Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« ジョンレノンの命日に平和への祈りと日本を「戦前に戻そう」という日本国内での極右勢力台頭への重大な懸念 | トップページ | インド音楽のラヴィ・シャンカールさん死去 »

2012年12月 9日 (日)

映画交流会@お台場 カルチャーカルチャーに出席(2012年12月)

約半年に一度の映画行交流会、もはや恒例といってもいいかもしれません。お台場カルチャーカルチャーにて映画交流会に出席いたしました。

Odaiba01

最近私は音楽関係よりは映画、映像関係の人とのつきあいの方が多くなっていますが、それは映画劇伴関係を主力におき始めている関係なのはいうまでもありません

Odaiba02

しかし今の時期のお台場は寒いですね。風が冷たかったです

Eigakoryukai201212092

今回はいつもより出席者は少な目でしたが、活発な名刺交換が行われました

Eigakoryukai201212091

会場では映画監督の新作のデモ等のプレゼンテーションの時間が設けられています。

この映画交流会は前身の交流会を含めると5回。そのうち4回に私は出席していますが、この回のおかげで映画関係のお仕事の機会をいただけるようになりました。

映画映像業界にもさまざまな問題はありますし、決して産業としてよい環境ではありません。それでも実質全く回っていない音楽業界と比べると、映画や映像業界は少なくとも回っております。それだけで天と地くらいの差があります。

また映画業界を見て思うのは少なくとも音楽業界よりははるかにオープンだという点ですね。

音楽業界はもう事務所とかが「利権」のような形で全部かこってしまい、第三者が入っていくというのは極めて難しいですが、映画監督や映画プロデユーサーは絶えず新しい人材を探している、というのもあって少なくとも音楽業界よりはチャンスがあります。

今日の交流会でまた新たな案件に発展するかどうかはまだわかりませんが、要はこういうことを続けていくしかないということですね。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。