Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 震災から二年 犠牲者と復興への祈りを音楽に | トップページ | 企業名ブランデイングのための販促ソング 公開 »

2013年3月14日 (木)

「新しいサウンドコンテンツ」プロジェクトの再起動と新サイト立ち上げの準備

昨日一年間実質的に止まったままだった「新しいサウンドコンテンツ」のプロジェクトを再度動かすべく打ち合わせを行いました。

まだ実現できるかどうか不透明ではありますが、取りあえずは夏休みのテレビの特番の企画からスタートします。一応それを呼び水として将来的にはレギュラーのコーナーにまで発展するといいと考えています。

「新しいサウンドコンテンツ」といってもどんなものかわからないと思いますがそれは追々発表することとしまして、比較的時間的余裕がある現在のうちのそれの新しいウエブサイトの構築に着手しようと思います。

その「さわり」のようなものを「シャキーン」という番組でやりましたが、今度はより踏み込んだ内容にしようと思っております。

これは音楽、サウンドをテーマとしたものですが、単なる音楽の企画ではありません。また特定のアーチストや音楽作品をプロモーションすることが目的ではありません。

しいていえば全く新しい音楽コンテンツのコンセプトのプロモーションを目的としています。

といっても何をいっているのかわかり辛いと思います。
だからこそ、具体的な形を示すために地上波のテレビの企画に入れようと考えています。それには理由がありまして

1. 「誰もやったことがない(たぶん)」ことのため具体的な事例を示さないと一般の人にはわかり辛いこと

2. 「点から点」へのウエブだけでなく、地上波での露出での企画を通した方が波及効果が違うこと

新しいコンセプトを広めるにはウエブサイトだけでは不十分です。

ウエブサイトがあれば地上波テレビなどいらない、などという論調がいまだに根強いですが、ネットとリアルのメデイアをことさら対立関係で考えるのではなく両者をいかにバランスよく使っていくかが重要だと思います。白でなければ黒しかないという二者択一の発想では視野が狭く底の浅い戦略になってしまいます。

勿論この企画が実現できれば、の話ですが...

1つの企画を通すことがどれだけ大変なことか、私一人だけでは到底できないか、は一度経験していますのでよくわかっています。

だがここでどうこう話したところで雲をつかむような話にしか見えないと思いますので

まずは新サイト立ち上げてその内容をみていただいてから判断していただこうと思います。

1つだけいいますと、このプロジェクトは今まで私がやってきた音楽やサウンドに関するありとあらゆるノウハウを結集したものです。最終的にはこのメソードを使った全く新しい音楽作品を作るのが目的です。

それは新サイトの中身を見ていただければわかると思います。

できあがったらここで発表させていただきます。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。