Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

新しいインターネットラジオ"Pandora Radio" 体験記

さて、先日の当ブログ拙記事 

ミュージックソムリエ協会主催「音楽ファンの未来、音楽放送の未来~音楽の新しい楽しみ方~にて紹介したアメリカを中心に人気のPandora Radio    http://www.pandora.com/

残念ながらまだ日本国内でまだ聴くことができませんが、先日あるツールを使えば聴くことができることを教えてもらい、そのツールを使って聴くことができました。この方法をここで公開していいのか、当方では何ともわかりませんがとにかく論より証拠、実際に聴いて体験してみないとこれに関して論じることができませんので実際にそれで入ってみました。悲願のアカウントもようやく取ることができ、私の音楽をとりあえず通るかどうかはともかくSubmissionをしておきました。

日本でを聴く方法については検索エンジンでPandora Radio 聴く方法」と検索してみてください

とにもかくにもPandora Radioにようやく入ることができました。

Pandora2

当ブログ拙記事でも書きましたがPandora はひとことでいえばインターネットラジオです。しかしただのインターネットラジオではありません。
では普通のインターネットラジオとどう違うのか、それをこれから説明いたしましょう。

続きを読む "新しいインターネットラジオ"Pandora Radio" 体験記"

| | コメント (4)

2013年1月24日 (木)

ミュージックソムリエ協会主催「音楽ファンの未来、音楽放送の未来~音楽の新しい楽しみ方~」(かなりの長文です)

青山スパイラル地下のCAYでのミュージックソムリエ協会主催のイベントに行ってきました。

130123_192802

ご存じピーター・バラカン氏(現在はInter FMの執行役員)、とゲストで音楽ライターの榎本幹郎氏のトークショーで現在欧米を中心に展開されている新しいストリーミングサービス、SpotifyPandora が音楽の聴き方を変えようとしている点を紹介。いずれも日本ではまだ導入されていないサービスですが、 このイベントはSpotifyPandora とはどういうものか? なぜ日本で導入されないのか? これが音楽の産業をどう変えるのか、についてかなり詳細に解説され、これが)今後の音楽ビジネスのありかたを大きく変える可能性のある内容であることが示されました。

感想を最初に云ってしまいますと、いやー久々に有意義な時間を過ごさせてもらいました。と同時に業界関係者が大きな関心を持っていることがわかります。会場は立ち見が出るほど盛況でした。

正直いってこういう内容のイベントを一年前に開催したらはっきりいって業界で袋叩きにあったでしょうね。しかしレコード協会、各レコード会社もSpotifyPandora との提携を前向きに考え始めており、Spotify今年の秋頃には日本でサービスが開始されるようです。Pandora はレコード会社で意見の集約(とりわけ音源使用料の面で)ができていないのでもう少し時間がかかるかもしれません。いずれにせよあれほど変わることを頑ななまでに拒否してきた音楽業界がようやく本当に遅まきながら変化に対する重い腰を上げ始めたといっていいでしょう。

130123_192901

私自身はSpotifyCD babyを通じて知ってはいて音源も供給していますが、Pandora は日本のIPだとはじかれ、アカウントすら取れない状況で非常に悶悶とした思いでいました。

なぜこの二つがこんなにも注目されているかを説明する前に、レクチャーの中で現在の音楽の購入層に関するNHKのデータが紹介され1995年2010年で音楽に使う金額を世代別に記したデータで20代は大幅減、10代は半減というデータが示されたことを最初に書かなければなりません。つまり若い層を中心に「音楽離れ」が深刻になっている。という傾向がデータからも明らかになりました。

音楽離れが深刻なのは音楽にお金を使わないという現状もさることながら、10代ー20代は殆どラジオを聴かないという深刻なラジオの状況もあります。このトークイベントではその主原因を

