Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月29日 (水)

ドラマ「明日ママがいない」その他CMの状況に見る、安部政権の表現の自由項改悪とは別のもう1つの危機

既にメデイア等でかまびすしいほど報じられている日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」にまつわる放送禁止要求の声、及びスポンサーのCM「自粛」の動き

まず私はこのドラマを見ていなかったので、見ないで論じるのは良くないと思い、たまたま娘がこのドラマをよく見ていたので録画したもの、そして本日の放送も見てみた。但し本日は業務の制作の仕事の関係者打ち上げに出席したため、途中から見る形になった。

実質2回分も見ていないので必ずしもこのドラマの全てを把握したわけではないが、私が見た範囲ではおそらく三上博史演じる施設「コガモの家」の施設長、佐々木友則の子供達に対する乱暴な態度や施設の劣悪な環境を見て、「子供の施設って全てこんな感じだ」と受け止めた視聴者がいたため、その関係で実際の子供や孤児の施設がこのイメージ固定化を恐れ声を揚げているのだろうと推察する。

まあ気持ちはわからなくはない。しかしもしそうだとしたらそのように感じる視聴者がいかにメデイアリテラシーが低いかということの証明でもある。

日本のドラマには「このドラマはフィクションです」とわざわざ断りも入れているし、ドラマのプロデユーサーも「コガモの家」は世の中の施設を代表するものではない、とわざわざ会見で述べている。にも関わらずこのドラマに対するヒステリックともいえる世間の反応は一体何なんだろうか。

そもそも「明日、ママがいない」に出てくる「コガモの家」はたまたまドラマのストーリー設定上たまたまああいう酷い施設として描かれているに過ぎない。あの「コガモの家」を見て世の中の児童養護施設の全てがあれと同じなどとは少なくとも私は思わないし、あのドラマというフィクションを見てその内容を全て鵜呑みにして児童養護施設は全て「コガモの家」と同じともし本気で受け取った人がいたとしたら私はその人間の知的水準をはっきりいって疑わざるを得ない。

寧ろこのドラマは児童虐待、や親に棄てられた子供達の現実を描いたドラマとして大いに評価すべきであり、勿論全てが現実通りではないにせよ、そういう子供達の現実に光をあてる、児童虐待や親から無理矢理施設に預けられた子供達の悲しみ、心の葛藤を描くという今までにない画期的なドラマである。芦田愛菜の演技力も光る。

続きを読む "ドラマ「明日ママがいない」その他CMの状況に見る、安部政権の表現の自由項改悪とは別のもう1つの危機"

| | コメント (1)

2014年1月27日 (月)

あまりに対照的なグラミーとレコード大賞の現状ーグラミー2014年を見て

本日アメリカ、ロサンジェレスのステイプルセンターにてグラミー賞の授賞式が行われました。主な受賞者は次の通り

最優秀レコード   Daft Punk    Get Lucky

最優秀アルバム  Daft Punk  Random Access Memories

最優秀曲      Royals   Jeff Bhasker, Pink & Nate Ruess,
                  songwriters (Pink Featuring Nate Ruess)

最優秀アーチスト  Macklemore & Ryan Lewis

最優秀ソロアーチスト  Royals

最優秀デユオ      Daft Punk    Get Lucky

あと日本人ではクラシックの分野ですが日本人のバイオリニスト五嶋みどりさんがグラミー受賞しています。
■五嶋みどりさん、グラミー賞獲得=バイオリン協奏曲演奏アルバムで
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2014012700073

Daft Punk が三冠ですね。プロデユーサーはナイルロジャースです。大御所健在ですね。ステージでギターも弾いてくれました。

それにしても毎年グラミーはいろんなコラボレーションを見せてくれましたが今年もずいぶんやってくれました。

まあグラミーとレコ大など比べるべくもない。といいますか同じテーブルで論じること自体がはっきり言ってグラミーに失礼だと思いますが、グラミーの授賞式はエンタテインメントとしてたとえ自分が興味のない音楽ジャンルでもじゅうぶんに楽しめるのもであるのに対し、レコ大は見たあと「業界の談合」「事務所の力関係、裏取引」(今やシロウトでもそのことを知っている)などが見えてしまい、見たあと白々しさが残るだけです。演奏される曲もつまらないし見ていて楽しかったなんてのは全くありません。今までは「業界人の義務感」として見ることが多かったですが、最近は見ること自体がもはや苦痛になってきました

