Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« もう1つのNAMM デジタル楽器全盛からアナログ復権へ 二者択一ではなく両者共存の時代へ | トップページ | "Pandora Radio" を日本で聴く方法(アドオン使って) »

2013年2月10日 (日)

音楽ストリームングサービスSpotify 体験記

先日の記事新しいインターネットラジオ"Pandora Radio" 体験記 ではアメリカを中心に人気のPandora Radio について書きましたが今日はヨーロッパが発祥のもう1つの注目すべき音楽サービスSpotifyについて書こうと思います。

Spotify1

残念ながら本日現在では日本ではPandora RadioSpotifyもサービスを通常の方法では利用することはできません。今回は先日同様特殊な方法を用いてアカウントを取り、実際にどういうものか体験してみました。

尚、この方法については現在調べる限りでは特に違法性は認められませんが、いずれ使えなくなるサービスである可能性もあるのでここでは触れないでおきます。

Pandora RadioSpotifyの違いは前者が新しい形のインターネットラジオであるのに対し、Spotifyの方はストリーミングサービス、つまりサイトで音楽を聴くことができるサービスです。

アカウントを取ったあと上図のような画面が表示されます。Spotifyで聴くことができます。

実は弊社の曲もCDbaby経由ですがSpotifyで聴くことができます。

Spotify2

Spotify3

SpotifyにはPandora Radio とは違ったさまざまな特徴があります  

利用者の観点からしますとPandora RadioインターネットラジオなのでPandora Radio の選曲エンジンによる再生ですがSpotifyの方はストリーミングサービスで自分で好きな曲を選んでプレイリストを選曲することができます

Spotify5

このプレイリストSpotifyの大きな特徴となります。Spotifyfacebookと連動しており、自分のプレイリストを友人と共有することができます。勿論facebookを通じてfacebookやアーチスト、音楽について語り合うことができます。

でも自分のプレイリストを作るといってもどうやっていいかわからない、という方が日本人の場合特に多いと思われます。でもご心配なく、
ちゃんと参考にできてプレイリストに追加しやすいさまざまなアプリが用意されています。

Spotify4

具体的にはBillboardや音楽雑誌Rollingstonesのおすすめ、Last FMその他たくさんありますので、これをたどって行けば好きな音楽をみつけられると思います。

余談ですが私の音楽が知らない間にLast FMで放送されていることがわかっています。発売元のビクターエンタテインメントは音源を送った覚えはないといっていますが誰がアップロードしたんでしょうかね?

それはさておき、アプリといってもfacebookにあるようなファイアーウオールを追い越すようなものではなくすぐにアカウントと連動しているものなので、アプリというよりはプラグインといういいかたの方が正しいかもしれません

そうやってプレイリストをふやすことができます

Spotify7

尚、SpotifyにはPandora Radio のようなアーチスト別の選曲チャンネル(ラジオ)その他、ジャンル別のラジオもそなえてあります

Spotify8

Spotifyは原則フリーストリーミングですが無料なのは10時間まで、それ以上は有料になります。イギリスでは年間10ポンド、EUでは10ユーロ払えば一年間は聞き放題です、

日本では秋頃にサービス開始を予定しており、毎年1400-1500円あたりを想定しているようです。

あとたぶん有料会員限定ですが、i-podスマートフォンへ自分のプレイリストをダウンロードすることができます。

Spotify6

ちなみにスマートフォンユーザーは全員有料会員だそうです。

Pandora RadioSpotifyのどちらが日本人に適したサービスなのか当方では全くわかりませんが、個人的には「日本人は自分で選ぶのが苦手」な国民のようにも思いますのでPandora Radio の方が合っているような気もしますが。特に最近の大学生10-20代は本当に洋楽を聴きませんので、洋楽に関して驚くほど無知な人も多いです。その意味でもPandora RadioSpotifyを是非若い世代に積極的に体験してもらえるように願いたいです。

いずれにせよレコードメーカーは小さいことにこだわらず、「メーカーの論理」ではなく「ユーザーの視点」で一日も早く日本でのサービス開始ができるように考えてもらいたいものです。一部の会社がまだゴネているという情報も聞いていますが、音楽産業の復活のためにも是非前向きにご検討をお願いしたいと思います。


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。