Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

2020年東京オリンピックのエンブレム盗作騒動ーはっきりいってこれはアウト!!

既にマスコミで報道もされているように2020年に開催される東京オリンピックのエンブレムについて、ベルギーのデザイナーが「自分のつくったロゴの盗作だ」と訴え、法的措置を取るという。

■「盗作だ」ベルギーのデザイナーが法的措置へ 2020年東京オリンピックのエンブレム
http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/29/emblem-plagiarism_n_7900370.html

一応クリエーターの端くれとしていうと結果的にできあがった作品が「誰かに似てしまう」ことは決して珍しいことではない。私も全く盗作の意図はないにしても「誰々のあの曲に似ている」などと言われたことがあるし、またテレビやとあるアーチストの曲でも「自分の曲に似ている」などというケースもよくある。

音楽の盗作騒動の裁判では有名なところでは服部克久と小林亜星両氏による裁判の例があり、この裁判は小林氏の勝訴で終わったが、実際にはこういう盗作裁判で決着をつくことは寧ろ稀である。

では今回のケースはどうだろう? 「盗作された」と主張するベルギーのオリビエ・ドビ氏のリエージュ劇場のロゴと渦中の佐野研二郎氏の作品を比べてみよう

Ologomarks570

左がドビ氏、右が佐野氏の作品である。

結論から言おう。 盗作かどうか、という関係でいうとこの作品は明らかにアウトである

続きを読む "2020年東京オリンピックのエンブレム盗作騒動ーはっきりいってこれはアウト!!"

| | コメント (0)

2015年7月30日 (木)

日本の音楽ビジネスの“ガラパゴス化”とそれに関する私なりの分析

だいぶ前からいわれていることだし、当ブログでもこの件に関して再三再四述べてきたと思う。今回のこの記事に関して簡単な見解を述べたあと、今後アーチスト、プロデユーサーとして考えるべきことをまとめようと思う。

【キース・カフーン不定期連載】日本の音楽ビジネスの“ガラパゴス化”
http://www.barks.jp/news/?id=1000100644

全般的な記事の内容に関しては同意しているが、カフーン氏の論点について個別に私なりの考え方をまとめてみる

1.従業員としてのアーティスト 

全くそのとおり、そもそも日本ではクリエーターが全く尊敬されておらず、「アーティスト”はあくまでもマネジメント会社の従業員という扱いで、音楽の才能よりもルックスが重視される傾向にある」というのも全く正しい。こと音楽に関しては全くクリエイテイビテイというのは尊重されていない。

「リスクを伴う冒険はせずに無難な(つまり予測可能で退屈な)活動をすることを奨励される」

だから毒にも薬にもならん音楽しか日本では出てこないし、だからこそ世界の音楽シーンと比べ日本の音楽は本当に退屈でつまらないものが多い。

2.革新をもたらすインディーズ 

そもそも日本のインデイーズが発展しない大きな理由に「メデイアが全く日本のインデイーズを扱わない」という現実がある。カフーン氏が指摘した「少年ナイフ、バッファロー・ドーター、にせんねんもんだいといった日本発のインディーズ・バンドが殆ど日本メデイアに注目されていない」というのは問題だ。私が懇意にしている名古屋の「ぶどう÷グレープ」も海外では人気あるものの日本の主要メデイアから全く無視されている。

これは日本人が関心を持たないのか、日本のメデイアが伝えないから誰も関心を持たないのか、卵が先が鶏が先かという議論になるが、後で述べるが今の日本の企業体に共通した問題がここには見えてくる

3.いまだにCDが主流 

さて、誤解を恐れずにいえば私はCDがいまだ市場のマーケットグッズの主役であること自体は決して悪いことだとは思わない。アーチストや作曲者、作詞家への印税分配額も音楽配信とは比較にならないほど単価は大きい。そしてカフーン氏も認めているようにライナーノーツやレコーディングの詳細を知りたい熱心なファンにとっては好ましいことである。

多くの論客、とりわけ一部のIT系の論客が主張するようにデジタル時代ではCD等のパッケージはもはや無用の長物であるかのような論調には私は賛同しない。但しCD等のパッケージのありかたはかつての時代と大きく異なっていくのは事実である。要するにCD等のパッケージを「マス」向けに売る時代は終わったのである。CDにしても今復活しているアナログレコードにしても「本当に心の底からアーチストを愛する」人たちのための商品ー具体的にはニッチなアーチストのための商品である。