続きを読む "あまりに対照的なグラミーとレコード大賞の現状ーグラミー2014年を見て"

| | コメント (0)

2014年1月21日 (火)

佐久間さんの遺志を継いでー音楽文化を復活させようという流れを途切れさせてはならない

映画を始めとする映像業界も音楽業界も厳しい経済環境であることに変わりはないけど、音楽業界の現状は本当に絶望的でより深刻な状況といっていい。なぜなら映画もテレビ番組を始め少なくても業界として回っているが音楽業界はもう何年も前から回っていない、本当にごく一部を除いて業界の体すらなしていない。驚くなかれいわゆるメジャー契約しているアーチストでもアルバイトしないとやっていけないくらい酷い状況だ。

レコーデイング環境などメジャーでも殆ど宅録が当たり前の時代になっており、よりクオリティの高い音源を作るよりは「可能な限り安くあげる」ことが何よりも優先される。そしてメジャーの音源のクオリティは年々低下しており、最近はテレビ業界もあまりの音源のクオリティの低さにそっぽを向き始めている。

そんな酷い状況でもこの現状を改革しようなどという動きがレコード会社、大手制作会社から出てくることは殆ど皆無である。驚くなかれ、つい最近まで「音楽業界は衰退している」という事実すら認めようとしなかったのだ。

亡くなった佐久間さんはこの現状に異を唱え警鐘を鳴らした数少ない良心的な音楽プロデユーサーの一人だった。61歳はあまりに若すぎるけど、音楽文化を復活させようという流れを途切れさせてはならない、と微力ながら思う次第。

しかしそれには私自身がもっと力をつけなくては駄目だ。それもここ数年で嫌というほど実感したこと。今の状態でどんな批判しても負け犬の遠吠えの域を出ないからだ。

残された者がどれだけ佐久間さんの遺志を継げるか、これからが正念場かもしれない。
1クリエーターとして与えられた制約の中でいかに良心的な音楽制作を続けられるか、だろうと思う。自分なりに頭と体を使って創意工夫で乗り越えるしかない。


| | コメント (2)

2014年1月20日 (月)

音楽界の良心ー佐久間正英さんを悼む

昨年の4月に衝撃の「癌」への闘病を公表して以来、それでも日本の音楽界に関して様々な警鐘をならしておられた佐久間正英さんが、1月15日の深夜、亡くなっていたことがわかりました。

Sakuma11

■佐久間正英氏が逝去

http://natalie.mu/music/news/108147

佐久間正英が1月15日深夜26:17に亡くなった。61歳だった。

2013年4月にスキルス胃がんと診断され、同年8月にそれを公表してからも治療に励みつつ音楽の仕事を続けていた佐久間正英。10カ月におよぶ闘病生活 を送ってきたが、1月15日の夜に容態が急変し、そのまま静かに息を引き取ったという。葬儀は本人の遺志に従い、近親者のみでの密葬として執り行われた。

佐久間正英は四人囃子やPLASTICSのメンバーとして活躍し、その後は音楽プロデューサーとしてBOOWY(2つ目のOは/付きが正式表記)、 GLAY、JUDY AND MARYほか数多くのバンドをプロデュース。30年以上にわたり日本の音楽シーンを牽引してきた。なお、3月5日には佐久間正英が携わっている楽曲を集めた2枚組コンピレーションアルバム「SAKUMA DROPS」がリリースされることが決定している。

残念ながら佐久間さんとは直接の面識はありませんでしたが、佐久間さんの発言は当ブログにて多く引用させていただきました。昨年末一時的にプラスチックスが復活して大変もりあがった矢先だけに本当に残念です。

本当に61歳は若すぎます。
心からご冥福をお祈りいたしますと同時に、音楽の世界を良くしようという佐久間さんの遺志を我々残されたものが引き継いでいかねばならないと思います。最後まで音楽界の現状に対する警鐘を鳴らしておられました。

と同時に佐久間さんを始めとする良心的な音楽関係者の度重なる警鐘にも関わらず、現状の改革を頑ななまでに拒否するレコード会社、大手音楽制作会社に対し絶望を禁じ得ません

まさに日本の音楽界の良心、と言っていい方を失いました。

合掌

また今日は偉大な指揮者のクラウデイオ・アバードも亡くなったようです。訃報が続きます。

■指揮者のクラウディオ・アバド氏死去 80歳<
http://www.asahi.com/articles/ASG1N66G6G1NUHBI02N.html

ご冥福を改めてお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

恒例ーお台場の映画人交流会@東京カルチャーカルチャー

半年に一度開催される映画関係者の交流会「映画人交流会」に参加しました。

前回は都合あって参加できませんでしたが、この交流会都合何回参加したか覚えていないほどかなり前から参加しています。お台場で5回目の開催でそれ以外の会場で3回ほど開催されていますが2-3回参加できなかった時がありましたが私の中では「恒例化」しています。

Kanransha_odaoba

それにしてもお台場、、めっちゃ寒かったです。夜の観覧車もキレイですが寒さに震えているように感じます。

会場はZepp東京内の「東京カルチャーカルチャー」です。ここのところ毎回この会場です。

Zep011914

この会がきっかけで多くの仕事に結びつくことができました。今や私の作曲の仕事の大半は映画劇伴関係の仕事になっています。大変感謝しています。

続きを読む "恒例ーお台場の映画人交流会@東京カルチャーカルチャー"

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

タイアップ状況異変!! クオリティの低いメジャー会社の音源と番組に合わない曲不要論台頭

もう昨日になるが、友人のアーチストとの打ち合わせ、その中で面白い話を聞いた。その友人アーチストはインストながら昨年地上波のニュース番組のテーマ曲タイアップを取った。そしてその取った時の話が実に面白い。

いうまでもないが、音楽事務所やレコード会社で相も変わらずタイアップを取るのに血眼になっている。そのアーチストのタイアップ番組の局はテレ朝だけどプロデユーサーの方にはくさるほどのサンプル音源が送られてきたらしい。しかしそのプロデユーサーいわく「いい音源が一曲もなかった」という。

おそらくこのプロデユーサーの元にはどこどこの事務所、あるいはどこどこのレコード会社の音源をタイアップに使えといった「圧力」が相当あったと思われるがそのプロデユーサーは全部それをはねのけ、結局プロデユーサーが「一番イメージに近い」といったその友人のアーチストの音源を使い昨年の9月から流れ、現在も流れている。

ドラマ「半沢直樹」はご存じの通り「テーマ曲」のタイアップを一切使わなかった。これは番組のイメージに合わない曲を使うくらいなら、タイアップによるテーマ曲などない方がいい、という考え方だ。

http://gendai.net/articles/view/geino/143990

演出の福澤克雄氏は、半沢直樹と同じ日曜劇場「華麗なる一族」(07年)でも、服部氏の音楽を使っていた。確かに、チャラチャラした主題歌、挿入歌がないほうが、重厚感もテンポも出る。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

これまでのドラマは、レコード会社とタイアップするなど、主演俳優の曲を主題歌にしたものが多かった。しかし、半沢直樹はそうした制作サイドの都合ではな く、視聴者のためのドラマ作りにこだわっている。それが功を奏したのだと思います。主題歌がないことで、一見地味ながら実力派俳優たちの演技をしっかりと 見られるし、引き込まれていく。裏のない『正統派ドラマ』だからこそ受けているのです」

続きを読む "タイアップ状況異変!! クオリティの低いメジャー会社の音源と番組に合わない曲不要論台頭"

| | コメント (2)

2014年1月12日 (日)

音楽マーケット異変あり! アメリカで音楽配信衰退の兆しとアナログレコード売上急増中

、とまあITギーグ、ITジャーナリスト系の人たちの神経を逆なでするようなタイトルだけど.(笑)、、

少なくともネットでは音楽のマーケットは音楽配信こそが今後の中心でもはやCDを始めとするパッケージはもはや無用の長物である

こういう論調が主流だったしおそらくそれを信じて疑っていない人の方が多いのではないだろうか?

勿論サブスクリブションによるストリーミングサービスも今後の形だが、まだ日本では本格サービスが始まっていない(但し未確認情報だけどSpotifyが近日日本でサービスを開始するという情報もある)ので日本ではあけても暮れても音楽配信である、とお考えの人も多いだろう。

そういう人たちから見ればこの事実は受け入れがたいものかもしれない。

■米国でデジタル音楽販売が初の減少。アナログレコードは続伸
http://www.huffingtonpost.jp/engadget-japan/-billboard_b_4547023.html?utm_hp_ref=tw

<前略>

ビルボード Hot 100 などのヒットチャートで知られる Billboard ですが、親会社ニールセンの Nielsen SoundScan などを通じて、実店舗やオンラインでの販売データも集計しています。音楽のデジタルダウンロード販売数の減少は、ビルボードによれば集計開始 (iTunes Store 開店) 以来初。

リンク先のビルボードによると、米国での2013年のデジタルダウンロード音楽販売数は、曲単位で前年比マイナス5.7%の13億4000万件アルバムでは前年比マイナス0.1%の1億1760万件。

デジタルダウンロードの減少を把握する上で参考になる数字をいくつか引けば、物理メディアを含むアルバム全体の売上は前年比マイナス8.4%の 2億8940万枚。CDは前年比14.5%落ちて1億6540万枚。

一方で Vinyl (アナログレコード盤) は、前年の455万枚から600万枚へと引き続き売上を伸ばしています。
<後略>

Statistainfographic_1465_vinyllpsa

図 アメリカでのアナログレコード(Vinyl)の売り上げの動き

もう1つ上記のグラフに関する記事

レコードが驚くべき復活を遂げていることが分かる1枚のグラフ

http://newclassic.jp/archives/6367

 

続きを読む "音楽マーケット異変あり! アメリカで音楽配信衰退の兆しとアナログレコード売上急増中"

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

新春コラムー大衆音楽文化のマスマーケット戦略の終焉とコンシューマーマーケットの変質

       あけましておめでとうございます。

Geishunn

皆さん新年明けましておめでとうございます。

3年ぶりとなりますが、今年は久々に新年で音楽業界に関するコラムを書かせていただきます。といいますのもここ数年で音楽だけではないですが、コンテンツ全体、強いてはコンシューマーマーケットの本質が大きく変質したと感じたと同時に今後の音楽文化のありかた自体が大きく変わらざるを得ない状況だと考えるからです。

結論からいいまして音楽業界がわが世の春を謳った1990年初頭のような状況はもう二度と来ない、といっていいでしょう。

ひとことでいえば大衆音楽文化のマスマーケット戦略は事実上終焉を迎えたといっていいと思います。

しかしここで私はあえて「音楽のマスマーケットの終焉」とあえて言わず、大衆音楽文化のマスマーケット戦略の終焉といっている点に注目してください。

ネットが普及し、もはやマスというものがなくなった、といった類の言質がネット内では後を絶ちませんが、

実はマスマーケットはなくなったわけではありません。マスマーケットの本質が変わったのです。

詳しく説明すると以下のようになります。

たとえば昨年一大ブームを巻き起こした「あまちゃん」「半沢直樹」は高視聴率を記録し、またアーチストとしてはAKB48が圧倒的人気を誇っています。これらは一見マスマーケテイングが成功したように見えますが、よく見ると少し前の単純にマスに向けてヒットした構造とは本質的に異なる部分があります。

といいますのも10-20年前の「ヒット作」というとかなり「ヒットしているから」という理由だけで商品(CD等)を購入したり、という例が多かったように思います。しかし「あまちゃん」AKB48もよく見るとその構造とは少し違うように思います

続きを読む "新春コラムー大衆音楽文化のマスマーケット戦略の終焉とコンシューマーマーケットの変質"

| | コメント (2)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »