Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 週刊ダイアモンド「誰が音楽を殺したか?」を読んで | トップページ | HMVの経営破綻について思うこと »

2013年1月13日 (日)

オトソ気分吹っ飛び連休明けからの動きに臨み...

本日連休中にも関わらず今年の春公開予定の「暴走」「ミュージカル部分」のレコーデイングが行われ、無事終了、作業に思いのほか手間取り少々疲労困憊です。(汗)

それでもだいたいメドがついたのであとが全体をまとめる作業ですが、とにかく早くまとめてこの仕事を終えたいですね、昨年の10月から作業していますから..

いずれにせよもうオトソ気分、完全に吹っ飛びました。

仕事始め以降の一週間はだいたい日本国内の会社も「オトソ気分」で新年会オンパレードですがこの三連休が終わってからいろんなことが動き始めるでしょう。今年はやることは決まっていますので、まずはこの3つのことに専心したいと思います。

1. 昨年できた3つの仕事の流れを盤石にして、より大きな動きに拡大(当然売上も可能な限り拡大)していくこと。

2. 昨年殆どストップしてしまった「新しいサウンドコンテンツ」の流れを作ることー、まずはウエブサイトを計画し、ウエブサイトのコンテンツ制作

3. 昨年でクローズしたプロジェクト、の後始末(3月末にはやりおえてしまいたい)

2-3月はだいたい例年4月からの年度に関する仕込みに追われるケースが多いですが、今年もそうなるだろうか? 特に上記の中で2.がポイントになりますね

かつてのうちの会社の業務ですが、勿論全部やめるわけにはいきませんが事実上、ほとんどが「単発の業務」の範疇でしかなく、特にCDパッケージ事業が大幅に後退するのは今年は避けられないと思っています、はっきりいってもう市場としては完全に終わってますね。

それでもDVDブルーレイはなくならないと思っていますけどね。そもそも映画、映像のようにギガMb単位のコンテンツは配信にはそもそも向いておらず、配信以外では「ストリーミング」しかありえません。Amazonhulu  等の映像配信がどれだけ普及するかわかりませんが、それでも映像のパッケージがなくなることはないでしょう。しかしCDは?   うーん、もうきついでしょうね 

いずれにせよ連休明けからいろいろ動き始めるでしょう。今年も昨年に匹敵する成果の多い一年でありますように... 

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。