Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

新人監督映画祭レポートー拙音楽担当二作品上映と嵐の中のレッドカーペット

既に当ブログでも何回もご紹介しておりますが、金曜日の28日から東京中野の中野セントラルパーク サウス コングレスクエア にて「新人監督映画祭」が開催されています。

昨日は拙映画音楽担当作品の2作が上映されましたので会場に行きました。

Eigasai_hall

映画祭はライブやコンサートとはまた違った雰囲気ですね。よく考えたらあまり映画祭というものに私は参加したことないかもしれません

俳優さん女優さんは顔見知りでなくてもすぐわかりますね。オーラを発してますから

盟友の竹藤監督は勿論のこと、開会前なのに結構知り合いに会いました。
半分内輪な映画祭なのかな? という気もしますが(笑) 

会場で配られる案内です

Shinjinneigasai_annai0

「傷女子」は既にだいぶ前から公式サイトでも表示されてますが

Shinjineigasai_annnai2

あとの私が関係している2作品、「この坂道」と「サメロメ2014」偶然にも隣に並んで紹介されています。

まずは「傷女子」(オムニバス映画)(竹藤恵一郎監督「深夜駆け込み」の音楽担当、渋谷アップリンク公開作品)の上映です。

Shinjinaigasai2

「傷女子」の舞台挨拶の模様です。この後別会場でレッドカーペットの会場に舞台挨拶グループは向かうのです    

が、しかし

続きを読む "新人監督映画祭レポートー拙音楽担当二作品上映と嵐の中のレッドカーペット"

| | コメント (0)

2014年11月27日 (木)

新人監督映画祭ー「サメロメ2014」上映後舞台挨拶に立ちます

既に当ブログでもお知らせしておりますように明日から中野セントラルパーク サウス コングレスクエア にて「新人監督映画祭」が開催されます。

Shinnjinneigasai_flyer

大野が音楽担当した映画3本が上映されます。

・29日 10時よりコンベンションホール①にて「傷女子」(オムニバス映画)
(竹藤恵一郎監督「深夜駆け込み」の音楽担当、渋谷アップリンク公開作品)

・29日 午後9時20分コンベンションホール②にて「この坂道」(宮本ともこ監督) 
(SKIPシテイ国際Dシネマ映画祭入選作品, 伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞受賞作品)

・30日 15時40分より ルーム③にて 「サメロメ2014」(竹藤恵一郎監督)
(大野の映画音楽新作ー1983年ぴあフィルムフェス入選作品リメーク)

Samelome01

特に30日上映の「サメロメ2014」は大野の劇伴音楽の最新作で1983年のぴあ入選作品に音楽を大野の音楽で総入れ替えしてリメーク、デジタル化した作品です。その関係で30日の「サメロメ2014」上映後、舞台挨拶に立ちます

俳優さん、女優さんと違い慣れていないので冷やかしにご来場ください(笑)

大野を冷やかしに是非ご来場下さい(笑)。映画は不思議な夢の迷宮の世界にあなたを誘います。

10014530_764821920231594_4293126609

Samelome02

新人監督映画祭、公式サイトです
http://ndff.net/


| | コメント (0)

2014年11月22日 (土)

ニコライカプースチンと未来の音楽への可能性と今後の私の作品

もう数か月前の話だがとあるクラシックのピアノ合同演奏会でニコライカプスーチン"Concert Etude Op40 -8" なる作品を聴いた。
この曲を聴いて久々に興奮した

クラシックの演奏会で新鮮な体験をしたのは何年ぶりか記憶にない。
この曲である

恥ずかしながらその演奏会に行くまで私はニコライカプスーチンという作曲家を知らなかった。ウクライナの作曲家でロシアで正統なクラシックの教育を受けたが1960年代からジャズとクラシックを融合するような作風を打ち出しており、独自の作曲活動をしているようである。

作品としてはジョージガーシュインの流れを踏襲するものであろう。ガーシュインはいまだクラシックの中ではある種の偏見を持たれているが、私は「完璧な音楽家商業音楽家と芸術音楽双方で成功を収めた作曲家として」敬愛をしている。カプスーチンがいわゆるポップスを書いたという情報は入っていないが、私の中では同じ系譜の中に入れてしまっても問題ないと考える。これらの音楽をジャズなのかクラシックなのか、などと議論するのは全くのナンセンスである。

私は多少はクラシックを知っているがクラシックの人間ではない。また純然たるジャズの人間でもない。ポップスやロック風の曲も書くが、だからといってその音楽がクラシックなのかジャズなのか、ロックなのかポップスなのか、なんていうことは私にとってどうでもいいことである。それらは単なる音楽の様式に過ぎず、様式などは作曲家の表現の一手段に過ぎない。従ってその様式を絶対視するのは全く意味がない。大事なことはその音楽がリスナーの心を揺さぶるような感動を与えることができるか、どうかである。だが残念ながら私のような考え方は日本の音楽界では圧倒的少数派の中に入る。

