Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« コンテンツ制作に「正当な」費用を払おうとしない人たち、コンテンツ制作は簡単にできると思っている人たち | トップページ | 日本で知名度が高くない世界三大ピアノブランドの1つベヒシュタインとその原因 »

2015年6月 5日 (金)

拙映画音楽作品「この坂道」入選のShort Short Film Festival & Asia 開幕!! オープニングセレモニーに行ってきました。

拙映画音楽作品「この坂道」が入選したShort Short Film Festival & Asiaが本日開幕しました。

実は今日のオープニングセレモニー、行く予定ではありませんでした。しかし前の打ち合わせが予想以上に早く終わったこと、次に顔出すことろがオープニングセレモニーが行われた表参道ヒルズからよく考えれば非常に近かったこともあり、急きょ参加することにしました。

Ssff_ceremony00

このShort Short Film Festival & Asia、ただの短編映画祭ではないことはオープニングセレモニーでのこの顔ぶれをみればわかると思います。

Ssff_ceremony03

鉄拳、MayJ .斎藤工、鶴田真由  堀潤m、司会は別所哲也とLiLiCo

セレモニーの冒頭はなぜかライトセーバー(笑) ルーカスから実際送られてきたそうです。

Ssff_ceremony01

正直いってまさかこの映画祭で上映されることになるとは思いませんでした。まあ半分冗談(半分本気でしたけど)でダメ元で出してみたら、と監督に云ったよ うな気はするんだけどまさか本当にこの映画祭で上映されることになるとは。まあ間違ってもグランプリ受賞はしないと思うんですが(笑)、私はこの映画祭の入選だけでこの作品は大 成功だったと思っています。なぜならこの映画祭は上記のオープニングセレモニーの出席者の顔ぶれを見てもわかるように普通の映画祭ではないからです。

Ssff_ceremony02

というのもこの映画祭、別所哲也が主宰するShort Short Film Festival & Asia 「映画芸術科学アカデミ 公認の映画祭」だからです。アカデミー公認の映画祭は日本ではこの映画祭と広島国際アニメーションフェスティバルの2つしかありません。

「映画芸術科学アカデミ 公認の映画祭」になると何が違うかといいますと、この映画祭での受賞作品は自動的にアカデミー賞のノミネート候補作に推挙されるシステムです。つまり(ま あ間違ってもそういうことはないと思うんですが)「この坂道」が受賞作品になれば、来年のオスカー授賞式にて最優秀短編映画、最優秀外国短編映画等のノミ ネート作になる可能性が出てくるわけで、実際このShort Short Film Festival & Asiaや広島国際アニメーションから日本からノミネートされた作品が出ています。
 
 また仮に受賞できなくても上映作品は間違いなくアメリカアカデミー関係者やアメリカの映画業界関係者に見られますので、ここから世界に進出できる可能性も出てくるわけです。この意味は決して小さくありません。

Ssff_ceremony0401

Short Short Film Festival & Asiaはご存じ別所哲也とLiLiCoで進行されます。

実はこの映画祭、チケットの申し込みは必要なんですが何と無料です。

そのせいかオープニングスクリーニングは既にこんなに並んでます。

Ssff_screening01

Ssff_ceremony05

これをみて思いました。
来週の「この坂道」の上映日はかなり早めに行かないとダメだ、ということです。

実は同じグループに千原ジュニアの作品があり、本人もたぶん来るだろうから普段短編映画なんか見ない連中が押しかける可能性があります。 心して行かないと駄目でしょうね。

ちなみに「この坂道」は千原ジュニア作品の次に上映されます。

改めて「この坂道」の上映スケジュールです。

(1) ブリリア ショートショート シアター /    6/12 (金)  20:00-21:50
   http://www.shortshorts.org/ssff/infocus/_63_1.html

(2)  Laforet 原宿             /    6/13 (土)  11:20-13:10
   http://www.laforet.ne.jp/

 

(3) シダックス・カルチャーホール      /    6/14 (日)  15:40-17:30
   http://www.shidax.co.jp/ssv/hall/culture_hall.html

それでは会場でお会いしましょう

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。