Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

日本だけCD好調はおかしいという「デジタル絶対論」とアナログレコード復活の現象ーシステム論の観点のみからの短絡的な音楽業界論を批判する

(例によって長文注意)

ここ二週間ほど私ごとでドタバタしてしまい、きちんとしたブログ更新ができなかった。

まずこの点から誤解されそうなのでお断りをしていくが私のいう「音楽業界」とは別にレコード会社や大手製作会社等を念頭にいれているわけではない。正直私にとってもはやレコード会社とかMPA(音制連)系の会社などどうでもいい。

私のいう「音楽業界」とは単純に音楽の仕事をしている人間で、当然そこにはインデイーズ系や、私のような個人商店型音楽制作者、小さなレーベル等も含む。

それを前提として「音楽業界」の現状に関して当ブログでいろいろ述べているわけだが、最近ネットで「世界で唯一CDがまだ売れている日本の音楽市場の不可思議」についてかまびすしいほど論じられている。

きっかけはNYタイムスのこの記事だが

CD-Loving Japan Resists Move to Online Music
http://www.nytimes.com/2014/09/17/business/media/cd-loving-japan-resists-move-to-digital-music-.html?_r=3&utm_content=buffer24a4f&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=CDBbuffer

英語が苦手な方のために記事のだいたいの内容を要約すると

(1) 日本の音楽業界のデジタル音楽に対する保守的な背景がCDの売り上げの比率を高くさせている。そのためSpotifyを始めとするデジタルの新サービスがいまだ開始できるメドがたっていない。しかし世界第二位の市場の日本がデジタル音楽に対してこのまま消極的な態度を取り続けるのは世界市場全体にも悪影響を及ぼすことが懸念される。

(2)  日本人には「コレクター志向」が欧米より強く、またAKBに見られる関連プレミアム品との抱き合わせ商法もいまだCDがメインになっている原因である。

とまあやや乱暴にまとめるとこの二点になる。これに関してさまざまな方面から反論やおとなる分析も出ているが、私はこういう日本市場の分析を見ると「またか」と思ってしまうのだ。

はっきりいってNYタイムスとあろうものが実にできの悪い記事を書くと思ってしまう、そもそもCD等のパッケージはもはや過去の無用の長物であるという大前提から論じていること自体、そしてあたかも「これからの音楽はデジタルしかありえない」といわんばかりの「デジタル音楽絶対論」自体、昨今の音楽市場の動向をきちんと把握していない証拠である。なぜなら当ブログでも論じたがアナログレコード復活というものが、日本ではなく欧米ーとりわけアメリカ国内で起こっているからである。

続きを読む "日本だけCD好調はおかしいという「デジタル絶対論」とアナログレコード復活の現象ーシステム論の観点のみからの短絡的な音楽業界論を批判する"

| | コメント (0)

2014年9月23日 (火)

拙ドラマ音楽「鉄子の育て方」(名古屋テレビ制作)DVD Box いよいよ明日発売!!

私がドラマの音楽を担当しました「鉄子の育て方」いよいよ明日9月24日より発売開始いたします。

結局名古屋テレビを始め一部、九州や沖縄でのオンエアはあったものの、関西や関東等の大都市圏でのオンエア予定は残念ながら今の所ないようです。現在CSのエンタメ〜テレ☆シネドラバラエティでオンエアされてかなりカルトな人気を誇っているようです。

Tetsuko_sodatekata

制作   名古屋テレビ
監督   古厩智之
原作   かわすみひろし
脚本   上野耕一郎
音楽   大野恭史


出演者
小林涼子
相馬圭祐
安田美沙子
六角精児  


DVD Box Vol 1. http://www.vap.co.jp/goods/1403684509285/

DVD Box Vol 2  http://www.vap.co.jp/goods/1403684715425/

映画と違い、ドラマは私は全部の映像は見ていません。なぜならテレビドラマの音楽と映画は音楽の創り方が全く違うからです。まあそれはさておき結構「濃い」内容の面白いドラマです。(^^)

映画のDVDは既に結構出ているんですが、テレビドラマのDVDは私も初体験ですね。楽しみです

ドラマの予告編、主演の小林涼子ちゃんが紹介してくれています。


| | コメント (0)

2014年9月20日 (土)

U2とアップルが極秘プロジェクトを進行中について

先日U2が新アルバム Songs of Innocenceをi-tunesにてアルバム丸ごと無料配信したことが話題になっているが、U2Appleの本格的なコラボレーションはこれかららしい。

U2 and Apple working on new digital format “that will tempt people into buying music again”
http://consequenceofsound.net/2014/09/u2-and-apple-working-on-new-digital-format-that-will-tempt-people-into-buying-music-again/

英語が苦手な人のために要約すると

■U2とアップルが新しいデジタルフォーマットを開発中「音楽が再び買われるようにするためのシステムにするために」

U2のボーカリスト Bonoがアメリカ、タイム誌とのインタビューにて現在Apple社と音楽家のための新しい音楽フォーマット(プラットホーム)を開発中で、それは海賊版を作ることは不可能であり、アルバムのアートワークや映像を導入することによってユーザーが音楽を再び買いたくさせるような強力なシステムだという。Bonoによると新しいシステムはだいたい18か月後に発表される見通しで、その際今回のSongs of Innocenceとのカップリングアルバムである Songs of Experienceを発表する。

Bonoは(プロモーションのために)音楽を無料化させる方策は良い方法だとは思わないという。Bonoによると今回のSongs of Innocenceはデジタル音楽の流れを変えるためのいわば「聖なる儀式」としてのフリーダウンロードであって、音楽の無料化がネット時代の音楽の未来ではない、と論じている。

私はネットにおける音楽のありかたについていわゆるIT系の評論家、ITギーグの論調について批判的な論を展開してきた。とりわけ「音楽を無料化させることが最良のネット時代のプロモーション」という点に関しては、無料化による一部の例外的成功例だけが一人歩きし、あたかも「誰がいつ同じことをやっても無料化で成功する」などという論調には異を唱えてきた。

続きを読む "U2とアップルが極秘プロジェクトを進行中について"

| | コメント (2)

2014年9月16日 (火)

セプテンバーコンサート@Com Cafe 音倉

プライベートな件で突発が起きてしまった関係で更新が遅れてしまいましたが、去る14日下北沢のCom Cafe音倉にて今年の第二回のセプテンバーコンサートに出演しました。

Kyoji09141

何度も書きますが安部政権の集団自衛権容認による事実上の憲法9条の骨抜きの状態で、69年間戦争をしなかったこの日本という国が実際に戦争に巻き込まれる可能性が出てきたことに関して厳重な抗議の意思を表明するため、これまでにない強い危機感を持って音楽による平和のメッセージを伝えなければならないという一音楽家としての義務感のようなものを感じたためです。

先日のアートカフェでも配布しましたが、「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会のパンフレットも会場に配布しました。

http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/

まだこのムーブメントの存在すら知らない方が多いと思いますので...

私は最後から二番目の演奏でした。

実はこの時、プライベートに関する緊急連絡が入ったため会場の皆さんに少しお待ちいただく事態となってしまいました。皆さんには大変ご迷惑をおかけいたしましたことをこの場でお詫び申し上げます。

Kyoji09140

今日の演奏は先日のアートカフェと若干異なりますが

1.Aura Lee -(アメリカ民謡)  一般的にはエルビスプレスリーの"Love me tender"で知られていますが、元々はアメリカ民謡で南北戦争出征の兵士が家族や恋人に対して歌った曲とされています。日本で同じような歌が歌われないようにという願いが込められています。

2 ピアノのための3つのリフー私のオリジナル作品です。 かなり独特なしかもどのジャンルにも入らない曲なので驚かれた方も多いと思いますが..

3 Gotham City Waltzーこの曲はアートカフェでは弾いていませんが、私の古いオリジナル曲です。ジャズ風の3拍子になっています。

4 Imagine  ー説明の必要はないでしょう。

ついでにいえばImagineは911のあとのイラク戦争では事実上アメリカの放送局からBAN(放送禁止)になりました。自由な国アメリカですら、そういうことが起きたのですね。今の日本も同じような動きが勃興しているのを感じます。

来年も音楽による平和のメッセージを伝えていきたいと思います。

Kyoji09142

よろしくお願いします

| | コメント (0)

2014年9月12日 (金)

セプテンバーコンサート@アートカフェフレンズ 2014年

昨日恒例参加のセプテンバーコンサート(以下セプコン)、今年は安部政権の集団自衛権容認の問題で特別に二回セプコンに参加しますが、その第一回の模様です。

今回は私以外は全員クラシック、それもソプラノを中心とした女性演奏家ばかりで私は唯一の男性演奏家、なおかつ非クラシックの演奏家、正直場違いという感じではありましたが、おそらくセプコン事務局からコンサートのトリを務める人間に何らかの声明を発表させるという意図もあり私が最後になったのだと思います。

私の今年の第一回のセプコン

ここでセプコンをやった理由の1つとして10月31日にこのアートカフェフレンズで「バジル」とのジョイントライブをやるからで、その宣伝ライブの意味もあります。

Flyer_final2

なのでもしこのライブ動画を見て、「面白い」と思ってくれた方、是非10月31日のライブまでお越し下さい。

日時;2014年 10月31日(金) 開場18:00  開演19:30

(デイナ―タイム 18;00-19:30)

チャージ ¥3000 + 1stドリンク ¥500

予約:Call : 03-6382-9050

アートカフェフレンズ
http://www.artcafefriends.jp/

よろしくお願いします 


| | コメント (0)

2014年9月10日 (水)

映画音楽次回作「サメロメ2014」音楽完成

渋谷アップリンクにて「傷女子」いよいよ今週の金曜日(9月12日)までですが、そんな折昨年の10月から手掛けていた映画音楽作品が完成しました。

「傷女子」のの「深夜駆け込み」を始め昨年の「だから私は眠れない」(橋元優菜さん主演)そして多くの教育映画の制作を共にした盟友監督の竹藤恵一郎監督が30年前「ぴあフィルムフェステイバル」で入選を果たした「サメロメ」の音楽を総入れ替えしたリメーク(といっていいでしょう)です。

そのため今回の音楽総入れ替えバージョンは「サメロメ2014」と題されました

  • 10014530_764821920231594_4293126609

この映画は何と「サイレント」映画、つまり台詞が一切なく映画の舞台も何となく病院らしい感じはあるのだけれど、どこなのかわからない。そもそも登場人物が何者なのかすらわからない。(人間ですらないかもしれない)そんな不思議な非現実の世界です。

音楽もアンビエントあり、ミニマルあり、ノイズ音響系あり、70年代の「電子音楽(もはや死語)」の影響のある音楽もあります。(クラウスシュルツ、タンジェリンドリームとか)とかなりとんがった感じになりますが、たぶん映画を見た人は不思議な感覚に見舞われるでしょう。

先日の音楽の詰めの作業でかなり細かいところまで音楽に関して監督と入念な打ち合わせ、一部は監督の目の前で手弾き演奏もしました。じっくり中身の濃い入念な打ち合わせを終え無事メドがたつようになり、ようやく完成の運びとなりました。

まあとにかく何とかまとまって一年間の肩の荷がようやく下りました、
自分でいうのもなんですが、かなり斬新なサウンドトラックに仕上がっています。

たぶん11月頃の某映画祭で上映されることになると思います。
詳細が決まり次第当ブログにてお知らせいたします。

「サメロメ2014」予告編です


| | コメント (0)

珍しく撮影現場に立ち会って撮った「深夜駆け込み」メーキング

さて映画「傷女子」おかげさまで連日盛況です。あと残すところ2日となりました。まだ見ていない方は是非ご覧になって下さい。

特別鑑賞券は今夜12時直前まで受け付けています。
http://t.co/B1SslHmexN

さてブログ記事で最近女優さんとの記念写真を撮っていささか羨ましがられましたが(笑)、普通映画音楽をやっていても、女優さん俳優さんに会う機会など実はめったにありません。

