Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 美味しんぼ騒動を見てー過剰反応と「風評」を盾にした言論と表現の弾圧、独裁国家の体をなしてきた日本(今回も長文注意) | トップページ | AKB商法はもはや潮時ー日本のあらゆる不健全な病巣の凝縮したユニットは解散させるべき »

2014年5月28日 (水)

明るいお別れ会ードクター丸野廣を偲ぶ会

実はインターネット経由でかつて私のヒーリングシリーズ「サイコジェネシス【マインドコントロールミュージック)」の音楽の推薦文を書いて下さった精神科医師の丸野廣先生の訃報を聞かされました。葬儀は近親者のみの密葬だったらしく、先生にお別れをいえず悶悶とした日々を送っていました。

140527_200101

丸野廣 1931-2014

丸野先生の経歴についてはこちらをご覧ください
http://www10.plala.or.jp/minamishinjuku/

丸野先生に推薦文を書いていただいた一連の私の作品

SleepDiet

これら一連の作品に推薦文を書いて下さりその後もいろいろとお世話になりました。

しばらくご無沙汰でしたが先日訃報を聞き急遽こういう恰好で駆けつけたのですが...

Kyoji052714

実は...

今日は「お別れ会」といっても気楽に楽しみながら「偲ぶ会」で喪服を着ていたのは私ぐらいでした(汗)

いかにも気楽でイージーゴーイングだった生前の先生の人柄を反映しています。丸野先生は精神科の先生ですがジャズの重鎮マーサ三宅さんに支持してジャズシンガーとしても活躍されたユニークな先生でした。

その先生にふさわしく、「湿っぽい」お別れ会ではなく半分飲み会といっていい「偲ぶ会」でした、会場の告知板もこんな簡素なものです。

140527_181901_2

会場では丸野先生にまつわる詩の朗読会それと丸野先生と同じマーサ三宅門下生のジャズライブがとりおこなわれました。

140527_190901_2

140527_193301_2

140527_194701

気楽で楽しい「偲ぶ会」という名のパーテイーでした。いかにも丸野先生らしいお別れ会です。

丸野廣先生は単なる精神科の医師だけではなく、音楽文化を始めとする文化に精通していました。私も先生とお仕事ができて心からよかったと考えております。

80を過ぎたときもとても80過ぎの老人には見えないほど若々しかった先生だけに残念です。

改めて心からご冥福をお祈り申し上げます

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。