Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« コンテンツー形のないものにお金を払いたがらない日本人ー文化程度の低さ、文明国家とは到底いえないコンテンツに対する意識 | トップページ | 改めて私の「現代音楽」観ー表現の可能性はもはや「現代音楽」にはない »

2014年2月25日 (火)

ソチオリンピックを終わって、開会式閉会式でふんだんに使われたロシアの作曲家の音楽ー東京オリンピックの演出が心配

昨日ソチ冬季オリンピックが閉幕した。日本は長野に次ぐメダル数8個と成果はずいぶんあったと思う。

Soc14022402210003n1

開会式も閉会式も見たがすばらしい演出だった。

開会式の聖歌の点火式でのストラビンスキーの火の鳥、花火のBGMに使われたチャイコフスキー(ピアノコンチェルト第一番)を始めロシアの作曲家の曲がふんだんに使われていた。やはり音楽文化が豊かな国は羨ましい。気が付いただけでラフマニノフ、ショスタコービッチ、ボロデイン、チャイコフスキー、ストラビンスキー等々、二年前のロンドンオリンピックも我々音楽関係者にはあまりにも刺激的な開会式、閉会式だったが、ロシアは別の意味で底が深い。やはり音楽文化が豊かな国は羨ましい。

東京オリンピックの時にこんな演出ができるかどうか甚だ疑問だ
AKB(仮に存在していたにしてもいくら何でも現メンバーではないだろうが..)やジャニーズアキバ系などという悪夢の内容にはしてほしくないけどね

そして上記の作曲家の作品を改めて聴いてみるとやはり立派なエンタテンメントになっているということ。

何度も書くが歴史に残っている音楽というのは本来そういうものだったのだ。新垣氏を始め現代音楽系が「わかりやすい音楽を書くのが恥ずかしい」などと平気でいうこと自体、芸術とエンタテンメントに対して根本的な勘違いをしているといわざるを得ない。だから阿漕な業界関係者に変につけこまれてしまったのだ。

東京オリンピックまであと6年(しか)ない。 音楽に携わるものとして世界に対して恥ずかしい演出にならないよう心から願いたいものだ、 (電通が仕切るとまた浅利慶太とその一派になる可能性が高くなるのが気がかりーまあいくら何でも浅利はその頃生きてれば80代半ばになるのでそんなヨボヨボ爺さんにやらせる非常識なことはしないと思うが)

でもわからんなー オリンピックの委員長が森元首相、今回でも浅田真央に対して言わなくてもいいことをいったが(相変わらず昔から舌禍がある人物だ) その森と浅利は同世代だし、電通と浅利の癒着ぶりは誰もが知っている事実、それと、訳のわからんクールジャパンの推進で滅茶苦茶になりそうな予感が

杞憂で終わってほしいとは心の底から思ってはいるが、でもこの悪夢になってしまう可能性は十分にある

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。