このカプスーチンの音楽に触れたのはちょうど私自身が自分の作曲スタイルを構築しようとしている矢先でもあった。私はクラシック、ロック、ジャズといった音楽のエッセンスを取り入れた音楽スタイルを模索した。ピアノのための3つのリフはその実験作である。

現在これをベースにさらに完成度を高めるべくさまざまな模索をしている現状である、カプスーチンの音楽をもう少し研究しさらにさまざまな試行錯誤をやるだろうと思う。しかし私の場合ロック的なノリがかなり全面に出てくるので、純然たるクラシックの人は弾き辛いかもしれない(笑)


| | コメント (0)

2014年11月20日 (木)

INTER BEE 放送機器展2014 プロオーデイオに行ってきました

一応音楽制作を行う我々にとっても重要な情報収集の場所であるINTER BEE 2014年に今年も行ってきました。

Interbee0

自宅から幕張までどんなにがんばっても二時間近くかかってしまうのですが、あらゆるルートを試した結果、結局東京駅経由が一番早いという結論に達しました。もっとも東京駅の京葉線乗り換え口に「動く歩道」ができたのが大きいですが。「動く歩道」がなかったときは悲惨でしたけどね(T_T)

Interbee1

恒例のイベントー歴史もありますので、やはり盛況です。

Interbee2

やはり、メインはここですね。
pro tools11の情報を見てきました。結構いいですね。編集がすごいやりやすくなった印象があります。推奨環境マーベリクス以上だそうだけどどうしようかな、とも思いますが...(^^;)

続きを読む "INTER BEE 放送機器展2014 プロオーデイオに行ってきました"

| | コメント (0)

サウンドハウスの楽天出店中止に見る日本の大手IT会社はやはり信用できない件

サウンドハウスといえば我々のような音楽、音響関係者では知らない人間はいない、といっていい音響機器から電子楽器、映像機器等の大手販売会社である。私もだいぶ利用させてもらっている。

そのサウンドハウスが楽天に出店していたようだが、先日以下の理由で出店を取りやめたという。

サウンドハウス楽天支店中止のお知らせ
http://www.soundhouse.co.jp/news/detail?NewsNo=6894

お客様各位

日頃よりサウンドハウスをご利用頂き誠にありがとうございます。
突然ですがこのたびサウンドハウスは楽天への出店をとりやめることと致しました。
サウンドハウスはこれまで3年間、楽天市場に商品を掲載しておりました。ところがこの度、楽天は一方的に弊社の決済口座としては楽天銀行の口座に 一本化するということを決め、お客様に告知しました。出店店舗の銀行口座を勝手に開設し、決済用口座としてはその口座しか認めないということは、これまで の日本の商習慣ではありえないことです。

この事態に対して、楽天には詳細説明、及び即時撤回を申し入れましたが、納得できる説明もなく、口座の取り消しも実行しないことが判明したため、 弊社ではやむを得ず、楽天との取引を中止することと致しました。国内トップのインターネット事業を営む楽天が、自社グループの利益のみを追い求め、出店し ている店舗に対して一方的にこのような暴挙を行うことについて、弊社では理解することも容認することもできず、今回の措置を取ることとなりました。
日頃より楽天をご利用されているお客様にはご迷惑をおかけすることとなりますが、何卒状況をご理解いただきたくお願いする次第です。
なお、楽天以外の外部ショッピングサイトは継続して営業致します。
サウンドハウスでは引き続きお客様にご満足いただくために、数多くの商品を、最低価格でご提供してまいりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社サウンドハウス 代表取締役 高坂昌信
2014年11月19日

ここに書いてあることが事実通りであるとすれば、実にメチャクチャな要求と言わざるを得ない。
うちの会社にもしつこいくらい出展の勧誘が来るけどこういうのを見るとやらないでよかった、と思わざるを得ない。出店者というクライアントに対して 振込や引き落とし等の口座を楽天銀行以外に認めないとは実に一方的で自分勝手、メチャクチャな商取引のやりかたである。

まあサウンドハウスくらいの会社なら別に楽天なんか使わなくても、音楽や音響業界の関係者なら直接の取引を行っている相手も多いだろうし(うちなどもその1つだ)、別に楽天を通さなければやっていけない、などという会社ではないはず。

そもそもあの法外ともいえる高い出店料を見ると、今の楽天にそこまで払ってきちんとペイできているのか甚だ疑問である。うちもいろいろと分析した上で出店を見合わせたが、こんな情報を聞くと本当にやらないでよかった、と思わざるを得ないのである、

まあアメリカの有名IT企業も私はあまり信用しないが、こういうのを見ると日本のIT系企業も信用できないということだろう。特にWeb関係の会社にはロクな会社がない


| | コメント (0)

2014年11月16日 (日)

映画「サメロメ」に挿入テーマは大野のアルバム"metanature"のFLO-を始めかなり斬新な映画音楽になっています

先日の記事にも書きましたように30日の新人監督映画祭 にて竹藤恵一郎監督のぴあフィルムフェステイバル入選作のリメーク作品「サメロメ2014」の上映の関係で30日にて中野セントラルパーク サウス コングレスクエア で舞台挨拶にたちます。

以前もお話したとおり、今回の「サメロメ2014」は通常の私の映画音楽と比べかなりとんがった音楽表現になっています。以前も申したとおり音楽もアンビエントあり、ミニマルあり、ノイズ音響系あり、70年代の「電子音楽(もはや死語)」の影響のある音楽もあり、通常の「仕事」での私の音楽とはかなり違います。それは私のアンビエントのアルバム"metanature"からの曲ーFlo-が挿入歌(「歌」ではない、インストですが..)として使われており、実質的な「サメロメ2014」テーマ曲となっていることからもわかります。

Metanature
Kyoji (大野恭史)metanature

このアルバムは私の最近のピアノソロの活動と同様、仕事ではなく自主的に作ったアルバムで純粋に自分のために作った作品です。

http://homepage1.nifty.com/hyb-music/metanature.htm

そのーFlo-です

自分でいうのもなんですが、かなり斬新なサウンドトラックに仕上がっています。

予告編です.。この音楽もーFlo-をもじった音楽になっています

ご興味ある方は"metanature公式サイト"かアマゾンにてお買い求めください


続きを読む "映画「サメロメ」に挿入テーマは大野のアルバム"metanature"のFLO-を始めかなり斬新な映画音楽になっています"

| | コメント (0)

2014年11月13日 (木)

新人監督映画祭で大野の音楽担当3作品上映!! 「傷女子」「この坂道」(29日)「サメロメ」(30日)ー30日は舞台挨拶に立ちます!!

お知らせです。
今月の11月28日ー30日にJR中野駅近くの中野セントラルパーク サウス コングレスクエア で行われる「新人監督映画祭」では私が音楽を担当した映画3本が上映されます。

「傷女子」

29日 午前10時より コンベンションホール①にて上映  オムニバス映画です。
(竹藤恵一郎監督「深夜駆け込み」の音楽担当、渋谷アップリンク公開作品)

「この坂道」

29日 午後9時20分より コンベンションホール②にて上映 (宮本とも子監督) 
(SKIPシテイ国際Dシネマ映画祭入選作品, 伊参映画祭シナリオ大賞受賞作品

1129_time

・ 「サメロメ」

30日 15時40分より ルーム③にて上映(竹藤恵一郎監督)

大野の映画音楽新作ーぴあフィルムフェス入選作品リメーク)

この関係で30日は私大野は舞台挨拶に立ちます。

舞台挨拶に立つのは7年前でのぴあフィルムフェステイバルでの「俺たちの世界」以来です。俳優さん女優さんは慣れていらっしゃると思いますが、私はあまり慣れていません(^^;)

ライブなどとは違った形で緊張すると思います。(汗)

1130_time

今回は何と拙映画音楽担当作品が3本も1つの映画祭で上映されるのですが、劇伴音楽を多数手掛けていますが、こういうケースは初めてかもしれません。個人的にはすごく楽しみです。

新人監督映画祭、公式サイトです
http://ndff.net/

チケットお求めはこちら

http://ndff.jp/#4thPage
 


| | コメント (0)

2014年11月 4日 (火)

恒例の映画交流会@お台場カルチャーカルチャー2014年11月に参加しました。

はい 恒例のお台場の映画交流会 またまた行ってきました。前回からかなり時間が空いてしまいましたが...

Eigakoryukai0

私がここ数年で映画、ドラマ、テレビの仕事をあれだけできたのもこの交流会に参加したからこそ、であります。噂を聞きつけ今回は作曲家仲間二人も参加しました。

Eigakoryukai3

今回は前回よりも参加者がかなり多いですね。皆さん名刺交換、情報交換、個人プレゼンに忙しかったようです。

Eigaoryukai1

続きを読む "恒例の映画交流会@お台場カルチャーカルチャー2014年11月に参加しました。"

| | コメント (0)

2014年11月 1日 (土)

大野恭史/バジル ジョイントライブ ハロウイーンモードでやりました。ご来場ありがとうございました。

昨日無事アートカフェフレンズでのライブが終了いたしました。大勢の皆様のご来場ありがとうございました。 m(_ _)m

実は自宅から恵比寿に行くには井の頭線経由で渋谷を通らねばならなかったのですが昨日の渋谷の仮装ー特に女の子たちの仮装、コスプレはすごかったですね。
「普通の」恰好で歩いていると確実に浮きます(^^:)

ハロウイーン当日ですからね。

まあそんなこともあって私もバジルもハロウイーンモードでライブをやりました。

Live10311

ドラキュラと魔女ww

10312

バジルのボーカルShinoさんもこんな感じ。すっごく似合ってます(^^)

Live10310

というわけで昨日アートカフェで演奏したのは私ではなくドラキュラでした。(笑)

Live10313

続きを読む "大野恭史/バジル ジョイントライブ ハロウイーンモードでやりました。ご来場ありがとうございました。"

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »