Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« クリエーターズEXPO プロダクションEXPO 2014年を見て | トップページ | 実はもう終わっているダウンロード 音楽配信の時代 »

2014年7月 9日 (水)

ライブ・イベント産業展に行ってきました。

先週のプロダクションEXPO / クリエーターズEXPOに続き本日は同じ東京ビッグサイトのライブ・イベント産業展に行ってきました。このイベントは私の知る限り今年初めて開催されるのではないかと思います。

Event_expo0

エーベツクスの基調講演と勿論「主目的」の営業です。基調講演会場にて業界仲間と落ち合う予定です。

Event1
第一の目的の会場です。途中からの参加だったのですが(うちから有明まで遠い(汗))正直私的にはそんなに目新しい話ではありませんでした。但し、音楽をただ流すだけではダメだ等既存の音楽業界人にとっては厳しい話かもしれません、後半しか聞けませんでしたので、感想等を書くのは適切かどうかわかりませんが、もはや音楽という商品だけではだめでライブ、それもビジュアル、映像、モバイルメデイア等あらゆるメデイアを利用すべきである、という点、そのためには「音楽業界」という殻に閉じこもるのではなく他分野にも積極的に進出して事業分野の拡大をすべき、という話だったように思います、
正直私的には何をいまさら、という内容ですし、当ブログをよく読んでくださっている方は私がかなり昔から当ブログにも書いていることはおわかりだと思います。正直私が云っても誰も聞く耳もたんかったくせに、エーベックスグループの社長がいうとみんな耳傾けるのか、という感じで少し不愉快な気分になりました。
まあ日本では「何をいったか」ではなく「誰がいったか」の方がはるかに重要という感じなんでしょうね。レコード会社関係者も多かったようですが今更「有意義な話を聞いた」みたいな顔をしていたのが感じられましたので、未だパッケージの大量販売にこだわる業界の体質がむしろ浮き彫りになった印象が正直あります。

さて第二の目的である「営業」です。うちのような弱小事務所はこういうことをやり続けないといけません。どんなにやっても十分ではないのです。

Event_expo2

会場の様子

Event_expo3

イベント出展者ですが、私のメインターゲットであるキャスティングとか音楽制作もありますがやはりハードウエア機器の展示が多いですね。それでも持参した資料は全部配りました。ただプロダクションEXPOほど元々多くはないとわかっていましたので、持参した資料自体そんなに多くはありません。しかし代理店関係含め、イベントの来場者はかなりいましたので出展者にとってはよかったかもしれません。

Event_expo4

Roland ,一応こういうところも見ないといけませんので

Event_expo5

Event_expo6

今少し話題になっているのがタケナカです。3Dホログラムを使ったタケナカ のシステム。日置修平を始めとするCGのクリエイター集団とクラブDJがコラボレーションして新しい空間演出を提案しています。ここはみる価値があります。

とはいえ大半がハードや配信システム、販促関係でしたのでソフト関係は1時間もしないうちに全部見終えてしまいました。1か所業界で有名な事務所がありましたのでそこには資料を一式わたしました。

Kyoji_aso


業界仲間のMPJ朝生氏と。別にVIPでもなんでもないんですけどなぜかここで記念撮影。(^^)
お疲れ様でした。

先週、今週とビッグサイトで営業目的に行きましたが、これが実際成約に結び付くかわかりません。昨年は期待されたんですが、結局仕事には結びつきませんでした。今年は感触としては昨年より難しいかな、という感じですがどうなりますか?


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。