Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月29日 (土)

音楽ファンを大事にしなくなった音楽業界ー「クラシック音楽愛好家」の集まりに参加して

先々月より制作してきた化粧品メーカー用の環境音楽ーヒーリング音楽、昨日正式に納品されました。7年前にも同じ仕事をしましたがその時は単に「サロンに流す音楽」ということでそれほど大々的なものではなかったのですが、今回は私の名前も出てしまい、しかもかなりメデイア展開も行われるようなので、正式に情報解禁になりましたら当ブログでもお知らせいたします。

130628_200101

昨夜はその化粧品メーカーのプロジェクトの監修の方である美容ジャーナリストの方のお誘いで西麻布の隠れ家的なサロンにて「クラシック音楽愛好家」の集まりに伺いました。実は今回の化粧品メーカー用の音楽のプロデユーサーとはもう結構長い付き合いなんですが、こんなにもすごいクラシック音楽の愛好家であったことを今まで知りませんでした。その美容ジャーナリストの方も大変なクラシック愛好家で、打ち合わせの際にそのプロデユーサーと意気投合してその関係で今回の仕事が終わった関係で集まりに私も呼ばれたという経緯があります。

まあ私も昔は「クラシック少年」でしたし、音大も受けようとした時期があり少なくとも音大生なみのクラシック音楽の知識は持っていますが、かなりクラシックに関してはマニアックな集まりで私自身もタジタジになるくらいでしたが. しかしこういう人たちの集まりがこういう形で定期的にあるというのは驚きでもありました。

私の会社も業務で「ホール録音」を行うことがありますが、

http://homepage1.nifty.com/hyb-music/hall.htm

最近はメジャーメーカーであまりクラシック音楽を発売しなくなった関係で、元レコード会社のデイレクターで小さいながらもクラシック音楽のレーベルを運営している人たちがいますが、今日の集まりの人たちもそういう人たちとのつながりも持っています。

続きを読む "音楽ファンを大事にしなくなった音楽業界ー「クラシック音楽愛好家」の集まりに参加して"

| | コメント (0)

2013年6月22日 (土)

バーチャルリアリテイ展に行ってきました。

Vr1

まだ仕事が完全に片付いていないんですが本日までなので雨の中でしたが東京ビッグサイト「3D&バーチャルリアリテイ展」に行ってきました。

Vr2

今回は「立体音響」に関する展示やデモがあるというのでそれを体験するのが目的です。さすがに「産業用のVR」を私が見てもしょうがないので...

Vr3

今回はこれが目的です、

続きを読む "バーチャルリアリテイ展に行ってきました。"

| | コメント (0)

2013年6月17日 (月)

ストラビンスキー「春の祭典」初演から100年-「題名のない音楽会」の番組を見て

別に記事を書くつもりはなかったんですが、朝twitterで書いたことをもう少し詳しくという要望が私のところに来ましたので..

きっかけは本日放送の「題名のない音楽会」で本日ストラビンスキーの「春の祭典」の特集をやっていたためにそれに関してtweetを3つ書いたんですが、やはり140文字では伝えきれない部分がありましたので

このストラビンスキーの「春の祭典」は音楽史上でももっともセンセーショナルな作品でありストラビンスキーの代表作として知られていますが、ここであまりクラシック系やストラビンスキーを知らない方のために簡単な予備知識を記しましょう

180pxstravinsky

イゴールストラビンスキー(1882-1971)

ストラビンスキーはロシア生まれの作曲家で1882年にロシアのサンクトペテルブルク近郊のオラニエンバウム(現・ロモノソフ)に生れ、1908年ころにパリに移住 パリでロシア・バレエ団のために「火の鳥」「ペトルーシュカ』を発表したあと、ロシア・バレエ団のセルゲイ・ディアギレフ、、美術家で総合プロデユーサーとなったニコライ・レーリヒ、舞台美術家のレオン・バクストといった当時最新鋭の感覚を持ったクリエーターが集結して作り上げたのがこのバレエ曲「春の祭典」なわけです。

この「春の祭典」と先ほどの「火の鳥」「ペトルーシュカ』をあわせてストラビンスキーの三大バレー曲と呼ばれ、ストラビンスキーの代表作として今日まで伝えられているわけですが.. その後は新古典主義、十二音とくるくる作風を変え「カメレオン」と揶揄されるほどで、私自身も新古典主義以降のストラビンスキーの音楽は正直あまり興味ありません。ある意味「初期の作品」と呼ばれる作品が代表作となってしまっているわけで、ちょっとその辺りは少し残念な気がします。

でその「春の祭典」が初演された今年が100周年ということで本日放送のテレ朝の長寿音楽番組「題名のない音楽会」で佐渡裕、池辺晋一郎その他が出演しての番組になったわけです.

