Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« サウンドハウスの楽天出店中止に見る日本の大手IT会社はやはり信用できない件 | トップページ | ニコライカプースチンと未来の音楽への可能性と今後の私の作品 »

2014年11月20日 (木)

INTER BEE 放送機器展2014 プロオーデイオに行ってきました

一応音楽制作を行う我々にとっても重要な情報収集の場所であるINTER BEE 2014年に今年も行ってきました。

Interbee0

自宅から幕張までどんなにがんばっても二時間近くかかってしまうのですが、あらゆるルートを試した結果、結局東京駅経由が一番早いという結論に達しました。もっとも東京駅の京葉線乗り換え口に「動く歩道」ができたのが大きいですが。「動く歩道」がなかったときは悲惨でしたけどね(T_T)

Interbee1

恒例のイベントー歴史もありますので、やはり盛況です。

Interbee2

やはり、メインはここですね。
pro tools11の情報を見てきました。結構いいですね。編集がすごいやりやすくなった印象があります。推奨環境マーベリクス以上だそうだけどどうしようかな、とも思いますが...(^^;)

Interbee3

ヒビノのブースはやはりでかいですね(笑)

Interbee4

実は自分のスタジオ用にAKGのマイク導入検討中。
機動性があるマイクだから使い勝手がいいんですね。

Interbee6

YAMAHAもでかい(^^;)

Interbee7

ただ、私はCubaseのユーザーではないんであまり見てこなかったですけどね。
友人で使っている人はいっぱいいまずが...

Img_0896


Interbee5

トレーラー内の映像と音楽のスタジオコントローラー

ライブコンサートの録画+レコーディング、あるいはミュージカルの収録にも使います。たぶん「レミゼラブル」はこれと同じシステムを使っているはずです。

私もミュージカルの映画を作ったことがありますが、本来はこのくらいの機材を使う予算がないときちんとしたものが録れないんですね。まああの時は結構悪戦苦闘しました(笑)

Img_0899

私のかつての古巣です。でもブースにいる人たちはJVCの人ではありませんでした。

Interbee8

ニッパー君の展示が郷愁をそそります。

Interbee9

かつてのプロオーデイオの王者、SSL(Solid State Logic) が他のブランドの中で「ワンオブゼム」になってしまったこと... 時代を感じます、

でもこのコンソールの感触

Interbee10

Interbee11

懐かしいね。
Pro Tools 便利だけどなんか味気ない(笑)

特にモジュール内のつまみ やはりこれがいいんです。

最近すっかりSSLのコンソールがあるスタジオを使う機会が減りました。でもこの感触はまだ覚えていたいです。

Interbee12

Interbee13

最後にバイノーラル録音のダミーヘッドマイク。もっとも古いレコーディングメソードの1つです。

かつて私はアーヘナコプフというダミーヘッドマイクを愛用していました。

Dummy_head

素晴らしいダミーヘッドマイクがあったけどそれと比べるとやはり立体感は劣るかな、というのが正直な印象です。

まあ予想通り特に新しいものはなかったですが、それなりに成果はありました。

 

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。