Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月24日 (土)

藤圭子さんの自殺とその報道ーメデイア報道の連鎖反応の懸念

もう一昨日の話になりますが、宇多田ヒカルのお母さんでもある歌手の藤圭子さんが自殺という痛ましいことが起きました。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます

ただここでは藤さんについてではなく、その藤さんの自殺の報道のありかたについて、そしてそれによる起きてほしくない連鎖反応について懸念を表明させていただきます。

藤さんの自殺報道に関しましてこういう記事がありました

■藤圭子さんの自殺 テレビのニュース報道は、国際的な「ルール違反」だらけ
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20130823-00027482

文章が長いので一部のみ抜粋引用させていただきます。

8月22日、テレビ各社は昼ニュースから夕方ニュース、夜のニュースまで、歌手の藤圭子さんの転落死を伝えるニュースをトップ扱いで報道した。

こうしたテレビ報道の多くが、実は自殺に関する「国際的な報道のルール」ともいうべきガイドラインに違反している。ところが、このガイドラ イン、一般的にほとんど知られていないばかりか、肝心のメディア報道に携わる記者やデスクらもほとんど理解していない。このため、有名人が自殺するという ニュースのたび、同じようなルール無視の報道が繰り返されている。

■自殺に関する国際的なルールは・・・

「国際ルール」というのは、国連の専門機関であるWHO・世界保健機関が定めた報道のガイドラインのことだ。

http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/link/kanren.htm

(1) 努めて、社会に向けて自殺に関する啓発・教育を行う。

(2) 自殺をセンセーショナルに扱わない、当然のことのように扱わない。

あるいは問題解決法の一つであるように扱わない。

(3)自殺の報道を目立つところに掲載したり、過剰に、そして繰り返し報道しない。

(4)自殺既遂や未遂に用いられた手段を詳しく伝えない。

(5)自殺既遂や未遂が生じた場所について、詳しい情報を伝えない。

(6)見出しの付け方には慎重を期する。

(7)写真や映像を用いる時にはかなりの慎重を期する。

(8)著名な人の自殺を伝える時は特に注意をする。

(9)自殺で遺された人に対して、十分な配慮をする。

(10)どこに支援を求めることができるのかということについて、情報を提供する。

(11)メディア関係者自身も、自殺に関する話題から影響を受けることを知る。

続きを読む "藤圭子さんの自殺とその報道ーメデイア報道の連鎖反応の懸念"

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

大胆仮説!! ドヴォルザークの「ユーモレスク」に見るラグタイムの影響

今日は事実上「お盆明け」になるんでしょうか。まだ夏休みモードの方もいらっしゃると思いますので少し音楽談義をここで行いましょう。

クラシックにそれほど詳しくない人でも「交響曲ー新世界から」を作曲したボヘミア(現チェコ共和国)の作曲家のアントニン・ドボルザーク(写真)という作曲家の名前を聞いたことがある人は多いのではないかと思います。

250pxdvorak

アントニン・ドボルザーク1841-1904

そのドボルザークは1891年から1895年の間にアメリカ ニューヨークのニューヨークナショナル音楽院の音楽院院長に就任し、その経験からドボルザークの代表作と呼ばれる交響曲9番「新世界より」を始め弦楽四重奏曲「アメリカ」そしてチェロ協奏曲が作曲されました。アメリカの音楽院教授を務めるかたわら、ネイテイブアメリカンアフリカ系アメリカ人の音楽に興味を持ち、上記の3作品はその強い影響を反映して作られたもの、といわれております。

またドボルザークは1893年の「ヘラルドトリビューン」にて『黒人の旋律の真の価値』(The Real Value of Negro Melodies.)という論文を発表し、合わせて『アメリカの音楽』(American music)という論文も発表し、アフリカ系アメリカ人やネイティブ・アメリカンの音楽の豊かさを啓発しました。

実はこの論文をネットで探したのですが、原文を探すことができずおそらくは国会図書館にいっても見つかるかどうか、という状態ですので具体的にどのようなことが書かれていたのかわかりません。もしご存じの方がいらっしゃれば是非教えていただきたいのですが、1つだけわかるのはドボルザークの両方の論文、ならびにアメリカ帰国後の一連の作品についてかなりさまざまな誤解や誤った認識が広まっている点を感じます。
例えば弦楽四重奏曲「アメリカ」二楽章Negro Spiritual(黒人霊歌)のメロデイを借用した、などという議論がまことしやかに論じられていますがこれは明らかに誤りです。また交響曲9番「新世界より」のあの有名な第二楽章がネイティブ・アメリカンのメロデイというのもドボルザーク本人が否定しているように、実際にはドボルザークの完全なオリジナル曲です。上記の3作品はアメリカの音楽にかなり触発された面はあるにせよ、メロデイを始め曲全体はボヘミア調であり、ドボルザークの代表的なオリジナル作品といっていいと思います。

そもそもドボルザークアフリカ系アメリカ人やネイティブ・アメリカンの音楽論に関して多くのクラシック系の音楽学者や評論家はこれらの音楽に関して無知をさらけ出しているように思います。例えば弦楽四重奏曲「アメリカ」二楽章Negro Spiritual(黒人霊歌)論ですが、このメロデイは五音音階(ペンタトニック)になっていますが、実はNegro Spiritual(黒人霊歌)の音楽には五音音階はありません。五音音階が多いのはネイティブ・アメリカンの音楽の方で、アフリカ系アメリカ人の音楽はヨーロッパの音楽とアフリカの音楽やメロデイを融合したものが多く、ネイティブ・アメリカンの音楽とは全く異質なものです。

続きを読む "大胆仮説!! ドヴォルザークの「ユーモレスク」に見るラグタイムの影響"

| | コメント (0)

2013年8月15日 (木)

安易なドラマの「タイアップ主題歌」時代の終焉

一応私は劇伴音楽とかに手を染めているのでドラマについても一定の関心を持っています。

「あまちゃん」が一大ブームを巻き起こしていますが、民放では私は見ていませんが「半沢直樹」「あまちゃん」以上の高視聴率を記録しています。

実はこの両者に共通することが一点あります。

それは「主題歌」がないことです。勿論「あまちゃん」の場合はドラマの中のアイドルがさまざまな曲を歌っていますがそれらはレコード会社がドラマに宣伝のためのタイアップとして提供するようなものではなく、完全に「あまちゃん」というドラマ用に綿密な検討を加えた上で作られたものです。だから受けているんだと思います。

そして「半沢直樹」の方にも「主題歌」はありません。それに関してこんな記事があります。

「半沢直樹」なぜ主題歌がないのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130814-00000001-nkgendai-ent

独走状態の大ヒットドラマ「半沢直樹」。いよいよ“後半戦”に突入し、平均視聴率も30%の大台をうかがう勢いだが、素朴な疑問がある。なぜ、いわゆる「主題歌」がないのか――。

 過去の高視聴率ドラマは大抵、主題歌も話題になっていたりする。相乗効果で、ドラマの数字も伸びていた。古くは90年代の「101回目のプロポーズ」が CHAGE&ASKAの「SAY YES」、キムタク主演「ビューティフルライフ」(00年)ならB,z「今夜月の見える丘に」、最近なら「家政婦のミ タ」(11年)が斉藤和義「やさしくなりたい」などなど

続きを読む "安易なドラマの「タイアップ主題歌」時代の終焉"

| | コメント (0)

ネット出現で「マス」がなくなるという神話の嘘、消費者ニーズの多様化の嘘ー実質的には二極化

先日も拙ブログで論じました記事「コスメデコルテ AQMW レプウリション」(コーセー化粧品)のお手入れ用音楽ですが、8月21日よりコスメデコルテのサイトよりフリーダウンロードされますので興味のある方は是非聴いてみてください。

http://www.cosmedecorte.com/aq_mw/music_dl/

その記事で化粧品メーカーのマーケテイングについて書きましたが今日はその続き、といいますか補足になります。

化粧品メーカーはマスに対して大量に売る、というビジネスモデルを会社の主軸にしていないマスマーケット以外ニッチな市場の中で付加価値の高いブランド化商品を固定層に販売して利益をあげているという点を述べました。

しかしこのことを持ってネットの論調でいまだ根強いネットが現れたことで「マス」はなくなった、必要はなくなったということにはなりません。

結論から申し上げて「マス」というのは決してなくなりません。それどころかマーケットは市場が多様化しているためにニッチな市場だけしかなくなる、ということにもなりません。

次の記事はマーケットというものを非常に的確に分析していると思います。

■「消費者ニーズは高度化・多様化している」のウソ
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/4104216.html

「もうテレビの時代は終わった」「これから全てのマーケティングはデジタルシフトする」「消費者ニーズは高度化・多様化を極めている」「ソーシャル メディア時代には従来のマーケティング手法は通用しなくなる」――。雑誌やWebメディアの見出しは、こんなあおり文句であふれている。

 確かに、ソーシャルメディアの出現と爆発的普及によって、いままでのマーケティングは大きな変革を迫られている。どんなにお化粧をしてきれいに着 飾っても、ソーシャルメディアの中では「ありのままの自分(すっぴん姿の商品や企業)」がさらされてしまう。TwitterFacebookmixi LINEなどのコミュニケーションツールによって消費者は横につながり、企業のマーケティングに(過度に)踊らされない術を手に入れた。これは、人がメ ディアを持ったのではない。人がメディアになったのだ。1億人総メディア時代の幕開けである。

 しかし、である。私たち消費者は、そんなに大きく変わったのだろうか。利用するデバイスや、1日に消費する情報量は飛躍的に増えたが、相変わらず 私たちの脳みそは1つだし、1日は24時間だ。コンビニに並んでいる商品の数も、「ダイエット」や「恋愛」など雑誌で特集されるテーマも10年前とほとん ど変わっていない。

<中略>

 

続きを読む "ネット出現で「マス」がなくなるという神話の嘘、消費者ニーズの多様化の嘘ー実質的には二極化"

| | コメント (0)

2013年8月11日 (日)

「犬猫殺処分0を目指す」のチャリティーコンサートに行ってきました

ネコを飼っている手前、なおかつペットミュージック(写真)という作品を作っていることもあり本日作曲家仲間のありまかつみさん主宰の「犬猫殺処分0を目指す」のチャリテイコンサートに行きました。場所は川崎のクラブチッタの斜め迎えのCampです

Relax

Charity1

今回のイベントを企画したバジルとMCでボーカルのShihoさん

今回のチャリテイ―コンサートでは上記の私の作品ペットミュージックを共同企画したペット業界関係者も呼び、今後のペット関係のイベントで何かつながるものが発生すればと思いました。

昨年だけで飼い主に捨てられたり、里親が見つからずになんと17万頭の犬猫が殺処分されてしまうという辛い現実があります。

コンサートの収益は犬猫の殺処分問題に取り組む神奈川動物愛護団体に寄付されました。

続きを読む "「犬猫殺処分0を目指す」のチャリティーコンサートに行ってきました"

| | コメント (1)

2013年8月10日 (土)

佐久間さんのショッキングな癌告知を聞いてー自分がもし余命僅かだとしたらどんな作品を作るかと思う

昨日拙ブログでも何回か記事で引用させていただいた音楽プロデユーサーの佐久間正英さんがブログにてご自身が末期の癌であることを告白された。非常に驚きショックを禁じ得ない

goodbye world
http://masahidesakuma.net/2013/08/goodbye-world.html

佐久間さんには是非お大事にしてほしいし、末期癌でも奇跡の復帰を果たした例もありますので同じことを祈るしかありません。彼ほど良心的な音楽プロデユーサーはそうは業界にいないし、今の音楽業界には必要な人と考えます。

私も昨年二回の入院を始め胆嚢炎も併発した、という点がありますので決して他人事ではありません。やはり我々は体が資本ですから..

佐久間さんはこれから「死」というものを見つめながら仕事をしていくと思われますが、考えてみれば私は今まで「死」というものに対してリアリテイを感じたことはありませんでした。昨年も最初の入院の時は今思うとかなり私自身は深刻な状況だったんですがそれでも「死」に対するリアリテイは感じませんでした。

しかし私もそれほど若いという人間ではありませんし、あと何年現場で仕事を続けられるかもわかりません。私の気持ち的には少なくともあと20年は現場で仕事するつもりではありますがそれも健康が許すかどうかは何ともわかりません。

もし自分の命があとわずかだとしたら自分はどんな仕事をするか、ということを考えますと自分はまだそれを残せるようなしごとをしていません。それを考えるとやはり自分が死ぬ前に絶対に完成させておきたい音楽作品を作ることをそろそろ本気で考えなくてはならないのかな、という気がしています。

世間はもう「お盆休み」モードですが、お盆の間に止まったままの「新しいサウンドコンテンツ」や次の自分の作品について本腰いれて取り組もうと思っています。

| | コメント (0)

2013年8月 7日 (水)

化粧品業界のマーケテイングに見るコンシューママーケットの戦略と音楽やコンテンツ業界への応用の可能性

・コーセー化粧品コスメデコルテAQMW 美容音楽8/21 好評フリーダウンロード中!!

Healing_rhapsody

コーセー化粧品の最高級ブランドの新商品「コスメデコルテ AQMW レプウリション」(コーセー化粧品)のお手入れ用音楽「コスメデコルテAQMWーヒーリングラプソデイー」を作りました。

絶賛フリーダウンロード中  是非聴いてみてください。(年内まで)

コスメデコルテの会員でない方もお聴きになれます。

http://www.cosmedecorte.com/aq_mw/music_dl/

さて化粧品メーカー向けの環境音楽についてですが、実は今回の制作作業を行っているうちに特にマーケテイングについてさまざまな新たなことがわかり、その意味でも非常に新鮮でした、具体的には化粧品メーカーのマーケテイング力はすごい、特にブランデイングに関しては我々音楽業界にいる人間も大いに参考にすべし、という部分を感じました。

といいますのも、実は化粧品メーカーがある意味伝統としている訪問販売、対面販売というダイレクトマーケテイングの伝統があるからです、これは自動車や電機メーカーなどとは根本的に違う点です。そしてそのマーケテイングの伝統が日本の他のどの業種よりも市場の状況をきちんと把握し、さらに必要なブランデイングを構築できるきっかけにもなっているように思います。

さて先ほどの記事の続きになりますが、以下の商品をもう一度見てください。本日プレス発表した商品です。

AqmwAqmw3

今回の新商品「コスメデコルテ AQMW レプウリション」(写真)の値段、 何と¥15000 !! 

なんでもアンチエイジングの美容液,でコーセー化粧品の研究所で人間の老化のプロセスやそれを防止する成分を配合した商品ですが、コーセー化粧品最高級ブランドだそうです。

それにしてもこの価格、一体誰が買うんだ? って思うでしょう?

まだまだあります。コーセー化粧品最高級ブランドの商品、安くても5000円前後、一万円の商品もざらです

http://www.cosmedecorte.com/aq_mw/

続きを読む "化粧品業界のマーケテイングに見るコンシューママーケットの戦略と音楽やコンテンツ業界への応用の可能性"

| | コメント (0)

化粧品メーカー環境音楽、新商品発表プレス発表に参加

本日六本木ヒルズのホテルグランドハイアット東京にて今回私が制作した化粧品メーカーの環境音楽に関する新商品の発表に立ち会いました。

実はよく考えればホテルグランドハイアット東京に来たのは初めてでした。

Grandhyatt1

Grandhyatt2

Grandhyatt3

今年の初めから作曲の着手してきたのですが、今回は化粧品と音楽のコラボレーションという形で進められました。最高級の化粧品による肌へのお手入れと心のリラクセーション効果を狙った音楽ということで制作し、美容ジャーナリストの第一人者の斉藤薫さんの監修の元、制作されました。

そして今日はその新商品「コスメデコルテ AQMW レプウリション」(コーセー化粧品)のプレス発表で音楽の制作者としてプレス発表に招待されました。

7年前に同じ「サロン用」の環境音楽を制作した時は私の名前は一切出ていなかったんですが、今回は斉藤薫さんとともに大々的に私の名前が出ています。(^^;)

今回の商品について詳しくはこちらをご覧ください

http://www.cosmedecorte.com/aq_mw/

続きを読む "化粧品メーカー環境音楽、新商品発表プレス発表に参加"

| | コメント (0)

2013年8月 3日 (土)

大野音楽担当の映画「暴走」DVD 発売のお知らせ

私が音楽を担当して先々月渋谷アップリンクにてイベント上映会がありました映画「暴走」(東條政利監督)のDVD発売日が決定しましたのでお知らせいたします。

Bosou_top_img

この映画につきまして詳しくはまだ述べていませんでした。この映画は他と違い以下のような特徴があります。

(1) いじめをテーマとしており、いじめのシーンが「ミュージカル」になっています。 (歌:アイドルグループのスマイル学園
(2) 一応主演らしき人はいますが実は被害者以外に「いい人」はいません(笑)
(3) ミュージカル以外、劇伴部分の音楽がちょっと変わった使い方になっています。

今まで映画祭やイベント公開はありましたが、今のところ好評だと伺っております。

10月25日発売

規格番号:JBMD-0195
JAN:4515778508611
発売元:Tract
販売元:グラッソ

キャスト
鳴海 剛、大山貴世、 伊㟢充則、橋元優菜、椿鮒子
、スマイル学園、桑垣紀彦、黒川達志

スタッフ
脚本、監督 :東條政利 
撮影・清村俊幸 
照明・石川欣男 
録音・中村雅光 
音楽・大野恭史

あと先着100名の方に以下のリンクから購入するとポストカードがもらえるそうです。

1376463_537040859716795_264703686_n

http://www.going-inc.jp/bousou/order.html

| | コメント (3)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »