Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 第5回グラミー2013受賞者と日本の業界についてふれ | トップページ | テレビがつまらなくなった理由2-そこには現在の日本社会が抱える3つの良くない風潮の問題があった »

2013年2月17日 (日)

音楽+映像交流会@ デジタルハリウッド

作曲家コミュニテイのクレオフーガデジタルハリウッド大学主催の音楽+映像交流会に出席してきました。

Digihali

ご存じない方のため、クレオフーガとは作曲家のコミュニテイで大半が作曲家志望の学生やアマチュア作曲家の参加サイトですが、時々テレビ関係の募集も行っている関係で私も一応音源をアップしたページを持っています。もっとも殆ど参加したりはしていないんですが、今回はデジタルハリウッド(我々業界では通称「デジハリ」といってます)での交流会ということで、そういうのに参加するのも面白いかと思ったんですが

正直デジタルハリウッド大学の講師陣や映像関係会社の人間がポツポツいただけで、「デジハリ」での将来有望なクリエーターとかの参加がなかったのでいささか期待はずれの面はありました。クレオフーガ関係の作曲家やミュージシャンの出席者が大半でしたが、一人知り合いの作曲家が偶然参加していたので結局その人間との話の時間が多かったですね。

まあ開催時期も問題があったかもしれません。学生は期末の制作の忙しいし、映像制作関係は現在テレビとかその関係の企画や制作、現場等に一番忙しい時期のはずなので交流会どころではないのかもしれません。

デジタルハリウッド大学は専門学校、大学、大学院と4月から御茶ノ水ソラシティ3階、4階に移転して一か所にまとまるようです。今後定期的にこういう機会をもうけるとのことなので次回は大勢の映像関係者の参加を期待したいところです。

ちばみにデジタルハリウッド大学自体には知り合いは何人かいますので、別段「デジハリ」と私は縁がないわけではありません。しかし映像や劇伴、映画音楽に作曲家活動のメインをうつしている関係上、まだまだ盤石とはいえない現在の流れを引き続き強化したいと考えています。次回の映画音楽制作は早くて四月以降かなあ、順調にスケジュールが運んだとしても...

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。