Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« J.S.バッハがよくポピュラーミュージックで使われる理由 | トップページ | 映画「傷女子」試写会に行ってきました »

2014年8月24日 (日)

犬や猫の殺処分0を目指してチャリティーライブWe are all friends!に今年も行ってきました

昨年は川崎チッタの横で開催されましたチャリテイライブ「犬や猫の殺処分0を目指して”We are all friends”」 今年は六本木アークヒルズ内のアークヒルズカフェにて行われました。

Inuneko0

Inuneko1

殺処分という言葉自体が非常に嫌な言葉です。ドイツなどは犬猫の殺処分0を長い間意地している国ですが、東京も2020年のオリンピックを控え、そういう運動を起し世界に対して恥ずかしくない社会を実現したいものです。

一応私は「飼い主と愛犬のためのペットミュージック」(写真)をビクターエンタテインメントから発売している点と、

Relax

Ai06_2013
猫も飼ってますので、この問題には重大な関心を寄せています。

今回主宰した「バジル」のお二人、作曲家仲間のアリマカツミさんとShinoさんのユニットです。
イベントではShinoさんの素晴らしい歌声が披露されました。

Shino0

Shino1

ピアノは長年の作曲家仲間、アリマカツミさんです。アリマさんとは偶然ですが30日渋谷アップリンク公開のオムニバス映画「傷女子」で、私とは別の監督の映画の劇伴を担当されます。

また「バジル」のお二人とは10月31日に今年の私のセプコン会場でもある「アートカフェフレンズ」にてジョイントライブをやることが決定しております。
アートカフェフレンズ


アクセス
http://www.artcafefriends.jp/access.html

イベントの記念撮影です。

Inuneko2

中央はMCでジャーナリストの安倍宏行さんです。

Inuneko3

このコンサートで集まった募金は滝川クリステルさんが主宰する動物愛護団体「クリステル ヴィ アンサンブル」に寄附されます。私もささやかながら寄付しました。

http://www.christelfoundation.org/

動物愛護、とりわけ犬猫殺処分0に強い関心を抱いている方、よろしければ支援をご検討いただければ幸いです。

「クリステル ヴィ アンサンブル」への支援窓口です。

http://www.christelfoundation.org/support/

音楽家として動物、とりわけ犬、猫に関する仕事をしてきたこともありますので、私も犬猫殺処分0の運動を支持いたします。


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。