Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月24日 (木)

このままいけば経産省の「クールジャパン」は間違いなく失敗。マーケット戦略不在とクリエーター軽視が問題

以前こういう記事を書いたが

秋元康のクールジャパン推進会議にみる政府と経産省のお粗末な内容とコンテンツやクリエーター軽視の態度
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2013/04/post-16d8.html

確かに元々「クールジャパン」なるものは鳩山政権の頃から出ていたが安部政権や経済産業省が推進している、となると何やら胡散臭い部分がどうしても出てくる。

そしてやはりそう感じているのは私だけではないということが以下の赤田祐一氏とソニー・デジタルエンタテインメント社長・福田淳氏の対談でもわかる。

■クールジャパン、なぜ国の主導だと失敗?無駄で誤った予算の使い方と、戦略の欠如
http://biz-journal.jp/2014/04/post_4661.html?fb_action_ids=10202465363968591&fb_action_types=og.likes

長いのでポイントとなる部分だけ引用させていただく

福田淳氏(以下、福田) 最近よく、クールジャパンなどといわれますが、米国ロサンゼルスの友達に「自分のことクールって言うのがまずクールじゃないけど、それって何?」と笑われました。

赤田祐一氏(以下、赤田) 確かに、ちょっとおかしいですね。

<中略>;

福田 経済産業省が主導する「クールジャパン推進会議」(第2回)の議事録(13年4月3日)を読んで驚きました。ある委員の方が、「台湾 のお客様をお招きした際に、おもてなしのバーベキューをしたり、金魚すくいをしたりして喜ばれた。これこそがおもてなしの心、つまりクールジャパンなん だ」と話していたのですが、本質的なところが抜けていると感じました。

<中略>;

その国特有の文化が、各国にいろいろありますよね。日本にも温水洗浄便座やウスターソースなど、海外に普及している商品がいっぱいあります。エンターテインメントの分野でも、アニメやコミック、アートなどは世界に広まっています。

 それを国がクールジャパンとして普及促進しようとすると、「英語字幕の補助金を出します」などと実務的な話になってしまいます。「それらのコンテ ンツを、どうしたら外貨を稼ぐものにできるのか」「今それができていないのは、どうしてなんだろう」という話にまでならないのです。

赤田 サブカルチャーなどは、お上(国)から出てくるものではなくて、やはり下(市民レベル)からわき上がってくるようなものが面白いわけで、お上主導で進めるのは無理だと思います。

続きを読む "このままいけば経産省の「クールジャパン」は間違いなく失敗。マーケット戦略不在とクリエーター軽視が問題"

| | コメント (0)

2014年4月20日 (日)

音楽愛好家による音楽愛好家のためのイベント Record Store Daysの今後に期待!1

以前こういう記事を当ブログにて書いたのをおぼえていただいているだろうか?

■音楽マーケット異変あり! アメリカで音楽配信衰退の兆しとアナログレコード売上急増中
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2014/01/post-46c2.html

昨日全国のアナログレコードを販売するお店が提携してRecord Store Day Japanのイベントがとりおこなわれた。このRecord Store Days をご存じない方のため簡単に説明するとアメリカのBull Morseの店員 Chris Brownが全米の書店でのマンガのプロモーションイベントFree Comic Daysにヒントを得て発案、2007年にEric Levin、Michael Kurtz、Carrie Colliton、Amy Dorfman、Don Van CleaveBrian Poehnerによって創始され、全米700店舗超、海外に数百を数える独立資本のレコードショップとアーティストが一体となり、レコードを手にする面白さや音楽の楽しさを共有する、年に一度の祭典である。日本では2011年に始まり今回が四回目となる。

Record Store Days 公式サイト http://www.recordstoreday.com/

このRecord Store Daysの大きな特徴として、このイベントがアーチストの全面的な協力によってとりおこなわれている点でMetallicaがサンフランシスコのラスプーチン・ミュージックでオフィシャルにキックオフ。以後次々と協力を表明するアーチストが現れ、ビ―ステイーボーイズ、トッドラングレン、デュランデュラン、さらにジェリールイス、ビーチボーイズアルジャーデインといった大御所までも協力を表明。毎年アメリカではアンバサダーとして、メタリカ、オジー・オズボーン、イギー・ポップなどが就任し、2014年は Public Enemy のチャック・D が就任等全世界的にはアーチストとアナログレコード店のコラボレーションイベントの様相を呈している。

日本ではASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文Gotchというユニットでアンバサダーを勤め今回のイベントを盛り上げるのに大きく貢献した。

タワーレコードを始めDisc Unionを始めとする全国のアナログレコードを販売するレコード店がRECORD STORE DAY限定アナログ商品を始めこの日でなければ手に入らないグッズを販売。さらに各お店独自のキャンペーンを行った。

例えばタワーレコードはRECORD STORE DAY特製ショッピングバッグを使用!Vestax ベスタクス USB出力機能スピーカー内蔵 ポータブルターンテーブル handytrax USB White抽選でプレゼントといったことを行っている。
http://towershibuya.jp/news/2014/04/14/7577

そしてその反響は? 下の図を見てください。下北沢のJet-Setの画像です。

Jetset

何と開店前から長蛇の列で入店規制をしています。

もう一度いいます。入店規制です

こんな光景見たことありますか? その辺のCDショップで...

続きを読む "音楽愛好家による音楽愛好家のためのイベント Record Store Daysの今後に期待!1"

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

大野&みるとジョイントライブ満員御礼-ご来場ありがとうございました

本日オカリナ奏者みるとさんとのジョイントライブ
"As We Wish" - Kyoji Ono & Milt Joint Concert

無事盛況ー満員御礼の状態で無事終了いたしました。ご来場いただいた方、本当に

ありがとうございましたm(_ _)m

Casaclassica_bow

みると君とはだいぶ前からのお知り合いでしたが、同じ日にライブをしたのは数年前のセプテンバーコンサート以来、またいっしょにやりましょう、という話はだいぶ前からしておりましたが、本日ようやく実現いたしました。

Photo

オカリナという楽器はニューエージ的なイメージがありますが、みると君のバンドはギターとバイオリンを加えたトリオで非常におしゃれなサウンドです。その通常のオカリナのイメージとは違うおしゃれなサウンドがテレビ朝日のニュース番組「ポータル」のエンデイングテーマに選ばれました。

続きを読む "大野&みるとジョイントライブ満員御礼-ご来場ありがとうございました"

| | コメント (0)

2014年4月11日 (金)

昨今の日本の音楽ー世界の音楽状況に対するクリエーターの放談

いつもいいたいことは書いているつもりだけど今日は特に本当にいいたい放題書きます。
かなり表現もきついので、こういうのが苦手な人は決して読まないでいただきたい。

昨日こんな記事をみつけたけど
どうしてこんなに人気なの? EXILEが好きになれない理由
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140409-00000212-cakes-peo

まあたぶん「いいとも」のあとに入った「バイキング」などというどうでもいい番組のMCにAtsushiが入った云々のことをいっているんだろうけど、正直私にとってはどうでもいいことだ。「J-pop滅亡宣言」なる記事まで書いている私からすればEXILEファンには申し訳ないが「Atsushi 大好きなの」などと某女性ファンがいっても「あ、そう」

だから何?

ぐらいにしか思わない。

同じように当ブログで何回も記事を書いている佐村河内守にしたって、その事件の背景にある諸問題について述べているだけであって佐村河内守自身は私にとってどうでもいい。なんだかんだ能書きを記者会見で述べてもゴースト作家を使ったという事実は消えないし、私はゴースト作家の存在そのものに反対している。音楽業界からゴースト作家なるものをなくしたいが、ご存じの通り音楽業界は再発防止の対策を打ち出す素振りすら見せていない。

要するに今の日本の音楽の状況には全く興味がなくなったのだ。日本の音楽は世界的に見て「ガラパゴス」といわれるが、「ガラパゴス」だったら貴重な種の動植物が生息しているが今の日本の音楽に貴重なものなど何もありゃしない。尊重すべき文化といえるものなど全くないし、そもそも音楽文化を創るなどといおうものなら罵倒と嘲笑が待っているのが日本の音楽業界だ。作品にしたって「パクリ」しかなく創造性など欠片もない。こんな日本の音楽を「ガラパゴス」なんていったらガラパゴス島の人に失礼だ。

別にグローバリズムなどという言葉を持ち出すつもりはない。ていうか私はIT系やエコノミスト連中がいうグローバリズムなんて胡散臭くて嫌いだ。だいたい本当のグローバリズムなどというものをこの連中が理解しているとは思えない。こいつらの言い分みていると世界中が金太郎飴のように欧米と同じになることがグローバリズムだなどと考えているとしか思えないところがある。だからこんな連中と同類に見られるのは耐えられない。

続きを読む "昨今の日本の音楽ー世界の音楽状況に対するクリエーターの放談"

| | コメント (3)

2014年4月 7日 (月)

ドラマ音楽新作のお知らせと劇伴音楽プロジェクトの近況

3年前から作曲活動の中心を劇伴音楽にもってきましたが、本日私の劇伴音楽の新作ー名古屋テレビ制作の深夜ドラマ「鉄子の育て方」のオンエアが開始されます。

Tetsuko_pre_mainimg2

放送:名古屋テレビ(テレビ朝日系列)    毎週  月曜日深夜0:20-0:50 

                         再放送木曜日早朝 4:30-5:00

 

http://www.nagoyatv.com/tetsuko/  (12回放送)

概要:女子アナを目指した主人公二郷あずさが入社したのは「鉄道テレビ」
鉄道の知識が全くない主人公が失敗を繰り返しながらも成長していくコメデイ

原作 : 漫画・かわすみひろし/企画・やまもり文雄(月刊ヤングマガジン連載中『鉄子の育て方』) 
主演 : 小林涼子
出演 : 安田美沙子 相馬圭祐 六角精児

監督 : 古厩智之
脚本 : 上野耕一郎
音楽: 大野恭史
製作 : メ~テレ、ティーズ
製作著作 : 「鉄子の育て方」製作委員会

残念ながら今の所名古屋東海地区のみの放送のようですが、視聴率がよければ全国ネット放送になるかも...などという淡い期待をしています(^^;)
名古屋、三重、岐阜、にお住まいの方是非見てくださいね

注;公式サイトのスタッフ名の私の名前が間違っています。訂正をお願いしてもわからないようです。ウエブサイトには 大野  と書かれていますが正しくは大野 です。まあ大野は私の本名なのでま。いっかという感じにはなっていますが(笑)

===================================================================

3年くらい前から映画、劇伴音楽の方に仕事の中心をシフトしまして、多くの仕事をさせていただきましたが、少しずつですがステップアップはしているのを感じます。まあここまで順調といっていいでしょう。

元々映像音楽やコマーシャル関係の仕事からスタートしましたので、映像のために音楽を作る作業自体は元々なれてはいるんですが、引き続きこの調子で進めていきたいと思います。これからの3年間でどこまでステップアップできますかね?

ここまで順調ではありますが、本当のハードルはこれからかもしれません。

これからの予定ですが現在取組中の長編のリメーク以外に短編映画二本の音楽制作の予定がありま す。


| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »