Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« テレビとネットの情報ー要はバランス、どちらに偏ってもいけない | トップページ | また偉大なミュージシャンの訃報 ルー・リード死去 »

2013年10月26日 (土)

新しい音楽配信の潮流、ライブを高音質で配信ーこれは私もやってみたい。

久々に面白い情報が入ったのでこのブログでも書かせてもらいます。i-tunes等の音楽配信とは全く違う、新たな音楽配信の潮流になるかもしれません。

■RME Premium Recording
http://www.synthax.jp/RPR/

世界中のどこかで、毎日毎晩素晴らしい演奏が行われています。
ただし、記録されて世に広められ、後世に残されるのはごくわずか。
多くの名演はその場に居合わせた人の記憶にしか残らない存在でした ─ これまでは。
RMEが提唱するMADIを活用したライブ・レコーディングは、収録にかかる機材と費用を大幅に削減し、ライブ・レコーディング作品制作への障壁を一気に下げることを可能にしました。

RMEを使用して録音された、色付けのない透明無垢なサウンドで
演奏会場の空気感さえも余すことなく録り込んだレコーディング作品を
録れたての音を産地直送さながらに、余分な加工をせずにユーザーの再生環境へ
届けることを基本理念とし、録音段階から24bit/96kHz以上の真のハイレゾ・コンテンツを
供給するために、私たちはこのレーベル ─ RME Premium Recordings ─ を設立しました。

e-onkyo music サイトから11月1日提供開始

http://www.e-onkyo.com/music/

Madi_info_banner

この機材を使ってレコーデイングするらしい

音楽の世界を知らない人は理解できないかもしれませんが、基本的にレコーデイングの世界とライブの世界は全く違う世界として扱われてきました。特に打ち込み系の音楽が中心になってからは、寧ろ打ち込みしたオケをライブに使うなど、音楽のありかたとしては寧ろ本末転倒なやりかたが主流になっていました。これには理由がありまして、ライブを高音質でレコーデイングするというのは極めて技術上難しいという背景もありました。

しかし打ち込み系の音の氾濫は音楽を画一的なものにし、あたかもファストフードか大量生産の加工食品のごとく、どこか味気ない、無味乾燥な音源を大量に氾濫させる結果にもなりました。

そのことによって音楽の本来の魅力というものが理解されなくなってきており、実際若い人の中では音楽の生演奏を殆ど間近で経験したことがない人も少なくありません。

このMADIを使ったRME Premium Recordings はそれを変える可能性があります。

音楽は本来空間芸術です。演奏される現場で経験しない限り本当の良さを理解することはできません。

長年制作現場でレコーデイング中心の仕事をやってきた私ですがピアノソロでこういう活動をしています。それはそういった背景もあるからです。



最新作です。短い三曲連作ですが

正直自分の演奏もこういう形で配信できる機会があればいいなと思います。やってみたいと思いますね。

音楽の醍醐味はやはりライブです。それをもっと多くの人に理解してもらうきっかけになることを期待します。


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。