Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月30日 (水)

CDショップ大賞の運営が「クラウドファンデイング」に

もうご存じの人も多いと思うが日本の有名な賞の殆どは業界関係者の意図によって操作されている。そこには「協賛」している会社のアーチストが受賞するのが協賛金を払う以上当然である、と考える風潮が当たり前のように存在している。そのアーチストがどれだけ多くのファンを魅了したか、とかそのアーチストが日本の世相を反映しているか、などというのははっきりいって全く無関係である。つまりレコード大賞をはじめ放送音楽大賞、その他日本の主要なレコードに関する賞は完全に「音楽業界ムラ社会」によって100% 操作されているものである。これはもはや一般視聴者にとっても規制の事実として知られている。

こんな考え方がまかり通っているのは世界でも日本だけである。例えばグラミーなどはNARAS(ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス (The National Academy of Recording Arts & Sciences, Inc))会員の純粋な得票数で決まる。NARASは会員の会費とスポンサー(音楽業界以外のスポンサー)で賄われており,言うまでもないが欧米で最も権威がある賞である。

権威がある賞であるがために可能な限り公正な得票になるシステムになっており、得票者には発表までに厳重な箝口令が敷かれ、得票には公正を期すために逆に同じ業界は寧ろ関与させない。そういう「業界の意思、操作」が反映されないシステムであるからこそ世界で最も権威ある音楽賞であり続け、ノミネートされることは最も栄誉あるになる、NARASはそういった誇り高い精神で運営されている。映画におけるアカデミー賞もこれと同様なシステムで運営されている。

残念ではあるが日本の音楽賞にはこういった誇り高い精神はもはや全く見られない。原子力などと同じく「業界ムラ社会の論理」がすべてに優先される社会となってしまっている。そのような賞にはもはや権威などない。権威があると思っているのは「ムラ社会」のメンバーだけである。

CDショップ大賞は私がしる限りそのような「ムラ社会」の論理に左右されない日本で殆ど唯一の賞といっていいかもしれない。そしてその運営にあたり「業界ムラ社会の論理」による「圧力」に碧へきとした日本ソムリエ協会がこのような方策を打ち出した。

「第6回CDショップ大賞2014」サポーターを一般募集
http://www.musicman-net.com/business/30255.html

続きを読む "CDショップ大賞の運営が「クラウドファンデイング」に"

| | コメント (0)

2013年10月28日 (月)

また偉大なミュージシャンの訃報 ルー・リード死去

週明けになってのっけから信じたくない訃報が飛び込んできました。偉大なミュージシャンの訃報。今でも嘘であってほしいと思っています。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドからのファンでした。

■ルー・リードさん死去 米ロックミュージシャン 71歳
http://www.asahi.com/articles/TKY201310280001.html

1960年代から70年代に「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」のリーダーとして活躍し、後のロックやパンクに大きな影響を与えたミュージシャンのルー・リードさんが27日、米ニューヨーク州サウサンプトンで死去した。71歳だった。AP通信によると、5月に受けた肝臓移植の関連の病気が原因という。

 ニューヨーク出身。60年代半ばからジョン・ケイルさんらと一緒にヴェルヴェット・アンダーグラウンドとして活動し、ギターとボーカルのほか、作詞作曲も担当した。67年には、ポップ芸術家の故アンディ・ウォーホルさんの支援を受けてレコードデビュー。商業的にはほとんど成功しなかったが、「ヘロイン」「毛皮のヴィーナス」など、前衛音楽にも影響を受けたメロディーと、麻薬やセックスを正面から取り上げた歌詞を組み合わせた曲が話題となり、多くの音楽家に影響を与えた。

 70年にバンドを脱退した後もソロ活動を継続し、「トランスフォーマー」「ニューヨーク」などのアルバムを発表。日本のファンも多く、来日公演は複数回行った。

肝臓移植していたんですね。


とても残念です。ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2013年10月26日 (土)

新しい音楽配信の潮流、ライブを高音質で配信ーこれは私もやってみたい。

久々に面白い情報が入ったのでこのブログでも書かせてもらいます。i-tunes等の音楽配信とは全く違う、新たな音楽配信の潮流になるかもしれません。

■RME Premium Recording
http://www.synthax.jp/RPR/

世界中のどこかで、毎日毎晩素晴らしい演奏が行われています。
ただし、記録されて世に広められ、後世に残されるのはごくわずか。
多くの名演はその場に居合わせた人の記憶にしか残らない存在でした ─ これまでは。
RMEが提唱するMADIを活用したライブ・レコーディングは、収録にかかる機材と費用を大幅に削減し、ライブ・レコーディング作品制作への障壁を一気に下げることを可能にしました。

RMEを使用して録音された、色付けのない透明無垢なサウンドで
演奏会場の空気感さえも余すことなく録り込んだレコーディング作品を
録れたての音を産地直送さながらに、余分な加工をせずにユーザーの再生環境へ
届けることを基本理念とし、録音段階から24bit/96kHz以上の真のハイレゾ・コンテンツを
供給するために、私たちはこのレーベル ─ RME Premium Recordings ─ を設立しました。

e-onkyo music サイトから11月1日提供開始

http://www.e-onkyo.com/music/

Madi_info_banner

この機材を使ってレコーデイングするらしい

続きを読む "新しい音楽配信の潮流、ライブを高音質で配信ーこれは私もやってみたい。"

| | コメント (0)

テレビとネットの情報ー要はバランス、どちらに偏ってもいけない

最近新サイトを立ち上げたりしていると同時に実は現在、またその関連でテレビ番組の企画も考えているがそんな折、こんな記事を見つけた。

■なぜ、若者の間でノー“テレビ”ライフが広がるのか?テレビを捨てた人たちの本音http://biz-journal.jp/2013/05/post_2044.html

本当はなくても済む。むしろ、ないほうがよい。人によっては「テレビ」とはそんな存在だ。ノーテレビライフを始めた20〜30代の人たちが異口同音に語るのは、生活の質の向上だった。

 テレビをまったく視ないという人は微増している。NHK放送文化研究所が実施した「国民生活時間調査」では、平日のテレビ視聴時間が2010年までの5年ごとの調査で、

 ・1995年:8%
 ・2000年:9%
 ・05年:10%
 ・10年:11%

と推移している。

 

「ニコニコ動画」を運営するニワンゴが10年に実施した調査では、平日にテレビを視る時間を問う質問で最も多かった回答が「まったく視ていない」で 20.9%だった。年代別では20代の24.3%、30代の22.7%の順に多く、若い世代にノーテレビライフが増えている傾向も垣間みられる。

 

 今回、取材に応じたノーテレビライフ実践者3名は、ともにもともとテレビを積極的に視るほうではなかったという。そして、転居、一人暮らし開始、地デジ化といった「テレビを改めて自分の部屋に置くか?」の選択を迫られる場面でノーテレビを選んだ。

 

 自分で選んだノーテレビライフだから当然といえば当然だが、彼らはテレビとの決別の後悔を感じさせない。「無駄に過ごす時間がなくなった」(Nさ ん、30代、男性)や「生活の質は向上した。読書、執筆、語学、家事などに費やす時間が増えた」(Cさん、20代、女性)。唯一、大地震など災害時にテレ ビの必要性を感じるようだが、「ツイッターで状況はいち早くわかる」(Mさん、30代、女性)と話す人もいる。

これが今の社会全体の傾向だとは思わないが、あえてこの傾向に対して苦言を呈させていただく

続きを読む "テレビとネットの情報ー要はバランス、どちらに偏ってもいけない"

| | コメント (0)

2013年10月19日 (土)

新しい音楽コンテンツのありかたを模索するサイト"trick-music.com" 立ち上げとその意図について

以前から少しお知らせしていた新しいサウンドコンテンツのありかたを模索するウエブサイト「音のイリュージョンー錯聴トリックミュージック」を本日オープンさせました。
http://www.trick-music.com/

これは耳の錯覚や「仕掛けのある音楽」や「音のパズル」を始めとする音楽の新しい遊び方、聴き方を提案するサイトという内容になっていますが、これだけだと単なる「音楽のクイズーお勉強」のように見えてしまうかもしれません。

しかしこのようなサイトを立ち上げた理由は大きく分けて3つあります

1.音楽に「仕掛け」を施すことにより新たな表現の可能性を模索する

きっかけはウエブサイトにも書いてありますようにトリックアートというものがあるのならトリックサウンドというものもあるはずだ、と考えたのがきっかけです。しかしアート方面と違い音楽、特に昨今の音楽はアートのようなイリュージョン、やだまし絵のような仕掛けを施される例は少なく、あってもサブリミナルのようなどちらかというとあまりよくないイメージで捉えられることが多いのが実情です。しかし私が調べていくうちに昔、特に近代までの作曲家は作品にさまざまな「仕掛け」を施し、とくに人間の耳の錯覚を利用した多くの作品を作っていたことがわかってきました。それがいつの頃からか忘れられはじめ、昨今は「売れセン」などという馬鹿げた言葉でクリエイテイビテイのかけらもない音楽が氾濫してしまいました。私はそのような風潮に異を唱え新たな音楽の創造力の可能性を復活させたいと考えています。

2.BGM=空気のような音楽の存在のありかたを見直す

続きを読む "新しい音楽コンテンツのありかたを模索するサイト"trick-music.com" 立ち上げとその意図について"

| | コメント (0)

2013年10月14日 (月)

ミュージシャンや芸能人の皆さん。藤原紀香さんへの公安の「圧力」に抗議し屈することなく声を上げましょう

すでに報道されていますように、先月「秘密保全法案」に対するパブリックコメントへの投稿呼びかけを行いました藤原紀香さんに対し、公安は背後関係を調査いたしました。

本来ならたとえそのような行為を実際に行ったとしても、そのような情報は普通はリークされるのは不自然かつ通常はありえないことで非常にこの報道に対しては違和感を覚えます。もし実際に本当にそのような行為をマスコミにリークしていたとしたらそれは間違いなく意図的なリークであると断ぜざるを得ません。

つまりつまり平たくいえば「秘密保全法に反対してみろ、俺たちがお前を捜査するぞ」という脅しのメッセージを国民に送っているのと同じと考えざるを得ず、このことによってたとえこの法案に反対の意思を持っていたとしても、有名芸能人やミュージシャンに二度と発言させない、萎縮する効果を狙っているのは明白です。

言論、表現の自由を守る人間として公安のこのような行為は言論封殺行為以外の何者でもなく、私としては国家公安委員会に対して厳重な抗議を行います。合わせて「秘密保全法案」がかねてから指摘されているとおりの危険極まりない法律ーまさに戦前の治安維持法の事実上の復活を狙ったものと考えざるを得ません。

このような状況でこの危険極まりない法律に対し、萎縮し声を上げなくするのはまさに公安の思う壺です。この日本という国が極めて危険な方向に進みつつあることを感じます。

私はこの法律の中身を知れば知るほどこれは恐ろしい法律である。本当に怖い法律といわざるを得ません。

我々は表現者として言論、表現の自由を断固守らなければならない、さもなくば日本の民主主義は壊れてしまう、という主張と立場を明確にした上で公安及び安倍政権のこのような暴挙に対し、是非皆さんに対抗措置をとっていただきたくご協力をお願いしたく思います。

今のところ政権内では公明党は慎重な立場といわれておりますが、未確認情報では一転賛成に回るという情報もあります。そのため対抗手段として

1.政治家に直接メッセージ(特に公明党議員に)を送り秘密保全法>に対して反対陳情する)

我々が身を守るにはファックス、メールをするしかありません!

メッセージは「秘密保全法案に国会で反対して下さい。さもなくば、次の選挙ではあなたに投票しません。必ず国会で意思表示をしてください。」

宛先はこちらで検索して下さい。

http://publistella.jp/

2.公安への抗議メッセージ

秘密保全法案の公安藤原紀香への圧力行為に対し今度は国民から公安に圧力をかけましょう。実は国家公安委員会は大勢の国民が抗議運動を起こすと実は恐怖を感じるはずです。権力者は臆病なものですから。

 

文章例として

「公安の秘密保全法案に関して芸能人に対する言論封殺,圧力行為に対し厳重に抗議します。あなたたちは秘密保全法案に関して芸能人を黙らせることはできても国民を黙らせることはできません」

なお記入送信の際、ご自分の個人情報は一切記入する必要がありません。ですから上記の文章をコピーペーストして送信するだけでOKです。

リンク先から送信願います:

 

自分を守るため、日本の自由、言論の自由を守るためにもご協力をお願い申し上げます。

なお、念のため、私はいかなる政治団体や政治結社とも一切関係を持っておりません。

| | コメント (0)

2013年10月10日 (木)

ヒットチャートの新標準ーオフィシャルチャートカンパニー

Billboardとかオリコンとかありますが、今ヨーロッパ、とりわけイギリスではヒットチャートについて新しい標準ができつつあります。

恥ずかしながら私も知らなかったんですが海外のヒットチャートの計算方法はいつのまにかすっかり変わっていたんですね。一応私も業界人の端くれなので、これは勉強しないと恥ずかしい、ということで調べました。

結論からいいまして もう「何万枚セールス」とか「ダウンロード何万回」なんていう測定方法は時代遅れになっているんですね。旧態依然のチャート測定法なのはもはや日本だけかもしれません。

http://www.officialcharts.com/

このことを知ったきっかけはこの記事です。

イギリスの音楽シーン、2013年はシングルが過去最高に迫る勢いで売れている!

http://www.musicman-net.com/artist/29661.html

英国音楽の業績をモニターする業界団体Official Charts Companyによれば、英国の音楽業界は2013年はシングルの売上が過去最高に達する勢いで伸びているそうです。

ロビン・シックの「Blurred Lines」と、ダフト・パンクの「Get Lucky」が第3四半期が終了した時点で最も売れたシングルです。「Blurred Lines」は136万ユニット、「Get Lucky」は124万ユニットと英国内での売上は大きく伸びています。

 

スウェーデン出身で若干24歳ながらすでにスーパースターとなった若手DJ、Aviciiの「Wake Me Up」は2013年で第3位と健闘しており、2013年で最も早く売上が伸びたシングルで7月のリリースから今週で100万ユニットを突破しました。「Wake Me Up」は英国音楽チャートで140番目に100万を売り上げたシングルになります。

こちらが今年度最も売れているシングルのトップ10になります。

1 “Blurred Lines” Robin Thicke/TI/Pharrell Williams
2 “Get Lucky” Daft Punk feat. Pharrell Williams
3 “Wake Me Up” Avicii
4 “Let Her Go” Passenger
5 “La La La” Naughty Boy feat. Sam Smith
6 “Thrift Shop” Macklemore/Ryan Lewis/Wanz
7 “Just Give Me A Reason” Pink feat. Nate Ruess
8 “Mirrors” Justin Timberlake
9 “Waiting All Night” Rudimental feat. Ella Eyre
10 “Pompeii” Bastille

上記の文章で「ユニット」なる言葉で表現されているが、実はこれが従来と違う計算尺度となのである

続きを読む "ヒットチャートの新標準ーオフィシャルチャートカンパニー"

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »