Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月30日 (水)

続テレビがつまらなくなった原因3ー過剰かつ偽善にみちた正論がもたらす社会の息苦しさ

(長文注意)

テレビがつまらなくなった、こんな声を聞いてから長いし、当ブログでもそれに関する記事をだいぶ書いた。

■テレビをつまらないという以前にくだらないバラエティ番組を見るのをやめようー番組だけでなく映画や音楽のコンテンツの質の向上のために
http;//kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2012/12/post-7701.html

■テレビがつまらなくなった理由2-そこには現在の日本社会が抱える3つの良くない風潮の問題があった
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2013/02/2-8595.html

私も最近はテレビ関係の音楽の仕事をしていることもあり、テレビ業界の状況は自分にも影響してくるので、テレビの停滞状況はある意味死活問題でもある。

しかしこの問題突き詰めてみれば見るほど、単に制作現場の質の低下とか、スポンサーの予算削減、そして上記の記事の中にある昨今の日本企業内の風潮(テレビ局も会社である以上例外ではない)等さまざまな要素、原因がからんで昨今のテレビ番組のつまらなさ、につながっているとみることができる。

そんな中、元フジテレビのアナウンサーで現在はフリーの長谷川豊氏のこの記事はテレビ番組の質の低下は、昨今の日本社会が閉塞している原因と連動しているとの指摘があり非常に興味深い。

■テレビがつまらなくなった訳
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/39344539.html

要点だけ引用させていただく(それでも結構長い(汗))

27時間テレビで草なぎ君が、はるか昔の一件について質問されていました。もう何年も前、草なぎ君は問題を起こし、ニュースになりました。
懐かしい。あれを朝から報じたのが僕でした。あの時の草なぎ君、本当に立派でした。


先週の事ですが、僕がメインキャスターを担当している番組「バラいろダンディ」内で神奈川県逗子海岸の「ある問題」を取り上げました。


そう。


テレビって、なんでつまらなくなったのか。
この二つを見ると、良く分かります。

<中略>

僕はせっかく辞めたのだし、そこのところは突き詰めていきたいと思っていた。「なぜ、つまらなくなったのか?」色々と語っている評論家や学者さんではわからない。内部を知る人間でなければ、実際に現場の人間がどれだけ一生懸命頑張ってるかなんてわからない。どれだけ才能のある人間がいるかなんてわからな い。

『昔よりも面白くない』

なんてもの、テレビ以外にもあふれてないか?先週お伝えした逗子海水浴場のニュース。
あまりにもお客さんの…特に若い男女のマナーが悪いという苦情が相次いだらしい。このままでは、安心して子供を連れて行けない、と。


逗子市は逗子の海岸を「日本一安全でマナーのいい浜辺」として利用できるようにしよう!と決断。結果…

・酒はダメ
・刺青は論外
・音楽もかけちゃダメ


逗子海岸は今年施行された法律により、日本一、間違いなく「マナーが良く」「子供にも安心して楽しめる海岸」へと生まれ変わった。

そして、大きな問題が発生した。
海開きは7月1日。そこから2週間がたち、逗子海岸お訪れたお客さんは
1万3千人。


去年の同時期は…

7万4千人だった。

なんと、客が激減。7分の1の客数では周囲の海の家や旅館は立ち回らない。そう。
地元の観光協会やホテルなどが逗子市を相手取って裁判を検討し始めたのだ!

一体何故?


マナーがいい方がいいんじゃないのか?
親子で安心して遊べる方がいいんじゃないのか?

しかし、行政が良かれと思ってやったことは、逗子海岸が「見捨てられた海岸」となる結果をもたらした。。
答えの一つはここにあるように思える。

続きを読む "続テレビがつまらなくなった原因3ー過剰かつ偽善にみちた正論がもたらす社会の息苦しさ"

| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

今後の自分の作曲家、クリエーターとしての作品群

先程拙映画音楽作品の短編「この坂道」が短編ノミネート作品(入選作品)として参加したSkipシテイ国際Dシネマ映画祭での受賞結果が発表された。わが宮本とも子監督は残念ながら受賞にはいたらなかったけれど、他の短編作品が予想以上にクオリティが高い作品ばかりだったので仕方ないかなとも思っている。また手前味噌ではあるけど並居るクオリティの高い他の作品と比べてもそれほどそん色がない作品であり。今回のノミネートで映画監督として名乗りをあげたことになるので私自身はとてもよかったと思っている。何よりも大事なことはこれで「次の見通しがたつ」ということは素晴らしいこと。音楽でもそうだし、映画はなおさらだと思うけど「次の見通し」すら立たない人の方が多いんだからね。

とにかく映画の音楽の仕事は気が遠くなるくらいに地道な作業をしていかなければならない。私は久石穣氏のスタジオをよく使い、久石氏もかなり前から存じ上げているが久石氏が今日の地位をきづくためにどれだけ長い、遠い道のりをしていたかを知っている。今では映画音楽作家として映画の詳しくない人ですら知っているジョンウイリアムスやエンニオモリコーネも一日で地位をきづいたわけではない。何事もそうだが「ローマは一日にしてならず」なのだ。

映画音楽作品に関しては既に盟友監督となっている竹藤監督の8月30日公開の「傷女子」から短編「深夜駆け込み」そしてまだ不確定ながら10月の映画祭で上映される竹藤監督のリメーク作品が控えているし、あと詳細はいえないがアメリカ人監督との作品に音楽をつけることにもなっている。

このように映画音楽や劇伴音楽の制作は今後も続けていくし、まあどうせなら極められるだけ極めてみようと思っている。「ゴジラ」のテーマで有名な伊福部昭先生は80代まで映画音楽作品を作っておられた。私がその年齢に達するまでには数十年あるので、最低でもその年になるまでがんばってみようと思う。

では私は映画音楽専門の作家にこれからなるのか、というとどうもそういうことにはならない、というかさせてもらえそうにない。

昨年のコーセー化粧品コスメデコルテのヒーリングラプソデイー、の一連の作品。一応成功と思われたようで、かつて私が作家としてスタートしたヒーリング音楽の分野で複数のオファーが舞い込み現在その内容の詰めが行われている、かつていろんな理由で個人的に嫌気がさしてやめようとすらしていたのだが、どうも周囲がやめさせてくれそうにない。

総合すると私の音楽作品は基本的に次の3つの流れになりそうである。

1.映画音楽作品

基本的には劇伴音楽ー背景音楽ではあるが、副産物としてテーマソング、うたものを作ることもありうる。既にこの分野に関連して数曲うたものを作曲している。

2.ヒーリング音楽作品

詳細はまだいえないが、たぶん近々新作を出すことになるでしょう。結局「癒し系音楽」の作家という私の業界内イメージは消すことはできないのかもしれない。

3.ピアノソロ作品

一応プロで仕事しているので音楽制作、作曲はどれも「仕事」には違いない。映画音楽もヒーリング音楽も自分の作品ではあるが、「仕事」のために作っている。しかし自分のピアノ作品、とりわけインプロビゼーションや私独自の弾き方によるものは「仕事」ではあるもののどちらかというと「自分のために」作っている要素の方が強い。ここがクラシック系のピアニストと違うところだが、私が自作をピアノ演奏している時は自分を100%開放している時なのだ。今年のセプコンでもやるだろうけどね。特に今日本が集団自衛権の問題で戦争に巻き込まれる可能性が非常に高くなったので今年はいつにない危機感で参加すると思う。

尚、結果的に私のピアノソロ作品のいくつかが「ヒーリング音楽作品」になる可能性は否定しない。

勿論この3つ以外に突発でCM音楽その他を作ることは排除しない。またボーカリストやオーケストラ等の編曲、アレンジの仕事も随時やると思う。(実は1つ話が出ている) だが基本的にはこの3つの流れだろうな。

まあ何にせよ大事なのは続けていくことだ。継続は力なり、というのは間違いなく正しい。活動を続けるだけ続けて最後はどの立ち位置にいるか、それは神のみぞ知る。だ


| | コメント (0)

2014年7月23日 (水)

チームカラハリーアイドル7x監督7 第二弾「傷女子」より「深夜駆け込み」予告編と映画におけるクラシック音楽について

昨年、チームカラハリの 『アイドル7×7監督』にて橋元優菜さん主演の映画「だから私は眠れない」の音楽をやりましたが今年もその第二弾をやります。

昨年と大きくちがうのは昨年は7人の監督の短編映画を7本立てにしたのに対し、今年は「傷女子」という共通のテーマによるオムニバス映画になっている点です、その中のエピソードの1つ「深夜駆け込み」(竹藤恵一郎監督)の予告編が本日解禁になりました。

「傷女子」 2014年8月30日ー9月12日 

渋谷アップリンクにてレイトショー公開

〈主演キャスト・50音順〉
大蔵 愛 /大山 貴世/佐々木 麻衣/佐藤 ありさ(Links)/関根 みなみ(team monolith)/田口 夏帆/夏目 くるみ

〈監督・50音順〉
天野 邪子/賀川 貴之/小泉 剛/世志男/竹藤 恵一郎/中村 公彦/マッケンジー・荒

尚、蛇足ですが天野邪子監督とタッグを組んでいる大山貴世さんは昨年私が手掛けた映画「暴走 」(DVD発売中)にも出演されています。

この「深夜駆け込み」(竹藤恵一郎監督)ではショパンの「革命」が実質的なテーマ曲となっています。 今回もまた弾きました(汗)

映画の仕事をするとどうしてもクラシックをやらざるを得ない時があります。私はクラシックのピアニストではありませんがここ2年だけで映画のためにショパンを3曲も弾きました。SKIPシテイ短編ノミネート昨「この坂道」ではショパンの「エオリアハープ」そして今回は「革命」です。(よりによってwww) 

ちなみにあと1つはT映さんの教育映画で「子犬のワルツ」を弾いてます

続きを読む "チームカラハリーアイドル7x監督7 第二弾「傷女子」より「深夜駆け込み」予告編と映画におけるクラシック音楽について"

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

拙映画音楽作品「この坂道-The Uphill climb」がSkipCity国際Dシネマ祭にて上映いたしました。

かねてからお知らせしていましたが、私が音楽を担当いたしました短編映画「この坂道」(宮本とも子監督)が昨日午後5時半よりSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて上映されました。

Skipcity

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭はぴあフィルムフェステイバルと並ぶ新人監督の登竜門としての映画祭で国内でも有数の映画祭といっていいでしょう。その国際Dシネマ映画祭の短編部門に「この坂道」がノミネートされました。

「この坂道」以外に上映されたのは「ストロボ」(A.T監督)と「ヨボセヨ」(佐藤草喜 監督)でどちらも予想以上に作品のクオリティが高く、いろいろ言われているけど日本の短編映画のレベルは数年前と比べて格段に上がっているという印象を持ちました。
これ、予想以上に受賞厳しいかもしれないですね(笑)

まあプロで仕事しているデイレクターとかが映画を作っているというパターンが結構あったからかもしれませんが、私はびあフイルムフェス入賞作と今回のSkipCityノミネート作と両方の音楽をやりましたが、あくまで今日見た範囲でいえばはっきり言ってSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の方が作品のレベルが高いといっていいでしょう。もっともびあはもう今から7年前なのでその時とは事情が違うかもしれませんが

O0445044413009506404

3作品上映後に宮本監督と主演の安保匠(あんぼ たくみ)さんのQ&Aがありました。

本日上映の「この坂道」23日の午前10時にも上映されます。最終日に受賞作決定ー勿論受賞したらうれしいですが会場に来たらそんなことどうでもよくなりました。大事なことは今回のノミネートだけで充分な実績を監督が積み、このSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で女流映画監督として名乗りをあげたこと。そしてこういう実績を積み上げていけば監督の将来は明るいということです。

たぶん今後とも宮本監督の映画に音楽をつけることでしょう。私の仕事が生きるようになるためにも宮本監督の応援をよろしくお願いします


| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

ソーシャルネット「残酷写真」のシェアについてーひとりよがりな表現の伝え方ではなく見る人への配慮を行うべき

最近facebook「悲惨な写真」「残酷な写真」をシェアすることに関する点が物議をかもしている。イスラエル軍のガザ侵攻による悲惨さを訴えるために焼け焦げた子供の死体の写真をシェアしたことに関する行為に対してだ、

このようなことは以前からfacebookで行われていた。虐待されて悲惨な姿になった犬や猫たち、最近ではゾウの顔が残虐になくなってしまった写真などとても正視に耐えないものも出回った。

恥ずかしながら私も初めの頃はそういう写真を「悲惨さを訴えるため」という目的意識でかなりシェアをしていた。

だが、よく考えてみた。待てよ  と

確かに戦争の悲惨さ、動物虐待、子供虐待への悲惨さを訴えることは大事である。しかし当たり前だが悲惨さを訴えるような写真は殆どはまともな神経を持った人間なら正視に耐えないような写真ばかりである。

スマホ等のモバイル機器が発達しソーシャルネットが普及した現代は自分がいつどこにいてもソーシャルネットのコンテンツを見ることができるという時代である。そしてその「悲惨さを訴えるため」の写真というのもいつどこで見ることになるかわからない、という面もあるのがソーシャルネットである。

いくら戦争の悲惨さ、動物虐待の悲惨さを訴えようとしても、いきなりそんなまともな神経を持った人間なら正視に耐えないような写真を見せられたら気分が悪くなるだろう。心の傷(PTSD 心的外傷後ストレス障害)を負ってしまう人もいるかもしれない。それではいくら戦争の悲惨さ、動物虐待の悲惨さを訴えよう、正義を振りかざそうとしても人には伝わらない。

私は表現者である。音によって表現を行う。勿論音楽というのは嗜好性が高いものでどんなに名曲といわれる曲でも100人が聴いて100人が気に入る音楽などこの世に存在しない。

しかしだからといってひとりよがりのものを作っていいということではない。聴く人のことを全く考えない表現など単なるマスターベーションの「自称芸術」というもの以上のものではないからだ。

もう忘れた人も多いだろうが先日の佐村河内ゴースト作家事件での新垣を始めとするアカデミズム系の現代音楽などはまさにこの口だ。やたらにプライドだけはでかく自分たちの音楽をわからない奴はバカだ、おれたちはこんな高度なことをやっているんだ、などといいながら実際には自分たちが既に相当時代遅れのことをしていることにすら気づかない、そんなマヌケ連中だ。

私は途中でそのことに気づいた、ソーシャルネットだからといって何でも安易にシェアしていいわけではない。自戒の意味を込めていうが見出しや写真だけ見て安易にシェアするのはやめるべきだ。そしてそのニュース、情報源が本当に信頼できる情報源なのか。そのことを見極めて、なおかつ自分のシェアの仕方は人に伝わるのか、人を不愉快にさせないか、ということを考えながらやらないといけない。私自身かなりソーシャルネットでその手の失敗をしているのでその点は慎重になるべきであろう。

戦争や動物虐待等の悲惨な事態を訴えるために、悲惨な写真が必要であることは確かである。しかしそれらはみるには特に一般の人には相当な心の準備が必要である。そしてソーシャルネットの友人の一部を不愉快な気持ちにしないためにも少なくともいきなりタイムライン上に写真を表示するような投稿はせず、リンク先の画像を表示しない設定にし「閲覧注意」と書くぐらいの配慮は必要であろう。

悲惨な現実から目をそむけろといっているわけではない。ある表現、特にきつい表現が入っている場合は配慮が必要だということ。案外悲惨な写真を平然と見れるような人は実際には何の悲惨さも感じずにそれこそ集団自衛権容認賛成、この国を「普通に戦争できる国にすべき」などと主張したり、平気で人殺しに加担したりする可能性がある。

結果的にそういう人間と同類になってしまう危険性は確かにある。

twitterでもそうだが特に日本人は情報源が信頼できるものかどうか確かめもせず、安易にシェアする傾向が強すぎる。だからデマ拡散に結果的に加担することが多い。別に早く拡散したところで賞金がもらえるわけではないのだから早く拡散しようという癖はなくした方がいい。

自戒の意味もこめてソーシャルネットでのシェア、これは最大限の配慮をしながら行うべきだろう。過ちを繰り返さないために


| | コメント (0)

2014年7月12日 (土)

大野のテーマミュージック作曲"Viva Peru" いよいよ7月13日からMXテレビ(902)よりレギュラーオンエア!!

4月と5月にオンエアしました旅番組、''Viva! Peru!''がいよいよ明日7月13日から毎週午後6時30分 MXテレビ(地デジ9チャンネル)で全12回レギュラーで放送開始いたします。

7月13日(日)より毎週18時30分~45分 MXテレビ第二にてオンエア!!
(地デジの9チャンを回したら、「チャンネル」を押すとMXテレビの092になります。)

http://www.mxtv.co.jp/bangumi/create_html2014.php?date_value=20140713

尚、MXテレビは東京ローカルですが、神奈川県の東半分(厚木市くらい)埼玉の南半分 (桶川市近辺)千葉の西半分(成田市くらい)まで試聴可能です。(メドは高速の圏央 道、北関東自動車道あたりといわれます)

尚、レギュラーオンエアに合わせまして番組のために作った3曲の題名を考えました。 ペルーアンデスの旅の番組ということでタイトルをいずれもスペイン語にしています。

1.メインテーマ曲ー Canción de viaje de Andes (アンデスの旅の歌)
ほぼ毎週流れると思います。n

2.サブテーマ- Vamos a la fiesta (お祭りに行こう)
 番組では現地のお祭りやイベントのカットが多いですので。

3サブテーマ-La puerta de la historia (史跡)
     番組では世界遺産のマチュピチュを始め民芸品の製作や史跡をめぐります

Quena2
ケーナ(写真上)は竹でできていて日本の尺八に近い楽器ですが、リコーダーにも似ています。そのせいか我々日本人が聴いて何か親しみやすいものを感じますね。

私には珍しいフォルクローレ調の曲です、よろしければお聴きください。


| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水)

実はもう終わっているダウンロード 音楽配信の時代

日本におけるSpotifyのサービス開始、一時は6月という話もあったが結局また見送りのようだ。一体いつになったら始まるのかわからんがいい加減ゴネている会社なんか置いて行ってサービスを開始しちゃえばいいのに、と思うのは私だけ?

既に欧米では完全に主流になりつつある音楽のオンデマンドストリーミングサービスについては既に日本は大きく遅れを取っている。私がSpotifyPandoraのようなオンデマンドストリーミングサービスに期待しているのは以下の理由からである。

1、純粋なストリーミングで「ダウンロード」ではない(You tubeなどはキャッシュがブラウザにダウンロードされる)したがって違法にダウンロードされる可能性はない

2.「ダウンロード」ではないため、音楽を最初に聴く場合に時間がかからない。またmp3だけでなくwavや高音質(ハイレゾ)の音源をユーザーに提供することも可能

3.オンデマントであると同時に「新たな音源(新曲)」の情報もユーザーに届くシステムになっており、コンテンツホルダーからすれば「宣伝手段」にもなるし、ストリーミングによる収益にもなる

そしてだいぶ前だがこういう記事がある。

Screenshot20140703at125006pm

■アメリカのオンデマンド音楽ストリーミング、対前年比42%アップ―ダウンロード販売は衰退へ
http://jp.techcrunch.com/2014/07/04/20140703streaming-is-killing-downloads/

2014年上半期のNielsen音楽市場レポートが 発表された。これによると、デジタル音楽の消費チャンネルはダウンロードからオンデマンド・ストリーミングに急速にシフトしつつある。オンデマンド・スト リーミングは対前年同期(上半期)比で42%のアップとなっている。2014年上半期には700億曲がストリーミング再生された。逆に、デジタル楽曲のダ ウンロードは13%ダウンして5億9360万曲に、アルバムのダウンロードは11.6%ダウンして5380万枚となった。

Nielsenのレポートを読むと、AppleがBeatsを買収したのは賢明だったと思えてくる。つまりiTunesのダウンロード販売モデルは急速に衰退しつつあるからだ。楽曲のオンライン、オフライン販売が低調だったため、ストリーミングを含む音楽産業全体の売上も3.3%ダウンした。

 

一方、独自の趣味を持った若い層の影響だろうが、アナログ・レコードの販売が対前年比で40%もアップし、400万枚となった。販売を伸ばした物理的媒体はこれだけだった。

アナログレコードが復活しつつある、という話は既に当ブログで何回も書いている。そして音楽配信、ダウンロードの衰退が明らかに始まっている。個人的にはダウンロードはなくなることはないとは思うが、ダウンロード音楽配信の時代はもう終わったといっていいと思う。結局音楽配信は大きく成長することもなく時代を終焉させることになる。先ほども話したがストリーミングならハイレゾもできるので音楽を楽しむということならストリーミングがおすすめである。

ネットではCDの次は音楽配信だ、などという論調が圧倒的だったが、よく考えたらCDより明らかに商品のクオリティが落ちるmp3の音楽配信がmp3より音質のいいCDに完全に取って代わられるなどという発想は本当にばかげている。これはそこそこのレベルのレストランの料理がコンビニ弁当に取って代わられるなどというようなものだ。だから冷静に考えれば明らかに品質が劣化する商品の普及を「イノベーション」だなどと本気で信じること自体正気の沙汰ではない。しかしついこの間までいわゆるネット住民だけでなく世の中の大多数の人はそう信じていた。

仕事の関係等で私もだいぶダウンロードしたけど、結局あまり聞いてないというのが正直なところ。はっきりいって、やっぱりいい音で音楽聴きたいからだ。でも本当にいい音は最終的にはアナログレコードということになるだろうか?

いずれにせよ認めたくない人もいるかもしれないが、音楽配信の時代、ダウンロードの時代は終わったといっていいだろう。


| | コメント (0)

ライブ・イベント産業展に行ってきました。

先週のプロダクションEXPO / クリエーターズEXPOに続き本日は同じ東京ビッグサイトのライブ・イベント産業展に行ってきました。このイベントは私の知る限り今年初めて開催されるのではないかと思います。

Event_expo0

エーベツクスの基調講演と勿論「主目的」の営業です。基調講演会場にて業界仲間と落ち合う予定です。

Event1
第一の目的の会場です。途中からの参加だったのですが(うちから有明まで遠い(汗))正直私的にはそんなに目新しい話ではありませんでした。但し、音楽をただ流すだけではダメだ等既存の音楽業界人にとっては厳しい話かもしれません、後半しか聞けませんでしたので、感想等を書くのは適切かどうかわかりませんが、もはや音楽という商品だけではだめでライブ、それもビジュアル、映像、モバイルメデイア等あらゆるメデイアを利用すべきである、という点、そのためには「音楽業界」という殻に閉じこもるのではなく他分野にも積極的に進出して事業分野の拡大をすべき、という話だったように思います、
正直私的には何をいまさら、という内容ですし、当ブログをよく読んでくださっている方は私がかなり昔から当ブログにも書いていることはおわかりだと思います。正直私が云っても誰も聞く耳もたんかったくせに、エーベックスグループの社長がいうとみんな耳傾けるのか、という感じで少し不愉快な気分になりました。
まあ日本では「何をいったか」ではなく「誰がいったか」の方がはるかに重要という感じなんでしょうね。レコード会社関係者も多かったようですが今更「有意義な話を聞いた」みたいな顔をしていたのが感じられましたので、未だパッケージの大量販売にこだわる業界の体質がむしろ浮き彫りになった印象が正直あります。

続きを読む "ライブ・イベント産業展に行ってきました。"

| | コメント (0)

2014年7月 3日 (木)

クリエーターズEXPO プロダクションEXPO 2014年を見て

昨年もこれに関して記事を書きましたが、今年も友人がクリエーターズEXPOに出展している点もあって行ってきました。

Creatorexpo0

そして殆どつながっているプロダクションEXPO はクライアントになりうる会社への訪問。資料もたんまり用意して行きました。うちのような弱小事務所はこういうことしないといけませんのでね.。

Creatorexpo2

今年も盛況のようでした。昨年の記事にも書きましたが個人のクリエイターが自分の作品を展示できるっていいですね。

Creatorexpo1

昨年は音楽関係者2〜3人しかいませんでしたがど今年は昨年と比べて倍以上になりましたね。それでもデザインとかイラストレーターと比べると圧倒的に少ないですが。。

続きを読む "クリエーターズEXPO プロダクションEXPO 2014年を見て"

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »