Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

日本人中心に世界に向けて映画や音楽を創る

昨日とある映画の集まりに参加した。いわゆる会費制の交流会ではなく、食べ物や飲み物を持ち寄って集まる緩いパーテイーだったのだが、その集まりは日本の映画を世界に打ち出して行こうという趣旨の団体(会社)なので興味があって行った。いわゆる交流会、というものによく出席している私だが、非常に有意義な時間だった。

本気で海外を目指しているのが伝わってきたし、何よりもメンバーの大半がバイリンガルな点がいい。やはり世界に出るつもりなら最低限英語くらいは話せないとね。きゃりーぱみゅぱみゅのように通訳に頼っているようじゃダメだ。

いわゆるその辺りのネットのITギーグのようにやたらに情報化社会を礼賛するような論調を取るつもりはない。(というか、私はこの手の連中がはっきりいって嫌いだ。特にエヴァンジェリストなどという連中は私にいわせれば詐欺まがいの連中に思える)、しかし今は音楽も映像も国境など関係なく広まるというのは事実だ、

日本の音楽産業も映画産業も今まで日本の市場だけ見ていた。今でも基本的にはそうである。なまじっかそれでそこそこやっていけた、という面が日本の音楽、映像その他のコンテンツ制作のマーケットをドメステイックオンリーの体質にしてきた。しかしネットで世界中につながっている現代ではいい加減日本の音楽も映画もそういった考え方を卒業しないといけないと思う。

先日のアカデミー賞の記事でもわかるように」今年のオスカーでは台湾のアン・リーが監督賞を取った。その意味では日本人は台湾に先を越されてしまった。遅れを取らない意味でも挑戦しようという人間が昨日の集まりの中から出てきてほしいと願うばかりである。

昨日お会いした方の大半とは今後もFacebookでつながていくと思うので、とにかく何か具体的なプロジェクトを立ち上げてみんなで世界を目指しましたいと思う。

今の日本は「夢を語る」とか「夢に向かって行動する」ことを「非現実的」とか「幼い、大人げない」とか決めつけられる風潮があるようにに思う。でもそんな連中には言わせておけばいい。だいたいそういう輩は自分では何もやりとげようとしない連中だ。とにかく誰かがこういうことを積極的にしないと日本の音楽も映画も、しいては日本社会そのものも良くならないと思う。

余談だが昨日の交流会でなんと昔某バンドのボーカリストをやっていて今は映像デイレクターに転身している人間に〇十年ぶりに会った。向こうはすぐに私だとわかったが私はいわれるまで誰だがわからなかった。奇遇なことがあるものだ。

| | コメント (1)

2013年2月26日 (火)

企業の販促ソングのボーカル収録とTD終了ーマーケテイングやブランデイングのツールとしての音楽

以前から当ブログで記述しておりましたスポンサー会社から直の音楽制作で本日歌入れが行われました。

今回の販促ソングの目的はとあるプラスチック用品のメーカーの企業名をお客様に覚えてもらうという企業名のブランデイングを目的としています。
会社自体はプラスチック製品メーカーとして実績があるのですが、なぜか企業名を一般コンシューマーに覚えてもらっていないという観点から企業名を覚えてもらうために覚えやすい耳に残るメロデイで企業名を覚えてもらおうという趣旨で制作いたしました。

そのため覚えやすいメロとキャラクター(印象)の強いボーカリストで作るというのが絶対条件でした。今回はそのため単純で覚えやすいメロデイをぶどう÷グレープくみんこさんこと近藤久美子さんに歌っていただきました。

Kuminko

たぶんその目的は達成できたと思います。

株式会社リッチェル様 販促テーマソング

http://www.richell.co.jp/

音楽やサウンドで企業ブランド CI(コーポレートアイデンテイテイー最近はあまり使わなくなった言葉かな?)を表現するというのは昔から行われてきたことですが、私自身も古くはJ-Waveの開局時を始め「ジングル」というものをずいぶん作ってきた経験がありますが、その割にはまだ頻繁に制作されていない感じがします。

今回の一連の作業でこういうニーズ自体はまだまだ潜在的にまだまだ眠っていると思いますので、近いうちに会社のウエブサイトを更新して、もっと宣伝してこの手の事業展開を積極的に行おうと考えております。

このような広告代理店を通さない形での音楽制作は決してまだ多くはないですが、テレビやラジオのキー局経由でCMを流す、ということでない限りは必ずしも広告代理店を通す必要はありません。別に法律で広告代理店を通さなければならない、と決まっているわけではありません。寧ろ代理店を通さない分だけ安くあがります。

その意味で音楽制作に関するコンサルテイングを行うことによって、企業様のマーケテイングブランデイングのツールとして音楽や映像に関する提案を今後ともしていきたいと考えております。勿論お金をかけようと思えばいくらでもかけられますが、簡単な打ち込み系の販促ソングでよければ非常に手頃な制作費で製作可能なのでお気軽にご相談下さい。

また著作権その他についてわからない方も可能な限りわかりやすくご説明させていただきます。

よろしければこちらのページをご覧になってお問い合わせください

■弊社の音楽制作ページ(Hybrid musicの音楽制作)
  http://homepage1.nifty.com/hyb-music/mucre.htm

お問い合わせはこちら

 

よろしくおねがいします

| | コメント (0)

2013年2月25日 (月)

第八十五回アカデミー賞(オスカー)感想

今年も恒例の第八十五回アカデミー賞がロサンジェレスのドルビーシアター(旧コダックシアター)にて行われました

主要部門受賞者は以下の通り

最優秀作品       ARGO

最優秀主演俳優   ダニエル・デイ・ルイス (リンカーン)

最優秀主演女優  ジェニファーローレンス (邦題:世界にひとつのプレイブック)

最優秀監督     アン リー(ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日) 

最優秀外国作品  Amour (邦題:「愛する人」)

最優秀脚本    クエインテイン・タランテイーノ (ジャンゴ)

最優秀助演俳優 クリストフ・ヴォルツ (ジャンゴ) 

最優秀助演女優  アン・ハザウエイ (レ・ミゼラブル)

他部門の受賞者その他詳しくは

 http://oscar.go.com/nominees

全体的にはアルゴライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日の2つで賞を分け合った感じで最多部門ノミネートのスピルバーグのリンカーン主演男優賞美術賞の受賞のみにとどまった感じです。

今回の司会は「テッド」の脚本・監督・製作・声の出演までやった、セス・マクファーレン、アニメ―ーもやる多才な人物ですが、オープニングでは(未来からやってきた「あの人」-スタートレックのあの船長です(笑))が飛び入り参加してパフォーマンスをする等、まあいろいろと趣向もこらしました。コメデイアンもやる多才な人物ですね。「テッド2も制作開始らしいですから、この多才な人物の今後の活躍に期待しましょう

あと主演女優賞は史上最年少(Quvenzhané Wallis 9歳 邦題:ハッシュドパピー)と史上最高齢(Emmanuelle Riva 86歳Amour)の受賞者が誕生する可能性があったんですがいずれも実現しませんでしたね。

あとアンハザウエイは丸坊主にした甲斐がありましたね。映画の役作りとはいえ実際に女性が髪を切るのは相当な決断だったはずです。彼女はニューヨーク出身なので個人的には受賞はうれしいです。

その他個人的に関心があった賞で

続きを読む "第八十五回アカデミー賞(オスカー)感想"

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

テレビがつまらなくなった理由2-そこには現在の日本社会が抱える3つの良くない風潮の問題があった

以前当ブログで書いた以下の記事、おかげさまで多くの人に読んでいただいていますが

■テレビをつまらないという以前にくだらないバラエティ番組を見るのをやめようー番組だけでなく映画や音楽のコンテンツの質の向上のために

http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2012/12/post-7701.html

今日は実際にテレビの制作現場に長らくおられた方が現在のテレビの番組の問題で興味深い記事をかかれていましたので引用させていただきます。

なぜならここには単にテレビ番組制作上の問題だけでなく音楽制作の問題、そして現在の日本社会が抱える問題ーひとことでいえばなぜ今の日本社会が閉塞しているのかーという部分にまで関係する非常に根の深い問題であることがわかったからです。

株式会社TBSメディア総合研究所代表の氏家夏彦氏の記事です。さすが現場たたきあげの人のこの記事を見てわかりやすく問題の本質をよく指摘していると思われますので.

なお、議論をわかりやすくするために文章のかなりの部分を引用させていただいております。なぜならここには単にテレビ業界の問題だけでなく日本社会全体の問題が隠されているように思うからです。

2・20【テレビがつまらなくなった理由】氏家夏彦
http://ayablog.jp/archives/21656

テレビはつまらなくなった…を認める?

「テレビがつまらなくなった」といろんな人に言われる。中には「私は民放は見ないことにしているんだが、なぜ最近のテレビはつまらなくなったんだ? 特に民放がひどい。」などと言うご仁もいる(見てないのになぜつまらないってわかるんだ!)。こういう発言は、なぜか大新聞のOBの方からよく言われる。 見てもないのにつまらないと決めつけるのはともかく、私は「つまらない」という意見が「けしからん!」と思っているのではない。なぜなら私自身も「テレビ はつまらなくなった」と感じているのだから。

<中略>

、私はテレビの様々 な現場や、裏方、放送外事業の仕事もして30年以上、TBSにメシを食わせてもらってきた。ずっとテレビの味方のつもりだったし、テレビがもっともっと元 気でいてほしいと今も強く願っている。だからこそ「今のテレビはつまらない」を認める事から始めようじゃないか、と思うのだ。

<中略>

もちろん高いお金を出してスポンサーになっていただいているお客様の手前、このような建前を崩すのはとても怖いし容易ではないことはよくわかっている。

しかし、テレビを見てくださっている視聴者も、ユーザーも、それに大切なスポンサーも、既にかなり前から気づいているのではないだろうか。自分たち はテレビを見なくなってきていること、テレビはスマホに比べれば別に自分にとって大切じゃないこと、テレビはあんまり面白くなくなっていることを。
今の閉塞状態からなんとか抜け出さなければならない、と思わないテレビマンはいないはずだ。「今、テレビはつまらなくなっている」、それを認めたところから議論は始まる。

 

続きを読む "テレビがつまらなくなった理由2-そこには現在の日本社会が抱える3つの良くない風潮の問題があった"

| | コメント (2)

2013年2月17日 (日)

音楽+映像交流会@ デジタルハリウッド

作曲家コミュニテイのクレオフーガデジタルハリウッド大学主催の音楽+映像交流会に出席してきました。

Digihali

ご存じない方のため、クレオフーガとは作曲家のコミュニテイで大半が作曲家志望の学生やアマチュア作曲家の参加サイトですが、時々テレビ関係の募集も行っている関係で私も一応音源をアップしたページを持っています。もっとも殆ど参加したりはしていないんですが、今回はデジタルハリウッド(我々業界では通称「デジハリ」といってます)での交流会ということで、そういうのに参加するのも面白いかと思ったんですが

正直デジタルハリウッド大学の講師陣や映像関係会社の人間がポツポツいただけで、「デジハリ」での将来有望なクリエーターとかの参加がなかったのでいささか期待はずれの面はありました。クレオフーガ関係の作曲家やミュージシャンの出席者が大半でしたが、一人知り合いの作曲家が偶然参加していたので結局その人間との話の時間が多かったですね。

まあ開催時期も問題があったかもしれません。学生は期末の制作の忙しいし、映像制作関係は現在テレビとかその関係の企画や制作、現場等に一番忙しい時期のはずなので交流会どころではないのかもしれません。

デジタルハリウッド大学は専門学校、大学、大学院と4月から御茶ノ水ソラシティ3階、4階に移転して一か所にまとまるようです。今後定期的にこういう機会をもうけるとのことなので次回は大勢の映像関係者の参加を期待したいところです。

ちばみにデジタルハリウッド大学自体には知り合いは何人かいますので、別段「デジハリ」と私は縁がないわけではありません。しかし映像や劇伴、映画音楽に作曲家活動のメインをうつしている関係上、まだまだ盤石とはいえない現在の流れを引き続き強化したいと考えています。次回の映画音楽制作は早くて四月以降かなあ、順調にスケジュールが運んだとしても...

| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

第5回グラミー2013受賞者と日本の業界についてふれ

本日日本時間で午前(現地時間では2月10日)第55回グラミー授賞式が開催されました。

主な受賞者は下記のとおり

・最優秀レコード 
Somebody That I Used To Know   Gotye Featuring Kimbra

・最優秀アルバム 
Babel  Mumford & Sons

・最優秀歌曲 
We Are Young  Fun

・最優秀新人 
Fun  

・最優秀ポップソロシンガー 
Set Fire To The Rain [Live]  Adele

・最優秀ポップデユオ 
Somebody That I Used To Know   Gotye Featuring Kimbra

尚、特筆すべきはグラミーの技術賞にローランドの創業者、梯郁太郎さん(83)が受賞したこと。これは今や音楽に欠かせないMidiの規格を作るのに大きな役割を果たしたことが評価されました。日本人としてはうれしいですね。

今年もいろいろと楽しませてもらいました。

続きを読む "第5回グラミー2013受賞者と日本の業界についてふれ"

| | コメント (2)

2013年2月10日 (日)

"Pandora Radio" を日本で聴く方法(アドオン使って)

先ほどの記事音楽ストリームングサービスSpotify 体験記 について述べましたが、Spotifyと同じくらい音楽産業の復活の大きな手助けになりうるインターネットラジオのPandora RadioSpotifyと違いまだ日本国内でのサービス開始のメドが残念ながらたっていません。

しかし一日も早くこのPandora Radio の日本でのサービスを推進させるためにはまずできるだけ多くの音楽愛好家、リスナーの皆さんにPandora Radio とはどういうものかを理解していただく必要があると考えます。

特に若い世代の「音楽離れ」を食い止めるためにもこのPandora Radio の日本国内サービス開始は絶対に必要なものと考えます。そのためにも是非皆さん以下の方法で是非Pandora Radio を聴いていただき、皆さんの声で腰の重い日本レコード協会のメーカーの尻をたたいていただきたいと思います。とにかくこのサービスの良さを理解していながらまだ二の足を踏んでいるというか、どうしても新しいことをすることに極めて消極的な日本の音楽業界を皆さんの声で変えていただければと思います・

引用先は以下のサイト
■音楽聴き放題の『Pandora』が日本でもアドオンで利用可能に
http://d.hatena.ne.jp/RyoAnna/20121108/1352301661

Sony Musicの楽曲がiTunes Storeで購入できるようになり、ネットの音楽サービスが変化の兆しを見せる中、日本でもブラウザのアドオンを使ってPandoraが利用できるようになった。Pandoraは2005年に登場した米国のインターネットラジオで、日本では2007年にアクセスが制限され利用できなくなった。Pandora最大の特徴は、自分好みの曲を自動で選んでくれるところ。「Music Genome Project」というアルゴリズムにより、聴きたい曲を次々と再生してくれる。 <中略>

対応しているブラウザはGoogle ChromeとFireFox。利用方法は簡単で、最初にMedia Hintというサイトにアクセスして「START USING」をクリックする。するとプロキシ用の拡張機能がインストールされ、Pandoraにアクセスできるようになる。

Media Hint

https://mediahint.com/

Pandoraを体験していない方、是非これでPandoraを聴いて下さい。決して損にはならないと思います。

Spotifyを聴きたい方はこちらのソフトをダウンロードしてみてください。但し無料ですと使用制限があります。

http://kenz0.s201.xrea.com/weblog/2011/07/tunnelbear_usukvpn.html

| | コメント (0)

音楽ストリームングサービスSpotify 体験記

先日の記事新しいインターネットラジオ"Pandora Radio" 体験記 ではアメリカを中心に人気のPandora Radio について書きましたが今日はヨーロッパが発祥のもう1つの注目すべき音楽サービスSpotifyについて書こうと思います。

Spotify1

残念ながら本日現在では日本ではPandora RadioSpotifyもサービスを通常の方法では利用することはできません。今回は先日同様特殊な方法を用いてアカウントを取り、実際にどういうものか体験してみました。

尚、この方法については現在調べる限りでは特に違法性は認められませんが、いずれ使えなくなるサービスである可能性もあるのでここでは触れないでおきます。

Pandora RadioSpotifyの違いは前者が新しい形のインターネットラジオであるのに対し、Spotifyの方はストリーミングサービス、つまりサイトで音楽を聴くことができるサービスです。

アカウントを取ったあと上図のような画面が表示されます。Spotifyで聴くことができます。

実は弊社の曲もCDbaby経由ですがSpotifyで聴くことができます。

Spotify2

Spotify3

SpotifyにはPandora Radio とは違ったさまざまな特徴があります  

続きを読む "音楽ストリームングサービスSpotify 体験記"

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

もう1つのNAMM デジタル楽器全盛からアナログ復権へ 二者択一ではなく両者共存の時代へ

多忙な時期だったので書けませんでしたが、一週間前に恒例のNAMMがアメリカにて開催されました。典型的な記事としては

「NAMM Show 2013」ついに開幕!初日レポートその1 編(島村楽器ブログ)
http://shimamuramusic.hatenablog.com/entry/20130125/1359085254

これ以外にも詳細なレポートに興味のある方は以下のリンクをクリックしてください

例年このNAMMのレポートを読んではいますが、DAW  DTM関係からスマホで使えるmidi機器等がありますが、実際に見てきた人から話を聞きまして感じるのはアナログシンセの価値の復権の側面が強くなっている感じがします。

象徴的な内容として以下のものが揚げられます

アナログシンセの名器のプロフェットシリーズの新商品 Prophet 12(Dave Smith Instruments)

続きを読む "もう1つのNAMM デジタル楽器全盛からアナログ復権へ 二者択一ではなく両者共存の時代へ"

| | コメント (0)

2013年2月 5日 (火)

「自宅スタジオ」と昨今のレコーデイングスタジオの事情を鑑みて

もう1週間くらい前に連絡が来たのだが東京タワーの横のサンライズタワースタジオが閉鎖されSound City AnnexというSound Cityのスタジオになるという。
古い話だがあそこは大昔「日音スタジオ」だった。私もそこでレコーデイングしたことがあるがまたオーナーが変わることになる。しかしオーナーが変わっても存続できるだけまだマシだ。

■サウンド・シティ、タワーサイドスタジオを「Sound City Annex」として運営開始
http://www.musicman-net.com/business/23513.html

私は現在9割の仕事を自宅スタジオで行っている。予算の関係でそうせざるを得ないのだが別にやりたくてそうしているわけではない。
予算さえいただければ喜んで、Sound Cityでもビクター青山のスタジオ等、生音がふんだんに録れるスタジオで録音したいと思っている。(実際その方が録音作業は楽しい)

私はオーケストラのアレンジやビッグバンドのアレンジも可能だしミュージシャンを集めようと思えばできる。 ただそれをやるには莫大なお金がかかるから予算をいただかないとやりたくたってできない。
残念ながら日本の現在の業界状況だとそういう仕事なんてそうはない。年に一つとれただけですごいことだ。

でもソフトシンセがどんなに発展しようが、生音の録音のニーズがなくなることはない。ありえない。

しかし問題は懇意にしていたスタジオが今どんどんなくなっていることである。いざ、どうしてもそういう作業の必要性が発生しても選択肢がだんだんなくなっていく。

Sound Cityは大昔一度だけ使ったことがある、いつ使ったか覚えていないくらい昔だが、まあ知り合いがいないわけじゃないのでいざという時は考えたいとは思う。

というわけでオーケストラやビッグバンドのアレンジ、その他レコーデイングに関してご相談されたい方はお気軽にどうぞ

お問い合わせはこちら


| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

映画「暴走」の映画音楽の作業終了

本日ギリギリまで自宅スタジオにて作業していた映画「暴走」(今年春公開予定)の作業が本日終了いたしました。本来ならMAマルチオーデイオ作業ーちなみにこのMAは和製英語ですので海外では使いません)に立ち会う予定だったのですが、土壇場で監督から音楽の修正が来て、他にも出る可能性がありましたので、結局MA室にはいかず自宅スタジオにて作業ー音楽の修正と内容の可否をスタンバる状況になり、夜になってようやく作業終了の一報を受けました。さすがにホッとしました。

それにしても過去これほどまでに手間暇かけた映画音楽はありませんでした。昨年の10月から初めて足掛け四か月、以前手掛けた長編が実質2か月くらいで終わったことを考えますと倍の時間がかかったことになります。

今回の映画の特徴ですが、通常の劇部分だけでなく「ミュージカル」の部分があるという点です。この映画に出演しているアイドルグループ「スマイル学園」が歌っているのですが、今回はこのく「ミュージカル」の部分を撮影の前にあらかじめ作っておかなければなりませんでした。それも通常の映画音楽とは違う工程を踏むことになります。それも時間がかかった原因ではありますが..

映画の詳細はいずれ然るべき段階にて当ブログでも公開させていただきますが、まずは今回は映画「暴走」の音楽について書きたいと思います、

続きを読む "映画「暴走」の映画音楽の作業終了"

| | コメント (0)

完全に定着、軌道に乗った第5回CDショップ大賞2013 入賞7作品発表

さて当ブログでも陰ながら応援していました「全日本CDショップ店員組合」が選ぶ 第5回CDショップ大賞2013入賞作品&CDショップ大賞スペシャルライブ詳細発表 第5回CDショップ大賞2013入賞作品 が発表されました

http://bit.ly/WIT5Kr

業界の有力紙 Music Manでも取り上げられました

■「第5回CDショップ大賞2013」入賞7作品発表、3/7大賞発表&ライブ開催
http://www.musicman-net.com/business/23551.html

■第5回CDショップ大賞2013 入賞作品
(アーティスト名/50音順)
きゃりーぱみゅぱみゅ「ぱみゅぱみゅレボリューション」 WPCL-11079
クリープハイプ 「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」 VIZL-470
SEKAI NO OWARI 「ENTERTAINMENT」 TFCC-86389
七尾旅人 「リトルメロディ」 PECF-1052
back number 「blues」 UMCK-1434
MAN WITH A MISSION 「MASH UP THE WORLD」 CRCP-40323
米津玄師 「diorama」 DGLA-10016

そして「第5回CDショップ大賞2013」大賞作品は、上記入賞7作品の中から、3月7日にZepp DiverCity Tokyoで行われる「第5回CDショップ大賞2013 授賞式」で発表されます.

すでに関心は高くすでにマスコミ関係の取材も殺到、Yahooでも検索ワードで一次上位に入る等関心は高いようです。

もう今年で5回目、 いわゆる音楽業界筋(一部の音楽ジャーナリストやレコード会社関係者)に「自己満の大賞」とかケチョンケチョンにけなされた賞ですが、地上波のテレビとか入ってくる時点でもはや「自己満足」とはいえないと思いますが、まだ同じことをいいはるんでしょうかね?

すっかり定着しましたといっていいと思います。
音楽業界が少しずつですがよくなっているのを感じます

| | コメント (3)

2013年2月 1日 (金)

峯岸みなみのこの写真について

すでに報道を始めTwittterfacebookでかなり拡散したこの写真

Akb13013119040001s1_2

私は別に峯岸みなみのファンでもないし、AKBがどうなろうが知ったことではない。

純粋にビジネス的観点から見れば確かにAKBの契約事項に「恋愛禁止」の項目があるようなので確かに熱愛報道とやらが真実かどうかともかく、「契約不履行にあたる」といわれればそれまでだが

しかし契約書には「契約不履行にすれば丸坊主にせよ」とはたぶん書いていなかったはずだ。この写真はすでにTwittterfacebookでかなり拡散していて峯岸みなみに対する同情のコメントが圧倒的に多いが、これはたぶんに事務所に意図的な戦略だろう。この写真を見て「気の毒だ、かわいそう」などと思わない人間の方がおかしい。まさにそれが狙いだ。

だがそうだとしたらまさに外道のすることだ。

事務所の連中は峯岸みなみにどれだけ食わせてもらっているんだ。そのことを考えると、年端もいかないわかい娘にこんなみじめな姿をさらして平気な顔をしている連中の人間性を疑わざるを得ない。

結論からいってもうAKB「終わり」が始まったな、という印象だ。

これが歪にならないはずがない。大事なアーチストをこんな惨めにして平気な顔している時点でもう終わってる。

実際音楽業界ではAKBのブームはもうそう長くないだろう、ということはだいぶ前からささやかれている。問題は「いつ」終わるか、だった。

この写真がAKB「終わりの始まり」を象徴するできごとであるような気がしてならない。

| | コメント (1)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »