Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 「ジャパンパッシング」でいまだメドすら立っていないSpotifyの日本サービス開始 | トップページ | ヒットチャートの新標準ーオフィシャルチャートカンパニー »

2013年9月28日 (土)

今後曲を作る上での作曲家としての私のスタンスー業界的観点より

業界的観点より、などというたいそうなサブタイトルをつけてしまったけれど
私はもう「売れセン」とか「おいしいメロデイをぱくる」とかそんな世界とは未来永劫関わりたくないと思っている。

今私が考えるのはとにかく「いい音楽」を作りたい だがそれは極めて抽象的な表現だ、


ある人にとって「いい音楽」が別の人にとって「悪い音楽」というケースは十分にありうる。だけど「いい音楽」には1つ共通点がある。それは聴いている人の心に何らかのインパクトを与えること。多くの場合それはプラスの影響である。

例えばこのアーチスト、


Kraftwerk - Live in Concert

私はこのグループが好きだ。サウンドが好きだ。私が一時テクノ小僧になった原因はこのグループにある。YMOより先だった。このビートを聞くだけでノリノリになる。明らかに大きなパワーを持っている音楽である。

そうかと思うとこういうのも好きだ


Oscar Peterson - C Jam Blues

伝説のピアニストである。私は史上最高のピアニストだと思っている。

だがこの2つの音楽、少なくとも形式においては水と油である。実際テクノ好きでジャズが好きでない人も少なくないし、逆にジャズが好きな人でテクノを毛嫌いする人も少なくない。

だけど大事な点は音楽は形式じゃない。形じゃないという点

私はどちらの音楽も好きだ。どちらも聴いていて心が動かされる、それがどのジャンルの音楽だ、などということは私にとってどうでもいい。大事な点はどちらも文化として間違いなく残る音楽だということである。

私は文化としての音楽が好きだ

そして今後はそんな音楽を作り続ける活動をしたい、ただそれだけ。

だから日本の音楽業界から事実上離れた。愛想をつかしたね。はっきりいって

音楽とは音を楽しむという意味だ。 今音を心から楽しんでいる人はどれだけいるんだろうか?

一つだけはっきりしていることがある。

それは今の音楽業界のトップにいる人間で心から音楽文化を愛している人間はおそらくほとんどいない。ということ

実際音楽文化を心から愛していればあんなゴミ同然の音楽をどんどん作り続けよう、などという発想にはならない。

そういう連中が日本の音楽文化をダメにした。だからこういう連中とは私は関わりたくない。二度とね

今後どういう作品を作る機会があるかわからないけど、ここ20年くらいの音楽業界の悪しき習慣を断ち切り、自分が考える高いクオリティの音楽を作り続けることに残る音楽人生、全力で傾けていきたい。

少なくとも文化を作るクリエーターでありたい。

そう考えて今後の仕事に臨む所存である。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。