Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 年末になって訃報ー大瀧詠一さん急死 | トップページ | 新春コラムー大衆音楽文化のマスマーケット戦略の終焉とコンシューマーマーケットの変質 »

2013年12月31日 (火)

2014年に向かい 音楽業界云々よりはクリエーターとしての自分の生き方を構築

年末に入り大瀧詠一さんの訃報には本当にびっくりした。とともに偉大なミュージシャンの突然の逝去に残念な気持ちを禁じ得ません。改めてご冥福をお祈りいたします。

ところで当ブログ、私の音楽ブログについて「最近記事が減っていませんか?」なることをいう人がいました。確かに一時ほどは書いていませんね。でも別にさる筋から圧力とかあったわけではないですよ(笑)

日本の音楽業界の現状について「このままでは危機的な状況になる」と訴えてもう10年以上になる。当時は誰一人聞く耳を持つ者はいなかったどころか、業界関係者から袋叩きにあった、ある業界人には人格を傷つけられるほどの誹謗中傷も受けた。

しかし結果として音楽業界は私が予測した通りの酷い状況になった。当時私を批判、非難した人は現在の状況について私に対してどうコメントするか興味ないわけではないが、まあ今となってはどうでもいいかな、という感想だ。仮に現在あっても何だかんだ自らを正当化するようなコメントをするだろうし、まあそもそもそいつらが業界にまだ残っているかもわからない。

私が今彼らにいいたいことは、少々きつい一言かもしれないが

「早くお宅の会社つぶれてくれ。その方が音楽文化のためだ」 ということかな

でも私などがいうよりは佐久間さんが云った方がはるかにみんなが耳を傾けるだろう。

音楽プロデューサー・佐久間正英氏が語る「音楽業界の危機的状況」
http://blogos.com/outline/42056/

残念ながら日本では何をいったか、ではなく誰がいったかの方がはるかに重要なのだ

まあ私は勿論のこと。、佐久間さんにしてもミュージックソムリエ協会の鈴木さんにしても音楽業界ではまだ圧倒的少数派だ。でも少数派で結構だと思っている。

そして当ブログではだいたいいうべきことは云ってしまったし、結局10年も同じことを云い続けても、一向に音楽業界自体を改革しようなどという動きが業界筋で本格的に起きない現状では、もう云う方がはっきりいって空しくなってくるんだね。

それにここ数年気づいたのは、今の音楽業界の現状を嘆くより、その状況で自分はどうするのか、どうやって自分の作品を仕事をしていくのか、そこを私なりのやりかたで構築することにエネルギーを注ぐ方がより重要だ、ということに気づいた。勿論従来の音楽業界の常識、とやらに全くとらわれない形でね。

ということで3年前くらいからいろいろ仕込んできて、昨年、そしてもうすぐ終わっちゃうけど今年とまあおかげさんで一定の成果は収められたんではないか、と自負している。

要は他人は他人、俺は俺、で徹底しているわけ。他人を批判して何か変わるわけではない。実際10年やって全く変わっていないのだから

そんな中昨日の記事、のように自分がクリエーターとしてアーチストとしてどういう表現を世に出すか、これからの音楽作品、音楽コンテンツのあるべき姿は何か? ということに集中する方がよほど有効な業界の改革になる、と思っているわけです。

結局作曲家、クリエーターは自分の作品で主張しないとね。

とにかく何かを改革するにも私自身がもっと力をつけないといけない。でないと単なる犬の遠吠えに終わってしまう。まあ遠吠えを10年も続けていてそんなことをいうのは今更と思うかもしれないけど..

でも業界のトップがどういおうが、これから音楽ビジネスのいろんなことが根本的に変わっていかざるを得ない、これは事実だ。そしてその変化は誰にも止められない。

まあそんなわけで2014年も引き続きがんばっていきます。是非みなさんも応援よろしくお願いします

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。