Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 映画交流会+新年会@吉祥寺に出席して映画の世界と音楽の世界の違いを感じた次第 | トップページ | 音楽を「広く安く」売る時代は終わった。これからは「狭く高く売る」(ブランド化)時代に »

2015年1月25日 (日)

暗い時代に突入した日本を芸術文化で明るくする「La Barraca(バルラッカ)」キャラバン@阿佐ヶ谷ヴィオロン

昨日は友人に誘われとあるライブに行きましたが、それは単ににライブに出かけるという以上の意味がありました。

結論からいってこれからある文化芸術のムーブメントに参加しようと思います。
といっても20世紀の即物主義とかシュールレアリズムのような芸術表現のムーブメントではなく、昨今の暗い世相、停滞した文化の状況を活性化すべく音楽家、演劇、映像等が創造の機会をもつ「キャラバン」を全国に広げようというものです。

演出家の二瓶 龍彦さんの呼びかけでスペインの詩人ガルシア・ロルカ率いる移動劇場 「La Barraca(バルラッカ)」を現代によみがえらせようというムーブメントで二瓶さんの主旨説明をそのまま掲載しますと

世界が暗くなってゆく1930年代、スペインに現われた詩人ガルシア・ロルカ率いる移動劇場 「La Barraca(バルラッカ)」
80年の時を越えて、暗い時代に突入した日本に、音楽のサーカス小屋として「La Barraca」が蘇る。
36年、ロルカはオリーブ畑で銃殺されますが、だれも殺されないために、人々の生きる営みとしての表現をのせて、caravan 「La Barraca」は全国をまわります。

この音楽のサーカス小屋は、音楽家に限らずあらゆるジャンルの表現者をのせることができます。
そして、caravan 「La Barraca」は、ただ回るのではなく、開催される各都市の表現者、会場となるお店などの人たちとの共同作業によって、はじめて立ち上がります。
それぞれの都市で、それぞれの音楽のサーカス小屋が生まれます。

音楽家をはじめとする全国の関係者のみなさん、この暗い時代に生きる営みの表現を通じて、ぜひともに希望の炎を灯しつづけましょう。

10896898_1592388620984830_417653645

ロルカのLa Barraca(バルラッカ)」は結果的にロルカがフランコ政権に銃殺されてから、ダリ、ミロ、ピカソ 音楽ではパブロカザルスたちの芸術運動を誘発させました。

私もその主旨に賛同し、この運動に参加することにしました。

昨夜はその「キャラバン」の第二回目に当たるそうですが阿佐ヶ谷のヴィオロンという喫茶店が会場でした。こんな素敵な空間でのアコ―ステイックライブです。

Violin0

中央線沿線にはこういういい感じのお店があるんですね。

何でもこのお店は映画の撮影ロケや演劇とか毎日必ず何か行われている知る人ぞ知るお店だそうです。Facebookにアップしたら私の友人関係からたちまち多くの反応を得ることができました。

その意味でも今回の「キャラバン」の会場としてはうってつけだと思います。

この喫茶店の特徴は他にもあります。

Violin1

Violin2

何と昔の蓄音機です。手回しですよ。手回し。(^^)
博物館に置いてあるようなものです。
インテリアとしても勿論いいですけどね。

何と時々音出してるみたいです。何とSP版のレコードコンサートもやっているそうです。SPってわかりますか? 昔のアナログレコードの回転数(78RPM)で再生するシステムです。
聴いてみたい。

スピーカー、アンプはマスターの手作りだそうです。アンプも真空管のアンプ(!!)を使っています。

Violon3

年代物のアップライトがありました。マスターの許可を得て弾いてみましたが、ホンキートンクでしたね。このお店の雰囲気にぴったりです。今度ここでラグタイムを弾いてみようと思います。

お店にはPAシステムはないために、演奏は完全にアンプラグド(電気を一切使わない)でした。小さいお店なのでそれでも十分でした。

Violon4

この店では何とコーヒーにブランデーを入れることができます。ロシアンスタイルですね。紅茶にブランデーは経験しているけどコーヒーは初めてかも(勿論通常のミルクにすることもできます)

寒いので暖まります。(^^)

Violin5

この空間、すっかり気に入ってしまいました。(^^)

まずは3月14日から私もこの「キャラバン」に参加しようと思います。尚、ミュージシャン、映画映像のクリエーター、演劇、その他の表現者の方でこのムーブメントに参加したいという方は私のプロフィールページ経由からメールをいただければ幸いです。

また会場関係の方(特に地方の方)で「キャラバン」に場所を提供したいとお考えの方、同じくプロフィールページ経由からメールをいただければ幸いです。

今の日本は1930年代のあの暗い時代に突入しつつある世相に酷似している、といわれています。同じ時代の歩みにしたくない、日本人の誰もがロルカのように銃殺されないためにもこの文化芸術運動へのご理解とご協力をいただければ幸いです。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。