Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 新人監督映画祭ー「サメロメ2014」上映終了とサメロメ2014の音楽について | トップページ | 沢田知可子“替え歌”訴訟ー"替え歌"と著作人格権について »

2014年12月 5日 (金)

ピアノの弦が切れましたーそして本日修理 その他ピアノの音質の問題解決

実は今から二週間前、ピアノの練習中に突然「ガシャーン」という大きな音がして、最初は何か大きなものが落ちたか、倒れたかしたのかと思いました。

しかしそういう様子は何もない。、変だなと思ったらピアノの低音が変だ。

蓋をあけてみたら..

Pf00

何とピアノの低音Cの弦が切れてました。実はよりによって連休中、だったわけです。

それでもお仕事でもおつきあいのあるカワイさん、すぐに来てくれました。

Pf01

とはいえ弦は工場から取り寄せなければならず、その日は応急処置のみでピアノのハンマー保護のため最下のC音の鍵盤は音が出ない状態にしています。少しへこんでいるのがおわかるになるでしょうか?

Pf02

面白いことにペダル踏むと勝手に上下に動くので「オバケ」状態です(笑)

まあ最下のCなんて19世紀の後半から一般的になってきたから、ベートーベンのソナタとか弾く分には全く支障がありません。普通のジャズスタンダードも殆ど問題なく弾けるので自作品を弾く以外はそれほど影響ありませんが、やはりないと気になります。

それにしても高音の小さい弦はなく一番ぶっとい低音の弦が切れるとは(汗)

まあ私の新シリーズの作品はバルトークのようなピアノをパーカッションのように(自分の場合 正確にはドラムのように弾く)ところがあるのですが、バルトークでさえピアノの弦は切ってないでしょうね。(汗)

そう、実は まさに自作品「ロックンロールソナタ」を弾いているときにそれは起きたのです。

ロックし過ぎてやっちまった、でしょうかね?(^^:)

結局調律師のスケジュールもあったのですが、実際に変わりの弦が来たのは二週間後の今日でした。(汗)
理由はわかりませんが工場の方でもだいぶ時間がかかったようです。

修理作業開始

Pf03

作業工程

Pf04

Pf05

2週間ぶりに低音Cの弦が復活。

おかげさんでこれで自作の練習がまた可能になりますが

Pf06

実はこれ以外にかねがね気になっていたことがありました。

実は前々からある特定のキー(音) に少し雑音(共振音?) が聞こえるので実際に自分で弾いて確認してもらい対処してもらつてます。

そして原因がわかりました。

Pf07

設置時にペダルを支える棒の固定が少し緩かったことが原因で雑音が出ていました。

きつく固定したら雑音がなくなりました。
ピアノというのは本当にデリケートな楽器なのです。ちょっと一か所調整がまずいとこういうことが起きるんですね

とにかく解決してよかったです。

調律も近日本格的にやります。

私がどれだけ激しい演奏をするか、ご興味ある方は先々月の私のライブ(ハロウイーンなのでドラキュラに扮装してますが(^^;)) をご覧ください。



|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。