Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 商業主義と芸術表現の融合を目指した文化人ー堤清二氏を悼む | トップページ | ミュージックソムリエイベントー「「現代音楽をあそぶ 」で自らを再発見 »

2013年12月 3日 (火)

緊急発表!! 音楽クリエーターとして国家秘密保護法に反対表明の音楽作品を映像にて公開いたします。

現在国家秘密保護法に対する反対運動が拡大しているのはご存じのとおりだと思います。

この法案は知る権利だけでなく、実質的な言論統制、言論弾圧、表現の自由を著しく脅かすものとして重大な懸念を表明すると同時に、日本の民主主義にとって危機的な状況を作りだすと考えます。国連の人権委員会もこの法案に関して重大な懸念を表明しました。

国連、秘密保護法案に「重大な懸念」 人権高等弁務官事務所
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2204C_S3A121C1PP8000/

その多くの問題をかかえた国家秘密保護法を政府与党は先月の26日、数に物を言わせて強行採決を行いました。さらに記憶に新しい自民党の石破幹事長が秘密保護法の反対デモに対してテロ集団呼ばわりしたのはご存じのとおりです。

■石破氏 ブログの「テロ」部分を撤回の考え

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131201/k10013486071000.html

石破氏はその後撤回したものの、これはまさに保護法案を推進している人間の本音というものを垣間見たといわざるを得ず、この国が警察国家、実質的な独裁国家に進む可能性を危惧せざるを得ません。

そこで音楽家、作曲家、サウンドクリエーターとしてこの日本の民主主義の危機的な状況、さらに先日の国家秘密保護法案強行採決に抗議の意思を表明する意味で音楽作品を緊急に発表し映像にて公開いたします。正直いってかなり辛辣な表現ですのでどきつい表現が苦手な方は注意です。しかし事態はそのくらいのことをしなければならないほど深刻です。

以下の作品、単純に「国家機密法反対の曲 」という題名です。

私は国民の大多数が反対する国家秘密保護法を衆議院で強行採決した安倍政権に厳重に抗議を表明します。このように数に驕り、国民を愚弄する行動を取る政権与党には必ず選挙民からの制裁が下ることでしょう。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。