Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月30日 (火)

2014年が終わり今後の音楽のありかたについての昨今思う事

2014年もいよいよあと一日。

最近このブログで音楽業界関係の記事がない、と思う人もいるかもしれない。確かにそもそもこのブログは日本の音楽文化のありかた、今後の音楽業界のありかたについて論じることが目的で今から9年前にこのブログを立ち上げた。

しかし、今どんな状態になっているか、改めていうまでもない。

実は正直もう書く気すらなくなってんだよ。この件に関してはね。どうせ誰も耳を傾けないしもう10年以上前から業界の改革の必要性を論じてきたけど、全く現状の改革をしようとしない音楽業界のトップたち。

もう1998年をピークとしてずーっと下がり続けている各レコード会社の売り上げ。今年も殆どのレコード会社が前年度比15〜20%売り上げを落としているという。昨年も同様の傾向を示しており、つまり数年前から見れば半減、2005年からは少なくとも1/10くらいになっているという事

そのような状態にも関わらずつい5-6年くらいまでは「音楽業界は衰退していない」(!??)などと抜かすアホな業界人も少なくなかった。

まあそんなアホしかいない業界じゃ、云う方もバカバカしくなるわけ。何をいっても馬耳東風、馬の耳に念仏だ、

僕はいわゆるJ-pop風の曲も書いた時期があったけど、もう少なくともその辺のレコード会社の連中が望むようなものなど、まったく書く気はないし興味もない。

だから今日もレコ大があったけど全く興味がなかった。

でも悲しい現実だよね。これ?
グラミーの放送見るのと全然違うんだよな。
グラミーはまだ見たいと思うけどね

正直いってどの曲聴いても恐ろしくつまらないんだよ。ああいうのを「良し」としている感覚自体が私は理解できないね。

はっきりいう。CDが売れない、音楽が売れないというのは音楽配信とかサブスクリブションが原因とかシステムのせいにみんなしているけど、それは絶対に違う、

システムとは単なる手段に過ぎない。最近はある音楽を売る手段が出てきてその手段が絶対的なものである、かのような議論がとりわけネット内では多すぎる。だから今ネットとかブログとかSNSで語られる音楽業界に関することの殆どがシステム論から音楽業界のありかたを論じる内容ではっきりいって殆どがピントはずれの議論になっている。それもこのブログで何回も論じてきたこと。

ひとことでいえば音楽業界の衰退の本当の原因は日本の音楽ファンの「音楽離れ」だという事

それが日本の音楽業界の危機をつくっている。

続きを読む "2014年が終わり今後の音楽のありかたについての昨今思う事"

| | コメント (2)

2014年12月 9日 (火)

沢田知可子“替え歌”訴訟ー"替え歌"と著作人格権について

芸能やワイドショーとかで話題になっている沢田知可子さんの最大のヒット曲「会いたい」に関する騒動。

話によると沢田知可子さんと作詞家の沢ちひろさんの両者の間には感情のもつれがかなり前からあったらしい。
私は別に当事者とは面識もないし、一応業界関係者なので詳細な実情も把握しないまま安易にこの件に関して語るのはよくないと思っている。

但し今回の騒動に関してマスコミを始め、一般の方の間にも著作権に関する誤解や間違った理解をしているところが少なくないので、その点について述べさせていただく

「替え歌」は違法なのか? 「会いたい」の沢田知可子と作詞家が裁判沙汰 
http://www.j-cast.com/2014/12/09222829.html

結論からいって「替え歌」は違法ではない、但しある条件をクリアした、場合の話だが。

その条件とは著作権の一分野である「著作人格権」をクリアする、という点である。

この「著作人格権」というものはまだ一般の方で理解していない人が多いようなので、解説すると著作者がその著作物に対して有する人格的利益ー平たくいえば自分の作品の意図、思想、感情を尊重するーを保護する権利のことをいう。

もっとわかりやすくいうと、「著作人格権」とは作曲者または作詞者が「俺の曲をあんな使い方しないでくれー」といえる権利である。例えばCMのタイアップ用に作った曲が、作曲者の承諾なしにAV(アダルトビデオ)等に使われたら、それを拒否することができる。

(余談だが私の曲が私が知らない間に実際本当にAVに使われていたことがある、あれにはまいったww)

一部のネットに「きちんと著作権料支払われているのなら、いいじゃねえか」などという論調があったようだが、それは「著作人格権」に対する理解が足りないためにそういう話になる。

当然今回の「替え歌」にしてもたとえ著作権料では作者に従来通り支払われても、作詞家も作曲者も「替え歌」の体裁で公開してほしくない、と「著作人格権」によって拒否することができる。今回の騒動はまさにこの「著作人格権」によって「替え歌」の発表を指し止めの訴訟が起きているためである。

但し「替え歌」「きちんとしたプロセス」を経れば、いつもこういうことが起きるわけではない。

例えば有名な例は嘉門達夫の「替え歌メドレー」だ。この場合何も問題なかったのは嘉門が「著作人格権」を尊重し、「替え歌」にされた曲の作曲者、作詞者全員にいちいちお伺いをたてて承諾を得たために実現した。これは事務所関係者から直接聞いたので間違いない。

この件に関して嘉門達夫の取った行動は業界関係者からも称賛された。

今回のケースも沢田さんの事務所が沢さんの事務所にあらかじめお伺いをたてて、事前に承諾を得ていればなんの問題もなかったのだが、前述のように沢田さんと沢さんの間に長年の感情のわだかまりがあったようで、それが原因で事前承諾も得られぬまま、ダウンタウンの番組で使ってしまったことが、両者の感情の溝を余計に広げてしまったようだ。

どこでボタンを掛け違えたのか詳細な事情はわからないが、非常に不幸なことである。

まあこの騒動で「著作人格権」に関する理解が世間で広まるといいのだが

| | コメント (0)

2014年12月 5日 (金)

ピアノの弦が切れましたーそして本日修理 その他ピアノの音質の問題解決

実は今から二週間前、ピアノの練習中に突然「ガシャーン」という大きな音がして、最初は何か大きなものが落ちたか、倒れたかしたのかと思いました。

しかしそういう様子は何もない。、変だなと思ったらピアノの低音が変だ。

蓋をあけてみたら..

Pf00

何とピアノの低音Cの弦が切れてました。実はよりによって連休中、だったわけです。

それでもお仕事でもおつきあいのあるカワイさん、すぐに来てくれました。

Pf01

とはいえ弦は工場から取り寄せなければならず、その日は応急処置のみでピアノのハンマー保護のため最下のC音の鍵盤は音が出ない状態にしています。少しへこんでいるのがおわかるになるでしょうか?

Pf02

面白いことにペダル踏むと勝手に上下に動くので「オバケ」状態です(笑)

続きを読む "ピアノの弦が切れましたーそして本日修理 その他ピアノの音質の問題解決"

| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)

新人監督映画祭ー「サメロメ2014」上映終了とサメロメ2014の音楽について

昨日は拙映画音楽の最新作「サメロメ2014」上映が「新人監督映画祭」にて行われました。一昨日と違い昨日は舞台挨拶モードで会場に行きました。

Samelome11300


今回なんでこんな気合い入っているかと言いますと今回の「サメロメ2014」は30年前の映画を音楽総入れ替えしたバージョンなので、普通舞台挨拶などしない映画音楽作家が主役になるからです。

映画祭で映画音楽作家が主役になるなんて滅多にある機会ではないですからね。

とはいえ実はまだ最終的な仕上がりをまだ見ていないので、音楽が最終的にどう映像に対して座ったのか確認していなかったので実はドキドキでした。

あと30年前の出演者の方もお見えになる、とのことで昔のイメージを持っていらっしゃる方は相当違和感を感じてしまうのでは、という懸念もありました。

しかし恐れていた(?)批判もなく、ご来場いただいた方からは大変ポジテイブな反応をいただきました。勿論全員の感想は聞いていませんが、.

Samelome11301

無事上映終了後、普通はありえない映画音楽作家の舞台挨拶。

取りあえずご来場いただいた方、楽しんでいただけましたでしょうか?

Samelome11303

上映会終了後の記念写真。大半の方は監督も30年ぶりに会われたそうです。

さて、ここで「サメロメ2014」の音楽について述べたいと思います。

続きを読む "新人監督映画祭ー「サメロメ2014」上映終了とサメロメ2014の音楽について"

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »