Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« クリエーターズEXPO/プロダクションEXPO 初日に行ってきました。 | トップページ | 「クリエーターズ」EXPO雑感と音楽ビジネスにからんでのひとりごと »

2013年7月 5日 (金)

JASRACによる選挙運動での音楽利用の注意事項

「あまちゃん」のテーマソングの都議選での活用が問題になりましたが.

どうやら「みんなの党」だったようです。
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93+%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%85%9A&ei=UTF-8

但し一部に「複数の政党」という情報もありますので他の政党も使用した可能性があります。

そしてご存じのとおり昨日参議院選挙が公示されました。

JASRACは参議院選挙で同様の事態が発生しないように「JASRACが選挙運動での音楽利用の注意事項を案内する窓口」を開設 しました。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130703/489143/

130703zu

選挙運動で音楽著作物を利用する場合、通常の利用許諾手続き以外に、事前に著作者の同意を得るなどの手続きが必要になる。JASRACは、「このたびブログやWebサイト、動画サイトなど幅広いインターネットメディアにおけるインターネット選挙運動が解禁されたため、より一層の注意が必要」と指摘す る。

 こうした動向を踏まえ、インターネット選挙運動を含めた選挙運動全般における音楽利用に向け専門の窓口を設置することにした。Webページも開設し、窓口の連絡先のほか、実際の手続きの手順に関する図を公開している(上図)。

一部のITギーグ系の人たちでいまだ著作権の存在自体に否定的な人間がいるだけに同じような問題が起きる可能性があります。

詳しくは

 一般社団法人 日本音楽著作権協会

選挙運動音楽利用窓口

担当 送信部 前川・岡村

電話(ネットワーク課) 03-3481-2120

Email senkyo2013@jasrac.jp

,center>

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。