Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 長年つきあいの国内プレス業者が廃業決定ーいよいよ来るべき時が来たかも | トップページ | 間違いだらけの現代音楽史(5)ーループする音楽の歴史 1980年代で止まっている音楽の歴史 »

2015年9月 6日 (日)

セプテンバ―コンサート2015年@ComCafe音倉 初日出演

緊急入院した3年前を除き毎年参加しているセプテンバーコンサート

Kyoji_20150905

今年も参加させてもらいました。

Otokurasepcon1

昨年は安倍政権の集団自衛権の問題でいつになく緊張した趣きで取り組みましたが今年は昨年よりも状況が悪くなっています。
いわゆる「戦争法案」は14日の週にも強行採決される可能性があります。

日本が「普通に戦争できる国」になる日が近づいているだけに危機感はさらに高まりました。

Kyoji_sepcon201501

出演者
木村真紀
かなりやとうばん
大野恭史
はまたく51&fei fei
エリオン

さて先月の 8月のミスラ で比較的有名なスタンダードナンバーの曲を「安倍晋三に捧げる」といってライブで演奏した曲の種明かしをしましょう。

セットリストは以下のとおり

1.インプロビゼーション(大野オリジナル)
2.嘘は罪 "It's a sin to tell a lie"
3. Aura Lee
4. Gotham City Waltz(大野オリジナル)
5. ラグタイム ソナチネ(大野オリジナル)
6. Imagine

Kyoji_sepcon201502

セットリストの赤文字がその答えです。

スタンダード曲を弾きながら途中で次のセリフを云いました

「内閣総理大臣 安部晋三に告ぐ。 嘘は罪である!

原題の"It's a sin to tell a lie"の"Sin"とは英語で道徳上の罪のことですが、安倍晋三が今行っているの犯罪"Crime"に近いのではないかと思います。あれほどばれやすい嘘をつきながら、明らかに日本を戦争に結び付ける法案なのに「戦争法案じゃない」などという嘘をついてそれを国民は当然のごとく信じろ、などと要求するという状況

まさにウソを嘘で固めた政権

かつてここまで国民に嘘をつき続けた政権はなかったんじゃないでしょうか

Kyoji_sepcon201503

今回のセプコン、よく考えればエリオンさん、かなりあとうばんさんが昨年もいっしょでしたね。途中で思い出しましたが

最後は全員でセプテンバーコンサートのテーマ曲"You Can"を全員で歌って終わりました。

来年のセプコンの時に日本が戦争に巻き込まれる、そんな事態になっていないことを心から祈るばかりです。


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。