というのも我々映画音楽をやっている人間はたいていの場合、撮影が終了してから(クランクアップ)してから、その後の作業工程(これを業界では「ポストプロダクション」といいます)の段階に入り、映像の租編(本編が来ることはまずありません)が来てから、私たちの仕事が始まるというケースが殆どだからです。ですから私たちの作業は撮影スタッフとは別の世界にいる場合が殆どです。

俳優さん、女優さんに会う機会があるとすれば「試写会」 「上映の舞台挨拶」そして「キャスト+スタッフの合同打ち上げ」くらいですね。それでもそういう席で話してお互い意気投合する場合は確かにあります。特に商業映画よりは映画祭等に出す作品でごいっしょすると、何となく仲間意識のようなものが生まれますね。秦さんや安住さんもそういった関係でおつきあいをさせていただいています。

あと最近ありがたいのはソーシャルネットがあることですね。facebook経由で映画監督+スタッフだけでなく女優さん、俳優さんともつながることができ、随時近況や情報交換ができます。これはちょっと前では考えられなかったことです。

しかし稀ですが、私も撮影現場に行くことがあります。商業映画、教育映画含めて今まで相当な数の映画に関わってきましたが、実は今回の「深夜駆け込み」を含めて3回だけ撮影現場に行ったことがあります。うち一度は「エキストラが足りない」ので呼びだされたケース、そしてあと二回は映画に「鼻歌」のシーンがあって、その「鼻歌指導」のために立ち会ったケースです。

今回の「深夜駆け込み」を見た人はわかりますが、冒頭に主人公のマモルが「ショパンの革命」のメロデイの鼻歌を歌います。経験上、クラシックはうるさ方の人が多いので鼻歌といえど正確に歌わないと、あとで何をいわれるかわかりませんので、

そして撮影現場に立ち会いました。こういうセットがあるスタジオで撮影しました。

Shinya1

ここが映画の舞台です。
そして撮影開始

Img_0394

続きを読む "珍しく撮影現場に立ち会って撮った「深夜駆け込み」メーキング"

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

アイドル7x 監督7 Vol2「傷女子」上映と-竹藤監督「深夜駆け込み」組舞台あいさつ

当ブログでも何回も告知しましたように昨日が アイドル7×監督7「傷女子」 初日はおかげさまで満員御礼でした。
今日は
「傷女子」の中の「深夜駆け込み」組(竹藤恵一郎監督)の上映後の舞台挨拶がありますので私も駆けつけました。(レイトショーの関係で照明条件が悪い(汗))

Uplink0831

映画ですが、先日の試写会の時と比べ大幅に順番が変わりました。それは7作品それぞれの特徴、作風があまりに違うために観客に違和感を感じさせないための変更ですが、新しい順番にしたら全く違和感なく自然に見れました。

ちなみにオムニバス7作品の順番は以下の通りです。

1.じんじんじん 
  丗志男   監督   佐藤ありさ主演

2.スケバン料理人  小泉剛   監督   大蔵 愛 主演
    マリー

3.愛の夢       天野邪子 監督  大山貴世 主演

4.深夜駆け込み*  竹藤恵一郎監督  田口夏帆 主演

5.はじめての悪魔  中村公彦 監督  夏目くるみ 主演
          祓い

6.私は地球     マッケンジー荒監督 関根みなみ 主演

7.さよならは八月  賀川貴之 監督  佐々木麻衣 主演
       のバイバイ

*当方音楽担当

作品は泣けるものあり、おちゃらけ系あり、不思議な世界あり、シリアスなものあり、と各々の監督がやりたいことを素直にやっていますので、バラエテイに富んでいますので飽きないかもしれません。

Butaiaisatsu0831

上映後の舞台挨拶ー!!

続きを読む "アイドル7x 監督7 Vol2「傷女子」上映と-竹藤監督「深夜駆け込み」組舞台あいさつ"

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »