Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 教育映画二本の試写会 | トップページ | ネットのビジネスモデルやプロモーションの「神話」の崩壊 »

2012年12月18日 (火)

音楽のニッチマーケテイングの打ち合わせ

選挙明けの日で落ち込んでいる時に事務所での納品作業、打ち合わせとそのための資料の準備、と多忙を極めました。

その中で連休明けにできあがると思われる新曲"So Happy Dream"PV(プロモーションビデオに関しクライアントと打ち合わせをしてきました。映像自体はほぼできあがり、非常にいい感じで仕上がりつつあります。あとはカラコレ(カラーコレクション)を行って仕上げます。

Pv0

今回はニッチマーケテイングの試みを「ペット業界ー具体的には今回のクライアントが持っている「愛犬のコミュニテイ」に対するマーケテイングを行い、集中したマーケテイングを行うことを考えています。

従来の音楽業界の手法では地上波、ラジオ等のメデイアでの広告費を中心に打ち出しますが、今回はそういったことは一切しません。いや、勿論ラジオやテレビといった媒体に乗せることを一切しない、という意味ではありません。しかし以前も申し上げたように「ペット用品」それと「ペットコミュニテイ」という「小さな市場」から入り込みそれを集中的にマーケテイングを行い「小さな市場」から少しずつ他の市場を侵食していくという手法を取ります。

変わったやりかただと思う人もあるかもしれませんが、実は驚くなかれ、あれほど日本じゅうにブームを巻き起こしたAKBはそこの部分を実にうまくやったマーケテイングを行っていました、つまりアキバ系から入り、そこからどんどん広げていく、という手法を取りました。そうしたモデルケースを今回作りたいと考えて行っております。

今回はクライアント自体がペット業界マーケテイングの会社でもあり、その会社が基本的にプロモーションを行います。そして昨日はそのプロモーションから商品展開、マーケテイング全般の話を二時間近く時間をかけて議論しました。だいたい基本案はまとまりましたが、私自身過去にプロモーターのまねごとをして失敗した経験も今回生かそうと考えています。勿論プロモーターはやりませんが、結局これで収益をあげることが次の制作にもつながりますので...

具体的内容は勿論ここでは触れられませんが、今回のSo Happy Dream"の展開、基本方針がきまりましたのでそれを推し進めます。正直言ってそんなに派手で目立つ方法ではありませんが、面白いものにはなると思います。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。