ではこの「春の祭典」がどれだけすごい曲かというとひとことでいうとそれまでの音楽の拍子、リズムの常識を全て根底からくつがえしたことです

具体的にはどういうことかというと

続きを読む "ストラビンスキー「春の祭典」初演から100年-「題名のない音楽会」の番組を見て"

| | コメント (0)

2013年6月14日 (金)

パロデイ論ー宮藤官九郎の「あまちゃん」の脚本とマルセル・デュシャンのレデイメイド思想

先日の記事、「あまちゃん」のkyon2の歌に見るパロテイとパクリの違いの続きになるんですが...

その記事で日本ではなぜか「パロデイーというものをあまり評価しない風土がある、と述べました。そしてパロデイーというものと、音楽業界が良くやる「パクリ」は全く違うという点を述べました。

どうも「パロデイー」というものを「えげつない」「(パロデイーされた人に対し)失礼だ」と考える向きがあるようです。
しかしそれは違うと思います。

たとえば今週放送した「海女ソニック」なるイベントも、いうまでもないですがとある有名な音楽イベントの立派なパロデイーですが、それ以外にニセの「レデイ―ガガ」が複数登場することでレデイ―ガガに似てもにつかない人物がレデイ―ガガをまねしようとするおかしさを演出していて、そのミスマッチぶりが笑えせてくれるのです。それはレデイ―ガガを誹謗したものではなく、レデイ―ガガという強烈な存在感があるアーチストだからこそ、それをまねしようとする「凡人」がおかしくみえるわけです。そこに「えげつない」笑いはありません。民放のお笑いバラエテイの方がよっぽど「えげつない」笑いだと思います。

さて下の写真を見てください

20100814_1112106

これはフランスのアーチスト、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp  1887- 1968)の作品(?)でアートシーンにおけるパロデイーの先駆的な作品です。

続きを読む "パロデイ論ー宮藤官九郎の「あまちゃん」の脚本とマルセル・デュシャンのレデイメイド思想"

| | コメント (0)

2013年6月 9日 (日)

昨夜のAKB総選挙を見て服部克久先生の昨年のレコード大賞の発言を思い出しての所感

しばらくブログ更新を行うことができなかった。GW以後、特にここ2週間は殺人的に多忙な状態が続きFacebookもロクに書けないほどだった。昨日の作業でようやくヤマは越したという感じでやっと余裕を持って仕事できるようになった。特にここ二週間ほどは本当にハードな毎日で仕事の関係で外出しなければならないスケジュールもこなしながら、事務所にもどるとひたすら仕事場(スタジオ)に缶詰で黙々と作業という毎日、かなりいろんなことを巻きでやったこともあって、さすがに体に疲労がたまっている。

あと作業は残ってはいるけどようやくこうして記事をかける段階にまで余裕をもてるようになった。やはりヒマ人でないとブロガーにはなれない、ということだろう。

さて昨日私の娘も一生懸命に見ていたがAKBの総選挙。朝日新聞のtwitterまで随時速報を流す等、まあちょっと相変わらずの日本の狂想曲ぶりに呆れてしまう。

ご存じのとおり大いに物議を醸した私の昨年の記事

■総選挙の日だからあえて書いてやる。もはや日本人にとって音楽はゴミでしかない、ということだ。
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2012/06/post-dc61.html

まあ確かにあの写真を見て、私自身もかなり感情的になってしまい大人げない面はあった点は反省すべき点だと思うが、失望したのは音楽関係の業界人だけでなく一般のネットユーザーさえも私の記事の真意を理解していた人間が非常に少なかったという点である。

今年はどのくらいのAKBのCDが捨てられることになるだろうか? 正直今年はもう怒る気にもなれない。はっきりいえばどうでもいい。なぜならAKBは音楽を売っているわけではないからである。CDというメデイアは使っていてももはや音楽作品というのもおこがましい。

そして昨年末のできごとで今更といわれるだろうけど昨年のレコード大賞での服部克久先生のこの発言。

(AKBがレコード大賞を受賞して)「歌謡曲からヒップホップまで幅広い音楽を聞いていただけたと思います。これが日本の歌謡界の現状で今日3時間聞いていただきすっかりこの現状が把握できたと思います。お楽しみいただけましたでしょうか?」

続きを読む "昨夜のAKB総選挙を見て服部克久先生の昨年のレコード大賞の発言を思い出しての所感"

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »