Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« テレビをつまらないという以前にくだらないバラエティ番組を見るのをやめようー番組だけでなく映画や音楽のコンテンツの質の向上のために | トップページ | 映画交流会@お台場 カルチャーカルチャーに出席(2012年12月) »

2012年12月 8日 (土)

ジョンレノンの命日に平和への祈りと日本を「戦前に戻そう」という日本国内での極右勢力台頭への重大な懸念

今日はご存じのとおりジョンレノンの命日です。

あまり政治的な内容はこのブログでは書かないつもりでしたが昨今の現状から正直いてもたってもいられない状況になっています、のでジョンの代表曲「Happy Xmas(War is over)」を引用しながらこの記事を書かせていただきます。

この曲はベトナム戦争開戦後、「せめてクリスマスの日ぐらいは殺しあいをやめようよ、」 という願いから作られた曲です。 素晴らしい曲です。平和と愛をうたった曲です。

しかし今日本では明らかにこの平和と愛を祈る方向とは逆の動きが起きています。

これに対して私は重大な懸念を表せざるを得ません。

尚、お断りしておきますが私は特定の政党や支持団体、選挙運動関係者とは一切無関係であります。あくまで一市民、一個人として発言しますので、この記事は公職選挙法には抵触しないと考えます。

このままいけば安部総裁率いる自民党が衆議院の過半数を取り政権を奪還する可能性がきわめて高いといわれております。新聞各紙の世論調査もほぼ同じ傾向を示しています。

しかし安部晋三がCMで何回も繰り返している「日本を取り戻そう」というメッセージ

どういう意味だがわかりますか?

それは自民党の決めた憲法改正草案を見れば明らかです。私はこれを読んではっきりいって恐怖を感じました。

自民党の憲法草案

http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf

・基本的人権第十章最高法規にある第九十七条を全面削除

・第21条は、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」との現行規定に「前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」という条文を追加(明らかに戦前の治安維持法の復活を意図しているとしか考えられません)

・第二十九条 財産権は、これを侵してはならない。 ?

財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。(つまり場合によっては国の個人の財産の没収を可能にする法律)

これってどうみても戦前の明治憲法の復活ではないですか

事実上、言論の自由、集会の自由を禁止できる憲法改正です。

橋下も石原もこれに賛同すると思われます。この二人が加わるとこれに徴兵制と核武装が加わります。

本当にあなたは日本をこんな国にしたいですか

今回の選挙で自民党に入れようと考えている方へ

ジョンの歌を聴きながら是非再考をお願いしたいと考えます

自分の子供が戦場に追いやられ、云いたいことも言えず、政府を批判すれば「非国民」といわれてしまう

それが間違いなく自民党総裁の安部の目指す社会です。

少なくとも私はそんな社会には住みたくないです。しかしこのままだと間違いなく日本はその方向に向かいます。

昨日の東日本大震災の余震は今の日本が進もうとしている方向性を考え直せよというメッセージのように思えてならないです。

|

コメント

「よろずひとりごと」も拝見させていただきまして、私は政治的見解も大野さんに極めて近い事がわかりました。
安倍・石原・橋下…許し難いです。勿論選挙には言っております。
只今、臨時で市役所内の議員団控え室の職員をしておりますから、各党派の正体は理解しております。
憲法改悪・TPP等にも反対の立場です。
アベノミクスとやらも、破綻前のギリシャが推進していた政策と同じです。
ギリシャ破綻の決定打になったのは、アメリカ(IMF)が接触してきて、援助のフリをして「国債を外国に売らせた」事です。
日本ではまだ、国債は大半が日本人の下にありますが、東アジア圏を蔑視してまでも日米同盟強化に躍起な安倍晋三政権の下では、経済面でも日本のギリシャ化が進む恐れがあります。
既に民主党政権時代から、人知れず日本の国有林の4割を中国に売却して目先の利益に走っていますしね。
こうなると、投票先は「あの二党(笑)」しかないんですが、両者に共闘しようとする意志がないのが困った所です。

投稿: アマチュアおじさん | 2013年2月24日 (日) 08時14分

いやー私のつたない文章をそんなに読んでくださって恐縮です。まあよくいいたいことを云いすぎるといって周囲から怒られているんですけどね(笑)


それにしても日本の政治状況は本当に困ったもんです。

TPPにしたって「交渉」とは名ばかり。殆どアメリカのいいなりじゃないですか。

今アベノミクスで株が上がった、円高に戻ったなどと無邪気に喜んでいる目先の利益しか頭にない人たちもこのままいったらどんな恐ろしい事態になるか、なんて考えもしていないでしょうね。今は一億総思考停止状態となっています。

ただ1つだけ希望的観測をいえばTPPもこのままずるずる行くとは思えないですけどね。自民党には農林系議員が多いですから...今は支持率を背景に黙っていますが政治家は利益代弁者でもありますからそうはトントン拍子では行かないでしょう。

私はこのTPPが安部政権崩壊のきっかけになってくれるのではという期待も持っています。


とはいえ自民党やマスコミ最大のスポンサーの経団連に安部は近いですからね。そして今回のさまざまな展開は国民の約半数が選挙に行かなかったからですからTPPで日本社会がとんでもない状態になってからあわてても遅すぎますからね

まあとにかく今の日本社会の現状を見ればみるほど本当にお先真っ暗です。

民主党政権も鳩山首相の時はまだまともでしたが、管のあたりからおかしくなり、野田政権にいたっては昔の自民党よりひどい政権でしたから

この流れを変えるのは容易ではないですよ。ついついボヤキになってしまいますが...

投稿: Kyoji | 2013年2月24日 (日) 09時29分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。