続きを読む "日本の音楽ビジネスの“ガラパゴス化”とそれに関する私なりの分析"

| | コメント (2)

第二回Facebook音楽業界交流会開催においてーFacebookイベントページの制限に関して

今年の4月に私が管理するFacebookグループの音楽業界交流会を開催し、参加者の皆さんから大変な好評をいただきました。

Koryukai06

再度開催の要望もあり、次回は以下の日程で行うことになりました。

・音楽家&音楽及び関連業界キャステイング 業界交流会

日時:10月24日(土) 18:00  開場  18:30ー Start

会費 ¥2500(予約) 
     ¥3000(当日ー当日予約なしでいきなり来られた方)

会場:Jazz Spot J

http://www.jazzspot-j.com/index.html

前回の出席者の職業

ミュージシャン、シンガーソングライター、作曲家、作詞家、アレンジャー 演奏家、 女優 俳優 音楽プロデユーサー、レコード会社デイレクター プロダクション社長  芸能プロ関係者、映像デイレクター 広告代理店関係者 演劇舞台関係者、フラメンコ ダンサー、クラウドファンデイングサイト運営者、音楽コミュニテイネットワーク主宰 者、日本音楽ソムリエ協会<

Facebookの「公開」のイベントページです
https://www.facebook.com/events/630548410314953/

またはこちらにご参加お申込み下さい
http://homepage1.nifty.com/hyb-music/Guestbook6.htm

というわけで開催が決まったわけですが、一つ大きな問題がありました。

実はfacebookのイベントページについて設定が大きく変わったことがわかり、実は大変困惑しています。

https://www.facebook.com/help/656156637816003/

以前ならFacebookのグループ参加者には自動的に招待状が送信されたのですが、現在は招待する数に制限が加えられてしまい、グループ参加者の一部にしか招待状を送れない状況になっています。グループ参加者は今日現在で893名、現状では500名ほどしか送ることができず、これ以上の招待が不可能な状態になっています。

要はこういうイベント招待を「スパム!」と騒ぐ一部の人間がいるようなので、まあその気持ちもわからないではないですが、個人が個別にイベント招待状を送信するのならともかく、グループという共通の関心を持ったコミュニテイでのこの制限はいかがなものでしょうか?

基本的にグループのイベントを「スパム!」と受け取るのであればそのグループにそもそも参加しなければいいだけの話であり、実際グループは自由に退会等はできるはずなので、せめてグループのイベント招待に関してはfacebookの制限を撤廃してもいいのではないか? と思うんですがいかがでしょうか?

ちなみに私がみた感じですとふだんグループの投稿をきちんと追いかけていますのはだいたい参加者の中でも2割ー3割、時々見る人がまた3割、残りはほぼスルーか全くみていないかのどちらかですね。3-4割くらいの人がグループ内のイベント情報を共有できていない状況になります

Facebookというのはソーシャルネットとしてかなり便利なツールであることは確かです。そしてそれを悪用する輩もいることも事実です。一方ではそのために過剰に使い勝手を犠牲にするとせっかくのソーシャルネットの便利性が損なわれる点も考慮して欲しいと思います。


| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

ラグタイムコンサート@ヴィオロン ご来場ありがとうございました。

土曜日に雨が止むという予報でしたが、あいにくの雨、にも関わらずご来場ありがとうございました。

Cklkeiuaaawik

今回もラグタイムやそれにちなんだ曲を沢山演奏しました。勿論私のオリジナルもたくさんやりましたが、セットリストです 青文字がラグタイム王のスコットジョっプリンの作品、*が私のオリジナル曲です

1. Improvisation *
2.  Maple Leaf Rag
3.  Original Rag
4.  Scott Joplin's New Rag
5.  Humoresque
(Dvorak)
6.   Summertime  (G.Gershwin)
7.   Aura Lee
8.   Lost Forest 
*
9.   Gotham City Waltz
*

      
ー 休憩  -

1. The Entertainer
2.  Heliotrope  Bouquet
3.  Theme from "Samelome"   
 *
 4.  鉄子の育て方 メインテーマ     *
 5  Time goes by
6   Theme from Modern Times
(Chaplin)
7   Magnetic Rag
8   Short Story   
 *
9   Georgia on my mind
10  Ragtime Sonatine 
 *

このアンテイークな雰囲気で演奏されるラグタイム、毎回好評ですっかり定着してきたといっていいと思いますので、ここまでくれば再来年の2014年4月1日スコットジョっプリン没後100周年まで続けようかな、とも思っています

尚、今回ラグタイムにちなんだ新作を発表いたしました。
題名は「ラグタイム ソナチネ」

ピアノを中学生くらいまで続けた人ならだれでも一度はやるあのソナチネをモチーフにラグタイム調に作り上げた作品です。よろしければご覧ください


続きを読む "ラグタイムコンサート@ヴィオロン ご来場ありがとうございました。"

| | コメント (0)

2015年7月18日 (土)

「鉄子の育て方」 2015年7月19日より24時から東京MXテレビにて毎週オンエア決定!!

久々に私が音楽を担当したドラマ「鉄子の育て方」に関する情報です。

Tetsuko_pre_mainimg2

私が音楽担当したドラマ「鉄子の育て方」がようやく、といいますか、やっと首都圏でオンエアです(^^) (名古屋テレビ製作)

http://www.nagoyatv.com/tetsuko/area.html

女子アナを夢見た主人公が鉄オタしかいないケーブルテレビに就職して、失敗を繰り返しながら成長していくコメデイドラマです

小林涼子主演
出演;相馬圭祐、安田美沙子、六角精児

MXテレビ第二(902) 毎週日曜日 24時ー

こちらもよろしければご覧ください。

DVD BOX (たぶん) 好評発売中です。(^o^)


| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

間違いだらけの現代音楽史(1)ー1920年代は十二音技法もジャズも「最先端の音楽」だった

興味のない人にはどうでもいいかもしれないが、7月11日はジョージガーシュインの命日でもある。そのガーシュインは「ジャズとクラシックを融合させた作曲家」という評価を一般的に音楽史家によって下されているが、実は私はずーっとそれに違和感を持っていた。

理由はそもそもジャズという音楽はガ―シュインの人生とともに発展し市民権を得た音楽であり、ガーシュインが作曲家としてスタートしていた時期はまだジャズの黎明期ですらなかったからである。この点を理解しているクラシック系の音楽史家はどのくらいいるのであろうか? 少なくともガーシュインの初期のヒット曲「スワニー」「アイゴットリズム」の時はまだジャズの前身であるラグタイムの影響をはっきり見ることができ、ちょうどラグタイムが大衆によって飽きられ始め、ニューオーリアンスにてデイクシーランドをきっかけに新たな音楽へのムーブメントが産声を揚げはじめた頃ということはおさえていかねばならない。

20世紀の新たな音楽の動きについては殆どの音楽史研究家はドビュッシーやラベルの印象主義に始まり、シェーンベルクを始めとする十二音技法をきっかけとした、新ウイーン楽派による無調主義が20世紀に勃興し、これはいまだに現在に至るまで今日のヨーロッパの伝統的エクリチュールを用いた現代音楽(後述の「アカデミズムの流れの現代音楽)の主流の音楽語法となっている。

一方で同時代より発展してきた現代のポピュラーミュージックに対して強い影響を及ぼしている、ジャズやブルースといった音楽の流れはヨーロッパの音楽史研究家によってほぼ完全に無視されてきた、といっていい。彼らはポピュラーミュージックに対し、「大衆音楽」などという軽蔑的ニュアンスを持った言葉で語り、一部の音楽史研究家を除いて音楽史の流れの中でそれらの音楽をまともに扱うことはほぼなかったといっていい。

だがいまどき十二音技法が現代の私たちの聴く音楽(「現代音楽」ではない)に大きな影響を及ぼしたなどと感じている人などまともな感覚の人間なら殆どいないであろう。一方でジャズ、ブルース等で使われている「コード」の概念は完全に現在のポピュラーミュージックを制作する上で欠かせない概念である。ロックは勿論のこと、最近のクラブミュージックやノイズ音響系にいたるまで、ラグタイム→ジャズ→ブギウギ→ロックといった音楽の影響と無縁でいられる音楽など殆ど存在しないといっていい。

つまりどちらの音楽がより後世に大きく影響を与えたのは火をみるよりも明らかなのに、いまだにポピュラーミュージックを含めた形で音楽史をきちんと語るということが殆ど行われていないというのは驚くべきことだ。既に21世紀初頭も過ぎた現代でも私たちは20世紀の音楽を非常に偏った目で語るー当然学校の授業ですらそうであるーことが大手を振ってまかり通っているというのは不幸としかいいようがない。

S1257r02

これというのも西洋の音楽史の基本的な視点が今世紀の初めのドイツの音楽評論家、哲学者のテオドール・アドルノ(1903-1969ー左写真)の強い影響下にあるためと考えられる。アドルノは彼と同時代のジャズを始めポピュラーミュージックに対する批判的見解を広め、それがいまだに西洋、特にクラシック音楽の世界のポピュラーミュージックに対する偏見や一面的理解を助長しているといわざるを得ない部分がある。一方で同時に後述する「アカデミズムの流れの現代音楽や西洋の伝統的音楽史観の限界点を見ることもできる。

これからの私の記述はどうしてもアドルノのポピュラーミュージック史観に対して批判的にならざるを得ない面はある。しかし一方で昨今のJ-popを始めとする現状にはアドルノの指摘が当たっている面も確かにあるのでそれは何回かあとのこのシリーズの記事でその点について書くことにする

夏休みシーズンにも入ったのでこの私の考える20世紀音楽史観について何回かに分けてこの点を論じようと思う。私は別にクラシック関係者ではないし、いわんや音楽大学のアカデミズムとは全く無縁なところで生活しているため、別に世の中の音楽史研究家から総スカンを食らったり非難されても正直痛くもかゆくもない。だが一応クラシックや現代音楽に対しては(特に「現代音楽」は一時やっていた時期があるので)一定の見識を持ち、同時にポピュラーミュージックの世界に身を置き、それらの音楽の流れについて一定の知識も持っている人間からすればどうしてもこの点を声を大にして言いたいのである。

20世紀の現代音楽史は間違いだらけ  と

尚、ここでいう音楽史というのは音楽の歴史の上での評価方法についてである。

まず最初のこの記述をみただけで既に多くの西洋音楽の音楽史研究家は卒倒するはずだ。

それは 

シェーンベルクもガ―シュインも1920年代の音楽の前衛(アバンギャルド)だった

という点

続きを読む "間違いだらけの現代音楽史(1)ー1920年代は十二音技法もジャズも「最先端の音楽」だった"

| | コメント (0)

2015年7月11日 (土)

ベヒシュタインサロン大野恭史 「癒しフェーズ+ダイナミ ックフェーズ」ライブ ご来場ありがとうございました。

今から10数年前に楽器フェアにてベヒシュタイン Bモデルを試弾して以来、
その音色の聞き惚れた私で、いつかこのベヒシュタインを使ったライブを行いたい、と思っていました。

00bechstein_2

その念願が昨日かないました。

皆さんご来場ありがとうございました m(_ _)m

Bechstein_salon_2

実はこれだけの高級ピアノが演奏できるホール、小ホールとはいえ結構安かったのです。それでこれはライブを企画しない手はない、と思いました。

Bechstein01_2

今回のコンサートで使ったピアノ ベヒシュタインD-280 フルコンサートグランド 2000万くらいします。

Bechstein_embrem

ピアノの中にはベヒシュタインのエンブレムがきちんと入っています

開場してからはBGMに私のアンビエント環境音楽を流しました。このベヒシュタインサロンで演奏される殆どのコンサートはクラシックコンサートですが、今回はクラシックコンサートと差別化させる意味合いもありました。

続きを読む "ベヒシュタインサロン大野恭史 「癒しフェーズ+ダイナミ ックフェーズ」ライブ ご来場ありがとうございました。"

| | コメント (0)

2015年7月 9日 (木)

角川歴彦「グーグル、アップルに負けない著作権法」レビュー

先日の角川会長の「クリエーターズEXPO/プロダクションEXPO」での基調講演の時に先着300名に配られた本

幸いなことにその先着300名の中に入ってこの激動のコンテンツの経済環境においてクリエーターとしてコンテンツプロバイダーとしてどのような生き方を考えねばならないか、それに関する啓示的な本を読むことができた。

513u53cemxl_aa324_pikin4bottomright

まず何よりも出版業界と映像業界に身を置く方とはいえ、70を過ぎた方がITや昨今のコンテンツ業界に関してかくも深く、かつ将来に対して明確なビジョンを持っておられること自体に感心し、驚愕した。

アマゾンやアップルとの交渉に関する経験があるにせよ、ドワンゴとの合併を始め株式会社カドカワの推進するEPUB3を打ち出したり等意欲的にこのコンテンツの激動時代に対応されている角川会長だが、IT技術や業界の理解と同時に著作者への保護、クリエーターへの保護の視点が感じられたこともあり、クリエーターの端くれとしては何か安心して読むことができた。実はIT関係の著作物にはそういった視点で今後のITの動きについて論じている本は私の知る限り殆どないといっていい。

本ではアップルのiCloudや先行するGoogleのクラウドシステムがもたらすITとコンテンツ世界への激変状況に加え、「スマートテレビ」やITに将来的に地上波のテレビが組み込まれることを想定した事態について相当のページを割いている。

実はこの本に関するキーワードは目立たないが「プラットホーム」である

続きを読む "角川歴彦「グーグル、アップルに負けない著作権法」レビュー"

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

クローズアップ現代「あなたは音楽をどう愛す? ~新・配信ビジネスの衝撃~」(ピーターバラカンさん出演)を見ての所感

先程NHKの「クローズアップ現代」にて「あなたは音楽をどう愛す? ~新・配信ビジネスの衝撃~」の放送を見た

■あなたは音楽をどう愛す? ~新・配信ビジネスの衝撃~
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/index_yotei_3681.html

これに関して先日の角川会長の「クリエーターズEXPO/プロダクションEXPO」での基調講演の話とも重なる部分が多々あったのでそこも含めて所感をかかせていただく。

、まず番組の内容を大まかに、ざっくりと要約すると

先日サービスを開始した「アップルミュージック」を始め「ストリーミング」(たぶんバラカンさんの指導だと思うが「配信」と使わずに「ストリーミング」という表現を使った。この用法は正しい)を紹介し、同時にCDの売り上げがピーク時と比べ1/3に減ったことが紹介され、激変する音楽のビジネスモデルについて論じられた。

この中でストリーミングの音楽家、アーチストへの分配が極端に少ないことから、次の3つの問題点が論じられた

1、音楽の価値が下がってしまうのではないか

2.音楽家やアーチストの生活が成り立たなくなってしまうのではないか

3、CDピーク時と比べ、アーチストの多様性が失われ、一部のアイドルに偏っている。

の三点が揚げられた、、

ちなみに上記の3、の多様性についてはバラカンさんもおっしゃっていたし私も同感するが音楽に多様性がなくなったのではなく、音楽を広めるメデイアに多様性がなくなったのである。そのためテレビのタイアップのような単純な宣伝プロセスは寧ろ音楽の発展には好ましくない影響を与えるといっていい。それははっきりいってメデイアの責任、である

それに対してアーチストや音楽プロダクションの様々な試みが紹介され、具体的には

1.CD以外のアーチストのグッズ開発
2.ファンとの交流を密接にする
3.有名アーチストを交えたワンコインコンサート
(u-strean 入ってる?)
4.アルバム制作のためのクラウドファンデイング

等が紹介され、音楽が無くなることはないので、バラカンさんとともに工夫さえすれば道を切り開くことができる、という言葉で結ばれた。

これに関して私の所感を述べさせていただく

続きを読む "クローズアップ現代「あなたは音楽をどう愛す? ~新・配信ビジネスの衝撃~」(ピーターバラカンさん出演)を見ての所感"

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

コンテンツTOKYO基調講演ー株式会社KADOKAWA 角川会長の「ネットフリックスとコンテンツの未来」

前の記事にもかいてありましたが今年の「コンテンツTOKYO」のメインの目的は株式会社KADOKAWAの角川歴彦会長の基調講演を聞きに行くのが目的でした

ご存じのように角川歴彦会長は川上さんのドワンゴの合併(買収)を行い、旧角川書店とドワンゴを合併して株式会社KADOKAWAと命名しメガコンテンツパブリッシャーというコンセプトを打ち出した方です。

Kadokawa00

実は当初は「一億総クリエーター時代の本格的到来とコンテンツ産業の未来」というタイトルでしたが、当ブログの記事にも書きました10月のネットフリックスの日本進出に鑑み、急きょ講演のタイトルを「ネットフリックスとコンテンツの未来」と講演の内容が変更になりました。

感想だけ先述べますと「きわめて有意義な講演だった」といっていいと思います。さまざまな面で大いに参考になりました。

そんな感じで講演がスタートしました

Kadokawa03

講演の基本的な中身はこんな内容で進行しました。

Kadokawa02

内容をざっくりまとめますと以下のようになります

1.NetFlixは第二の黒船か

実はなぜこのネットフリックスの日本進出が今後のコンテンツ産業に大きな影響を与えるかといいますとネットフリックス単体で既存の地上波テレビ、動画配信 サイトやモバイルのキャリアサービス(dアニメ。dTV等) 全てが関係してくるためです。

Apple Google 等の既存のIT企業とNetflixの違いは一口でいうと

Apple  Google  Amazon ー デジタル流通網はあるが、メデイアではない(コンテンツの制作もない)

NetFlix - デジタル流通網+ 制作 + メデイアを持っている

つまりNetFlix は元々ビデオのレンタル宅配業者からスタートしたこともあり映画、映像コンテンツの第一次(劇場) 第二次(DVD パッケージ) 第三次(ストリーミング配信)の全てを自前でできる点が従来と違う

続きを読む "コンテンツTOKYO基調講演ー株式会社KADOKAWA 角川会長の「ネットフリックスとコンテンツの未来」"

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

クリエーターズEXPO & プロダクションEXPO 2015

今年で三回目になる「コンテンツTOKYO」の展示会、で今年もクリエーターズEXPO

プロダクションEXPOに行ってきました。

Proexpo201501

Proexpo201502

今年も盛況のようですね。

この展示会の1つの大きな特徴である個人のクリエーターが出展するプロダクションEXPOは例によって知り合いが出展していることもあって顔を出しました。今年は会場からあふれるくらい多くの各方面のクリエーターが出展してました。

Proexpo201504

音楽関係者も出展していましたが、やはり写真、デザイン、ライター等の他の分野のクリエーターと比べると少ないですね。

Proexpo201504_2

まぁ出展していないお前が言うな、といわれそうですが、音楽だけ他の分野のクリエイターたちから置いていかれているという印象です

私のメインはプロダクションEXPOですが、あらかじめ訪問ブースを決めておきました。持ってきたデモ資料は全部配り終えましたが果たして成果はどうなりますことやら

開催は明日の3日までです。まあクールジャパンの一環の動きとも思われますが実際のところどの程度機能しているんでしょうね? 私は3年いって一部当たりのあるところはありましたが、結局までここ経由では成約していません。

まあそれでもこういうことを続けていくしかないんですけどね。

実は今日来たのは株式会社KADOKAWAの角川歴彦会長の基調講演を聞きに行くという目的もありました。そちらは長いので別記事にアップします

| | コメント (0)

2015年7月 1日 (水)

自民党を批判する歌詞を歌ったアイドルグループ「制服向上委員会」を応援し、心無いネトウヨから守ってあげましょう

先月の13日に大和市内であった。元内閣官房副長官補の柳澤協二さんが講演した後、憲法9条をテーマにした曲などを歌うアイドルグループ「制服向上委員会」の歌った歌の詞に「自民党を倒しましょう」「諸悪の根源、自民党」とのフレーズがあったため大和市が後援を取り消されてしまったのだが、かなり一部の卑劣なネトウヨ連中から嫌がらせを受けているらしい。

ただひたすら人を叩くことしか考えていないゴロツキ人間のクズのネトウヨは 女性や弱いものに対しては本当に牙をむきます。

現代日本の暗部ですが、彼女たちは替え歌を得意としているようですが、私はこういうの好きですね。

大笑いさせてもらいました。パロデイーのセンス、替え歌のセンスとしても素晴らしいです。よくできています

後援を降りた理由として「特定の政党を批判する部分があり、市の後援要項に反している」と判断したとしていますが、それでは大和市が主宰するイベントには政党関係者は呼んでいないのでしょうか? 

私の地元のイベントでは自民党、民主党の代議士が挨拶に来たりしてお互いに「さりげなく」ではありますが批判や皮肉をかわしたりしていますが、そういうことは大和市ではできないんでしょうか? 

不思議な理由です。 どうも市民よりは某安部政権への顔色伺いにしか見えませんが

次のこの曲、これもフォスターの名曲の替え歌ですが、見事です。替え歌の歌詞はこの子たちが考えているんでしょうか?

私としては彼女たちを全面的に応援したいです。

ヘイトスピーチで人を叩くことしか考えない愚かなネトウヨなんかに負けるなー (♩「在日」「反日」とバカの一つ覚え

ちなみに念のため、彼女たちが替え歌を作った元の「おじいさんの古時計(H.ワーク) 及びS.Foster,の「おおスザンナ」は共に著作権消滅曲です。

ですから彼女たちを著作権法違反などといって叩こうとするおバカなネトウヨさんがいたとしたら、無知さらけだして恥かくだけからやめた方がいいと思う (^o^)

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »