Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月26日 (木)

チャゲアスCD回収は日本人が音楽を聴いていない、尊重していないことの証明

ご存じの方も多いと思うが以前こういう記事を書いたことがある。

■音楽をきちんと聴かなくなった日本人、「いい音楽」を自分で選べない日本人
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2014/03/post-18b4.html

賛否両論があったこの記事だが今日測らずもこの傾向を証明する事態が起きた。

チャゲアスCDなど、ヤマハも回収…総会で表明(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140624-OYT1T50178.html

人気デュオ「CHAGE(チャゲ) and ASKA(アスカ)」(チャゲアス)のASKA(本名・宮崎重明)被告(56)による覚醒剤取締法違反事件を受け、ヤマハ(浜松市中区)の中田卓也社長は24日の株主総会で、販売権を持つ約800曲についてCDや映像作品の回収を進めていることを明らかにした。  

同社によると、チャゲアスは以前は同社グループに所属し、「SAY YES」や「YAH YAH YAH」など約800曲について同社がCD化やネット配信の権利を持っている。ASKA被告の逮捕後の5月19日以降、チャゲアスとASKA被告のソロ名義のCDやDVDを回収し、ネット配信も停止した。  中田社長は総会で「社会的影響を十分に考慮した」と述べ、理解を求めた。

「社会的影響」???  一体ASKAの犯罪とチャゲアスの音楽がどう関係あるというのだ!?  そもそも相方のチャゲには何の罪もないだろ?

なんか日本という国は勘違いしている

わざわざいうまでもないが覚醒剤取締法違反事件で逮捕されたASKAを擁護する気などさらさらない。

このことは結局音楽をきちんと聴いていない、文化として尊重していない、ということの表れじゃないかね。ASKAの覚醒剤所持やその周辺のできごとに対しては私も嫌悪感を覚えるが、それと、「SAY YES」や「YAH YAH YAH」を始めとする一連の曲は全くの無関係である。関係があると主張するのならどう関係するのか説明すべきだ。ASKAが歌っているから、というのは全く理由にならない

たとえば美術でいえば、ルネッサンス時代のカルバッジョは殺人を犯したから作品の展示をすべきではない、といっているのと同じこと(実際彼は本当に殺人を犯している)
でも今美術界でそんなこという人いないでしょ。

結局は今日本の会社ではびこっている「事なかれ主義」、経営者の「保身」というのが主な背景にある。チャゲアスのCDを回収しないで騒いでいる奴がいるとすれば、愚かでヒマな「ネット住人」くらいだろう。こいつら「処刑対象」を血眼になって探す社会の害虫だ。もしこいつらが過激な行動を取れば警察に「駆除」させればいいだけのこと

これらの行為は音楽を文化として尊重していれば出てくる行為ではない。

結局日本という国は音楽をきちんと聴かない、音楽文化を尊重しない事なかれ主義で「世間を騒がした」ものは問答無用で排除する。そんな国になってしまった。

上記の私の記事に批判的な人も多かったが、YAMAHAの今日のこの発表は残念ながらそうした風潮を図らずも証明したことに他ならない


| | コメント (0)

川上量生ドワンゴ会長インタビュー [ネットの対決はオールドメディアが圧勝」「最後は有料モデルが勝つ」

だいぶ前の記事でもドワンゴの川上さんのインタビューを引用し、それに対して好意的なコメントを書いたため、多くのITギーグと呼ばれる人たちから大いなる反発を食らったが(笑)

今回の記事も認めたくないネット住人は多いだろうが、インターネットやそのコンテンツビジネスについてかなり真実を述べているといっていいだろう

■「ネットはオールドメディアが圧勝」
――川上量生ドワンゴ会長インタビュー
http://diamond.jp/articles/-/55086?fb_action_ids=10203932198932807&fb_action_types=og.likes&fb_source=other_multiline&action_object_map=[766643506690791]&action_type_map=[%22og.likes%22]&action_ref_map=[]

川上氏はIT起業家に得てしてありがちな、「IT革命論」や過剰なまでに「ネットの可能性」をいいたてるのではなく、ドワンゴ、ニコニコを通してネットの中のコンテンツビジネスを冷静に客観的に分析している、という面で「地に足がついた」議論になっているところが素晴らしい。
これは川上氏がITの世界に閉じこもるのではなく他の業種とのコラボレーションをやって成長してきた経緯があるため、他のIT起業家と違い広い視野で見ることができるためだと思われる。はっきりいってIT系の経営者で殆ど唯一まともなことを言っている人といっていいだろう。

今、ネットメディアは無料モデルが席巻していると思われています。無料の方が記事は拡散しやすく、有料にすると記事が読まれないという認識があるからです。

 ただ実は、有料記事でも拡散されている記事が目立ち始めています。これは重要なポイントですね。

<中略>

ネットメディアというのは、相変わらずアービトラージ(さや抜き)モデルですよね。自分で取材しないで、他媒体のニュースを集めたり、そのニュースを見て記事を書いたりしています。ページビュー(PV)を集め、広告収入を得るというモデル。人件費を抑えることで運営してきました。 結果として、そういうメディアが多数でてきたために過当競争になり、市場が荒れ地と化しました。数十人レベルで影響力のある媒体はできましたが、そこから大きく成長したものはなく、成長の道筋もない。

このモデルって古臭いし、将来性がないのです。つまり、ネットメディアは、ビジネスモデルを作れていないと言えるでしょう。

――新興のアプリ会社は、ベンチャーキャピタルなどから資金を得て、テレビ広告を打ち利用者を増やそうとしています。

それもね、このまま永続するモデルではないのです。結局、コンテンツを自ら作っているところが勝つと思いますよ。みなさん、勘違いしていますよ。本当に勘違いしている。新興のネットメディア対オールドメディアの勝負は、実のところ、オールドメディアの圧勝です。それを、わかっていない。

川上さんは世間的には「まとも」な人なのだがどうも私のみるところ。ITの世界ではまともに思われていないらしい(笑)、ご存じの通り当ブログで川上さんの見解を賞賛したらいわゆるITギークといわれる連中から多いに反発を受けたのは記憶に新しい。中川淳一郎さんも指摘しているように、ITギーグ連中の多くは「ネットが他のメデイアを凌駕する、優れている」という言質以外を受け入れようとしない、(こういう連中を中川さんが云うところの「ネット教信者」という)まあそういう連中は認めたくないだろうが、残念ながら上記の川上さんの分析は正しい。

そういう連中に対してはひとことでいって、

いい加減夢にすがっていないで現実を見ろよ、

        といいたくなる。

続きを読む "川上量生ドワンゴ会長インタビュー [ネットの対決はオールドメディアが圧勝」「最後は有料モデルが勝つ」"

| | コメント (0)

2014年6月12日 (木)

プロ、クリエーターに無償(ギャラなし)で仕事依頼する風潮について

本日twitterにこれを書いたらたちまちリツイートの数が100を超え、今も増え続けている。

「モノには原価があるけど 技術はタダでしょ。こういう発言を実際見たことがある。日本からこの風潮がなくならない限り閉塞状況は続くと思うしどの面下げてクールジャパンだ、ということになる。■どうしてプロに無償で仕事依頼しちゃダメなのか::

どうも昨今ネットではこの話でもちきりらしい。当ブログでもこういう記事を書いた。

■コンテンツー形のないものにお金を払いたがらない日本人ー文化程度の低さ、文明国家とは到底いえないコンテンツに対する意識
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2014/02/post-1031.html

この記事の中でもtwitter経由でこのような情報が入ってきた

サイバーエージェントはイラストを作家に依頼した際、ギャラの事を聞かれて「そんなことより、XXさんには夢とか無いんですか?有名になりたいとか名前を 売りたいとか」とか言いだして、ギャラのことをうやむやにしようとしたそうで、すげえなと思いました いい根性の会社だと思います 

上記の記事があれだけリツイートが多いというのは実際問題として同じようなシチュエーションを経験している人が多いということだろうか?

■どうしてプロに無償で仕事依頼しちゃダメなのか:http://d.hatena.ne.jp/goto-ahiru/touch/20130207/1360241556

私もサラリーマンを経験した時代があったが、サラリーマンにはサラリーマンなりの大変さがあるのがわかるが、それでもサラリーマンは変な話「天から給料が降ってくる」立場で極端な話別に仕事をしなくても困らない。しかし私のようなフリーランスは一時間一時間が直接生活にかかってくるため、そういうわけにはいかない。我々はサラリーマンと違って「時間」とその技術を売って生活しているのである。

一方、先日の記事では批判してしまったが、つぶやきかさこさんの有名な記事があるがこれが昨今の事情を言い当てている

サラリーマンは自営(フリー)の気持ちがわからない
http://kasakoblog.exblog.jp/15108812/

実際「サラリーマンの担当者」の中にはプロやクリエーターが"技術"をお金に変えて生活しているということを理解できていない人が少なくない。上記の記事の中で"技術"を無理やりモノに置き換えて例えると、

八百屋さんに「このリンゴ、タダでちょうだい」とか
「今日の買い物分、全部タダにして」と言っているようなものです。
場合によっては、「数日分の買い物をタダにして」位のこともあるかも。

さらに「ここの店はタダでくれるよー!って宣伝してあげるね」と

いかにおかしなことを云っているかわかるであろう。

"手に職系"技術者は一般的な雇用と異なり、時間+αによってその職業が成り立っています。 この+αこそが、その人ならではの"技術"。

このことを理解できない人間が本当に多い。

モノには原価(仕入れ値)があるんだよ。 "技術"はタダでしょ。ちょっとやってくれてもいいじゃん!!

こういう発言を実際本当に目の前でしている人間を見たことがある。 結構有名な会社(はっきりいうがベンチャー系にものすごく多い)の人間で平気でこういうことをいう奴が多い

しかしこの記事

ギャラを言わずに仕事を頼む会社は要注意
http://kasakoblog.exblog.jp/15191248/

これらを見ると単なる「コンテンツ」とか「ノウハウ」はタダでしょといった短絡的な観点だけではない日本社会、しいては日本人自身の国民性に関わる問題があるように思える。

続きを読む "プロ、クリエーターに無償(ギャラなし)で仕事依頼する風潮について"

| | コメント (0)

2014年6月11日 (水)

私の昔の作品と「ヒーリング系」の作品、それと今後作曲活動について

ご存じの通り私は最近自分の作曲活動を劇伴音楽、映画音楽の作曲中心にシフトしているが、いわゆるメジャーシーンの作曲家として定着したのはヒーリングやアンビエント音楽の作家で1989年に発表した眠りのための"Sleeping Music"が最初である。

一応現在でもこのCDに収録されて一般市場に出てはいるのだが

Stress

ビクター Colezo! Best! ストレス解消(VICG-41168)
税込\1850

正直この手のCDではかなりのセールスを記録したといっていいだろう。(30万枚) また音楽ではいわゆるニューエージミュージックのような曲もあったが、基本はアンビエントー環境音楽を音楽療法的に特化した音楽である。今では誰でも普通に使っている「受動的音楽療法」なる言葉を最初に使いだしたのはたぶん私だと思う。昔の音楽療法の学会を始めとする音楽療法士といわれる人たちには「そんな種類の音楽療法は存在しない!!」などと怒鳴られたものだが.(笑).

だいたい2000年頃を境にメジャーメーカーが続々とヒーリングの分野から手を引いている中でこうしてまだ廃盤にもならずに残っているのは奇跡的ともいえるが、私自身もここ10数年はいわゆるヒーリング音楽なるものから精神的にも、そして当然ながら売上も下がっていることから離れていたのは事実である。だから正直昨年、コーセー化粧品の「コスメデコルテAQMW」の「ヒーリングラプソデイー」なるキャンペーンのための作品の依頼を受けた時も一瞬躊躇したのは事実である。結果的に好評だったのでよかったけど..

続きを読む "私の昔の作品と「ヒーリング系」の作品、それと今後作曲活動について"

| | コメント (0)

2014年6月 8日 (日)

フランスのボーカリストStѐphanie Thazarのファミリーライブ見て思う日本の音楽状況の深刻さ

先月も開催されたARTIST NIGHT に昨日行ってきた。先月は海外の映画関係者も結構参加していたが、今回はその手の人はあまりいなかった。

しかし得るものは大きかったのは、フランスで活動しているStѐphanie Thazar(ステファニー タザー)のパフォーマンスをみることができたからで、ライブ自体は内輪の無料イベント(欧米では「ファミリーイベント」という言い方をする)として行われた.

Stephanie0

Stѐphanie Thazar(ステファニー タザー、以下ステファニー)はフランス領レユニオン島出身(インド洋モーリシャスの隣の島ー地図) 出身でフランス、アフリカ、インド、中国の血が混じっている。フランス語だけでなく英語も流暢に話してくれるので助かった。

Stephanie2

パフォーマンスは素晴らしくノリもパワーも日本人とは桁違い。会場に日本人も結構いたが、殆どは初めてステファニーの曲を聴くはずなんだが、全員ノリノリの大盛り上がりイベントとなった。

狭い空間での「ファミリーライブ」だから余計に感じたのは日本人のボーカリストとのあまりにも違いすぎる歌唱力の違い。世界で戦うにはこれだけのものが必要なのだ。こんなものを聴かされるとAKBだ、ジャニーズだなんてのは恥ずかしくて世界に本当に出せない。一緒に論じることすらおこがましいというのを改めて感じる。はっきりいって日本人のボーカリストの殆どがこの歌唱力に太刀打ちできないだろう。できたにしても片手に数えるくらいしかいないかな。

何でも休暇でたまたま日本に来ていたらしいが、ちょうど昨日行われたAKBの総選挙という茶番を見られないで済んで良かった。赤っ恥かくところだった。

続きを読む "フランスのボーカリストStѐphanie Thazarのファミリーライブ見て思う日本の音楽状況の深刻さ"

| | コメント (0)

2014年6月 4日 (水)

クリエーターに有効、仕事プロフェッショナル専用SNS LinkedInの可能性

実はあまり使っていなかったけど一応アカウントだけは持っていたLinked In

最近少し使い方がわかってきた。
SNSといってもmixifacebook、そして私自身は使っていないがLineとは全く違ったものである。

しかし仕事、プロフェッショナルな人間のSNSツールとしてはmixifacebookよりも可能性があるように感じ始めた。

Linked In当ブログの前の記事のようにどこどこで遊んだとか友人との記念写真をアップするといった使い方は一切できない。そういう使い方を想定したSNSではない。

だが主に海外のプロフェッショナルとのコンタクトを取る方法としては非常に有効なツールである。

最近知ったのだがLinkeIn の中に「グループ」というのがあってそこで自分のfacebookサイトや公式サイトも宣伝できる。「グループ」はかつてmixi やっていた人ならわかるが、mixi「コミュニテイ」のようなもの。「グループ」に参加許可が下りればすぐに自分の発言ができる。

「グループ」には音楽のプロフェッショナルや映画関係、うれしいのは映画音楽に特化したグループもあった。勿論俳優さん、女優さんがハリウッド関係とコンタクトできる「グループ」もある。(オーデイション情報が逐一入ってくるらしい)

仕事に関係する、プロフェッショナルやクリエーター同志のコンタクトを前提としたSNSなので某mixiのように募集記事を書いて「商用利用だ」などと騒ぎ立てるバカもいない。というかそういうアホなヒマ人君たちが遊べる場所がないから、Linked In賢い、きちんとした人しかいないので、これから日本のみならずグローバルに仕事をしたいと考える人にとっては有効なSNSかもしれない。云ってみれば自分のプロフェッショナルな履歴書を24時間、世界中に公開するSNSである。

ただ勿論、友達と写真をシェアしたりとか、楽しい記事を書くとかといってことには向いていないので、特定のプロフェッショナルやキャリアの人、クリエーター以外の人にはつまらないかもしれない。当然アホなヒマ人君はかまってもらえないからつまらないSNSに感じるだろう。でもはっきりいわせてもらうが、それでいいのだ!!

「グループ」といっても殆どが英語のもので日本語のものは「バイリンガルや翻訳」関係や経営者、起業家関係を除くとまだ少ない。幸いにして英語には不自由しないのでこれからもっと使おうかなとも思う。

ためしにLinked Inで私のフェースブックページを掲載してみた。「イイネ!」が一気に増えた。
https://www.facebook.com/pages/Kyoji-Ohno-Music-Composer-and-arranger/118787824854931

今まで殆どプロフィール閲覧者は少なかったけど少し増えるかもしれない。mixifacebookとは全然違う考え方のSNS。この両者に比べて確かに地味ではあるけど使いこなせるようになると有効なツールになるかも

というわけでよろしかったら私のLinked Inサイト覗いてみて下さい

http://www.linkedin.com/pub/%E6%81%AD%E5%8F%B2-%E5%A4%A7%E9%87%8E/4a/640/132

英語サイト

http://www.linkedin.com/pub/kyoji-ohno/4a/640/132/en


続きを読む "クリエーターに有効、仕事プロフェッショナル専用SNS LinkedInの可能性"

| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

久々参加!! 猛暑の中のBBQ大会@晴海埠頭公園

このBBQ大会、かつては「映像&クリエーターBBQ大会」と銘打っていましたが、テレビデイレクターのI氏主宰のBBQ大会に久々に参加しました。

Bbq20141

Bbq20142

I氏とはかつてNHKのEテレビの「シャキーン」という番組でいっしょに仕事させてもらいましたが、最近私も劇伴関係とか音楽教材関係の仕事でこのイベントになかなか参加できませんでした。しかしこの集まりから多くの人脈を広げることができましたので、やはりこういう会には可能な限り参加しようと思っています。我々にとって人脈は命ですから

それにしても暑かった。

よりによって全国軒並み今年最高気温を記録。

あとで聞いたのですがフジテレビのあるお台場は36度(!)を記録したようです。このBBQ大会は水路隔てて隣ですがら、そのくらい気温があったかもしれません

このBBQ大会、一時と比べると映像関係やクリエーターの割合は減りましたが、それでも今回は映画監督とプロデユーサーにあらかじめ用意していた資料を渡すことができました。

続きを読む "久々参加!! 猛暑の中のBBQ大会@晴海埠頭公園"

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »