Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 拙映画音楽の短編「この坂道」がアメリカ"Wine Country Film Festival"で上映決定!! | トップページ | 久々に生音のレコーデイングー ピアノ5重奏(弦楽四重奏+ピアノ)のレコーデイング »

2015年9月11日 (金)

NPO法人理事長 故鈴木健士氏のお別れ会出席

旧知の仲だったミュージックソムリエ協会理事長の故鈴木健士氏のお別れ会がSpiral地下のCayにて行われた

Suzukikennji0

鈴木氏はミュータントというCM音楽制作会社で数々のCM音楽やアーチストのプロデユースを行ってきた実績があり、最近ではミュージックソムリエ協会を設立しCDショップ大賞Record Store Days Japanの運営も行っていた人物である。

業界で多くの、しかも長い間の実績があることもあり。お別れ会は満員の状態。入口から長蛇の列だった

Suzukikenji3

Suzukikenji1

正直、鈴木氏とはいつも意見があったわけではなかった。いや寧ろ合わないことの方が多かった。口論もした

しかし音楽業界をよくする、音楽文化をよい方向に持って行きたいという思いは共通していた。そのためお互い対立することはあっても妙な連帯感があった。

Suzukikennji2

かつて「ポッパーズ」で一世を風靡したインターFMのあの方も来ていた

私も正直同志を失った、という思いでいっぱいである。享年54はいくら何でも早すぎるだろう?

昨年我々は佐久間さんを失った、そして鈴木氏も全く突然召されてしまった。正直大きな牽引者を失ったという意味は大きい。

音楽業界の状況は年々悪くなっていくばかりである。そしてこのまま根本的な対策を取らない限りこれからはもっと悪くなるであろう。

残されたものでこの厳しい状況を何とか切り抜ける努力をしなければならない。
でないと鈴木氏に「おめえら、なにやってるんだ バカヤロー」とどやされてしまうだろう


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。