Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月28日 (日)

マザーグースとグローバルな音楽教材

昨年からある大手楽器メーカーの海外向けの音楽教材の制作に携わっていますが、海外の音楽教室の導入開始を目前に現地の宗教的、文化的な観点から歌詞の差し替えという作業が必要になる等、追い込みに入っております。

同時進行で音楽教材の続編に入っており今回はマザーグースの曲が多いですね。このマザーグース、実はなかなかの曲者です。

もうだいぶ前の記事ですが、マザーグースというのはただの「童謡」では片づけられないほど深いものであることを述べました。

「マザーグースと紙芝居」
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2008/03/mixi6_02d2.html

マザーグースというのは英語圏に住んでいる人では知らない人はいないだけに扱いはとってもやっかいです。しかし先日の記事 コンテンツと文化ーグローバリズムとローカライズのバランス」でも書きましたが、グローバルな世界に向けて商品を制作するときは国ごとのローカルマーケットの国ごとの事情ローカリゼーションーを考慮しなければならない、と述べました。この点を理解するIT系やエコノミストが意外に少ないのが私にとって驚きですが、ローカリゼーション抜きのグローバル化というのはありえない、というのが今回の海外向けの音楽教材で実感したことです。

例えば今回もイスラム国家であるインドネシアで販売するためにイスラム教的価値観に対する配慮というのも行い、原曲の題名に「キス」とあったものを変更する等の作業を行いました。それ以外にイスラム教的価値観ではOKでもキリスト教的価値観だとNGのものがあるほど、やはりグローバルにコンテンツを出す場合にいろんな考えもしなかった問題が発生することが判明しました。少なくとも一部のグローバリストが主張するように「世界中が金太郎飴のように同じなる=グローバリズム」という考えで進めると絶対に失敗すると私は断言することができます。

しかし実はそれだけではありません。時代背景や現代の価値観に対する配慮も必要な点があります。

例えばマザーグースの"Little Polly Flinders"(かわいいポリーフリンダース)についてこういう問題が発生しました。

続きを読む "マザーグースとグローバルな音楽教材"

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

レビュー:なぜゴッホは貧乏でピカソは金持ちだったか?

418ycc9063l_bo2204203200_pisitbstic

まず最初に断っておく。この本はアート関係の本ではない。 またアートを始め今問題となっているコンテンツの市場の今後について語ったものでもない。

実は「お金」というものは本当はどういうものかを本質的に論じ、それを過去、から今後のありかた、ソーシャルネットを始めとするこれからの形でどうありかたが変化していくかを論じた本であり、実際ピカソについてはこの本を通じてトータルでも数ページ分しか裂かれていない。したがってピカソとゴッホに関して芸術家の人生の面で何か興味深い比較がかかれているのか、本の題名からその辺りについて期待した自分としては正直期待はずれの面はあった

本のタイトルにいささか騙された感はあるものの、だからといってつまらない本かというと決してそうではない。なぜならこれほど「お金」というものの本質をある意味哲学的に論じ「価値」と「信用」の積み上げ、という観点で論じた本はないかもしれないからだ。

この本でピカソが出てくるのはピカソはゴッホと違い「お金」の本質、自分の「価値」の本質を実によく理解しており、自分の「名声価値)」をいかにあげるか、そしてそれをより多くの「お金」変えられるかを熟知していたという。そのためピカソは芸術表現としても歴史の残る作品を残すと同時に巨万の富も築いていたのである。この本の筆者はピカソのその戦略を例にとって「お金とは」「価値とは」「信用とは」というものを的確に分析し、人は何に対してお金を払うのか、ということを客観的に分析する。ソーシャルネット時代からグローバル、な今後の時代でそのありかたがどう変わるかについて論じている。

その意味では音楽を始めコンテンツの価値バリュー)と信用クレジット)を上げるために何をしなければならないか、考える参考にはなるかもしれない。

筆者は元外資系の金融コンサルタント会社に勤務した経験から、会社の過去の実績や会社の従業員が単純な数字で売り買いされている実態に疑問を感じ始めてから。「お金」について考え始めたらしい。結局その風潮はリーマンショックという危機を生み出すことになる。

しかしこの本は私が読む本ではなく、やはり投資関係や経済関係の人の本だろう。その関係の人が読んだ方がより面白く読めるかもしれない。

個人的に思ったのはこういう本はKindleで読んでおけば良かったかな。と後悔している。題名だけで本を買うのはやはり危険かも
でも今回の週末は冷たい雨だったし、まあ読書の週末というのはよい週末の過ごし方である。


| | コメント (0)

2013年4月15日 (月)

大野恭史の最新作"So happy Dream"公開と作品とマーケテイングの背景

はい、今日一日会社やその他のウエブサイト関係の作業に追われていましたが..お約束通り今日は私大野の最新作"So Happy Dream"の公開日ということで、このブログでも公開させていただきます。

ただその前にこの曲の簡単な背景について説明させていただきます。

Relax

元々私はペットミュージック(写真)なるCDを今から10年前にビクターエンタテインメントより発売しました。これは愛犬の飼い主がいっしょにリラックスするできる「仕掛け」が施されたCDで、基本的にはヒーリング音楽なんですが、なんと「和太鼓」の単純なビートが愛犬をリラックスできる、ということを発見し、そのメソードを採用したものです。この効果は動物病院や動物行動学の権威の方に実際に研究材料としていただき、実証されたものです。

詳しい説明はyou tube,のこの動画をご覧ください。

しかしこの愛犬と飼い主のふれあいをもっとわかりやすい形で、とこのペットミュージックを企画したペット用品の代理店の方からの提案で「和太鼓」のビートというメソードをいかしつつ、ポップでおしゃれな音楽にしようということで今回の曲の制作することになりました。

P_s01

元々このペット用品の代理店はペットの薬用ノルバサンシャンプー(写真左)のマーケテイングをやっていた会社でして、基本的には業務用の商品なんですが、結構セレブ系の女性とかも買ったりしています。 その関係で女性をターゲットとしたマーケテイング戦略となっています。

 今回はこの薬用ノルバサンシャンプーの販促用インセンテイブとしてこの曲を位置づけ、薬用ノルバサンシャンプーの購入した方には無料で今回の曲"So Happy Dream"のCDがもれなくもらえることになっています。(但しwanwantownというサイトで購入した場合に限ります)つまり"So Happy Dream"薬用ノルバサンシャンプーキャンペーンソングとしても位置付けられることになります

 

今回の曲"So Happy Dream"のCDジャケットです。薬用ノルバサンシャンプーをご購入されますともれなくついてきます

Sohappydream_s

というわけでお待たせしました。当ブログにて私の最新作"So Happy Dream"の公開です、気に入っていただければお友達に進めていただければ幸いです。

"So Happy Dream"
作曲:大野恭史
作詞:Machiko


ヴォーカルPoplin

映像デイレクター:渡辺 彰

撮影協力  ・ル プティ トノー

http://www.petitonneau.com/jp/azabu_juban/locations/shop_data/

・ラ ポルタ デイ アフロデイーテ

http://aphrodite89.com/

映像制作:(有)ハイブリッドミュージック
企画  : TNC


| | コメント (0)

2013年4月14日 (日)

明日新作公開ーそして今後より多く新着情報もーとにかくわが道をいくだけです。

明日、昨年作りました新作"So Happy Dream"のプロモーションビデオその他ペット関連のウエブサイトの公開をいたします。高級ペットシャンプー「ノルバサンシャンプ^」のインセンテイブとして展開します。詳細を発表しますので楽しみにしてください。

また5月に上映会を行う映画「暴走」予告編(トレーラー)を現在作っているようです。できあがり次第このブログでも発表いたします。前にも書きましたように「劇場公開」と銘打ってしまいましたが、現在映画祭に出品している関係上、劇場公開という形はとれませんので(映画祭出品の条件は「未公開作品」ですので)あくまで、イベント的な「記念上映会」です、上映会場もアップリンクの二階の映画劇場ではなく一階のカフェでの上映会でした。

正式な劇場公開はたぶんまた後程、ということになるんだと思います。 尚、DVDの発売は9月で予定通りだそうです。

さて、そんなことで今年も昨年以上に展開をしていきたいと思っていますが、おそらく音楽業界の実態そのものに関する記事はこれから減っていくと思います。

勿論、先ほどの「官製」発信策のようにひどい政府の政策に関しての批判記事は今後もあると思います。なぜなら政治も官もマスコミも「権力」を持っており、弱い立場の人間を踏みつぶす可能性はいつでもあるからです、音楽業界、特にメジャーレコード会社の人間のひどい実態は今更いうまでもないですが、もう音楽業界自体が普通の世界ではもはや全く回っていないので気にしても仕方ありません。今更批判しても仕方がないですし、体質が変わるならとっくに変わっていると思っています。私は私独自のやりかたで現在取り組んでいますし、今のところそれが成果が出始めていますのでわが道をいくだけです。

現在メジャーや大手制作会社の力が相対的に落ちています。もはやメジャー、インデイースなど全く関係ありません。これは大きなチャンスでもあります。そしてそのチャンスを生かして数年前と比べ私の状況も確実によい方向に動いています。今は迷わずその方向に進むだけです。何せえられないほど保守的な体質を持った音楽業界、私のやりかたをみて「なんだそりゃ」とか「お前のやりかたは邪道だ」とかいろいろ言う人もいるでしょうが、まあそういう人たちには言わせておきます。私は意に介しません

そして昨年やり残した仕事も多いです。それも取り組んでいきます。

というわけで今後様々なニュースが増えると思います。よろしくお願いします

| | コメント (0)

クリエーターやコンテンツ業者から支持されないクールジャパン推進会議の「官製」ポップパワー発信策

日本のポップパワー発信10策 --- 中村 伊知哉
http://agora-web.jp/archives/1528714.html

発信10策とは

1. 主要国首脳会議、World Economic Forumその他海外首脳の集まる会議において、ポップカルチャー宣言を首相が表明するとともに、ポップカルチャー政策を一元的に推進する機関を設立し、民間から登用する長官が世界中を渡り歩く。

2. アジア、南米等の新興国向けにポップカルチャー専用のテレビ3チャンネルを編成するとともに、同番組を世界にネット配信する。

3. 初音ミク、ピカチュー、ガンダムなどのキャラクターについて国際ネット投票を実施し、上位5名をポップカルチャー大使に任命し、Facebookやtwitter上で多言語観光キャンペーンを打つ。

4. 映画、放送番組、音楽、アニメ、マンガ、ゲーム、デザイン、7種のデジタル・アーカイブ構築を推進するため、著作権制度等の特例措置を講ずる。

5. 京都、沖縄などの地域やコミケ、ニコニコ超会議、沖縄国際映画祭などのイベントを10件、国際ポップカルチャー特区として認定し、二次創作や税制等の特例措置を講ずる。

6. 海外及び国内の20大学に日本ポップカルチャー講座を開設し、アーティストを講師として派遣するとともに、その場を利用してアニメ、ゲーム、音楽などを創作するワークショップを開催する。

7. 30本の人気アニメの権利を開放し、世界中のアニメファンに日本のPRビデオを二次創作してもらう。

8.  アニメやゲームの制作力に基づくデジタル教材を50本制作し、途上国にODAで情報システムとともに提供する。

9.  日本を代表する100人のクリエイターのメッセージ動画を配信する。

10. 正規コンテンツ配信サイト、アーティストのブログ、問題のないファンサイト等1000サイトを選定し、無償で英中西仏葡の翻訳を付して発信する。

上記の策でどういうことをしようとしているのか今1つ見えないし、そもそも4.5.7.8.などやりかたを1つ間違えると収集のつかなくなる可能性がある。何よりも上の話は「コンテンツ無償開放」とか「著作権特例措置」とかクリエーターから見れば権利をこのプロジェクトのために放棄しろ、という話ばかりである。それによってクリエーターやコンテンツホルダーによってどんなメリットが出てくるのかまったくわからない。

そして何よりもコンテンツ業者だけでなく別方面からもこの方策に批判的な記事が出ている。

「官製」ポップパワー発信策は“無用の長物”である!
http://blogos.com/article/60134/

続きを読む "クリエーターやコンテンツ業者から支持されないクールジャパン推進会議の「官製」ポップパワー発信策"

| | コメント (0)

2013年4月11日 (木)

コンテンツと文化ーグローバリズムとローカライズのバランス

このブログを読んでいただいている人は私は音楽や電子書籍を始めるコンテンツのデジタル配信を否定しているわけではないのはおわかりいただいているとは思いますが...

この2つの記事に関連して1つ述べたいと思います。

■日本の読者たちの保守主義は、保護システム?
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_28/106408208/

ロシアでは2012年、2011年比で2倍の200万台以上の電子書籍が販売された。この事実は、読書スタイルが変わっただけで、ロシアが今も世界有数の読書率が高い国であることを証明している。トルストイの長編小説「戦争と平和」は、バックの中でたくさんの場所を占めることはなくなった。地下鉄、飛行機の機内、待合室では、従来の紙の書籍に代わって、電子書籍を読む人の数が増えている。

<中略>

一方で、インターネット普及率の高い日本では、ロシアと違って決して電子書籍の需要が高いわけではない。日本の電子書籍の使用率は、先進国の中で最も低い という。米国の企業R.R. Bowkerが実施した世論調査によると、日本人の72パーセントが電子書籍を利用しようとしたこともなく、今後も利用しないと考えており、一度でも電子書籍をダウンロードし、お金を支払ったことがあるのは8パーセントの回答者のみだった。日本のソニーは、電子書籍市場へいち早く参入したが、電子書籍端末の販売台数は、7年間で50万台にすぎなかった。

<中略>

こういう類の記事が出るといわゆるITギーグ、ITジャーナリストもしくはそういう類の人たちから「だから日本は遅れている」かのような見解が必ず出ますし、実際そういう内容の記事、書き込みがあちこちに見受けられました

一方次のような記事

■音楽ソフト 日本が米国を抜く 12年世界最大市場に

国際レコード産業連盟(IFPI、本部・ロンドン)は8日、CDやダウンロードを合わせた音楽ソフトの売上高で、日本が2012年に初めて米国を抜き、世界最大市場になったと発表した。
同日公表された12年の世界音楽産業統計によると、日本の音楽ソフトの売上高は約43億ドル(約4200億円)で、約41億ドルの米国を上回った。
日米逆転は1973年の統計開始以来、初めて。

映画やCMでの使用料など、音楽ソフト以外の売り上げも含めた全体の市場規模では米国が引き続き最大だった。

 昨年世界で最も売れたアルバムのランキングでは、ミスターチルドレンのベスト盤が約130万枚で日本勢トップの29位に入った。

 

米国や英国など、音楽市場の規模で上位5カ国に入った日本以外の国の売り上げがいずれも縮小したのに対し、日本は前年比4・0%増で、4年ぶりに拡大に転じた。(共同)

続きを読む "コンテンツと文化ーグローバリズムとローカライズのバランス"

| | コメント (0)

2013年4月 8日 (月)

7年ぶりの化粧品メーカー向けの環境音楽制作に見る利益率の高いニッチマーケテイングのありかた

もう今から7年前になりますが某大手化粧品メーカーの高級サロン向けに美容と癒しをテーマとした環境音楽、ヒーリング音楽の制作を行いました。

まあ私がそもそも世の中に最初に出たのがこのヒーリング音楽、癒し系音楽だったこともあったのですが、その後いろいろありましてこの分野からは離れていました。

決して環境音楽やヒーリング音楽を二度と創らないという意味ではなかったのですが、ちょっとスピリチュアル系の人たちといろいろあったこともあって、ちょっとこの分野に対する情熱が少々萎えていたということもありました。しかし今回は

1. その化粧品メーカーの最高級化粧品のための音楽であること

2. 商品のデザイン等に海外の斬新なクリエーターのデザインを取り入れ、日本のメーカーとしてはかなりの「冒険」をしていること

この二点に非常に興味がわきましたのでやってみようということになりました。環境音楽といってもかなり野心的な内容になるかもしれませんが、詳細はここでは語れません。

しかし以前もこのことにふれたかもしれませんが、

化粧品メーカーは実はずいぶん前からマス向けではない、ニッチマーケテイングによる事業実績があり、実はそのことによってかなり多くの利益を出してきました。

わかりやすくいえば「マツキヨ」とか「コンビニ」とかで手に入るようなマス向けの商品ーこれは量はさばけるかもしれませんが、利益率は非常に低くそれも価格は年々下がる傾向にある商品ーはかなり昔から大手化粧品メーカーの主力商品ではなくなっている、という点です。

続きを読む "7年ぶりの化粧品メーカー向けの環境音楽制作に見る利益率の高いニッチマーケテイングのありかた"

| | コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

映画「暴走」試写会

昨年の10月から先々月でやっと完成した映画「暴走」(東條政利監督)の試写会が行われました。
会場は映画のロケ地にもなった代々木の学校で、屋上のプラネタリウムで試写会が行われました。今回は「いじめ」がテーマの映画ということもありロケの場所を貸して下さった学校関係者にも見てほしい、というのがあったようです。

10077_518266994887089_429371850_n

前の壁面にプロジェクターで試写しました。

O0480036012488980359

スタッフやキャストも大半の方が参加しました。
ブラネタリウムで試写会って初めてかもしれません 。空間が丸いので音が回らないか心配なので音とかどうかなと音楽担当者としては思いましたがまあそこそこ見れました。

MAに立ち会った録音の担当者が音楽の位置が大幅に変わったと聞いて戦々恐々としてたが思ったほど変わっていませんでした。MA当日はスタジオでスタンバっていたのでMA室の状況はわからなかったのですが、個人的には「ミュージカル」の部分は音楽のバランスがやや低く、逆に劇の本篇部分の音楽は寧ろ大きい印象があったのですが、どうなんでしょうね?

まああとはより多くの方に見ていただいて皆さんがどう評価するかだと思います。もう私の手を離れましたので、次の仕事に照準を合わせようと思っております。

映画「暴走」(東條政利監督)

Bosou_top_img

キャスト

鳴海 剛、大山貴世、 伊㟢充則、橋元優菜、椿鮒子、スマイル学園
桑垣紀彦、黒川達志

スタッフ

脚本、監督 :東條政利 
撮影・清村俊幸 
照明・石川欣男 
録音・中村雅光 
音楽・大野恭史

日時 : 5月27日(月)、28日(火)の二日間の上映会です  18:30ー 20:30ー

劇場は  渋谷アップリンク

http://www.uplink.co.jp/info/map/

料金は ¥1500(1ドリンク付き)

チケット予約その他詳しくは

http://www.going-inc.jp/bousou/

「記念上映会」と申しましたのは在映画祭に出品している関係上、劇場公開という形はとれませんので(映画祭出品の条件は「未公開作品」ですので)あくまで、イベント的な「記念上映会」です、上映会場もアップリンクの二階の映画劇場ではなく一階のアップリンクファクトリーです。

DVDは9月発売だそうです。

よろしくお願いします

DVD発売決定いたしました。10月25日発売決定

| | コメント (0)

秋元康のクールジャパン推進会議にみる政府と経産省のお粗末な内容とコンテンツやクリエーター軽視の態度

まずお断りしておくがの私は例のAKBのCD大量廃棄事件を始め、批判的な記事は書いてはいるもののプロデユーサー及びマーケッターとしての秋元康氏は評価している。

優秀なマーケット戦略家であることは認める。

だがはっきりいってクリエーターとしては評価していない。たしかに「川の流れのように」という傑作はある。しかしこの人自身は(一応)作詞家というクリエーターの肩書があるもののAKBやその他のプロジェクトにおける作曲家、作詞家の扱い方を見る限り本当にクリエーターという人たちを尊重しているようには正直いって見えない。

おそらくそう感じているのは私だけではないだろう。

そしてはたせるかな。こういう騒ぎが起きた。

大元はこの記事

国内クリエーター結集を=クールジャパン推進で―政府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130403-00000133-jij-pol&1364988188&buffer_share=01e5c&utm_source=buffer

そしてその「クールジャパン」を運営するにあたって、

「超有名クリエーターに相場のギャラは支払えない」 秋元康の発言を「もしドラ」の岩崎夏海が弁護
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130404-00000004-jct-soci&p=2

そして「クリエーターにノーギャラで働いてもらう」などと秋元氏が発言したことに対しネットで批判が沸騰、炎上している。

「クリエーターは無報酬」秋元康のクールジャパン提案に批判殺到(Naver まとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2136500391892882001

続きを読む "秋元康のクールジャパン推進会議にみる政府と経産省のお粗末な内容とコンテンツやクリエーター軽視の態度"

| | コメント (0)

2013年4月 2日 (火)

渋谷屋根裏閉鎖に見るライブハウスを始めとする音楽業界全体の原点を忘れた「安易な道」

すでにご存じの方も多いように渋谷の老舗ライブハウスの屋根裏が閉店する。

■渋谷屋根裏が経営悪化で営業終了、存続のため協力者募集
http://natalie.mu/music/news/86977

これに関して元ミュージシャンの方(らしい)が興味深い記事を書かれているので引用させていただく

■渋谷屋根裏からライブハウス経営・サービスについて思う事
http://caltana.jp/archives/631

渋谷屋根裏に限らずですが、ライブハウス経営が苦しいのは数年前からあちこちで聞いていました。

なので驚くというより「やはりそうなったか」と思うのが正直なところ。昔からあった歴史あるライブハウスなだけに寂しい気持ちはありますし、惜しい気持ちもありますが「しょうがないかな」と思う自分もいます。

<中略>

そもそもなぜこんなにもライブハウスが増えすぎたのか。それはノルマ制という悪しき制度が日本のライブハウスに根付いてしまったから、と考えます。
ノルマというのはライブハウス側からするととても素晴らしいシステムになっていて、出演するバンドさえいればどれだけお客さんが来なくても赤字になること はありません。出演するバンドにノルマという出演料を貰えば最低限の売り上げはたつからです。あとはお客さんが来ることによってドリンク代で稼ぎ、お客さ んが多ければ基本的に50%はお店のプラスαの売り上げになります。

その赤字にならない経営は飲食店からすると(ライブハウスは基本的に飲食店として営業許可されています)とても魅力的な事です。もちろん立ち上げ時に音響 から防音設備などお金はもの凄くかかりますが、それが出来れば運営していくうえで売上はとてもたちやすい。ライブハウス側が経営努力をしてこなかった、と は言いません。バンドを集めること(ブッキングすること)はとても骨の折れることだとも思います。
ライブハウス側の「客はバンド側が集めるものだろう。お客も呼べねぇバンドが悪い。」と言ってしまうのは簡単な事。それはもちろんです。お客さんを呼ぶの はバンド側の責任でもあります。ただ自分たちが満足する曲を作ってそれをライブハウスで演奏していればいい、とは思いません。バンド側にも営業する事は必須です。しかし、ライブハウス側はブッキング以上に経営努力やサービス向上をしてきたのでしょうか。

<中略>

 

続きを読む "渋谷屋根裏閉鎖に見るライブハウスを始めとする音楽業界全体の原点を忘れた「安易な道」"

| | コメント (1)

2013年4月 1日 (月)

2013年度を始めるにあたりサウンドクリエーターとしての勝負をかけます

ご存じのように今日から新年度です。

4月からはいろんなものが変わります。電気料金を始めとする多くのものが値上げになる、という困ったものもありますが、やはり気持ち自体が何か新鮮な気持ちになりますね。

昨年度は私が経営している音楽制作会社としてはようやく長いトンネルを脱し今後について具体的な見通しができた年度でした。
今年度は昨年度の流れをより拡大していかなければなりませんし、昨年度全くお留守になっていました「新しいサウンドコンテンツ制作」への動きも再開させようと考えています。一年間実質的にストップしてしまいましたが、今年度はそれを復活させます。

そのためにも「新しいサウンドコンテンツ制作」のウエブサイトの構築を手始めに行います。6月までには何とか実現したいと思っております。

なぜそういうものをやろうとしているか、といいますと

要はそろそろ作曲家、サウンドクリエーターの自分として差別化できる仕事、作家として集大成となりうる作品を作る必要性を感じているからです。

私は年数だけは長くやっていますが

まだ「これだ!!」という仕事はしていません。

そして現場の最前線であと何年仕事できるか、

そろそろそういうことを考えなければならない年齢になってきました。

つまり作家として、クリエーターとして人生の勝負を掛けなければならない時期が来ていると考えています。
この構想自体はもう何年も前から考えていましたが

それを今年度は本腰を入れて取り組もうと考えています。

というわけでこれからこれに関しての記事も増えると思います。
幸いにしてこの「新しいサウンドコンテンツ制作」だけでなく、映画劇伴音楽レッドカーペットを歩きましょうを始めとして) そしてその他の新作の構想

話題には事欠かないと思います。(^^)

新年度、新たな気分でチャレンジしていきたいと思います。
よろしくお願いします

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »