画祭にて拙映画音楽最新作「退屈な休日」(中田圭監督)のプレミア上映が行われました。

そのプレミア上映にさきだって映画祭のオープニングセレモニー兼レッドカーペットのセレモニーが行われました。会場には人気急上昇中のアイドル さんみゅーがレッドカーペットを歩くということで既に多くのファンと思われる人がレッドカーペットの会場を占拠していました。

Csmzsn1vaaegvud

何でも徹夜してまったファンもいたという話です。

Shinjinkantoku_lobby

レッドカーペット特設ステージは完全に包囲されていました。

そんな中関係者用の試写会のあとレッドカーペット用に着替えました。この日がちょうどハロウイーンなのでこの写真を見せたら「ハロウイーンコスチューム着てるのか」、と冷やかす友人もいましたが(笑)

Shinjin_redcarpet201500

まあ通常はオスカーのようにスタッフクルーに対する賞をもうける映画祭の場合をのぞいては、我々のようなスタッフクルーがレッドカーペットを歩くというのは通常はないのは事実です。しかし今回は監督の要望で私も加わりました。

 

続きを読む "新人監督映画祭「退屈な休日」主役のさんみゅーたちと共にレッドカーペット歩きました"

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »