Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 企画書作成ー昔と今 | トップページ | 他人の表現は自分勝手に都合よく解釈して抑圧し、他人に対する誹謗中傷は「表現の自由だ」などとこれまた都合よく解釈する愚かな人々 »

2015年1月29日 (木)

全国のCDショップ、レコード店に参考にしてほしいー小さな田舎町で注文が殺到する書店の例にみる「知恵と工夫」

当ブログにて語っている音楽業界は勿論のこと、出版業界も長年の不況にあえいている。

しかしそんな中こんな記事をみつけた。
何と田舎の小さな町の本屋さんに全国から注文が殺到し、何と年内分の予約はいっぱい、再開待ちの状態だという。

■【なぜ?】小さな田舎町の、全国から注文が殺到する本屋さん『いわた書店』
http://grapee.jp/28878

それは以下の理由から

サービスを申し込んだ人に、最近読んだ本や、職業について簡単なアンケートをとり、その答えから社長の岩田徹さんが1万円分のオススメの本を選んで送ってもらえるサービスです。

あえてアンケートの答えと同じ系列の本は選ばず、本人は選ばないけど読めば満足してもらえそうな本を選んでいるそうです。岩田さんいわく

「こうくるか、という変化球を投げて読書の幅を広げてほしいんです」

読書好きからは絶賛されているこのサービス。 はじめたきっかけは10年も前に遡るそうです。

始まりは10年前、高校同窓の先輩の前で書店業界の厳しい状況を話した時のことです。「それじゃあ面白そうな本を見繕って送ってくれよ」と数人の先 輩から1万円札を渡されたのです。病院長、裁判長、社長といった面々でした。緊張し、なぜこの本を薦めるのか、手紙を添えて送りました。

いまでこそ、全国から注文が殺到する人気サービスですが、最初からそうだったわけではありません。岩田さんは朝日新聞の取材にこう語っています。

1万円選書も、大規模競合店への対抗策の一つです。1万円選書自体は注文が多くはなく、経営の助けには至りません。ただ選書の依頼は「面白い本はどれ?」というお客様からの叱咤(しった)であり、「本屋の原点に立ち返れ」という激励であるのです。

朝日新聞デジタル ーより引用

きっかけはともかく、素晴らしいサービスだと思う。CDショップ、レコード店にもこういう知恵が欲しいと思う。」

音楽業界が一向に15年以上続いた不況から抜け出せないのは、ITのシステム、音楽配信とかサブスクリプション云々よりは音楽業界の制作から販売にいたるまで「工夫をすること」「頭を使うこと」を極端に嫌う体質になっていったことの方が大きいと思う。

昔のレコード店には「店長のおすすめ新譜」というものがあり、そこには多くの新しい音楽を発見する機会があった。是非このような企画で多くの音楽ユーザーの「新しい音楽に出会う機会」を作ってほしいと節に望む次第である。

近々発表される日本ミュージックソムリエ協会のCDショップ大賞を始め、同協会にこういう例を広めてもらいこの北海道砂川市(人口わずか1万8千人)のいわた書店の成功例を参考にするCDショップ版が一定数出てくれば音楽業界も少しは変わるのでは、と考える次第


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。