Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 昔のアバンギャルドを今風のテーストに仕上げた演劇集団OM-2公演 | トップページ | いまだに頻発!? プロへのボランテイア強制やタダで依頼するケース »

2015年3月28日 (土)

ピアノルーム防音工事とその効果

ご存じの通り昨年長年使っていたアップライトからグランドピアノに変えたわけですが、当然ながらグランドはアップライトと比べものがないくらい音が出ますので家の防音対策が急務でした。

私のライブを見た人なら分かると思いますが、私のピアノのキータッチは強いです。特に自作を弾く時は独特の弾き方をするので一戸建てとはいえ近所対策が急務ということもありましたがようやくその工事を開始しました。

Img_1181

といつても主にドアと窓部分中心で、あとドア側の壁に追加のパネルを壁の強度と防音を強化するために張りました。。音漏れの8割くらいは窓とドア対策で何とかなる、といわれますが、勿論プロスタジオ程のレベルではありません。

そして昨日それが完成

Koji1

Koji2

工事終了後に試弾

結果は音が完全に消えているわけではありませんが、(外からでもピアノを弾いている、というのはわかる)しかし外に対しては騒音というレベルの音量にはなっていないと思います。

工事業者に聞くとだいたい- 50dbくらいは落ちているはずだ、といいます。

うちは一戸建てですのでまあその範囲なら許容範囲といっていいと思います。

試弾はかなり激しい音が大きくなる曲を弾きましたが、たぶんどんな曲を弾いているのかというのはわかると思いますが、近所迷惑というところまでは近所によっぽどウルトラ神経質の人がいない限りたぶんなんとかなるとおもいます。(うちの近所にはたぶんそういう人はいません)

勿論このレベルですとレコーデイングブースとして使うのは厳しいとは思いますけどね。

まあ贅沢はいえません。まあ何かで大儲けできれば(!?) プロスタジオの遮音で高級ピアノを弾く環境ができる、といいですが果たして??


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。