1.「プロモーション」と称してレコード会社が指定する回数音楽をオンエアするーつまりリスナーの趣向と関係なくたとえばAKBの曲なら一定期間内にAKBの曲を何百回オンエアしないといけない(その代わりにウン百万ラジオ局に入るーいわゆる編成買い)という営業のやりかたをしたためにリスナー離れが起きていること

(どのラジオ局も同じような曲しか流さないし、「誰も知らないけどいい曲」などといった新鮮な発見をラジオで行うことはできない。またパーソナリテイ―がいくら「知られていないけどいい曲」をオンエアしたくてもできないケースが多い。そのためラジオ局のおすすめ、」といっても嘘くさてリスナーに相手にされない)

2.(バラカンさんの話で私もそのとおりだと思いますのは)日本のFM局には真の意味のDJが育たずまた現場のデイレクターも番組に対する情熱を持てない環境にあり、それがリスナーを引き付けない番組作りになってしまっていること

アメリカのラジオはクリアチャンネル等を除いてはこうした「音楽のプロモーション」機能を維持しており、そのため「ラジオ大国」であり続けられている、という点がありますが、日本のラジオは残念ながら殆ど機能していない状況にありそれが「真の意味での音楽プロモーション」が日本では難しくなっている原因の1つとなっております、

バラカンさんは現在Inter FMの編成の執行役員となっており、こうした編成買いを基本的にはなくす方向で検討しているようですが、抵抗勢力もなかなか強く苦慮されているようです。

ところがアメリカでもヨーロッパでもPandoraSpotify の影響でその傾向が変わりつつあるとの話でした、つまりSpotifyPandora は現在の音楽産業の諸問題の解決策になる可能性が高いという期待を持たれているからです。

さて、まずPandoraSpotify について知らない方も多いでしょうからこのサービスについてご説明しましょう。トークショーでも詳細な説明が行われました。


続きを読む "ミュージックソムリエ協会主催「音楽ファンの未来、音楽放送の未来~音楽の新しい楽しみ方~」(かなりの長文です)"

| | コメント (0)

2013年1月18日 (金)

短編映画 『アイドル7×7監督』アップリンクロードショー 橋元優菜x竹藤監督舞台挨拶

再三再四お知らせさせていただいておりますが(笑)

短編映画7本立てのレイトショー公開、という異例の形ではありますが先週より劇場公開された短編映画 『アイドル7×7監督』  毎日盛況でこの日も大勢の方にご来場いただきました。

Uplink4

昨日は私が音楽を担当した「だから私は眠れない」竹藤恵一郎監督と主演の橋元優菜さんの舞台挨拶がありました。

Upkink1

竹藤監督とは東映の教育映画等でよくお仕事をさせていただいておりますが、今回変則的な形とはいえ劇場公開の映画の監督となりました。

続きを読む "短編映画 『アイドル7×7監督』アップリンクロードショー 橋元優菜x竹藤監督舞台挨拶"

| | コメント (2)

2013年1月17日 (木)

情報化社会のパラドックスー「美しいもの」というものに鈍感になっていき情報感度も下がっている現代人

Facebookを通じて次の写真と記事をシェアした。次の記事を読んでほしい

Joshua_bell_playingairport

ある寒い1月の朝、一人の男がワシントンD.C.の駅で座りながらバイオリンを弾き始めました。彼はバッハの曲を1時間程演奏しました。その時間帯は通勤ラッシュだったため、約1100人がその男の前を通りました。
 
3分後、ある中年の男はバイオリンを弾いている人がいると気づき、足を止めました。しかし、結局止まったのはほんの僅かな時間で、数秒後にはその場を離れました。
 
1分後、バイオリニストはやっとお金を稼ぐことができました。ある女性がケースに1ドル札を投げ入れましたが、彼女は止まることなく歩き続けました。
 
少しした後、壁に寄りかかって彼の音楽を聴く者が現れましたが、腕時計を見るとすぐに歩き始めました。会社に遅刻しそうだったのです。
 
一番彼の音楽が気になったのは、3歳の男の子でした。彼のお母さんは急いでいて、男の子の腕を強く引っ張りました。それでも男の子はバイオリニストを聞こ うと足を止めます。お母さんは男の子の背中を強く押し、無理やり歩かせました。それでも男の子はずっと後ろのバイオリニストを見ながら去って行きました。 他の子供も同様でしたが、親は全員例外なく止まることなくその場を去りました。
 
彼が演奏した一時間内で、足を止めて彼のバイオリンを聞いたのはたった6人でした。お金を入れてくれたのは20人程でしたが、止まった人は誰もいませんで した。稼いだお金はたったの32ドル。彼が演奏をやめ、駅が沈黙に包まれた時、気付いた人は誰一人いません。拍手はなく、このバイオリニストを認める人は いなかったのです。
 

続きを読む "情報化社会のパラドックスー「美しいもの」というものに鈍感になっていき情報感度も下がっている現代人"

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水)

HMVの経営破綻について思うこと

■レコード販売大手・HMVが経営破綻 英国
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20130115-00000036-nnn-int

イギリスのレコード販売大手「HMV」が資金繰りに行き詰まり、14日、経営破綻した。  HMVは去年12月頃から銀行や株主と再建策を模索してきたが、見通しが立たず、大手監査法人を管財人として受け皿となる会社を探すことになった。  BBCテレビによると、HMVは1921年にロンドン中心部で開店し、239の店舗を展開しているが、音楽をインターネット経由でダウンロードする消費者が増えたことや、ヨーロッパ経済の低迷などで、売り上げが伸び悩んでいた。  HMVの店舗は日本国内にも現在46店舗あるが、10年に「ローソン」が買収している。このため、運営する「ローソンHMVエンタテイメント」は、「イギリスのHMVとは資本関係がなく、破綻による影響はない」としている。

HMVの経営危機は実はだいぶ前から伝えられていたので、正直「やはり破綻したか」というしかないんですけどね。

CDを「マス」として売る、というビジネスがもはや破綻した、という一例でしょうね。音楽の新しい売り方」を考えないとダメだと思う。従来のやりかたに固執すると滅亡しかありません。

先日の拙記事 週刊ダイアモンド「誰が音楽を殺したか?」を読んで にも書きましたがいまどき「何が何でもCDを売る」という体制はもはや通用しないんですよ。パッケージはなくならない、と言っている私ですらそれは認めざるを得ない。

そのためにどうすればいいか、これまで音楽業界をそれを考えることすら拒んできたわけですね。

今年は日本でもCDが主流でなくなる年になると考えています。勿論音楽配信だけで問題が解決するとは思いません。というかしないと思います。

一つだけ言えるのは従来の音楽ビジネスの形に固執するのはもはや愚かしいということですね。

そのために具体的にどうするか? 私も昨年末に書いた新曲で今年は実験してみようと考えています。

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

オトソ気分吹っ飛び連休明けからの動きに臨み...

本日連休中にも関わらず今年の春公開予定の「暴走」「ミュージカル部分」のレコーデイングが行われ、無事終了、作業に思いのほか手間取り少々疲労困憊です。(汗)

それでもだいたいメドがついたのであとが全体をまとめる作業ですが、とにかく早くまとめてこの仕事を終えたいですね、昨年の10月から作業していますから..

いずれにせよもうオトソ気分、完全に吹っ飛びました。

仕事始め以降の一週間はだいたい日本国内の会社も「オトソ気分」で新年会オンパレードですがこの三連休が終わってからいろんなことが動き始めるでしょう。今年はやることは決まっていますので、まずはこの3つのことに専心したいと思います。

1. 昨年できた3つの仕事の流れを盤石にして、より大きな動きに拡大(当然売上も可能な限り拡大)していくこと。

2. 昨年殆どストップしてしまった「新しいサウンドコンテンツ」の流れを作ることー、まずはウエブサイトを計画し、ウエブサイトのコンテンツ制作

3. 昨年でクローズしたプロジェクト、の後始末(3月末にはやりおえてしまいたい)

2-3月はだいたい例年4月からの年度に関する仕込みに追われるケースが多いですが、今年もそうなるだろうか? 特に上記の中で2.がポイントになりますね

かつてのうちの会社の業務ですが、勿論全部やめるわけにはいきませんが事実上、ほとんどが「単発の業務」の範疇でしかなく、特にCDパッケージ事業が大幅に後退するのは今年は避けられないと思っています、はっきりいってもう市場としては完全に終わってますね。

それでもDVDブルーレイはなくならないと思っていますけどね。そもそも映画、映像のようにギガMb単位のコンテンツは配信にはそもそも向いておらず、配信以外では「ストリーミング」しかありえません。Amazonhulu  等の映像配信がどれだけ普及するかわかりませんが、それでも映像のパッケージがなくなることはないでしょう。しかしCDは?   うーん、もうきついでしょうね 

いずれにせよ連休明けからいろいろ動き始めるでしょう。今年も昨年に匹敵する成果の多い一年でありますように... 

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

週刊ダイアモンド「誰が音楽を殺したか?」を読んで

業界人仲間のSさんに教えられて普段はあまり読まないのだが週刊ダイアモンド(1月12日号)の以下の記事を読んだ。

「誰が音楽を殺したか?」

Diamond1

Diamond2

当ブログではこの音楽業界の問題について様々な観点から問題点を歯に衣を着せぬ形で指摘してきたし、その関係で一部の音楽関係者からは敵視すらされてきたわけだが、この記事では音楽業界の停滞の原因は様々な複合的な要素があるとは認めつつも、「最大の戦犯はレコード会社自身」と断じている。


続きを読む "週刊ダイアモンド「誰が音楽を殺したか?」を読んで"

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

ワーグナー生誕二百年とワーグナーの音楽

今年は19世紀の偉大な作曲家のひとりであるリヒャルトヴァーグナー(1813-1883)の生誕二百年にあたります。

250pxrichardwagner

実は昨年末、とあるクラシック系の音楽事務所の依頼でヴァーグナーのあまり知られていない曲(たぶん日本では演奏されていない)の資料用にオーケストラの打ち込みを行いました。この仕事は単にmidi打ち込みの技術だけでなく、クラシックオーケストラの楽譜も読む能力が要求されるために私に依頼が来たのですが、その打ち合わせのさなかにその話が出て気づきました。

ヴァーグナーは19世紀では後世の多くの作曲家に影響を与え、バッハ、モーツアルト、ベートーベンに匹敵する大作曲家としての評価を得ていますが、同時に生前のユダヤ教徒に対する差別発言やその音楽がナチスに利用された、という不幸な歴史があるためにややダークなイメージも付きまといます。
 特にヒトラーがローエングリーンやタンホイザーを非常に好んでいたこと、そして宣伝相のゲッペルス(この人は現代のテレビCMは殆どゲッペルスの手法を踏襲したものです)がヴァーグナーの音楽を非常に効果的に演出に利用し、当時のドイツ国民の「洗脳」を巧みに行ったという人類にとって負の歴史にからんでしまったため、どうしてもヴァーグナー イメージ的に良くない面があります。

勿論、それは別にヴァーグナーの責任ではありません。非難されるべきはあくまでナチスなわけですが、しかしヴァーグナーの音楽には確かに人間の心情を高揚する要素があることも事実です。フランシスコッポラの映画の名作「地獄の黙示録」ヴァ―ルキューレが戦場のシーンに効果的に使われていましたがやはりヴァーグナーの音楽にはそういう人間の気分を高揚させる何かをもっていることを示しています

特に今までのオペラを「音楽による劇楽劇」という全く新しいジャンルを確立し、音楽だけでなく台本やビジュアル的な演出まで全て行った例は過去のオペラにはないものです。最晩年の傑作「パルシファル」はいまだにバイロイト以外での公演はできないくらい綿密に劇場と演出が不可分なものになっています。

ヴァーグナー楽劇は神話や中世の騎士等によるファンタジーになっており、一度その世界に引き込まれるとまさに虜になります。あまりにも有名な例はバイエルン国王ルートヴィヒ2世ヴァーグナーの音楽に心酔しついには国家予算の大半をつぎ込んでしまう事態を作ってしまいます。

私の見るところヴァーグナーの音楽には「オタク」的な要素があるように思います。ワグネリアンという言葉がありますが、要するにヴァーグナーオタクです。実際ヴァーグナー楽劇ファンタジーはまさにRPG(ロールプレイングゲーム)のようであり、一度その世界の虜になったら最後、もうやみつきになります「ニーベルングの指環』なんかRPGの世界そのものだと思いますね。

私の大学の友人で普段は普通のサラリーマンで物静かな男なのですが、ヴァーグナーの音楽になると目つきが変わり熱弁をふるい、そして毎年必ずバイロイトにまで出かけていくという、まあヴァーグナーオタクもここまでくれば、という人間がいますが、おそらくバイエルン国王ルートヴィヒ2世もこれに近かったんじゃないでしょうか?

もしヴァーグナーが現代に生きていれば間違いなくRPGを作っていたでしょうね。それもゲーム音楽じゃ飽き足らず自分でゲームの台本から全て作り、自らプロデユーサーになっていたことでしょう。ドラクエやファイナルファンタジーなんか目じゃない新たなゲームを創造していたかもしれません。

その意味ではヴァーグナー「オタク」の先駆けだったかもしれないですね。

まあ生誕二百年、何年か前のモーツアルトなみ、いやそれ以上にクラシックの世界はもりあがるでしょう。(笑)

| | コメント (0)

ウイーンフィルニューイヤーコンサート

あけましておめでとうございます。

2013年が始まり、三が日もあけていよいよ本格的に始動しようかと考えております。

新春なので当ブログでは珍しいクラシック音楽の話から(笑)

毎年お正月になりますとウイーンフィルのニューイヤーコンサートNHKのEテレで衛星でオンエアされますが、私はこれがないとお正月になった気がしないほど毎年見ています。

以前は現在癌の手術を終え療養中の小沢征璽氏が日本人として初めて指揮を取る等の話題もありましたが今年はウィーン国立歌劇場の音楽総監督、フランツ・ウェルザー・メスト氏が指揮

このウイーンフィルのニューイヤーコンサートは基本的にはヨハンシュトラウス一家のワルツやポルカといった19世紀のウイーンの舞踏音楽のナンバーを中心にプログラムが組まれますが、今年は別記事で書きますがワーグナーベルデイの生誕二百年にもあたるためこの両者の曲がプログラムに組まれました。ワーグナーは「楽劇」という新しいオペラ形式を作り、ベルデイはイタリアオペラにて不滅の金字塔を打ち立てました。

アンコールには必ずヨハンシュトラウス(子)の「美しき青きドナウ」で始まり、イントロをちょこっと演奏してから楽団員の新年のあいさつ

"Gluchlich neun Jahr" (独:新年あけましておめでとうが一同一斉に唱えられます。「美しき青きドナウ」の演奏のあと締めはヨハンシュトラウス(父)のラデツキーマーチで締められ、観客はこの曲のリズムに手拍子をたたきながら曲を進めます。

これは毎年必ずといっていいほど行うコンサートの終わり方です。

ところでこのニューイヤーコンサートウインナワルツやポルカ中心にプログラムが組まれますが、ウインナワルツの三拍子は普通の三拍子と違うことをご存じでしょうか?

続きを読む "ウイーンフィルニューイヤーコンサート"

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »